人体を構成する物質は数年で全て入れ替わっている

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:20:06.79 ID:UcfW1Tks0

となると「自己」を規定する要素とは一体何なのか


画像1
2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:20:51.38 ID:iomCsp170

水は2週間だっけ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:21:50.05 ID:cUPdwj8u0

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:23:03.42 ID:BGQNm/fqP

自己という情報だな

スポンサードリンク
9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:23:48.49 ID:bw4GXZOO0
脳細胞は変わらないんじゃなかったか

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:29:31.09 ID:UcfW1Tks0

>>9
脳細胞も入れ替わってる
厳密には脳細胞を構成してる分子ね

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:31:00.95 ID:ikh3/oAV0

分子に個別性なんかないんだから関係ないと思うが

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:24:40.65 ID:4Fia/pgpO

二年間毎日スパゲティー食ってたら人体はスパゲティーで出来てるってことに?

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:27:55.53 ID:oggZktOp0

歯は?

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:29:24.64 ID:loimkeGV0

>>12
歯医者さんに聞いてみたことがある、歯は新陳代謝しない、って言われた

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:27:59.89 ID:x1xcO1/yP

心が変わらないならそれでいい

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:33:41.25 ID:VOgdW+BkO

記憶さえ消えてなきゃええんちゃうの

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:36:23.60 ID:rdQs4SaB0

>>17
記憶ってそれ自体は単なるデータで、
大事なのはそれに付随する個人の感情だと思う。

例えば大した金額の入ってない財布を落としたってこと一つとっても、
「畜生ミスった」って思う人もいれば
「金が入ってない時に落としてよかった」って思う人もいる

その事実でなく、付随した感情がまさに個人を規定していると思う。

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:34:03.98 ID:cUPdwj8u0

仮に今ここにいる俺を少し離れた場所に微粒子レベルで同一に構成して、今ここにいる俺をチリも残らないくらい一瞬でバラバラにしたとしたら
そこにいる新たに構成された俺は俺からしたら「俺によく似た他人」

今ここにいる俺の総量を10として一日ごとに1抜け落ちると同時に1増えるとしたら何日経とうと俺は俺

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:41:19.32 ID:ikh3/oAV0

>>18
不合理だな
自身を構成する物質の置換にアイデンティティの変容を認めるなら
その置換の仕方やタイミングや漸次的か即時的かは問わないはず
まさか素粒子がだんだん馴染むから~とか言わないよな

207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 05:26:49.67 ID:qv6BUVFf0

>>18
再構成された側からすると、そいつは「俺」という意識を認識して行動する事になる。
過去のすべてが同一なので、残るのは瞬間移動したという感覚のみ。
少しずつ再構成されても、一気に再構成されてもそれは変わらないと思われる。

元の構成素材はバラされて、そいつにアイデンティティは残らないから元の「俺」は消滅するのみ。

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:39:10.86 ID:/r7GvHorO

VIPのスレなんか入れ替わり続けてるのにVIPPERとは何か、みたいなもんだろ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:39:52.04 ID:nQpqUl1U0

けっこう浅いテーマなのにな

スポンサードリンク
27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:41:18.67 ID:TM2EYhOr0
感性や人格が環境や生活に影響されて変わっていってしまったら過去の自分とは別人なのかというとそんなわけないし
人は常に揺らいでて変化してるものだから肉体を構成する物質の入れ替わりぐらい大した問題じゃなくね
問題は遺伝子だと思う

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:43:01.22 ID:/DEzXLTUO

つまりあれだろ?

使った分継ぎ足してるから何十年も無くならない秘伝のタレ理論だろ?

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:43:58.51 ID:cUPdwj8u0

>>30
いいこと言うなお前

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:49:04.95 ID:EAxpx5Hz0

お前らなんも分かってねえな
答えから言えば全ては必然の事象なんだよ
一つの転がり落ちた小石から雪崩がおきるように一つ一つの経験が脳に作用してお前らの思考になってる
だからお前ら自身が今考えていると思い込んでいるだけで思考の全ては原因と結果の産物
だから自我なんてものは存在しない

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:55:06.28 ID:cUPdwj8u0

>>34
その原因と結果の産物が自我であり自己なんじゃねぇの

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:50:22.04 ID:ikh3/oAV0

自己は物質とは無関係の一塊の情報に過ぎない
電気信号と化学物質のやり取りでできたプログラム
ハードウェアは問わない
ハードウェア間を移るときに同一性の保持を自覚するかどうかはその自己の生命倫理観にあるんじゃない?

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:53:37.04 ID:EAxpx5Hz0

これだから文系はなあ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:53:51.50 ID:MdMSuofYO

会社だって毎年新卒が入ってくるだろ?知らねえけど
んでもってこれまた毎年定年退職やらなんやらで出てく奴もいるわけだな?知らねえけど

肝心なのは絶えず引き継ぎが繰り返されて会社って組織は残っているんだよな?働いたことねえから知らねえけどよ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 02:54:47.22 ID:ikh3/oAV0

>>43
組織の移ろいやすさと比べたら個人なんてまるで石だよ

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:09:21.59 ID:ikh3/oAV0

1.ボケてしまった老人

2.脳だけ残したサイボーグ

3.脳も機械に換装した存在

4.プログラムだけになって電脳空間に存在

自己が保存されてると感じるのはどれとどれ?

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:10:46.48 ID:iomCsp170

>>57
全部!

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:10:49.65 ID:cUPdwj8u0

>>57
2

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:14:38.30 ID:cBZzAMwCP

>>57
全部じゃない?

脳をコンピューター上でエミュレートしたらどうなるのか知りたいな
それも人間になるのかそれとも自我は現れないのか

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:16:26.91 ID:k2hMIElB0

>>57
1と2

さっきから自分だけの解釈をよく推すな

スポンサードリンク
60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:13:35.39 ID:YtFbAAx80
日本人は元々何に対しても魂やヒトを感じるタイプだから
順応性ある考えも多いんじゃないか?
だからこそ、そこから外れるキャラクタが
支持されることが多くなるんだろうけど

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:16:36.56 ID:ikh3/oAV0

おれはボケ老人の場合のみ自己の保存を疑う
他は人格情報が完全にコピーされてると考えてな
認知症患者への偏見かもしれないが

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:19:28.10 ID:k2hMIElB0

>>65
俺のじいちゃん認知症だけど大事なことは覚えてる

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:23:02.26 ID:ikh3/oAV0

>>71
ごめんそのじいちゃんは確かにじいちゃんだ
認知症引き合いに出したのはまずかったな
じゃあ高次脳機能障害でもカルト宗教に感染したでももうなんでもいい
人格の多大な変化が観測された場合その人物は本当にそのひとなのか
わかりにくいけど自分は肉体ではなく精神の変化に神経質なわけ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:32:24.60 ID:xCJRvW1b0

壊れた部品を変えて長年使ってるパソコンと同じだよな
他のパソコンの部品ははまらなかったりする
ここにはこのサイズのこの形のこの役割の部品しか来ちゃダメだ!ってのが自己じゃないか?
つまり設計図こそが自己
人間で言うとDNA

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:36:13.02 ID:k2hMIElB0

>>85
俺はこれがいい

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 04:38:49.05 ID:k2hMIElB0

>>85のレスが一番響いた

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:35:51.04 ID:ikh3/oAV0

じゃあもし悪人の手によってAという人の脳の記憶が消し去られ
そこに乗っ取る形でその悪人の人格が入り込んできた
しかし記憶の消去は不完全でAの幼少時や普段の生活の記憶を悪人はAの体で語ることが出来た
この場合この入り込んできた悪人が元のAという人だと主張したらどうなるのだろう

そのままもとのAの意思に関わらず悪事を働いたり全くAとは無関係なことをするならそれはもう別人だろう
だけどAの記憶に引っ張られてもとのAのした通りの生活をしたら?
悪人自身も「私はAです」と確信していたら?
自己を自己たらしめるのは記憶なのか?行動なのか?それともまた別のものなのか?

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 03:41:34.75 ID:c9TSwC8jP

>>89
認識

そこでその人物が疑いようもなく(悪人ではなく)Aだと認識しているのなら、それは変な記憶と衝動を植えつけられただけのA
逆に悪人だと認識しているのなら、それはやはり変な記憶と衝動を植えつけられただけの悪人
疑いようもなくどちらでもないと考えるのであれば、自己としては全く新しい第三の存在であろう
疑いようもなく両方のいずれでもあると認識することがあるとは思えないが、あるとしたら統合された1つの自己

もし自己について疑いがあるのであれば、それは単なる自己同一性障害者

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 04:06:57.01 ID:3eqMgCuA0

分かってないなぁ

例えばコピコピの実を食べた奴にコピコピ光線を当てられて二つに分裂したら
その瞬間からAにとっての俺はA、Bにとっての俺はBになる

中身だけ入れ替わっても同じ
自分が自分と自覚してるのが自分になる

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 04:11:49.20 ID:k2hMIElB0

全ては必然だと
超ウルトラスーパーコンピュータ出来れば
この先起こること全て予測できてつまらん世の中になるな

135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 04:15:03.78 ID:jBbz4mka0

>>130
統計学やってるけど先生曰く
この世はすべて必然で
y=α+βxの方程式で表すことができるってさ
実際重力とかだって予測して利用することができているだろ
まあすべては無理だろうけどな

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 04:20:57.34 ID:rwCnVy9DP

>>135
机上の空論だと”必然”だけど
現実問題に置き換えると
地球上のすべての現象をリアルタイムで式に置き換えて演算出来てるわけじゃないから”偶然”だと思うよ

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 04:39:45.23 ID:aMxAal7n0

記憶と経験を積み重ねて、自己と他者を区別する、これが自我
この俺を形作る肉体、思考、記憶
これが俺だ
生きてるってすばらしい

スポンサードリンク
211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:30:19.06 ID:nPWau27+0
CドライブからDドライブにコピーしたら増えるじゃん

そういうことだろ?

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:32:37.33 ID:gGv2KBA10

コピーしたときに他人から見ればどちらも同じだけどそれらは個々別々の物だからどうなるの?
って話だろ?

213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:34:05.83 ID:nPWau27+0

ちょっとずつコピーしてる間にコピー元のハードディスクぶっ壊してるから問題ない

218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:43:42.02 ID:gGv2KBA10

いやいや、それはそうなんだけど
例えば人間の完コピができるようになったとしたらみたいな話で
スタートレックとかに出てくるテレポート装置は使う度に
元の人間は死んでるんじゃないかみたいな

221: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:49:00.84 ID:nPWau27+0

>>218
”観測されて初めて存在する”的な量子力学を哲学と履き違えたような感じで行くと
記憶と見た目が同じ時点で全くの同一人物だろ
両方が同時に存在してたらどっちもがソイツ

100%同じものが2つ同時に存在していてはいけない、なんて決まりないし

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:45:08.16 ID:78qmlBSp0

クローンは?

220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 06:47:03.62 ID:gGv2KBA10

クローンは完全に別の生き物だね
遺伝子が同じってだけで元と同じ様にに成長する保証はないと思う

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/05(月) 07:12:05.44 ID:nPWau27+0

完コピられたら主観×2 でいいじゃん
互いに互いを認識し合った時点で別人だけどな

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1352049606/
人体を構成する物質は数年で全て入れ替わっている

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 学問(2ch) 教養雑学(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (4件)

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/05(月) 10:57:21

    って事は中古の女も数年で新品って事?

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/05(月) 11:25:37

    ほんとみんな賢くなったなぁ、思わず時代を感じたわ

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2012/11/06(火) 17:27:21

    動的平衡

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/11(火) 13:41:09

    97の設定の小説読みたい

スポンサードリンク