ヘブライ語とかいう架空の言語wwwww

常識的に、旧約聖書の舞台はパレスチナだとされています。

聖書考古学者は、旧約聖書で描かれたイスラエル人の歴史を裏付けるため、パレスチナを熱心に発掘し続けてきました。

しかし前回見た通り、その発掘成果は哀しい…あまりに哀しいものでした。

パレスチナでは何も見つかっていない
最初にちょっとおさらいになりますが、旧約聖書にはだいたい次のような歴史が書かれています。超適当な年表B.C.2100年 メ...
スポンサードリンク

パレスチナ説の根拠

説というより大前提みたいな扱いですが、そもそもなぜ旧約聖書の舞台はパレスチナだと考えられているのでしょうか。

それには大きく2つの理由があります。

遺跡がある

誰のものかは分からないけど、とにかく一応遺跡があることはある。

特に、メギド、ハツォル、ベエル・シェバという3つの代表的な遺跡は、「聖書ゆかりの遺丘群」などと銘打たれ、ちゃっかり世界遺産にも登録されています。

Megido_City_Gate

メギド

Hatzor-HouseofPillars

ハツォル

Tel_Beer_Sheva

ベエル・シェバ

しかし実際には、この中のどれ一つとして、旧約聖書との関連性は証明されたものはありません。

にも関わらず「聖書ゆかりの遺丘群」と認定されているのは、
・旧約聖書に登場する地名と似てる
・旧約聖書時代の遺跡
というたった2つの理由から。なんとも薄い根拠であります。

「嘆きの壁」に代表されるヘロデ神殿の遺跡は、明らかにイスラエル人が残したと言える遺跡です。

ヘロデ神殿の復元図(想像)

ただ、この神殿だって、B.C.20年に建てられたものであって、決して旧約聖書の時代(B.C.21世紀~B.C.6世紀)のものではないのです。

ヘブライ文字

で、もう一つの根拠がこちら。

パレスチナ各所の遺跡から古ヘブライ語が書かれた土器がいくつも発見されているという事実。

こんな感じのやつ

土器に書かれた内容はまだ全て解読されたわけではありません。また、旧約聖書の記述を裏付ける内容のものも見つかっていません。

しかし、確かに聖書時代の遺跡から出土した土器に、古ヘブライ文字が書かれている。

であるからして当然に、「古ヘブライ語を使用していたのは古代イスラエル人なんだから、パレスチナには古くからイスラエル人が住んでいたんでしょ」と考えることができます。一分の隙もない理屈。

かくして、パレスチナにイスラエル人が住んでいたことは証明されたのであります。

コロンビアAA

…と言いたいところですが、この「古ヘブライ語が書かれている」という部分には、実は重大な疑惑が存在しているのであります。

スポンサードリンク

古ヘブライ語とはなんぞや

古ヘブライ語というのは、要は古代のイスラエル人が使用していた言葉。

古ヘブライ語は「聖書ヘブライ語」などとも呼ばれ、B.C.10世紀くらいからパレスチナで使用され始め、旧約聖書の大半もこの文字で書かれたとされています。

古ヘブライ語になるまで

古ヘブライ語で使われている文字の大元は、エジプトのヒエログリフ(象形文字)と言われています。

ヒエログリフ

このヒエログリフが中東に伝わり、パレスチナらへんでは原カナン文字が成立しました。

Proto-Canaanite_alphabet

原カナン文字

これがさらに変化し、フェニキア文字というものが誕生しました。

phonecian_alphabet

フェニキア語のアルファベット一覧

このフェニキア文字は、かつて地中海沿岸で栄えたフェニキア人が使用していた文字。22の子音で構成されていて、書くときはggrks方式が取られます。

この文字がやがて古ヘブライ語へと変化していったとされています。

ちなみにギリシャ語やアラビア語も、このフェニキア語から変化していったもの。かなり重要な言語であります。

hebrewlanguage_history

文字の変化の流れ

残念ながら、古ヘブライ語はイスラエルの衰退とともに使用者が激減し、B.C.5世紀くらいにはもう誰も読めないレベルだったと言われています。

スポンサードリンク

フェニキア人?

古ヘブライ語の話に入る前に、あまり耳慣れない「フェニキア」というワードについての説明をちょっと。

B.C.15〜8世紀の地中海世界には、フェニキア人という民族がいました。

ギリシャの大歴史家ヘロドトスによると、

これらの者(フェニキア人)は、かつては紅海沿岸部に住んでいたが、やがて地中海へとやって来て定住し、…
ヘロドトス『歴史』

彼らは紅海沿岸部からパレスチナに移住。イスラエルのちょっと北に本拠地を置いた後、地中海貿易で繁栄を極めました。商才はすごかったみたいですね。

フェニキア人の全盛期の縄張り

しかしそんなフェニキア人も、B.C.8世紀頃からアッシリア等の大国に攻められ、その勢力は一気に縮小し、やがては滅亡してしまいます。

ただ、彼らが商売を通して地中海の各地に伝えたフェニキア文字は、ギリシャ語やアラビア語はと姿を変え、今も残っているのであります。

スポンサードリンク

古ヘブライ語は実在するか

イスラエル人が使ったとされている古ヘブライ文字は、そんなフェニキア文字から枝分かれした文字。

paleo-Hebrew_alphabet

古ヘブライ語のアルファベット一覧

フェニキア語と似てはいるけど別の言語のはず…ですが…、なんかこれ…。

ここで、上にあったフェニキア文字と古ヘブライ文字を見比べてみて下さい。

phonecian_alphabet

フェニキア語のアルファベット一覧

てゆーかこれ、同じ文字やんけ!!

多少、角度とか違ってますけど、筆跡の違いで済ませられるレベル。はっきり言ってこれ、素人には区別つきませんし学者様だって区別ついてません。

疑い深い方のために、別のサンプルを。


上が古ヘブライ文字。下がフェニキア文字。

うーむ。やっぱりほとんど違いがありません。

ここにきて、ある重大な疑惑が頭をもたげます。

それは、「そもそも「古ヘブライ語」などという言語は無かったのではないか」という疑惑。

同じフェニキア文字でも、イスラエル周辺で発見されたら「古ヘブライ文字」、それ以外なら「フェニキア文字」と、勝手に区別しているだけではないのか。

そう疑ってしまうほど、フェニキア文字と古ヘブライ文字には違いがありません。

スポンサードリンク

フェニキア人とイスラエル人

っていうか、もし仮に「古ヘブライ語」などという言葉は無く、それは単に「フェニキア語」でしかないのだとすれば…。

だとすれば、「イスラエルの民」と「フェニキア人」にも、同じことが言えるような気が…。


参考文献、サイト様
聖書アラビア起源説
ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか
発掘された聖書―最新の考古学が明かす聖書の真実
聖書考古学 – 遺跡が語る史実 (中公新書)
Wikipedia「原シナイ文字から派生した文字体系」
Oldest Hebrew and Samaritan Script and Language were nothing but Phoenician
オルタナティブを考えるブログ

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 宗教 歴史

タグ : 

  関連記事

コメント (100件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 00:54:16

    狙って今日更新っすか。さすがとしか。

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 01:00:27

    そのうちモ○○に○○されちゃうんじゃないかと心配するわ

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 01:06:40

    ヘブライ語とシュメール語と日本語は兄弟やで
    マジだぞ
    起源はもちろんあのアトランティス

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 02:03:03

    旧約聖書を読む限りではユダヤ人は遊牧民族(アベルとカインの話とか)なんだけど
    動物を相手にする遊牧民だったら安息日なんか守れるわけないんだよねw

    バビロン捕囚の段階では遊牧民じゃなかったはずだけど、もっとそれ以前に
    脱遊牧化してたか、かなり過去の時点で本来のユダヤ人の背乗りのような事を
    古代ユダヤ人はしてるんじゃないのかな?

    現代ユダヤ人も古代ユダヤ人とは遺伝子的な繋がりのない似非ユダヤ人のはずだけど☆

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 04:40:47

    きさまらメリークリスマス
    ところで何の祭りなんだ?

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 04:57:27

    ユダヤ人ってユダヤ教徒のことだから遺伝子的なつながりは必要ないんじゃないの?

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 05:59:37

    言語と文字がごっちゃになってますね…

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 06:57:24

    宗教にしても、言葉にしても、文字にしても、全部良い所取りだろう。

    アソコらへんの民族の集大成という事だろ。捕囚のころまとめたんだろう。

    暇だったし、捻じ曲がっていじけてたし。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 07:53:36

    スレ主は騙されたと思ってヴェリコフスキーの「混沌時代」を読め。
    古代オリエント史は場所設定ではなく、時代設定が大いに間違っているのだ。フェニキア語やウガリト語など、ヘブライ語の方言みたいなもの。

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 09:48:05

    米9
    お前が騙されてるんやで

  11. 名前:makimuku 投稿日:2016/12/25(日) 10:17:59

    >>7

    だよねえ。これだけなら「フェニキア文字を使ってヘブライ語を書いた」と考えても矛盾はなさそう。

    日本語と中国語は全然別の言語だけど、万葉仮名(オール漢字)で書かれた万葉集は、使っている文字だけから見れば中国語の文書と区別が付かない。ただ中国語として解釈しようとすると全然意味が通らないから違うと分かる(まあ一部漢文式の書き方も併用しているが)。

    そもそも「古ヘブライ語が書かれた土器」の文字は、他の言語でなくヘブライ語を書いたものだと確認されてるのかな?そこがはっきり書かれてないからもやもやする。

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 12:19:35

    >>11
    たしかに日本語と漢字の関係のように、古代ヘブライ語は独自の文法で、文字だけフェニキア文字なのかもしれないな。
    ただ「選ばれし民」なのに文字が他民族の借り物ってどうなのよ、ってことで後世の人がほとんど一緒の文字をわざわざ「古ヘブライ文字」なんて呼び違えてるのかも。

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 12:42:13

    古代中国語と万葉仮名は字は同じでも文法体系が完全に別もんなんだけどそのへん古代ヘブライ語とフェニキア語はどうだったんかね

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 14:14:35

    これ話の流れは「フェニキア人とヘブライ人は実は同一」って続きそう

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/25(日) 15:19:38

    >>14
    あるいは同一とまでいかなくても、古代ヘブライ人ってパレスチナらへんにいる、特に凄くもない平凡で典型的な民族だったのでは・・って感じかな。
    旧約聖書ってバビロン以降のヘブライ人達が、先祖の話を盛りまくった話だとしたらけっこう痛いなコレ

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/26(月) 01:50:23

    ああ、なんだ。
    ユダヤ人って、商売上手のフェニキア人のことだったのか。

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/26(月) 04:06:07

    ××語と××文字を使い分けて書かないとだめだな

    >ちなみにギリシャ語やアラビア語も、このフェニキア語から変化していったもの。かなり重要な言語で>あります。

    インド・ヨーロッパ語族のギリシャ語とアフロ・アジア語族のアラビア語はまるで系統が異なるし、現代の文字でフェニキア文字と関係なく発達したのは漢字くらいだろう

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/26(月) 10:46:08

    現代のヘブライ文字は全く違った形になっているけど、
    いつどのように変化したのだろう?

  19. 名前:洋楽ファン 投稿日:2016/12/26(月) 17:06:23

    ありがとうございます。
    またまた、おもしろい記事です。目からウロコがナイアガラの滝です。

    >パレスチナ各所の遺跡から古ヘブライ語が書かれた土器がいくつも発見されているという事実。
    >「古ヘブライ語を使用していたのは古代イスラエル人なんだから、パレスチナには古くからイスラエル人が住んでいたんでしょ」と考えることができます。

    しかし、ところが、意外にも、どんでん返し。

    >重大な疑惑
    >ここで、上にあったフェニキア文字と古ヘブライ文字を見比べてみて下さい。
    >てゆーかこれ、同じ文字やんけ!!

     三段論法で考えるなら、真相は以下です。
    「パレスチナの遺跡から出土した土器に書いてあったのはフェニキア文字だった」
    「フェニキア文字を書いたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに住んでいたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに古代イスラエル人たちは住んでいなかった。まったく別の○○○○に住んでいたのだ!」
    「やはり旧約聖書の舞台はパレスチナではなかった!」

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/26(月) 17:11:34

    誤字の指摘です。
    このコメントは消して下さって構いません。

    [フェニキア人?]の段落の最後の行、
    「ただ、彼らが…ギリシャ語やアラビア語【は】と姿を…」
    となっています。

    いつも楽しみにして見ています。
    続きが楽しみです。

  21. 名前:名無し 投稿日:2016/12/27(火) 01:01:03

    文字には概念があるからね。(言霊)

    フェニキア人から派生してるのかな?

    精神が穢れると、自動的に概念が穢れる。概念が穢れると、自動的に言葉が穢れる。

    どうも本質にある「ご都合主義」を感じ取らざるを得ないんだよな〜。

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 04:17:16

    ユダヤ人がフェキニア人の派生である可能性は薄いと思いますけどね
    主神だったバアルを貶めてベルゼブブなんて言ったとしたら、かなり性格が悪かったと言わざるを得ない
    尤も時代が下がってからなされた事かもしれませんけどね

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 07:19:10

    言語と文字の区別をつけて考えないと。

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 11:27:13

    文字と言語の違いもそうだが、存在を疑われるのは「“古”ヘブライ文字」であって、ユダヤの聖書や現在のイスラエルで使われている「ヘブライ文字」は存在する点からも記事タイトルちょっと良くないと思う

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 15:30:29

    わかったからこのキモいタイトルやめろ
    記事書き上げたあとにどんな顔してダブリュー連打してんだか

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 16:10:30

    文字は同じでも言語が違う、そう主張するためには文法や単語の違いが明らかにしないと
    フェニキア語と古ヘブライ語で書かれた文章に明確な違いがあるの?
    そこをおざなりにして古ヘブライ語があったと言われても信頼性に欠ける

    けど逆に、フェニキア文字で書かれたものすべてがフェニキア語である、も怪しい
    文字を道具だと考えると、剣をどの国も使ったように文字も伝播したと考えるのが自然
    当時の地中海に同一文字を使う民族が複数いた可能性はある
    そう考えればバアルを崇める民と貶める民(ユダヤ)がいてもおかしくないはず

  27. 名前:森田必勝@楯の会 投稿日:2016/12/27(火) 18:12:05

    ヘブライ語を架空の言語と仰るならば、
    『アメリカ英語』は尚更でしょう!!???ww 。

    アメリカ英語って現在進行形で、
    単語の『意味や綴り』がバンバン替わっていますよ??? 。

    「オ〜イェ〜ww . ソレハ アメリカンイングリッシュ 
    ダカラ〜ダヨォ〜www . ハハハァ〜……… 」にはもう、

    騙されないよ??? 。

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 20:40:14

    似てるから同じってのはちょっと雑すぎるよ

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 21:13:40

    ※26
    「土器に書かれた内容はまだ全て解読されたわけではありません」ってあるからいくらかは解読されてると読み取れる。

    明確な違いがないなら管理人が喜々として記事内にそれを書くだろうから、違いはあるんでないの?

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 21:27:52

    ヘロドトスの言う「紅海」は現代のペルシア湾やけど

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 21:51:04

    ※30
    明確な違いがある/ないのであれば、この記事を書きようがないよ
    どっちかわからないから議論ができるし、解読できないならどう白黒つけようかってこと
    その切り口としてユダヤが住んでいたのなら聖書と結び付けられるはずという主張

    1.パレスチナからは聖書関連のものは見つかっていない
    2.当時はパレスチナにフェニキア人が暮らしていた
    3.出土されているものはすべてフェニキア文字
    4.アシールに聖書と結びつけることのできる証拠がある
    5.イスラエルの建国は誤りだった
    6.ユダヤが全部悪い

    という構成だよこの話は
    パレスチナ、聖書、フェニキア文字、アシールまでがセットになって論拠となる

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/27(火) 22:06:57

    ※29の間違いだよごめんね(´・ω・`)

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/28(水) 06:10:59

    ※31
    改めて総括みると管理人消されそうw
    実際アメリカとかユダヤ系が権力握ってる場所でこの発言したらやばいんだろうか

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/28(水) 07:12:53

    あると仮定したら誰が得をするか?
    それは、おっと誰か来たようだ

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/28(水) 11:36:30

    お前・・・消されるぞ・・・

  36. 名前:洋楽ファン 投稿日:2016/12/28(水) 13:08:10

    >19 を書いた「洋楽ファン」です。

    >31氏へ。
    総括をありがとうございます。
    私が読み取った文脈も同一であり、以下です。

    「パレスチナに住んでいたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに古代イスラエル人たちは住んでいなかった。まったく別の○○○○に住んでいたのだ!」
    「やはり旧約聖書の舞台はパレスチナではなかった!」

    >31氏 より
    >4.アシールに聖書と結びつけることのできる証拠がある
    >5.イスラエルの建国は誤りだった
    >6.ユダヤが全部悪い

     ○○○○がアシール地方である可能性は高いでしょう。
     しかし、「ユダヤが全部悪い」というのは言い過ぎかもしれません。最初からユダヤ人の陰謀があったわけではなく、コピー・ペーストだらけの聖書を信じて、間違えてしまったのでしょう。
     本当はアシールに現代イスラエルを建国するべきだったわけです。なのに無関係なパレスチナに建国してしまったわけです。

     ただし、現在は自由な論争が行われていないようです。自由な論争を潰そうとする動きがあるのなら、それは誰かの陰謀かもしれません。


    興味のある方は、スレッド主の記事シリーズを読み返すことをおすすめします。

    第1回「出エジプト記(エジプトとは言っていない)」
    第2回「旧約聖書とエジプトの無関係具合」
    第3回「天地創造とかいうガバガバストーリー」
    第4回「ノアの箱舟 コピペ説」
    第5回「旧約聖書を書いたのは誰??」
    第6回「パレスチナでは何も見つかっていない」
    第7回「ヘブライ語とかいう架空の言語wwwww」


    スレッド主へ。
    今回のタイトルの「ヘブライ語とかいう架空の言語wwwww」は中身の主旨とは、ズレがあるようです。
    「古ヘブライ文字とかいう架空の文字wwwww」に改題した方がいいのではないですか?

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/28(水) 14:25:05

    今考えたら、シオニズム思想に基づいてイスラエルっていう国が建国されたこと自体が誤りだったと思う
    2000年間も欧州で暮らしてきたユダヤ人がいまさらパレスチナに帰るべきって言うシオニズム思想は、アメリカ白人にイギリスに帰れっていうのと同じぐらい荒唐無稽な話
    パレスチナ人を追い出してユダヤ人の国を作るよりも、欧州の少数民族の一つとして欧州でユダヤ人が暮らしていくほうがまだ問題が少ないと思う

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/28(水) 14:52:27

    毎回トップ絵のオネーチャンがかわいい。

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/28(水) 18:15:37

    ※31
    普通に考えると「土器に書かれた内容はまだ全て解読されたわけではありません」という管理人の文章からは「一部は解読されている」と読み取れるんだけど。
    まったく解読されてないなら「土器に書かれた内容は解読されていません」とでも書くよね、普通。

    それとも俺の誤読なの?

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/29(木) 06:37:51

    どのくらい解読が進んでいるのか。
    もし身体基礎語や日常の数詞及び語順が一致していれば二つは同じ言語と言える。
    つまり古代ヘブライ語は否定される。
    日本語の様に民族、使用場所、経歴が一意的で有ることが分かっているのは珍しいということか。

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/29(木) 10:43:15

    ggrks方式wwwわかるけどwww

    >>12
    現代でもモンゴルやマケドニアはロシアと同じキリル文字だけど文法違うしな 
    モンゴルは他にモンゴル文字とラテン文字あるけど

    フェニキア人の行動範囲考えたら
    遠隔地では文字だけ借入れで、文法は独自の可能性もあるのかあ

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/29(木) 10:55:00

    >>4
    モーセのあたりの記述だと確かに暮らし方が遊牧民っぽいんだけど
    純遊牧民だと口承で事足りるだろうから、独自の文字使うことなかったろうしなあ
    かのチンギス・ハーンが版図を広げている際も最初の頃は文字がなかったらしいし

    遊牧していた民と一神教を広めた文字持ちは別の集団だったのかもな
    いやだって遊牧生活で多神教切り離せるか?と思うんだけど

  43. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/29(木) 17:53:09

    アブライ語「アブライっ!!」

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/29(木) 21:19:00

    ※39
    「すべて~ではない」は「不十分である」を遠回しに指摘する時の言葉
    「君たちが全然努力してないとは言わないんだけどさ・・」っていう意図で使う
    好意的なら「この部分では~」をつけるので、ネガティブかつ失礼な言い回しだよ

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/30(金) 17:07:41

    管理人やばくね?
    イスラエルに消されるぞ

  46. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/31(土) 15:03:46

    >>4
    遊牧民族舐めてるだろ。
    牧場でも、乳牛でも無いんだよw
    それに毎日移動してる訳じゃない。
    事実上、放し飼いですが。

  47. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/31(土) 15:09:58

    漢字文化の国、地域は現在、中国、朝鮮半島、日本、台湾。
    だか、民族もちがうし、使い方も形も独自に変化している。
    明らかに違う文字もありますが。
    それに数字はどうですか。
    ユダヤ数字なるものもありますよね。
    アラビア数字の元になったと言う。

  48. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/01(日) 11:26:26

    更新来てたんだ
    明けましておめでとうございます

  49. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/01(日) 14:07:43

    >>11
    >万葉仮名(オール漢字)で書かれた万葉集は、使っている文字だけから見れば中国語の文書と区別が付かない。

    これは表意文字のくせに一字で一音節に対応している中国の漢字だから可能になった変態技で、他の文字では不可能

    ところが、フェニキア文字も古ヘブライ文字もggrks方式の表音文字
    とてもじゃないが万葉仮名なたいな変態技が出る余地はないでしょ WWWW

  50. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/02(月) 09:01:00

    明けましておめでとうございます!
    今回もすごーくすごーく面白かったです。いつも更新楽しみにしてます!

  51. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/02(月) 14:48:14

    アフロアジア語族のセム語派のヘブライ語、フェニキア語、アラム語は方言レベルに近い、てのも書いた方が
    でないと同じローマ字を使用している民族はみんな同じ人種なの?と突っ込まれてしまう
    もっとも、ヘブライ語が中東一帯で話されていたセム語族の一派であることは誰も否定してないんだから
    ユダヤ人と他の部族を区別するのは宗教くらいしかない以上
    古ヘブライ語の内容がバアルを肯定か否定しているかまでわからなければ
    どっちとも結論できないような。

  52. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/02(月) 15:15:02

    大事なのは何の文字を使ってるかではなく、その文字が何て発音するかだ

  53. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/02(月) 17:46:44

    *49
    >ところが、フェニキア文字も古ヘブライ文字もggrks方式の表音文字
    ggrks方式ってアブジャドのことかw

  54. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 04:10:12

    釣りか?釣りなのか?
    ユダヤ教の牧師がヘブライ語で発音した祈りを捧げる事に対する整合性は何処行った?

  55. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 10:17:29

    その旧約聖書ももっと古い宗教を征服した仮定で神話取り込んでるものだから
    ユダヤ教関係なかったりするものも多数あるし・・・
    ヤハウェが人間に取っ組み合いの挙句、ローキックくらって倒れて、
    朝日が怖いと泣き叫ぶ聖書原典はあきまへんわ。
    改変されてそこはミカエルになってるが、やっぱりおかしいし。
    文字の発音から使い方どころか、内容も時代と地域で勝手に改変しまくってるから何とも。

  56. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 15:59:32

    古き多神教社会を乗っ取った一神教反乱者達の自己正当化剽窃プロパガンダ文書
    =旧約聖書ほか
    キリストさん関連ゴタゴタのゴルゴダ顛末=乗っ取り一神教(ユダヤ教)の内部で不平分子による分派運動、主導権奪取未遂事件に対する不平分子残党に因る騒動自己正当化歪曲美化プロパガンダ文書

    で、有るから内容なんてのはねえ・・・本物の史実が在ると思う方がオカシイての

  57. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 16:10:53

    ※25
    嫌なら見るなガイジ

  58. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 18:42:30

    記事に自信がない時はタイトルに草を生やしてごまかしてる

  59. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 19:12:54

    ※25
    きみの持ち物ではないし有料でもない

  60. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/03(火) 22:17:55

    何ともまぁ土台が「怪しさ満開」だなぁ…。

    精神の段階がそのまんま来てるのだろうか…。

  61. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/04(水) 00:14:25

    ハムラビ法典が紀元前に出来ていて楔形文字を残している。
    あの地域の4、5千年はそっちが中心文化圏であとははっきりせんのが当然やろ

  62. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/05(木) 03:10:04

    聖書アラビア期限説(笑)死ねよボンクラ

  63. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/06(金) 01:21:14

    まあ、今回は「さて、古代ヘブライ文字がフェニキアの一方言だったら……」っていう、次回へのネタふりでしょ。

    なんだかさ、「聖書を貶められるのは気に食わない」ってだけで理屈もなく書き込んでる人も見受けられるけど、
    聖書の物語なんて「お話」に過ぎないんだから、そこはそれで割り切れるようにならないとね……
    (まあ、お話としても薄っぺらいもんだけどさ……)

  64. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/06(金) 02:01:50

    そもそもお前ら旧約聖書読んだことあるのか
    俺はヘブライ語で読んだことあるぞ

  65. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/07(土) 21:20:24

    日本人はひらがなが生み出されるまでは中国語そのままの文字を日本語を書くときに利用していたわけだけれど、とうぜん日本語と中国語は同じ言語ではない。
    使ってる文字が一緒だから同じ言語だってのは無理がありすぎる。

  66. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/07(土) 22:13:33

    古は旧と同じく一度あったものと考えると
    古 ヘブライ語 はあって滅びて 現 ヘブライ語 ができたと。
    其の元となるのがフェニキァで古ヘブライと言うのが実はフェニキァ言語文字のどれかで
    そうなると現在使われている ヘブライ語 とはフェニキアの事で言い方が違うだけと。
    そういう考えでヘブライというのは民族とか存在していても語としては架空の物と定義する。
    と言う考えのタイトルなのかな。

    土器の文字って塩いれていたなら塩のツボとかしか書いてないかもな
    記録残すのにツボに歴史書いて置いておくのかな。
    文字として現代に当てはまる対応文字があるから解読としてはできるけど
    出土して全部ヤッてられないからまだなものが多いだけだろうね。

  67. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/07(土) 22:15:47

    ※44
    ただの部分否定をそこまで曲解する人間初めて見た
    そんなもん文脈によるとしか言えんのだが

  68. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/09(月) 00:56:36

    >>65
    >日本人はひらがなが生み出されるまでは中国語そのままの文字を日本語を書くときに利用していたわけ

    「中国語そのままの文字を日本語を書くときに利用できた」のがタダ事じゃないんだけどな

    例えば、「いろは」の字は中国の漢字「伊呂波」をそのまま流用して表記できちゃった
    その後じょじょに字形を崩して行った

    ところがアルファベットの「A」はその音を表す文字が存在しなかった
    セム語の「アレフ」、つまり牛を無理矢理「ア」と読んだ
    「ア」と読むようになってからは牛の意味は失われて「ア」は「ア」という音を表す記号になった
    この状態でフェニキア文字を使って、そのままヘブライ語を表記できるということは…

    英語のVの音は日本語にないからね
    Vを日本の文字で表記しようとすると「ヴ」という新しい文字を作らなきゃいけない
    これはロシア語のキリル文字でも北米のチェロキー文字でもやってることだ
    フランス語ならアクサン記号文字付きとか、ドイツ語ならウムラウトとか

    ところがヘブライ人はフェニキア文字をそのまま使ってヘブライ語を表記できた
    ようするにフェニキア語に存在しない特別な音はヘブライ語になかったってことだよ

    英語、フランス語、ドイツ語なんかの関係よりフェニキア語・ヘブライ語の関係の方がはるかに近かったってこと
    英語と米語の違い程度なら同じ文字をそのまま使って表記できるけどね

  69. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/09(月) 09:27:42

    正直特定の学説に偏りすぎててなあ

  70. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/09(月) 12:48:00

    ※66
    識字率はどんなもんだろうなあ。「塩の壺」って書いてあっても読める人が少なかったら意味ないよな。ひょっとしたら「水っぽくならないよーに!」っていう呪文かもしれないぞw

  71. 名前:名無し 投稿日:2017/01/09(月) 23:48:02

    YouTubeを見ていたら、世界の系譜なる物があった。見て行くと、どうもユダヤ系のご都合主義で作られていると感じた。精神って、個々の内側での「研磨が施されない」限り、変わらないんだなと思った。その精神から言葉は繋がってるからね…。神代文字から点検すると、怪しさを感じるよ…。

  72. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/10(火) 13:01:31

    ググレカス方式?

  73. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/10(火) 16:00:50

    更新日がクリスマスで草
    キリカスに喧嘩を売っていくスタイルいいゾ^~これ

  74. 名前:れんど 投稿日:2017/01/10(火) 23:33:19

    たった100年やそこらでちょんまげなんかほとんど無くなった。
    200年も遡ったら会話なんて通じもしない。
    つまりそう言うこと?

  75. 名前:名無しの大佐 投稿日:2017/01/11(水) 00:59:12

    ヘブライ語は日本語にも影響与えた言語だぞw

  76. 名前:洋楽ファン 投稿日:2017/01/11(水) 20:38:43

    皆さん、記事の文脈を誤解しています。
    私が理解した文脈は、以下です。

    >パレスチナ各所の遺跡から古ヘブライ語が書かれた土器がいくつも発見されているという事実。
    >「古ヘブライ語を使用していたのは古代イスラエル人なんだから、パレスチナには古くからイスラエル人が住んでいたんでしょ」と考えることができます。

    しかし、ところが、意外にも、どんでん返し。

    >重大な疑惑
    >ここで、上にあったフェニキア文字と古ヘブライ文字を見比べてみて下さい。
    >てゆーかこれ、同じ文字やんけ!!

     三段論法で考えるなら、真相は以下です。
    「パレスチナの遺跡から出土した土器に書いてあったのはフェニキア文字だった」
    「フェニキア文字を書いたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに住んでいたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに古代イスラエル人たちは住んでいなかった。まったく別の○○○○に住んでいたのだ!」
    「やはり旧約聖書の舞台はパレスチナではなかった!」


    興味のある方は、スレッド主の記事シリーズを読み返すことをおすすめします。
    全体が同一の文脈です。

    第1回「出エジプト記(エジプトとは言っていない)」
    第2回「旧約聖書とエジプトの無関係具合」
    第3回「天地創造とかいうガバガバストーリー」
    第4回「ノアの箱舟 コピペ説」
    第5回「旧約聖書を書いたのは誰??」
    第6回「パレスチナでは何も見つかっていない」
    第7回「ヘブライ語とかいう架空の言語wwwww」

  77. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/11(水) 21:04:41

    ※44
    文脈によるのは当然だけど、ここでは科学的な立場で考えるべきだよね
    科学的な文脈で対立的な立場に対して「全然わかってない」とは主張するのは無理
    彼らも相当な努力をしているわけだから「ここをわかってない」と挙げてくしかない
    それを横着するために「全然わかってないわけではない」と述べて「ここが足りない」だけ述べる

    きちんと本文読んでから文脈理解してから反論してよね
    日常的な表現での部分否定ならあなたの言うことは正しいよ

  78. 名前:77 投稿日:2017/01/11(水) 21:05:13

    ※67
    ごめん間違えた(てへぺろ)

  79. 名前:77 投稿日:2017/01/11(水) 23:18:18

    ※29 38 67
    読み返して横着しすぎたと反省したのでまじめに書く

    ある主張をしようとした時に先行研究を無視すると信憑性が下がる
    先行研究は自分の主張を補強するものと対立するものに分けられる
    補強と対立では説明の仕方が変わってくる

    補強する場合はその立場でのこれまでの流れを整理する必要がある
    一般的にはゴールを明確にしてトップダウンに部分問題を整理するのが望ましい
    その上で自分の主張はどういう位置づけになるのかを明確にする
    ここを横着するとその後の主張が読者にとって非常に読みにくいものになる

    対立する場合はその立場がどのように妥当でない/不十分であるかを述べる
    補強的な立場の時と違って揚げ足を取れればいいので丁寧に説明する義務はない
    インパクトのでかいもので攻めたり数で攻めたりして読者を納得させればいい
    しかし、たまにどんだけ調べても成果がないようなものが存在する
    この場合でも自分の勉強不足である可能性が残るので部分否定に留める
    全否定をして自分の勉強不足だった場合にそこを攻撃されるのは無益かつ不本意

    ここまで説明した上で、コメントを見返してみると今回は成果がないパターンだとわかる
    同文字異言語の可能性を示唆できても誰も証拠を提示することができていない
    けど誰も知らなかったとしても全否定は科学の世界では非常に面倒なのでやらない

    まあ実際に自分の論文やレポートで部分否定から論拠となる先行研究を紹介してみればいい
    言葉で説明するより実際にやってみた方がわかりやすいことは多くの心理学者が指摘してる

  80. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/12(木) 18:21:11

    それはそうとこの記事主殺されやしないかね

  81. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/12(木) 19:34:08

    ※77
    いや日常会話であってもすべて~でない=不十分である(=マイナス表現)ってのは短絡的すぎだから…

  82. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/12(木) 19:35:19

    全てのインターネットはエシュロンによって監視されている→エシュロンの参加国はアメリカとイギリス連邦→アメリカとイギリス上層部にはユダヤ系が入り込んでる→当然仲がいいイスラエルにも情報は入る→管理人消される

  83. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/13(金) 01:05:17

    せっかくだから旧約聖書とウガリット神話の共通性とかもまとめてほしいな
    聖書の半分は実はフェニキア人の信仰した神話だったってオチがつくから

  84. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/13(金) 13:58:30

    ヴェリコフスキーの言う通り、エジプトやカナン、ギリシアの歴史年表は六百年ほど間違っているんだよ。
    ラスシャムラのウガリット文書や、エジプトのアマルナ文書は紀元前14世紀のものではなく、本当は紀元前9世紀のもの。
    この辺の間違いが正されないと、海の民の謎とかは永遠に解けない。

  85. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/13(金) 14:06:01

    ヴェリコフスキー版古代史

    ヴェリコフスキーは中東を中心とした古代の年代設定がエジプトのソティス周期とマネトによる歴代王の一覧に基づいたものであるとし、全体的に間違っているとした。そしてそれによって聖書の記述と周辺文化の記録に齟齬が生じているとし、ギリシャやその他の地域に見られる暗黒時代の不可解さの原因だとした。ヴェリコフスキーは一部の年代設定や王朝の時代をエジプト古王国からプトレマイオス朝時代に移し(これを Revised Chronology と称した)、出エジプト記の時期をエジプト中王国末期に設定した。彼は他にも様々な歴史上の事件の年代を差し替え、それによって「暗黒時代」という幻影が消え去り、聖書の記述とヘロドトスの記した歴史が完全に一致するようになるとした。

    この考え方はまず『混沌時代』で発表され、後に関連する著作である Oedipus and Akhnaton(世紀末の黙示録 -甦る古代の伝説と真実の歴史)、Peoples of the Sea、Rameses II and His Time が出版された。ヴェリコフスキーの亡くなった時点ではあと2冊が未発表だったが、後にインターネット上で The Assyrian Conquest と The Dark Ages of Greece が公開された。

  86. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/13(金) 18:25:37

    この考え方は歴史学界からは拒絶されており、ヴェリコフスキーの信奉者にもこれについては支持しない人がいる。
    --ここまでがwikipediaの概要--

    ヴェリコフスキーが熱心なシオニストであることはきちんと書こうぜ
    聖書が正しいという前提で多方面から否定されてるとんでも理論じゃん

  87. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 07:39:52

    俺はヴェリコフスキーの著作を全部読んだことがあるが、トンデモどころか「証明し終わっている」レベルだったぞ。
    オイディプス神話のモデルがアクエンアテンだとか、紀元前8世紀頃に世界的な天変地異が起きたとか、ヴェリコフスキーの推測はことごとく当たっているけど、彼が精神分析医で歴史学者では無かったから無視されているだけ。
    ヴェリコフスキーの本のアメリカのアマゾンレビューとか読んでも、もはやトンデモ扱いしているアホは殆ど居ない。

  88. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 10:14:16

    >>11
    古ヘブライ語とされている土器の文字が「解読されていない」ことを無視してるぞ。
    万葉仮名だって解読されてるからこそ「同じ文字でも中国語と日本語とは別である」と証明されている。
    古ヘブライ語とフェニキア語が別と解読されればいずれ疑問は解消される。

  89. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 11:17:48

    古代ヘブライ人は、フェニキア人の一支族だなんて常識だと思ってたが。
    人種・民族的には全く同一だろ。現代のパキスタン人とインド北西部の民族が宗教以外全く同じなのと一緒で。

  90. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 13:44:04

    ※87
    シオニストが書いてシオニストが評価すれば満点に決まってるだろ
    科学的に検証がすでに完了して否定された理論を持ち出すなよ

    --以下wikipediaからコピペ--
    ヴェリコフスキーをめぐる論争は1970年代中ごろにピークに達し、1980年代には沈静化した。

    天文学界からの根本的批判は、この本に描かれた天体力学が物理学的にあり得ないという点であり、エネルギー保存の法則や角運動量保存の法則を無視している点である。

    Fitton の文章は「ヴェリコフスキーの神話の扱い方は少なくとも3つの重要な点で不健全である。第一に彼は全ての神話を独立した価値があるものとして扱う傾向がある。第二に仮説に一致する素材だけを扱う傾向がある。第三に手法全体が体系的でない」と始まっていた。

    近年氷床コアの研究が進み(グリーンランドや南極のボストーク基地など)、ヴェリコフスキーが完新世末期にあったとした地球規模の災害の痕跡が見つからないことが判明している。

  91. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 15:04:21

    アマゾンレビュー書いてるアメリカ人てみんなシオニストなんだな(笑)
    まあヴェリコフスキーの宇宙論は置いといても、紀元前8~7世紀に実際に天変地異があって、彼がウン十年も前に言い当てている古代史への洞察力はホンモノ。

  92. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 15:08:46

    それからwikiの陳腐な記事を鵜呑みにすんなボンクラ

  93. 名前:植木 投稿日:2017/01/14(土) 15:13:26

    カルディアのウルから始まった物語だから
    何をもって古代ヘブライ語とするのかすら私には判りませんが
    エクソダス以前が知れない事には何とも・・・・?ですね。

    五書の成立をもって古代ヘブライ語とするのも有りだろうし
    フェニキア文字を持ち出すとエチオピアまで広がって面白そうだから
    期待しています。

  94. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/14(土) 21:36:02

    ※91
    3000年前は金星と火星が今の軌道と違ってたと言われてシオニスト以外の誰が信じるんだ?
    シュメール人が金星を信仰していたことをヴェリコフスキー理論ではどう解釈すればいい?
    これらの天変地異を他の文明が記録していないことについても説明してよ、当然できるよね?

    ※92
    科学的な信憑性・妥当性において参考文献の数と多様性はとても重要
    この記事については脚注・出典が47個、参考文献が24個
    wikipediaが信憑性を上げるために多大な努力をしてることは知っといた方がいいよ
    大学教育への利用は近年活発に研究されてるし実際に授業にも取り入れられてる
    学術的な記事を素人が無思慮に陳腐と呼ぶのは著者・編者に失礼

  95. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/15(日) 16:08:48

    ※65
    中国語って北京語の事?万葉集は日本語の語彙を漢字を利用し表現しただけで中国語は使っていない。
    そもそも中国語(北京語)というものは後世になって確立したもの。
    漢字(文字)と言語は全く別物。中国語にしても10世紀の異民族流入により大幅に変遷しており原形をとどめていない。(飲→渇 食→喫 犬→狗 口→嘴 語彙も変遷している。)
    現在でも広東語、北京語ほかいろいろあるが、同じ漢字は使っても発音は全く違う。(通じない)
    漢字にしても台湾、香港除いて原型が残っていない。

  96. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/15(日) 19:35:44

    てかさ、フェニキア人って優秀な航海民族で商業民族で地中海各地に植民都市を作って交易活動を行っていたんだよね

    すぐ南の‘ヘブライ人’の土地だけ避けて通ったって考えるのは不自然だよね

    じゃ、‘ヘブライ人’の土地に作られたフェニキア人の交易拠点都市ってどこ?

  97. 名前:洋楽ファン 投稿日:2017/01/16(月) 11:23:33

    皆さん、記事の文脈を誤解しています。
    私が理解した文脈は、以下です。

    >パレスチナ各所の遺跡から古ヘブライ語が書かれた土器がいくつも発見されているという事実。
    >「古ヘブライ語を使用していたのは古代イスラエル人なんだから、パレスチナには古くからイスラエル人が住んでいたんでしょ」と考えることができます。

    しかし、ところが、意外にも、どんでん返し。

    >重大な疑惑
    >ここで、上にあったフェニキア文字と古ヘブライ文字を見比べてみて下さい。
    >てゆーかこれ、同じ文字やんけ!!

     三段論法で考えるなら、真相は以下です。
    「パレスチナの遺跡から出土した土器に書いてあったのはフェニキア文字だった」
    「フェニキア文字を書いたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに住んでいたのはフェニキア人だった」
    「パレスチナに古代イスラエル人たちは住んでいなかった。まったく別の○○○○に住んでいたのだ!」
    「やはり旧約聖書の舞台はパレスチナではなかった!」


    興味のある方は、スレッド主の記事シリーズを読み返すことをおすすめします。
    全体が同一の文脈です。
    「やはり旧約聖書の舞台はパレスチナではなかった!」

    第1回「出エジプト記(エジプトとは言っていない)」
    第2回「旧約聖書とエジプトの無関係具合」
    第3回「天地創造とかいうガバガバストーリー」
    第4回「ノアの箱舟 コピペ説」
    第5回「旧約聖書を書いたのは誰??」
    第6回「パレスチナでは何も見つかっていない」
    第7回「ヘブライ語とかいう架空の言語wwwww」

  98. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/16(月) 12:46:18

    従軍慰安婦の扱いが今後どうなっていくかを見ていれば、何が事実認定されていくのかという過程を見ることができるかもしれない。

  99. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/19(木) 16:18:28

    まぁ同じ文字使ってるなら同じ言語を使っていたと考えるのが自然だわな。
    別の言語だと主張するなら証拠がなければ話にならない。

  100. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2017/01/19(木) 18:01:49

    >まぁ同じ文字使ってるなら同じ言語を使っていたと考えるのが自然だわな。
    本気で言ってるのかな?

スポンサードリンク