日系アメリカ人部隊最強すぎワロタwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:04:35.19 ID:NVfDjVH50

今、日系アメリカ人部隊に関するレポートとプレゼンテーションを作り終えた所なんだが
この部隊まじで最強すぎワロタwww

まず死傷率が314%!!!
平均して単純計算で一人3回怪我してる!怪我してもまた戦場に戻ってまた怪我して戦場に戻ってって感じ

最終的に14,000人が志願したが内9,486人が死傷、18,143個もの個人勲章(過去最多)を受章
部隊としては8個もの大統領感謝状8枚(過去最多)

現在でも最も多くの勲章を受けた部隊

もう語ればきりがないってくらいやばい
アメリカではイタリア系アメリカ人は本場のイタリア人よりイタリア人だって言葉があるけど
日系アメリカ人は本場の日本人並に日本人らしい兵士だったようだ


画像1

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:06:57.70 ID:glM+dDv50

モンドセレクションみたいな事になってるな

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:09:49.07 ID:NVfDjVH50

>>2
マジですげえよ
最初は何処の将軍も欲しがらなかったが後にすべての将軍が
欲しがったという漫画のような部隊

特徴として
清潔で規律正しい
命令に文句を言わない
突撃になると身を起こして全員で突撃する(バンザイ突撃と呼ばれてたが本家の
バンザイ突撃と違ってこっちはメッチャ成果出してた)
決して仲間を見捨てない

ちょっと大きな戦い2つをまとめて見ようと思う

236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:24:34.85 ID:n1OKGDEs0

万歳突撃って充分な火力支援下だと結構使えるみたいだよね

スポンサードリンク
238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:28:47.05 ID:jtJ7sWV70
そもそも最終的に制圧するには突撃するしかないからね
今でもやってることは同じだよ。流石に銃剣突撃するのはイギリス人ぐらいだけど

240: >>>12012/11/26(月) 10:29:51.82 ID:TeN4JXUP0

>>238
イギリスの銃剣突撃がよく現代戦の例として語られるけど
あれってそもそも大戦のようなものではなくて意図せずそうなってしまったって
だけの話じゃないの?

243: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:36:44.01 ID:xkRS3ETX0

>>236
そもそも充分な火力支援下の突撃は万歳突撃といわん

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:07:33.07 ID:+KwuGFyS0

なんかエピソードよろ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:11:32.20 ID:NVfDjVH50

>>3
モンテ・カッシーノの戦いと失われた大隊に関する話をする

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:07:42.37 ID:LYcq51uS0

日系だけを集めた部隊があるってこと?

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:11:32.20 ID:NVfDjVH50

>>4
そういう事
基本的に中隊長以上は白人だがそれ以下は日系人

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:08:35.47 ID:nHML8gIc0

でも指揮官が韓国系アメリカ人だった部隊もあるんやで、マジで

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:11:32.20 ID:NVfDjVH50

ちなみに>>5が言うようにこの舞台には韓国系もいた
士官として指揮をとっている人もね

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:13:21.93 ID:HYLMJcVTO

314%ってどういうこと

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:15:42.18 ID:nEfCX34R0

>>10
のべ人数で計算してるんでしょ
一人で幾度となく負傷しても戦場に出るからとかじゃん?
知らんけど

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:16:19.05 ID:vsaMzKYX0

第二次世界大戦の時も日系アメリカ人部隊が活躍したんだってな
プライベートライアンの物語の大筋も
日系部隊のある活躍のモチーフって聞いた事ある

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:17:37.64 ID:7dqtiXPsP

>>17
まあ実際には死刑の代わりに送り込んだんだけどな

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:17:47.94 ID:NVfDjVH50

まずはモンテ・カッシーノの戦い

モンテ・カッシーノってのは南から北上してローマを目指していた連合国軍に
とって避けては通れない場所でローマ攻略の要だった
当然ドイツもそれを知っていてナチの精鋭部隊SSを送り込んでた
当時の連合国側の将軍が最も過酷な戦いと言うようにものすごい過酷な戦場の
一つだった

連合国側は正面から攻撃した後、予め回りこませた部隊を使って挟み撃ちしようと
したがこの正面側が酷かった

まずモンテ・カッシーノってのは小高い丘なんだけど、高い場所にいるから登ってくる兵士が丸見え
事前に近くの川を決壊させ足場はぬかるみ、大量の地雷を埋めてあった
家や木を壊して視界を開けさせたから隠れる場所もない
そんなところを他のアメリカ兵同様日系人部隊も駆け上がったんだが
他の白人部隊が激しい銃撃で立ち往生しているのを尻目に日系人部隊はそんなのもろとも
せず上へ駆け上がった
でも、それが災いして中腹部で孤立したりして大量の死傷者を出すんだけどね

簡単に言うと中田英寿みたいな感じ
一人だけ突出してうますぎて周りがついてこれなかった

スポンサードリンク
26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:31:40.26 ID:nLygy6MJ0
>>21
その突撃で突破口が開けたりしたの?
これだけ読むとうまいこと中腹に誘い出され大きな被害を出したようにしか読めないが

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:34:59.49 ID:NVfDjVH50

後に彼らの功績を称える為にダールキスとが招集をかけるんだが集まった部隊を見て部下のミラー中佐に
「君は私の命令を聞かなかったようだ、私は部隊全員を集合させろと言ったはずだ」
と言ったのに対し中佐が
「将軍、目の前にいるのがその全員です。残りは死んだか病院にいます。」
と答えたってエピソードがある

>>26
この時は正直なんも出来なかった
結局バチカンの懇願を無視して(頂上にカトリックの寺院があって歴史的
なものが沢山保管してあった)連合国側が255機の飛行機で合計576トンの
爆弾をつかって徹底的に爆撃して終わった・・・・

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:44:14.57 ID:Xv4odcVg0

>>26
この戦闘、実は日系部隊に別働隊が居たことを伝えなかったって言う話がある
つまり、自分達が抜かないといけないと思い込ませていた

美談でもなんでもないよ

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:53:53.11 ID:NVfDjVH50

>>34
当時軍内部でも相当な差別意識があって
毎回過酷なところに送られたりしたのは事実
そんな状況のなかひたすら故郷の家族、そして未来の日系人のために
戦った二世兵士達がすごいんだと思うよ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:31:47.90 ID:WktHXqOw0

442部隊のこと?
小学生の時プレゼンやったわ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:35:56.21 ID:NVfDjVH50

>>27
それそれ
ほう、小学校の時にやるとはなかなかいい学校だな

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:32:25.48 ID:NVfDjVH50

続いて最も有名な失われた大隊のお話

彼らの部隊の指揮官にダールキスト将軍って人がいたんだがこの人がとんでもない人で
アイゼンハワーのお気に入りだったんだがなんせ前線での指揮経験がない
更に出世欲が強くて何としてでも戦果を上げたいとものすごい無理強いをしまく指揮官だった
これは日系人部隊だけじゃなく彼の部下全体に対してそうでそれが今回の出来事の
原因になるんだけど

ある日彼は部下の第141連隊第1大隊に対してフランスにあるボージュの森で
無理な進撃命令を出してた
案の定第1大隊は孤立しドイツ軍に囲まれてた
何度も救出作戦を試みたがうまくいかずついに日系人部隊に白羽の矢が
実はこの作戦の前に日系人部隊は敵の包囲網を抜け出してきたばかり
ろくに休息も取れず救出作戦に駆り出されたが何とか救出に成功
第1大隊211人を救出するために161人が死亡42人が行方不明2000人以上が負傷する
っていうとんでもない戦闘だった

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:47:47.09 ID:xiVsVPWm0

捨てゴマのように扱われたんだろうな
しかも強制連行されてさ
死ねよ糞白人

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:53:53.11 ID:NVfDjVH50

>>35
そういう扱いもされたりした
正直失われた大隊の作戦はそれに近い
そもそも第1大隊とは所属する連隊が違うから
普通なら第141連隊の他の大隊もしくは部隊が救出するべきなんだけど
なぜか第442連隊が駆り出されたし
以前にもっと大量の人数で救出を試みても無理だったのに更に少ない人数の442にやらせてる
しかも文句が出ないようにかなぜか知らんがわざわざ大統領命令で

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:54:04.47 ID:Xv4odcVg0

>>35
一応、強制は無いよ
全員志願兵

・・・だけど、ねぇ
集団心理って言うの?
「おい、俺志願すっけどお前も志願するよな?」みたいな空気

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:59:13.44 ID:eEqMqARAO

>>38
まあ当時は日系アメリカ人の人権なんかそこいらの野良犬並みの低さだったし、戦争気運に乗っかって少しでも楽にしようとしたんだろうけどなぁ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:01:11.69 ID:NVfDjVH50

>>38
ハワイではむしろ入隊しないってのは恥って感覚だった
でも、本土の方ではそうでもなかった
そもそも入隊しても残された家族の生活の保証とかが全くなかったから
あとは、かなり屈辱的な扱いをされたのもあるし
最初の募集では本土では約23,606人の入隊可能な男がいたが志願したのは
1,256名程度
最終的にハワイと本土合わせても14,000人が志願したのを考えれば
本土から志願したのはそこまで多くない

ちょっと整理すると
入隊に関しては完全に志願制だから強制ではない
ただ、一般人は強制収容所に入れられてた、ハワイは例外で当時すでに人口の
30%くらいが日系人だったからこれが抜けたらハワイの経済が成り立たないので
指導者的立場の人たちだけ収容された

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 06:57:32.54 ID:hUueCQyM0

一世→貧しいから移民
二世→その国に愛国心を示そうとする
三世→返って自分のルーツを知りたくなる
四世→普通の移民先の国民になる

こんな感じだろ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:03:38.54 ID:NVfDjVH50

>>40
一世のすごい所はその貧しいながらも貯めたお金をほとんどが
二世の教育の為に使ったこと、このおかげで特にハワイでは
多くの二世日系人が大学教育を受けたりして教育水準がものすごく高かった
戦場で白人兵士が故郷の恋人に書くラブレターの添削をする日系人兵士の話が
あるくらい

スポンサードリンク
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:11:43.24 ID:8C73SctMO
アメリカは日系人を収容所に入れた基地害国家

いつか報復してやるからな

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:12:19.95 ID:qapGyGuW0

>>52
イタリア系、ドイツ系はお咎めなしだったのにね

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:14:20.08 ID:NVfDjVH50

>>54
一応イタリア系もドイツ系も収容されてたよ
ただ規模がイタリア系で約3000名、ドイツ系が約1,1000名
一方日系が120,000名だから規模が違った

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:13:40.27 ID:mH/tuUe50

この部隊、有名な話ではあるけどなんというか、どっちかというと悲話だよな
沖縄でもちょっと似たようなことあったそうだけど

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:14:52.74 ID:NVfDjVH50

>>56
そうだね・・・
一応日系兵士は数はぐっと減るものの太平洋戦線でも活躍してる

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:17:10.73 ID:O9PfiIwF0

太平洋戦線にも送られたってことは旧日本軍と相まみえたってことか

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:18:51.89 ID:NVfDjVH50

>>59
う~ん一応そうなるけど
メインとしては情報関連の仕事が主で
暗号の解読や捕虜の尋問、通訳等が多かった
まぁ実際通訳でも戦闘に参加するから一応相まみえた人もいる

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:26:40.85 ID:95E9Khsu0

たしかドイツ軍と戦って最初にフランスにたどり着いたんだよな
正史ではイギリスが最初ってことにされてるけど

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:28:03.56 ID:NVfDjVH50

>>66
ローマだね
あとダッハウ強制収容所の解放にも関わってたのにその事実が公表されたのは1992年

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:31:53.38 ID:qapGyGuW0

>>68
今はこの部隊話はアメリカ陸軍の必修になってるから
多少は救われてる

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:36:18.90 ID:NVfDjVH50

>>71
必修ってわけじゃないんだけど
まぁ例としてよく出てくる、知らない人も多いよ(陸軍でもね)

悲しきかな生き証人が年々減っててね・・・・

興味があるなら英語だけど
http://www.goforbroke.org/
このサイトがいいよ
インタビューもあるし
かなり細かく情報がまとまってる

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:27:17.55 ID:xiVsVPWm0

アメリカ様ぁー白人様ぁクンカクンカしてるのも英霊に失礼だよ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:29:46.72 ID:NVfDjVH50

>>67
クンカクンカはしないけどwwww
俺は90年生まれなんだが生まれる50年近く前の出来事で
今の俺のまわりにいるアメリカ人を当時のように鬼畜米兵だの鬼畜白人だのと
罵ったり嫌ったりはできないわwwww

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:31:22.37 ID:xiVsVPWm0

>>69
白人なんて大方レイシストだからな
あと国家のトップ層になるとみんな鬼畜
それはスポーツとかでも同じだな
白人利権だよ

スポンサードリンク
74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 07:33:42.03 ID:NVfDjVH50
>>70
まぁその辺は否定しないわwww
特にトップ層はそうだね
中にはルーズベルトの奥さん見たいな人もいるけど・・・

白人利権なのはアメリカに限らずむしろこの世界全体がそうだろう
一般人にはほとんど直接影響することはないよ

実際アジア人でもアメリカの上層部にいる人もいるし
ダニエル・イノウエやエリック・シンセキとかいるでしょ?
僅かな例だけどね・・・

121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 08:11:41.40 ID:WBawhkPk0

ダニエル・イノウエ
エリソン・オニヅカ
カール・ヨネダ
日系アメリカ著名人に広島出身の血縁が多いのはなんか意味あるのか

134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 08:23:00.83 ID:hUueCQyM0

>>121
中国人も海外に出ていく人間が多い省と少ない省があるみたいに
そもそも日本でも和歌山とか関西のほうが多いイメージだよね

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 08:52:21.84 ID:cWT1IAsQ0

話を見てると最強ではなくね?
都合のいい捨て駒ってだけじゃん
勲章多さがむしろ悲しいわ

163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 08:56:22.49 ID:NVfDjVH50

>>159
過酷な環境にも関わらず多くの成果を出し
終いにはヨーロッパ中の指揮官が欲しがった部隊だからね
実際相当すごい部隊だったよ
確かに、その下に積み重なった勲章の数々は痛々しいものが多いけど

174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:08:01.98 ID:pyf49qCK0

厭戦気分があった戦線に投入されやる気があったのが日系部隊だけなんだから活躍したようには見えるわな
まあ結構普通よ

178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:10:44.92 ID:kWU1iKbCP

一般部隊との詳細な比較が無いと何がどうすごいのかわからん

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:15:18.90 ID:bgm4WAweP

>>178
普通の部隊なら、3割が損耗した時点で全滅扱いで再編されたり補充がくるまで休まされたりします

189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:16:49.45 ID:jtJ7sWV70

メダルオブオナーは十分誇って良いと思う
今までで3500人ぐらいしか受賞できてないしデッドマンズメダルを生きて受賞できるだけで凄いよ

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:29:41.71 ID:Tt3BiQAWO

この前NHKで日系ブラジル人が
ブラジルで差別されて日本に帰りたいと思って
いざ帰ってきたらここも違ったでござる
とか言ってて印象的だった

今でもこうなんだから血って結構複雑な話だから
背景を考慮せずマンセーしちゃうのもちょっと
それじゃ、白人が本当に上みたいな気がする

別に憎いとかじゃないけど

196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:30:46.62 ID:TeN4JXUP0

日本も朝になったせいかメッチャレス来てワロタwww

まぁ歴史ってのは殆どの場合多面的だよね
だから、442の話でも色々意見が分かれる
白人を鬼畜のごとく非難するのとしょうが無いと日和るので
何が正しいかはわからんが
俺は、別に当時の人種差別をよしとはしない
442部隊の運用に関しても決していい部分だけではなくいいように使われた部分も多いことも事実
未だに、アメリカに人種差別が根強くあるのもまた事実

でも、少なくとも彼ら二世アメリカ人達は自分たちのため、家族のため
そして未来の日系人のために戦ったしそれは後にそれなりに日系人の地位向上
という結果として結びついてる
ただ、正直、人として当たり前の地位に経つのにとんでもない犠牲を払ったわけだけど

197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:31:43.33 ID:n1OKGDEs0

お前らよくバカにするけど日本軍も末端の兵士はすごいんだぜ
よくバカにされる精神論も結構重要
問題なのはなぜか上官クラスまで精神論に凝り固まって
数字やデータで考えなかったことだけど

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:35:18.25 ID:jtJ7sWV70

>>197
数字やデータで考えてたよ!
ただどう考えても無理すぎて精神論に現実逃避しただけだけど

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:40:29.36 ID:n1OKGDEs0

>>200
いやさ、対米戦術研究が一応出来て応用始まったのってペリュリュー以降じゃない
アメリカなんて大正時代には対日戦の詳細な研究完了してるし
おまけに太平洋で日本軍の数が勝ったのって数えるほどだし
おまえら素人同然のシナ戦で怠けてたんじゃないかと

スポンサードリンク
213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 09:55:46.61 ID:jtJ7sWV70
>>204
太平洋はあんなもんじゃないか?
ガ島でやらかしてサイパンで火力重視したけど火力が太刀打ちできないと悟り以降要塞化に走ったんだし
一年そこらでやれりゃ良い方でしょ
シナ戦にかんしては陸軍の研究成果だと思うけどな。近代要塞も数日で突破してるし

212: >>>12012/11/26(月) 09:55:27.09 ID:TeN4JXUP0

なんか議論がすごいところに飛躍してきたな

一応当時人種差別的な要素が日系人への扱いもしくは作戦に対して影響していたことは疑いようがない事実だわな
原爆投下にしても幾つかのアメリカの公的な文書で「実験」って言葉が使われてたりする

215: >>>12012/11/26(月) 09:58:11.22 ID:TeN4JXUP0

原爆に関しては
「人体実験だった」
「アメリカ兵の被害を最小限にするため終戦を早めるためだった」
「ソ連を警戒して早めに終戦させるためだった」
「アジア人だから」
とかいろんな意見があるけど
実際は、それぞれが最終的な原爆投下という結論に関わってると思う
つまりある意味全部正しい

225: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:06:22.66 ID:jtJ7sWV70

さほど危険視してるイメージはないけどなぁ
後遺症が残る可能性がある程度のイメージしかないけどな

227: >>>12012/11/26(月) 10:07:32.13 ID:TeN4JXUP0

>>225
その程度でも十分危険視してるし
自国の兵士に戦闘でもないのに人体実験として後遺症が残る可能性のあるものに
黙って参加させてる時点でやばいよ

228: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:10:44.42 ID:jtJ7sWV70

>>227
日本に使った時点ではねってこと
以後の核実験で認識していったんじゃねってこと

229: >>>12012/11/26(月) 10:14:25.26 ID:TeN4JXUP0

>>228
日本人に使う前にすでに自国の兵士で実験してたしね?
んで日本人に使うときにはすでにそれ相応の被害が出ることを予想してた

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:02:57.41 ID:jtJ7sWV70

原爆にかんしては単純に破壊力がすげー兵器って認識しかなかっただろ
じゃなきゃ自国の兵士に使ったりしないよ。

222: >>>12012/11/26(月) 10:04:22.19 ID:TeN4JXUP0

>>220
う~ん一応放射能とかそれなりに危険性は認識してたよ
むしろ放射能の影響を調べるために兵士に隠して使用した
だから後々訴訟になって負けてるじゃん

231: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:19:35.92 ID:7xzDVHEdO

ウラン型とプルトニウム型で別々に使った時点でお察し

232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:21:38.46 ID:n1OKGDEs0

マンハッタン計画はそうそうたる面子で研究してて胸熱

234: >>>12012/11/26(月) 10:22:51.32 ID:TeN4JXUP0

ってか原爆の話になっちまったな・・・・
なんとか442に戻れないかwwww

235: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:23:56.37 ID:jtJ7sWV70

442は虐殺と捕虜虐待のイメージが強いな
まともな火力支援があればあそこまで精神的にやられずに済んだだろうに

239: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:29:08.62 ID:UCFoM+qW0

日米貿易の問題が起こったとき交渉に向かった議員のひとりも442出身だっけか
かなりのやり手だったって聞いた

242: >>>12012/11/26(月) 10:33:25.62 ID:TeN4JXUP0

>>239
ダニエル・イノウエさんだね
当然民主党なので日本にとっては嬉しくもなんとも無いんだが
名誉勲章の受賞者でハワイに民主党を呼び込んだ人で
現アメリカ上院議員の中で最長任期と最年長だったはず
ちなみに現在、上院仮議長で大統領継承順位第3位の人

つまり、もしオバマとバイデンになんかあった場合
この人が大統領になっちゃう

244: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:38:45.87 ID:UCFoM+qW0

>>242
授業で先生からちょろっと聞いたくらいだったがそんなすごい人だったんか
知らんかったわ

246: >>>12012/11/26(月) 10:46:20.00 ID:TeN4JXUP0

>>244
そもそも名誉勲章貰ってる時点でヤバイくらいすごい
なのにその後日系アメリカ人としてあそこまで上り詰めたのは
規格外に優秀ですごくないとなかなかできない
確か60年台当たりからず~っとハワイ選出の上院議員だったはず

現退役軍人省長官のエリック・シンセキ氏がアメリカ陸軍制服組トップの
陸軍参謀長になる時だってイノウエ議員が取りまとめて議会での承認を全会一致
にしてる

ちなみにこのエリック・シンセキ氏も相当すごい人で
今のストライカー旅団の構想や無人機を使ったフューチャーコンバットシステムなど
陸軍の改革をした人
残念ながら政治面で対立しちゃったけど2006年とかから彼が正しかったことが
証明されて再評価されてる

それでも黒いベレー帽に関する改革は彼の黒歴史といえるほどダメなものだったけど

248: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 10:53:45.19 ID:UCFoM+qW0

>>248
ほうほう丁寧に教えてくれてサンクス
っていうかなんかこの人たち以外にも著名な人結構いるんだな
ちょっとggってくるわ

転載元:日系アメリカ人部隊最強すぎワロタwwww

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史(2ch) 軍事(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (13件)

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 16:09:35

    それをいうと日本軍も世界一規律が守られた軍隊だからな。神風特攻隊を俺は尊敬する。
    当然従軍慰安婦もないし南京大虐殺もない。

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 16:23:17

    逆の日本軍の立場だと朝鮮人が湧いてくるけど、こういう純粋な強さとかの議論ができるのもいいね。
    日本軍は末端が優れているようだ。規律も理性も。
    東南アジア人には日本軍は歓迎されたようだ。

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 17:10:55

    442部隊も、靖国に眠らせてあげたいな。
    敵とか見方じゃなくて、国や家族の為に、戦ったんだから、ヤッパリ英霊だよ.

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 17:21:16

    収容所から志願し、収容所のユダヤ人を解放し、帰国して家族のいる収容所へ戻る

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 17:44:37

    第二次大戦中、アメリカの日系人は財産も土地も奪われ収容所へ。シベリアほどではないにせよ、過酷な生活があったようだ。

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 18:13:40

    10-20年位前にTVでドキュメンタリやってたよ
    当時の442連隊の生き残りがフランスでの戦勝記念の祭りか何かに招かれて戦後初めて千条後の村に行くはなし
    いかに過酷な戦場だったか、442連隊の出来た背景、その後など
    祭りで年老いた日本人兵士が泣き崩れて妻に抱き起こされたり、負傷した日本人兵士を手当てしたフランス人の老婦人の凄惨な話、ユダヤ人収容所を開放しつつ故郷の日本人収容所にいる家族を思った兵士の話
    今じゃ生き残りも減っただろうなあ…

  7. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 19:06:07

    ※6 私もドキュメンタリ見た、チョッと泣いたw
    当時の日本人って偉いよね、マジ尊敬する。
    確か米兵として戦争に行くことを躊躇してた日系2世に
    「2世はアメリカ人だから遠慮せず国家の義務を果たせ」
    って日本の偉い軍人が言ったんだよね。敵になるかもしれ
    ないのに・・・サムライ魂があったんだねぇ~。
    それに比べてアメリカのレイシズム、ローマ開放の立役者
    なのにローマ迂回させるってどうゆうことよ!

  8. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 19:34:44

    しかしこういう話を聞くと
    志願兵VS徴兵
    では明らかに志願兵の方が強いってことだよね
    語弊があるかもしれないが
    モチベーションとか意気込みがいかに極限状況において
    重要になってくるかってことだね
    やっぱ死ぬ気になった人間は怖いわ
    ってことで下手に日本人を怒らせない方がいいですよ>中韓諸君

  9. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 20:36:30

    >3
    靖国はないわ・・・。
    アメリカ人として戦った彼らが眠るべきはアーリントンだろうよ。

  10. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 20:39:08

    なんか>>1の説明がヘタなのか何なのか、いまいち凄さが伝わってこない。
    外人部隊だから捨て駒として使われ、何度怪我しても無理矢理前線に送られ
    特殊な環境ゆえの仲間意識が強かった。という風な印象しか受けん。
    絶対死ぬような所に送られ、実際死にまくって作戦成功したから勲章が貰えたのなら
    その成功した凄さやどんな無理な作戦だったのかをピックアップして
    「こんな凄い部隊やったんや!」と伝えてほしいわ。
    こんな説明じゃ全ての将軍が欲しがったってのも、捨て駒のように送れる部隊はそら欲しいだろと思ってしまう。

  11. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/26(月) 21:05:17

    たしかにちょっと説明下手だね
    甚大な犠牲と差別に耐えながらもこれだけの功績を挙げたって言いたいんだろうけど
    ※10の言うとおりの意味に受け取られると思う
    もっとこういうもののドキュメンタリーやってほしいな
    くっだらないバラエティなんかより余程後世に遺すべき偉大な情報だろ

  12. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/27(火) 05:46:59

    くっだらねえwwwwwこれだけのことをやったってアメリカへ帰れば相変わらずジャップジャップ言われて差別されまくってたんだからな。名誉回復したのなんて何十年も経ってから。今だって差別は残ってんだからな。無駄死にもいいとこwwwwww

  13. 名前:匿名 投稿日:2016/08/18(木) 13:23:25

    開き直って突っ込んでくるやつは強い

スポンサードリンク