お金がないなら借りればいいじゃない

ども。

引き続き、お金は借用証書であるという前提で、話を進めていきます。

今回は、現代紙幣の起源についてです。

スポンサードリンク

金の預かり証

もう割と有名な話ですが、紙幣の起源は、中世から近世にかけて登場した、金細工職人が発行する金の預かり証です。

金細工職人は、材料の金を安全に保管するため、頑丈な金庫を持っていました。

そこで人々は、いつしか金細工職人に金や銀を預けるようになっていきます。

金そのものを持つのは、空き巣や強盗に入られるリスクがあって、危険。

なので、金は預けっぱなしにしておいて、その代わりに受け取った預かり証でもって、直接取引を行うようになっていきました。

当時のお金

このように、個人の金細工職人や商人が独自に紙幣的なものや硬貨的なものを発行することは、しばしばありました。

そういうお金はプライベートマネーと呼びます。今で言えば、Tポイントみたいな感じ。

ただ、所詮は個人の金細工職人が発行した借用書。

信用の程度は知れていて、流通できる地域はせいぜいが町単位とか市場単位の限定的なもので、全国に流通することはありませんでした。

それに対して、政府(王様)が鋳造した金貨や銀貨、銅貨はソブリンマネー(直訳:支配者のお金)と言います。

王様が認定しているという点で、プライベートマネーとは信用がもう段違い。これこそがお金って感じで、国中どこでも使用可能でした。

では、現在流通しているお金の起源がソブリンマネーかというと、どうも違うっぽい。

スポンサードリンク

前置き

ここで唐突に、イングランドの歴史の話をちょっと挟みます。

中世から近世におけるイギリスの歴史というのは、王様と国民(※ただし上流階級or富裕層に限る)が権力を奪い合う歴史という風にみることができます。

マグナ=カルタ

無能にして陰険にして暴虐のイングランド国王ジョン。

相続の際、まだ幼かったジョンだけが父から土地を貰えなかった事から、「欠地王」などという惨めなあだ名で知られています。

欠地王ジョン

死因は桃の食べ過ぎ。1167〜1216。

1214年。彼はフランスに大敗北を喫し、ヨーロッパ本土にあったイギリス領土の大半を失います。

それでも懲りずにまた戦争をしようとしたジョンは、貴族から庶民に至るまで、およそ全ての国民から総スカンを食らってしまいます。

国民の信を失った国王は処刑されるのが常。よくて隠居。

しかし、それでも国王の地位に固執するジョンは、不本意ながら画期的な文書にサインすることになります。

それが、マグナ=カルタ(大憲章)。「かっこいい世界史用語ランキング」の常連でもある。

マグナカルタ

いやいや署名するジョン

マグナカルタの内容は、

・教会は王様の命令を聞かなくても良い。
・王様が勝手に戦費を賄うために税を徴収するのはNG。
・イギリス人の自由や生命・財産がおかされるのは、法か裁判による時だけ。
 etc…

みたいな感じ。

要するに、それまでは法をも超越した絶対的権力者だった王様が、ついに法の制限を受けるようになったのです。

近世イングランドの適当なまとめ

と言いつつ、そのマグナ=カルタもそのうち忘れられ、権力はせわしなく王と国民(※上流階級or富裕層に限る)の間を行き来するのです。

「ワイは神様から任命されているんや!」と言って専制政治を行う王様。
王権神授説を唱えたジェームス1世(1566〜1625)
 ↓
それに反発して革命を起こすプロテスタント。
クロムウェルによる清教徒革命(1649)
 ↓
そのプロテスタントが敷いた厳格な独裁に嫌気がさした反動で、王政が復活。
王政復古
 ↓
その王様がやっぱり専制政治を敷く。
(チャールズ2世、ジェームズ2世)
 ↓
議会がキレて、その王様を追放する。
名誉革命(1688)

という具合に。

スポンサードリンク

金欠王ウィリアム3世

で、その名誉革命の結果、1689年にウィリアム3世がオランダから呼ばれ、イングランド王に即位しました。

ウィリアム3世とその奥様

経緯が経緯なので、このウィリアム3世は議会の要請に従い権利章典なる法律を発布。

・議会を召集すること。

・議会の同意を経ない法律の適用免除・執行停止の禁止。

・議会の同意なき課税、平時の常備軍の禁止。

・議会選挙の自由、議会内の発言の自由、国民の請願権の保障。

・国民の請願権、議会における議員の免責特権、人身の自由に関する諸規定。
 etc…

要は、議会をちゃんと尊重することを確約したわけです。

戦争は金だよ

しかしそんなことよりも、ウィリアム3世の目下の悩みは金がないことでした。

イングランドに限らず、古今東西の王様の多くは金欠に苦しんできました。

そもそもがお坊ちゃんなので、金銭感覚はザル。

にもかかわらず、戦争とかやっちゃうので、もういくら金があっても足りません。

ウィリアム3世も、ちょっと背景は複雑なので割愛しますけど、当時最強国だったフランスと戦争を始めちゃって、戦費が青天井で増大していったのです。

もちろん戦費を賄うため、ウィリアム3世はガンガン増税し、その結果、歳入は年400万ポンドにまで登りました。当時としては破格の金額でした。

なお、歳出は600万ポンド

そして、新たに貨幣を鋳造しようにも、その元となる金銀が無い。

詰みである

ウィリアム3世の心境

国王の信用度www

金が無いなら借金をするしかないわけですが、実際のところ、当時の国王の信用力は激低でした。

もちろん国王は国で一番偉いので、権威も権力もある。

しかし、その国王にお金を貸してもキチンと返ってくるとは限りません。

というか、歴史上、国王の代替わりに合わせて借金を踏み倒すケースがけっこうあって、多くの金貸しが破産しています。

その結果、みんな国王にお金を貸したがらず、貸す場合の金利は年30%にまで高騰していました。武富士を超えています。

スポンサードリンク

イングランド銀行設立!

そんな厳しい状況の中、なんとか80万ポンドまでは根性で調達したウィリアム3世。

しかし、残りの不足分120万を調達するアテはなく、国庫の破綻は時間の問題かと思われました。

が、その時。

超魅力的な申し出がウィリアム3世の元へ舞い込んで来ます。

うまい話

それは、「たった8%の年利で120万ポンドお貸ししますよ。」というあまりにも美味しい話。

申し出たのは、ウィリアム・パターソンという男。元海賊だったとかいう噂の、わりと怪しげな人物でした。

しかし、パターソンのプレゼンは、非常に魅力的なものでした。

彼のアイデアを一言で言えば、「民間から出資を募ってイングランド銀行ってのを設立しましょう!」というもの。

その銀行が、国王に破格の低金利で、長期に渡ってお金を貸すのです。金利さえ払えば元本はずっと借りててOK。

国王はこの申し出に飛びつき、1694年にイングランド銀行が設立されました。

設立の様子

踏み倒しを許さない

イングランド銀行は、なぜ信用激低の国王に低金利で融資ができたのでしょうか。

その秘密は、国王に借金を踏み倒されないための対策をバッチリ取ったことでした。

イングランド銀行は、1694年に発布された財源調達法という法律の中に記載されることで、正式に創設されました。

その条文の中には、トン税(港に停泊する船にかける税金)や酒税の一部を、必ず利息の支払いに充てることが明記されました。

権利章典の発布からも分かるように、この時点でのウィリアム3世は、もはや普通に法の制限を受ける存在です。

後になって、法律を無視して踏み倒すことなんてできないのです。

こういう仕組みを元に、イングランド銀行は民間から出資金を募りました。

貸し倒れるリスクの少なさから、富豪たちはこぞってイングランド銀行へ出資。公募からわずか2週間余りで120万ポンドが集まったのであります。

通貨発行権

こうして集まった120万ポンドのお金は、主に金貨や銀貨といった、ソブリンマネーです。

普通なら、これをそのまま国王に貸すわけですが、ここからがイングランド銀行の工夫です。

その工夫とは、融資と引き換えに銀行券発行の許可をもらうこと。

財源調達法に、「トン税を利息の支払いに充てる」ということの他に、「国王に融資する予定の120万ポンドと同額まで、銀行券を発行する権利」を明記してもらったのです。

この条文を根拠に、イングランド銀行は120万ポンド分の銀行券を発行し、それを国王へ貸し付けたのでした。

スポンサードリンク

国王の借用証書

この時なにが起こったか

さて、この銀行券は一体なんなのでしょうか?

表面的に見れば、イングランド銀行が出資者からお金を借りて、その借用証書を発行している形になります。

つまり、イングランド銀行の出資者に対する借用証書というわけ。

この仕組みは、以前から金細工職人が発行していた金の預かり証と同じ、あんまり信用のおけないプライベートマネーです。

しかし、この理解は実は本質を見誤っています。

実際には、発行された120万ポンドのイングランド銀行券は、民間の出資金とは全く無関係。

あくまでも、この銀行券の根拠は法律で「国王への貸し出しと同額までこの銀行券の発行を許された」から、発行されたものなのです。

ここが味噌です。

ハイブリッド借用書

ポインヨは2つ。

・イングランド銀行が発行した銀行券の根拠は、国王から与えられた120万ポンド分の「通貨発行権」。出資金ではない。

・その120万ポンドの担保は、「税金(トン税と酒税)」。

ここから分かることは、国王が将来に渡る税収を担保に、イングランド銀行から借金をしたこと。

そして、その借金の証明=借用証書を、銀行が発行することを許可したということです。

つまり、イングランド銀行券とは、表面的にはプライベートマネーでありながら、本質的にはウィリアム3世の借用証書なのであります。

ただ、国王の借用証書というだけでは、また踏み倒されちゃうかもしれません。

そこでイングランド銀行は、重要な役割を担います。

それは、保証

民間から120万ポンドの出資を受けて、確かな資力を持ったイングランド銀行。それが、国王の借用証書の信用を保証したわけです。

紙幣に書かれた「紙幣の持参人に、額面分のポンドを支払うことを約束するよ」という文言は、そういう意味なわけですね。

イングランド銀行券(1700)

1700年頃のイングランド銀行券。やっぱり「Promise to pay …」と書かれている。

この文言によって、イングランド銀行券は「国王の権威」と「民間銀行の信用」を併せ持ったハイブリッド借用書へと進化しました。

このハイブリッド借用書の信用力は、それまでに存在した金細工商人の金の預かり証なんぞとは段違い。瞬く間にイングランド全土でお金として流通していきました。

イングランド銀行は、その後も国王に融資を続けるとともに、預金、融資、手形割引、為替といった一般銀行業にも精を出し、急成長を続けます。

そして1833年にはついに、イングランド銀行券が正式にイングランドの法定通貨に制定されたのでした。

借金の行方

歴代のポンド紙幣をいくつか見てみましょう。

ポンド紙幣(1836)

ポンド紙幣(1966)

ポンド紙幣(2016)

最近発行されたポリマー製の紙幣にも、やっぱり書かれています。

どの紙幣にも、例の文言が書かれています。

これが意味するところは、1694年の最初の銀行券発行から現代に至るまで、イングランド銀行は一貫して国王の借金を保証し続けているということ。

なぜ保証し続けているのか。

それは、1694年にウィリアム3世が借りた120万ポンドの元本が、未だに返済されていないからであります。

途中で借り換えが何度かあり、金利はもうゼロになっていますが、それでも元本は残ったまま。

それはすなわち、現代でもなお、1694年のウィリアム3世の借金が、英国の金融システムの根底にあるということ。

もし、この120万ポンドの借金が返済されてしまったら、どうなるでしょうか。

当然ながら、その借用証書は破棄されますね。

でも、今のイギリスの金融システムの大元は、その借用証書なわけです。

それが破棄されてしまったら、おそらくは、イギリスの金融システムが根底から瓦解…。そして、その影響で世界経済は崩壊することになるんだよ!!

ΩΩΩ<ナ、ナンダッテー!?

参考文献、サイト様
負債論 貨幣と暴力の5000年
21世紀の貨幣論
貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで
マネーの進化史
富国と強兵
MAREIX 『英蘭の金融史(3)』
金貸しは、国家を相手に金を貸す「イギリス名誉革命以後の近代史」
シグルイ 13 (チャンピオンREDコミックス)

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史 経済 雑学教養

タグ : 

  関連記事

スポンサードリンク

コメント (38件)

  1. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 13:30:05

    面白いですね
    「それは、1694年にウィリアム3世が借りた120万ポンドの元本が、未だに返済されていないからであります。」
    全ての源がこの元本とは恐れ入るぜ

  2. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 13:38:34

    イギリスって輪転機乗っ取られてたよなネイサンという名の兄さんに

  3. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 13:44:39

    このシステムを日本も踏襲したので、日本の紙幣は日本銀行券なのでしょうか?
    なかなか面白い話でした。

  4. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 14:02:01

    「王室を廃止したら借金返すぞ」
    ウィリアム3世の借金=エリザベス2世の借金が王制の担保になってるのかな?

  5. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 17:46:07

    ポインヨ

  6.   2017/12/17(日) 17:58:53

    日本もヘリマネして、空母機動艦隊をつくろうぜ

  7. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 18:33:17

    どういうことだキバヤシ!!

  8. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 21:43:05

    ポインヨw

  9. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/17(日) 22:16:50

    唐突な「ポインヨは2つ」で草

  10. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/18(月) 00:28:45

    元海賊だけのアイディアって訳じゃないんだろうけど何でこんな銀行のアイディアが出てくるんだろう
    そして歴史が繋がっていることを改めて確認して面白かった

  11. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/18(月) 06:13:34

    返してはいけない借金

  12. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/18(月) 11:27:35

    国王も信用できない
    民間人はもっと信用できない

    信用できるのは?
    国家体制=税金=財務省!

    財務省最強理論ですね。わかります。

  13. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/18(月) 14:12:01

    図解してほしいい

  14. ガチ長文引かないでね 2017/12/19(火) 06:09:27

    ・イングランド銀行に120万ポンドを出資した人達が受け取ったのは預り証ではなく株式。発行された120万ポンドの銀行券を受け取ったのが政府。これはただ単に120万ポンドの金塊を持つ株式会社がその金で国債を買ったのと同じこと。もちろん金塊ではなくそれと等量交換を保証する銀行券で。
    ・イングランド銀行券の価値を保証しているのはどこまで行っても金との兌換。これはすでに当時多数のゴールドスミス・バンクが行っていたこと。
    ・「じゃあトン税法による保証条項はなんだ?」ってこれは銀行券ではなくむしろ「財政規律」を保証する条文です。イングランド銀行以前に国債の担保として税収をあてるというスキームはすでにあった。だがこれでは不十分。なぜなら権利章典によって増税が制限されるイギリス国債はデフォルトする恐れが高いから。そこで画策されたのがトン税法で「税収を担保にする」だけでなく「それで足りない分はその他の財源で保証する」という条文をこっそり忍ばせてる。権利章典を目晦ましで回避した。
    ・トン税法に「銀行券を発行する権利を与える」とわざわざ書かれたのは数年後に対する布石。この時点では多数の銀行が自由に発券してるからそんな権利わざわざ明言される必要はない。ただし3年後にイングランド銀行以外の大組織(株式会社)が銀行券を発券することを禁じる法律ができる。
    ・それこそがイングランド銀行が得た特権。イングランド銀行券は政府の税収による保証があったから一人勝ちしたのではなく、それ以外の大型銀行券が法で禁じられたから一人勝ちした。ただの私企業にすぎないのに。
    ・権利章典をのらりくらり回避したい政府、特権を得て巨大化したいイングランド銀行、その株主となって利益を得たいブルジョア(=議員)、の思惑が一致した結果。
    ・これで分かるのは兌換銀行券の発行と、政府の税収を担保とした国債発行は別の事象だということ。その証拠にイギリスはこのあと一貫して金本位制を志向し「政府の収税保証による紙幣」でなく「保有金塊と同等の兌換紙幣」に20世紀まで拘った。金準備率はまれに100%を下回ることもあったが基本は「金塊主義/通貨学派」が勝ち続けた。
    ・やはり貨幣=負債とする論にはムリがある。イングランド銀行創設の特殊性は分かるが、その後のイギリス貨幣制度を見ればそれが本質でないのは明らかだと思われる。参考図書のお二人はピケティ類系の「定説に異議を唱える新進気鋭」らしいが99%デモだのなんだの胡散臭い感じしかしない。

  15. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/19(火) 12:27:41

    ※14
    金本位制が勝ち続けたって言っても
    現在金本位制では無いって事実が金属主義の間違いを証明してる

  16. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/19(火) 17:07:11

    とっつきにくいイギリスの歴史というものがよくわかって面白かった。

    あと、紙幣の画像には赤字で「見本」と入れときなよ。

  17. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/19(火) 18:06:52

    ※15
    「貴金属」そのものではなく「希少性」が重要
    管理通貨制度の基盤を「中銀に希少性を厳密管理された擬似的な金塊」とみるか
    「政府の収税力を保証とする無制限手形」とみるかはそのまま「金塊主義/反金塊主義」の歴史にスライドする
    ヘリマネの正当性が一部で議論されるように、まだ結論はハッキリとしていない
    先進国金融政策の主流は中銀の独立性と金融引き締め、健全財政を重視する金塊主義

  18. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/19(火) 22:02:20

    コメ欄の経済をガチで学んだ人の反論とかツッコミも面白いから期待してる
    煽りあい貶しあいでない健全な議論のできるサイトであってほしいねぇ

  19. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/19(火) 23:03:02

    ※14
    それなら現在も金兌換であるべき

  20. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/20(水) 09:33:06

    120万ポンドを現時点の日本円に換算したら…1億8千万円くらい。
    でも返してはいけない。

  21. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/20(水) 11:32:54

    毎度面白いです

  22. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/20(水) 12:27:55

    ※17
    現在日本円を保証してる「希少性」のあるものって何?
    安倍政権になって300兆円以上発行されてるけど、これって「中銀に厳密に管理された金塊」なの?

  23. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/20(水) 15:49:35

    ※22
    金やドルと紐付けされていた当時ならば「希少性」が担保されていただろうが、今となっては・・・・・・。
    単純な「希少性」ならばビットコインのほうが担保されてるんじゃね?(インフレしていく計算力という形で)

  24. ぎしん 2017/12/20(水) 23:43:28

    面白い。

    負債とは無くなれば良いという物ではない。
    家計簿感覚で経済を語る輩に読ませたい。

  25. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/23(土) 00:07:46

    負債が原動力、不健全な気がするけどこれでいいのか

  26. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/23(土) 07:03:01

    ※22
    円は希少性を失ったから世界基準(ドルユーロベース)で2/3も減価したじゃない
    冷静に考えなくても2/3って大変なことよ?
    でも国内物価に反映されてないってそれはまた別の話
    中世に新大陸から金銀が流入して希少性が毀損したいわゆる「価格革命」でも庶民の物価にまで浸透したのは何十年もかけてだから
    「新大陸のおかげで金銀の価値が半分になるぞ!」って聞いても庶民は「へーすごいね」って言いながら昨日と同じ値札を付ける。人間ってそんなに賢くない
    労働契約はより強い慣習法に縛られるからさらに硬直的。支払う地代が一定だった農民が楽になって土地貴族が没落したのは有名な話。これの是正には150年以上かかった。現代日本の場合はサラリーを払う大企業が大儲けで受け取る庶民が地味に没落中

  27. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/23(土) 10:44:42

    ※26
    こんなに長文なのに何一つ数値に基づいた論理がないのは、ある意味すごいな

  28. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/23(土) 20:24:32

    このサイト自体すでに何章もやってまともな数値論理一つないだろ何いってんだ

  29. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/25(月) 13:13:17

    現在は物質本位制、金本位制を経て債券本位制経済になっており、実際に貨幣で交換するものから離れてより信用取引の度合いと返済期間が長くなっている。現在では英連邦を中心に永久債(返済期限が無限で金利だけ支払う)の発行が検討されてる。

  30. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/26(火) 10:33:21

    米27
    記事本文には数値に基づいた論理がありましたか?(小声

  31. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/26(火) 21:07:09

    面白いです。経済学について全く無知ですが。

    こんな事言うと怒られちゃうかもしれないが、
    そもそも金(キン)ってなんで価値があるんでしょうね
    (俺の○玉に価値はあるのか…)

    鉄にくらべて希少とはいえ、過去の世界に用途としての価値があるのか理解出来ないね。現代は電子機器などで利用してますが。

    金についての価値の概念て、なんでしょうか?

    読んで感じたのは、お金ってのは生産に対しての対価であってほしいですね。
    (俺の○玉の生産力はいくらになるのかな? あっ、ダメだ!需要がねえや、)

  32. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/26(火) 22:55:30

    平均寿命30歳の時代、永久に朽ちない金は不老長寿の魔力があるように見えたんだろ
    現代人には分からんで当然
    支配者が藁にもすがる思いで金を蒐集したからそのうち「金=ハイソサエティの証」にも転嫁していった
    宝石も同じだけどアレは種類とか質とかバラバラだから共通価にはなれないよな
    水銀は秘薬とはされたけどほっとくとすぐ化合して綺麗じゃなくなるから一般に訴えるほどの力はないあくまで副産品

  33. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/27(水) 17:03:22

    ※30
    むしろ数のデータ持ってたら管理人何者よ…

  34. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/29(金) 09:34:22

    参考文献の中に平然とシグルイあるの笑う

  35. 名無しさん@腹筋崩壊 2017/12/29(金) 23:45:28

    詰みである!がわかりやすいから仕方ないね

  36. 名無しさん@腹筋崩壊 2018/01/01(月) 10:52:57

    古代文明でアヌンナキが金を必要としてたんだって
    何に使ってたかわからないけど現代人にはきれいだとか腐食しないくらいの用途しかない

  37. 名無しさん@腹筋崩壊 2018/01/12(金) 09:30:26

    >16
    最後のポンド紙幣にハッキリ書いてあるがな
    古い紙幣は日本と違ってもう使えないし

  38. 池本 雅也 2018/04/11(水) 12:10:42

    国民の休日とか祝日とか行ってるけど
    借金で生活してる奴らのための休みだからなぁ 笑

    銀行が休みだから、休みなんだよ

スポンサードリンク