旧約聖書を書いたのは誰??

長い間、旧約聖書という書物は「神から預言者へ直接伝えられた啓示」をそのまま書き留めたものという位置付けでした。

bible_author

であるからして、そこに書かれた内容に間違いなどないはず。

となると自動的に、旧約聖書に描かれたイスラエルの民の壮大な歴史もまた「真実であるはず」でした。

しかし。

前回までに見てきたとおり、旧約聖書はどうもコピペという線が濃厚です。

そこで今回は、旧約聖書が成立するまでの過程について眺めて見たいと思います。

スポンサードリンク

旧約聖書とモーセ

旧約聖書は、39の文書の集まりでしたね。

このうち、最初の5つ(創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記)は、預言者モーセが直々に書いたものと言い伝えられ、特別に「モーセ五書」と呼ばれます。

モーセはB.C.紀元前13世紀頃の人物とされていますので、「モーセ五書」もまた、その頃に書かれた書物ということになります。

モーセ

預言者モーセ。B.C.1391〜B.C.1271。長生き過ぎ。

その内容は、天地創造からモーセの死までの歴史。そして、いくつもの教義や規定集。

内容的にも著者的にも、「モーセ五書」はユダヤ教の中心であり、他とは段違いに重要な聖典なのであります。

本当の著者は?

「モーセ五書」はモーセが書いた。

これは、少なくとも中世までは「疑いようのない常識」でした。疑ったら教会にぶっ殺されるという意味で。

しかし、よく読み込んでみると、わりとすぐにおかしな記述に気づきます。

最初の違和感

「モーセ五書」の5番目の書物『申命記』には、モーセの死の様子が書かれています。

mosess_death

該当部分を軽く引用してみます。

申命記 34章5節
こうして主の僕モーセは、主の命令によってモアブの地で死んだ。

申命記 34章6節
主は、モーセをベト・ペオルの近くのモアブの地にある谷に葬られたが、今日に至るまで、誰も彼が葬られた場所を知らない

(中略)

申命記 34章10節
イスラエルには、再びモーセのような預言者は現れなかった。

だが待ってほしい。いくら偉大な預言者だからって、さすがに「自分が死んだこと」まで自分で書くのは無理ではないだろうか。

さらに、「今日に至るまで」や「再びモーセのような預言者は現れなかった」の部分なんて、まるで遥か未来から自分が死んだ時のことを振り返ったかのような表現です。

時代錯誤

同じような時系列の矛盾は、他にもあります。

例えば、『創世記』の次のような記述。

創世記 36章31節
イスラエルの人々を治める王がまだいなかった時代に、エドム地方を治めていた王たちは次のとおりである。

「王がまだいなかった時代」という表現の裏には、「今は王がいる」という前提が隠れています。

しかし、「イスラエルの人々を治める王」が初めて登場したとされるのは、B.C.1050年くらいのこと。

モーセが死んでから200年以上も後のことであり、モーセがこの文章を書けるはずがありません。

こうしたテキスト上の時代錯誤が示唆しているのは、「モーセ五書」の著者はモーセではないという可能性なのであります。

スポンサードリンク

文書仮説

実際、この「モーセとモーセ五書って関係なくね?」という疑問は、ローマ時代くらいからコソコソと指摘はされてきました。

おおっぴらに指摘すると牢屋にぶち込まれるので、あくまでコソコソとね。

しかし、時代が進んで近世に突入すると、わりと自由に聖書を研究できる雰囲気が広がっていきました。

そうすると、それまでくすぶっていた疑問点に、どうにか合理的な説明をつけようという機運が高まるわけです。

二人の神様

旧約聖書の中身についての疑問は山ほどありました。

著者の問題だけでなく、話の辻褄が合わなかったり、2重記述や3重記述がある部分などなど。

何故、ひと続きの文書のはずなのに、こうした矛盾や重複表現があるのか、多くの神学者や研究者が頭を悩ませますが、なかなかうまい説明がつかない。

そんな中で提唱された画期的な仮説が、文書仮説だったのであります。

その骨子は、「旧約聖書は幾つかの元ネタを切り貼りして構築されている」というもの。

この仮説に至った最初の手がかりは、旧約聖書において神が2種類の呼ばれ方をしている点でした。

旧約聖書のある箇所では「ヤハウェ」、また別の箇所では「エロヒム」という風に、神の呼称にはブレがあるのです。

従来は、ヤハウェは固有名詞、エロヒムは「神」を表す普通名詞、という風に解釈されてきました。

しかし、試しに旧約聖書のテキストを「ヤハウェ部分」と「エロヒム部分」に分けてみたところ、ディテールの異なる2つの物語が姿を現したのです。

単に二つの物語になったというだけではなく、ヤハウェとエロヒムは明らかにそのキャラクター設定も異なっており、もともと別々の神話だったという線が濃厚になったのです。

ヤハウィスト

例えばヤハウェの方は、

・肉体を持っていて、散歩とか肉弾戦とかする。
・自ら奇跡を起こす。
・感情豊か(怒りっぽい、嫉妬深い)

といった特徴があります。

また、こちらの物語では、登場する地名の多くがユダ王国※イスラエル分裂後の片方に属するものでした。

従って、ヤハウェ系の物語はユダ王国で成立したものである可能性が非常に高い。

そこで研究者たちは、ヤハウェ系の物語を書いた人々を「ヤハウィストJahwist」、その文書を「J資料」と名付けました。

エロヒスト

一方のエロヒムは、

・肉体なし。
・奇跡は預言者に指示して起こさせる。
・感情は表に出さない。

みたいな感じ。

また、まるでJ資料と対比するように、こちらの物語には北イスラエル王国※イスラエル分裂後のもう片方に属する地名が多く登場し、扱うエピソードも北イスラエル王国のものばっかり。

となると、こちらは北イスラエル王国で成立したものである可能性が高くなります。

このエロヒム系の物語の作者を「エロヒストElohist」、その文書を「E資料」と呼びます。

スポンサードリンク

祭司資料

旧約聖書を用語や文体を元に、もっともっと分類していくと、どうも元ネタは2つだけじゃなさそうだと分かってきます。

その一つが、「祭司資料」と呼ばれる部分。

これに分類される部分では、祭壇の寸法や材料を細かく指定したり、日付にこだわったりと、とにかく祭儀のルールに深い関心を持って書かれています。

また、「イスラエルの民の統一には祭司が欠かせないよ」というメッセージが繰り返し登場するのも特徴です。

祭儀のルールに強い関心があり、祭司の重要性を主張するのは誰か。聖職者に決まっていますね。

なので、この部分を「祭司資料」と呼ぶわけです。

これは、祭司(Priesterschrift)の頭文字をとって「P資料」と言います。

P資料の成立

P資料が編集されたのは、B.C.576年のバビロン捕囚以後のこと。

アッシリアによって、故郷イスラエルから無理やりバビロンに移住させられたイスラエル人達。

彼らは、大都会バビロンにもうすっかり染まってしまい、イスラエル人としてのアイデンティティーは風前の灯火。

そんな彼らをもう一度ユダヤ人としてまとめ上げたのが、この祭司たちでした。

彼らは、ユダヤ教の教義やしきたりを整理し直し、さらに既にあったJ資料とE資料を切り貼りし、一つの壮大な聖典と歴史書を作り上げたのです。

documentary_hypothesis

創世記から民数記までを元ネタで色分けした図

祭司たちは、100年以上もかけて編集を続け、B.C.450年くらいになってようやく、現在に伝わる旧約聖書の原型に近いものが出来上がったのであります。

スポンサードリンク

申命記資料

4つ目の元ネタは、「申命記資料」というもの。

その名の通り、『申命記』のことです。

もう少し具体的に言うと、『申命記』はモーセが語るという体で、数々の掟が書かれています。

曰く、「ヤハウェ以外の崇拝はNG」「エルサレム以外での礼拝はNG」などなど。

で、実はこれと全く同じ内容で、ヨシヤという王様がB.C.622年に異教徒弾圧宗教改革を行っています。

ヨシヤ王

ヨシヤ王。

したがって、『申命記』は、実際にはこのヨシヤ王による宗教改革のためのプロパガンダ文書であると見なされています。

この部分は申命記(Deuteronomist)の頭文字をとって「D資料」と言います。

スポンサードリンク

いつ書かれたか

というわけで、旧約聖書には大まかにはJ・E・P・Dの4種類の元ネタがあることが明らかとなりました。

で問題は、「いつ書かれたか」であります。

基準

D資料で語られる「エルサレム以外での礼拝はNG」という掟。

この掟は、J資料とE資料には全く登場しません。逆に、P資料では当たり前のこととして捉えられています。

となると、D資料を基準として、J資料とE資料はそれより古く、P資料は新しいということになります。

年表

ここまでをまとめると、次のような流れになります。

B.C.922

イスラエル王国が南北に分裂。
南のユダ王国でJ資料が成立。

B.C.850

北イスラエル王国でE資料が成立。

B.C.722

北イスラエル王国滅亡。

B.C.700頃

北王国から逃げてきた人々により、JEが統合されてJE資料になる

B.C.622

ヨシヤ王の改革が行われる。
この時にマニュアルが作成される。これがD資料

B.C.586以降

バビロン捕囚で心が折れたイスラエル人を、祭司たちが宗教でまとめる。
その時にP資料も作る。

JEPが統合される。

B.C.400頃

JEPDも合体して、全体をもう一度編集。

旧約聖書が完成!

本当の歴史なのか

いちおう、上の年表を図にしてみたのでこちらもどうぞ。

bible_timeline

この図から分かることは、「モーセ五書をモーセが書いたというのは全くの嘘」ということだけではありません。

イスラエルの壮大な歴史におけるターニングポイントは幾つもあります。

B.C.2000年頃

父祖アブラハムが神の啓示を受けてパレスチナへ移住。

B.C.1700年頃

アブラハムの子孫ヤコブ一族がエジプトに移住、奴隷化。

B.C.1290〜1250年頃

・イスラエルの民がモーセに率いられてエジプトから脱出。
・エジプト脱出後、40年間荒野をさまよった。
・モーセ死亡。

B.C.1250〜1200年頃

モーセの後継者ヨシュアがパレスチナを征服。

B.C.1020年

サウル王が統一イスラエル王国を建国。

文書仮説に則るのならば、これらの出来事は、旧約聖書はおろか、その元ネタの成立よりも遥かに昔のことになってしまいます。

なんだかんだ言って、旧約聖書に書かれた歴史はまあまあ本当だろう、と多くの人は考えています。

元になる出来事は実際に起きたもので、多少の誇張や歪曲はありつつも、ユダヤ人なりの解釈で記録をしたものであると。

しかし、実際のところ、古代世界に生きる人々が、何百年も昔のことをどこまで正確に記録できるのでしょうか。

しかも、旧約聖書の元ネタのうちP資料とD資料は純粋な記録ではなく、プロパガンダ文書であるという現実。下手すると大半がフィクションなんじゃないかという疑いすら浮上してきます。

聖書考古学

そこで、「本当の歴史」を知るために役立つのが、考古学であります。

考古学は、文献だけの一方的な歴史解釈とは違って、第三者が見ても納得出来る「証拠」を提示することができます。

したがって、旧約聖書のテキストとパレスチナ近郊の発掘状況を照らし合わせてみれば、イスラエルの民の歴史はかなり正確に確認ができるはずなのです。

というわけで次回、「パレスチナでは何も発見されていない」に続きます。

bible_author

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 宗教 歴史

タグ : 

  関連記事

コメント (99件)

  1. 名前:774 投稿日:2016/11/05(土) 15:28:12

    > 創世記から民数記までを元ネタで色分けした図
    ディスクのフラグメンテーションかな?

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 15:52:38

    更新やっときた。
    今回も面白い。

    管理人忙しいとは思うけど早く次回の更新して欲しい

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 16:01:00

    次回予告で、既に次回のオチを出すと言う斬新なスタイル

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 16:04:03

    面白いのですが、なんか管理人さんの身の上が心配です。
    いつの間にかサイドが消滅してたりして・・・

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 16:37:48

    >プロパガンダ文書であるという現実。下手すると大半がフィクション
    何を今更という気がします。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 16:40:41

    ※4
    日本語以外の言語に翻訳されなければ
    大丈夫じゃない?

  7. 名前:ななし 投稿日:2016/11/05(土) 16:52:21

    ノアの箱船は、複数の話を無理やり一つに纏めたって印象だったけど
    今回は、その時代ごとに都合の良いように話を作り変えられてるって感じ
    年表で見ると面白いですね

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 17:25:57

    > B.C.450年くらいになってようやく、
    > 現在に伝わる旧約聖書の原型に近いものが出来上がったのであります。

    最古級と思われていた旧約聖書も、結局「枢軸時代」あたりに収まるのか……
    実に不思議な時代だ。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 18:57:17

    この程度の内容で消されるなら世界中の学者達が皆殺しにされてしまう

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 19:17:22

    ここは、初めて読んだけど

    簡潔で面白いですね

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 19:50:27

    城之内死すみたいなことをw
    毎回楽しみにしてます

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 20:16:14

    ※3
    遊戯王は許して差し上げろ

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 20:45:39

    更新キター

    しかし後付け後付けでカオスな事になったんだな聖書って
    宇宙世紀のガンダム史みたいだ・・・w

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 22:15:22

    民話集に為政者と聖職者の思惑がトッピングされた民族意識高揚本やね。

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/05(土) 23:26:48

    最後の一言が完全にネタバレじゃねーかw

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 00:29:03

    オチがわかってても次回が楽しみではある

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 01:18:05

    毎回興味深く読ませてもらっています。
    次回の更新も楽しみにしています。

  18. 名前:ななしさん 投稿日:2016/11/06(日) 01:43:12

    聖書アラビア起源説を今度図書館で探してみようと思います。
    アシール地方は今もサウジアラビアの領域なので観光では外国人は入国が厳しい地域らしいですが、
    研究者のHPを見るとなかなか面白い風習が残ってるそうなので興味深い地域ですよね。

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 04:19:44

    デフラグしなきゃ(使命感)

  20. 名前:名無し猫 投稿日:2016/11/06(日) 07:54:22

    本当にあった話
     ぼく・・「アダムとエバが人類の祖先なら どうして黒人がいるの?」
     証人・・「日焼け」
     ぼく・・「」

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 11:11:03

    これ書いてる人、ヘブライ語とギリシャ語でも聖書が読めたらよかったのにねー。残念。

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 11:16:10

    歴史は本当に面白い。

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 11:56:59

    デフラグしたらスキャンディスクもしなくちゃね。その結果はエラーだらけだったり…。

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 12:40:11

    北イスラエルのエロヒム文書の原文が日本に残ってたらいいのに。

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 13:15:59

    宗教家ってのは、自分の宗教の文書について研究しないのかね?
    研究してるなら、いろいろおかしいって気づきそうなものだけれども。

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 16:05:57

    ※25
    ユダヤ教徒やキリスト教徒でありながら考古学に携わって聖書を批判している人間は山ほどいるよ
    もちろん神の存在を否定しているんじゃなくて、聖書の内容を批判しているだけだけどね
    彼ら全体が宗教家という訳じゃないけど、その中には宗教家に属する人間がいるのも確か
    もちろん狂信者として考古学を否定したり都合のいい部分だけを採用したりする人間もいるけど

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 21:19:28

    都合のいいように編纂されてるからね
    何処の宗教も大概一緒
    現代でも「この話は入れる/削るべき」って主張があるから面白い

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 21:25:02

    今までの流れが合わさってきてそれが骨子となって聖書の成り立ちがよりはっきりと見えてきてる感じだな
    序章のほうにいた「聖書は嘘?当たり前だろ神とかフィクションじゃん」とかズレたことほざいてたアスぺニキは何しているだろうか

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/06(日) 22:24:03

    ユダヤ教に関してはなんとなく成立についてわかって面白かった
    ここからキリスト教やイスラム教にどう繋がっていくのかも気になる

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 00:30:02

    シャロウムちゃん「話は聞かせてもらった。管理人のむらじを特別セミナーに招待する」

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 00:42:14

    まぁそりゃそうだよなって感じ。
    印刷もなかったし書き写される度にその人(や地方・政治)の意思が入っていったことはほぼ確実だろうし、
    日本で言えば対外向けの「日本書紀」と内政向けの「古事記」で内容が違うとか重点の置き所も可成り違うとかね、一人の英雄、あるいはオオキミを複数にバラしたり、あるいはそのままでは歴史の中に埋もれていた功労者譚を一人の英雄としてまとめ上げたり、そういうのは当たり前だろうし時代を考えたら仕方ないよね。

    厄介なのはその何千年~二千年前の古い考えや規律に固執しちゃうことだ。
    これは西洋中東の一神教三兄弟に関わらず「中華思想」と言った物も同様、
    カーストという「制度」も同様だ。

    アンタッチャブルなところに触れないように現代まで来て世界中の距離や情報だけが縮まってしまったが故に物凄く険悪な時代に突入している。

  32. 名前:洋楽ファン 投稿日:2016/11/07(月) 01:17:10

    >15
    >最後の一言が完全にネタバレじゃねーかw

     やはり、考古学的な証拠がないわけですね。そんな気がしていました。

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 01:42:24

    歴史ミステリーいいぞ~コレ

  34. 名前:  投稿日:2016/11/07(月) 02:21:14

    ※25
    >宗教家ってのは、自分の宗教の文書について研究しないのかね?

    宗教家=信者・門徒でいいのかな?
    信者による文書研究は勿論ある
    でもそれは「神学」「教学」といった解釈学に当たり、矛盾解消を研究するわけです
    批判的に研究はその人が信仰・宗派から離れることになるので、その質問の答はNOとなる
    この手の批判的な研究者は、キリスト教徒であっても理神論寄りの人が殆どでしょうね
    原理主義者ではまずいないでしょう

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 03:03:41

    題名から『あー、モーゼが自分の死んだトコ書いてるっつって騒ぐスタイルかな〜』
    って思ってたらその通りでわらたw
    日本人が聖書に詳しく無いからと言って、聖書神学の常識完全スルーでテキストを小馬鹿にするのはどうかと思うけどね。
    これ言うなら古事記や日本書紀のテキストは全部史実なんですか?って話でさ。

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 03:33:38

    米35
    ちゃんと全文読んだ?あなたの指摘してる部分がこのトピックの骨子じゃないしそれ以外への反論にはなってないぞ
    聖書神学の常識とやらで反論すべき点は論理的に反論してみては?それが出来ないのはあなたがちゃんと勉強した人ではないからだと思うけど
    それに古事記や日本書紀についてそれが100%真実だと思っている日本人なんかいないよ
    日本には思想の自由も学問の自由もあり、多くの研究者がそれを検証しているのだから。つまらない煽りだったね

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 08:04:32

    三国志演義みたいなもので、基本的に後世の人が自分に都合よく作ったフィクションだと思う。
    MMR的にいうなら、事実をもとにしたフィクションですということだろう。

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 10:39:34

    ユダヤ教初心者には分かりやすくてありがたい解説だわ

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 11:38:42

    聖書=PPAP

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 13:36:10

    ※35
    お前さんどうしようもないアスぺ君だなw

  41. 名前:中卒のヤクザですが何か? 投稿日:2016/11/07(月) 13:43:24

    余りにも普通の分析で、ひねくれたSOSにしか聞こえない。
    仕方がないから教えてやろう。

    まず、創世記。これは物理学の根底を言っている。
    そして、進化とは隙間を埋める事と連続を生み出す事。
    AとCがあれば真ん中はB。AとBがあればCが生まれる。そして歴史は繰り返される。宇宙で起きたことは地球でも起きる。なぜなら物理法則によって制限の中でしか物事は進まないからだ。そして正しく隙間を埋める為に神(宇宙人)は顔を出さない。

    これをもとに、起こるであろうことを神が予言をしてモーセに言わせているという解釈で矛盾は生まれない。予言といううと胡散臭いが、正確に推論が可能なのだろう。

    恐ろしい事実を教えてやろう。
    重力の正体だ。そしてそれは聖書に埋め込まれていた。
    ダークマター(暗黒物質)空間における運動エネルギー密度。(物質と場の密度は同等)
    ダークエネルギー(暗黒エネルギー)場が裂けて虚(null)が生まれたところに0が組み込まれる。
    超能力もなぜ建物を通過できるかという答えも重力と同じな。電磁波が動いている下のレイヤー(場)が振動しているから物質に干渉されない。

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 14:28:28

    旧約聖書なんて神とユダヤ人の契約書だろ
    ユダヤ人が書いたものなんか関係ないよ

  43. 名前:Hiroshi 投稿日:2016/11/07(月) 18:56:15

    パレスチナには火山も無い。

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/07(月) 21:54:12

    パレスチナでは何も発掘されていないのか…

    聖書に出てくる地名で、今現在も記述と同じ名前で呼ばれている場所はチグリス・ユーフラテス川沿いに多いな。
    ウルとかそのまんま。

    今現在その大部分はイラク領内だから発掘作業も捗らない。

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/08(火) 01:36:35

    なんかヤバい人を引き寄せてるな
    ヘブライ語聖書読めとか言い出す奴、頼まれてない妄想宇宙論書き出す奴、日本書紀持ち出す奴
    作者が心配だ

  46. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/08(火) 13:01:04

    まあ、まだ大丈夫だろう。
    今コメントしてるのは頭のおかしいフリをした、ただ、頭の悪い奴だ。
    管理人さんはいつも難しい話題をわかりやすくまとめてくれるからありがたい
    次も楽しみにしています

  47. 名前:ななし 投稿日:2016/11/08(火) 16:19:40

    聖書の考古学的な視点で分析した内容の本に、旧約聖書には新約聖書の編集前の文書が入っているとかないとか言うのをどこかで読んだのだが(72人聖書とか言うのか?)、旧約聖書が完全に成立(文書化したのは)AC70年頃だとかいうのを読んだな。ここでの推論とは時代的に直接関係ないが、現在伝わる旧約聖書ってキリスト教の普及を見てユダヤ教の旧約聖書をベースに急きょ作ったのかなあ。どちらにしろ次回が楽しみだ。

  48. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/08(火) 19:31:36

    次回まで待てないなら
    長谷川修一「聖書考古学」「旧約聖書の謎」
    を読めばいろいろこのあたり書いてるよ

  49. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/09(水) 01:41:19

    神・・・じゃないですかね?

  50. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/09(水) 21:31:54

    今回もすごいよかった小並
    トランプ当選とロビー活動派どうなんですかねNRAとは繋がってそうですけど記事作っていただけたらうれしいです

  51. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/09(水) 21:48:34

    オレが書いた

  52. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/10(木) 16:48:13

    昔の頭の良い人が、今で言うファンタジーみたいなラノベ作品を書いた
    それらの複数を読んだ後の人が「神様ってマジすげーわwあwでも、これとこれを併せて、
    こうすると最強の神様が出来上がるんじゃね? 」と改変しまくった結果ってことだね

  53. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/11(金) 09:01:30

    ※27
    されてないぞ。
    イスラエルという地名がつけられたあたりなんて
    神が人間と格闘してキックくらって負けちゃうからな。
    しかも朝日が嫌だと懇願するし。
    新約とかでもミカエルに置き換えられてるけど、やっぱおかしい。

  54. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/11(金) 09:02:53

    誰だって話をもっと面白くしたい欲を持ってるしね、仕方ないね>>聖書

  55. 名前:現代の 投稿日:2016/11/11(金) 11:45:56

    編集者さん、ウィキとかでは調べてるみたいだけど、実際に申命記とか読んだことなさそう。申命記の最後の章を読んだだけでも、モーセによってそこが書かれた様子もなく、それを隠す仕草もないし、あくまでモーセに由来する文書群って事で問題ないでしょ。申命記の34章だけでも、読んでみると良いですよ。
    現代のキリスト教徒の立場からすれば神の霊感を受けたモーセたちによって、先祖以来の伝承が神の霊感に導かれて、整理、編纂されていったが、神の律法を捨て、イスラエルが一度、滅亡した後、いわゆる捕囚後、それらの残された文書により国が再建され、正典の編纂がなされていった。それらの過程も含め、神の霊感に導かれていると捉えているわけで。実際、聖書はおびただしい人々が書いた文書の集合体で、それらが神に導かれて編纂されて、神のメッセージが残された物と捉えるのが信仰なわけで。それがただの寄せ集めの文書だと言われれば、神の導きがないとなれば、そうなるかもだけど、大騒ぎするほどの事じゃないですよ。

  56. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/11(金) 17:00:12

    鰯の頭も信心からって言うしねぇ

  57. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/11(金) 21:45:24

    ※55
    この記事の(というか文書仮説の)主張は、
    「モーセ五書はモーセが記したとされていたが、実は後世に記された複数の文書を合わせたものだった」
    です。
    あなたは 「そんなこと普通に読んだら分かるでしょ常識的に考えて」 と考えているかもしれないですが、
    そうは考えない人もいるため、この記事があるんじゃないでしょうか。

    個人的には、とても大騒ぎする事だと思いますね。
    もし文書仮説が事実であり、例えば聖地がアラビア半島にあったなんて事を示すような
    確たる証拠が出てきたりなんかしたら、宇宙人発見以上のインパクトがあると思います。
    なにせ、世界中で二千年も信じられてきた事が誤りだったたかもしれないのですから。

  58. 名前:古代の亡霊 投稿日:2016/11/11(金) 23:27:15

    古代ペルシヤの宗教←仏教・ユダヤ教←キリスト教←マホメット教(イスラム教)
        ↑
        に集約されます

  59. 名前:古代の亡霊 投稿日:2016/11/11(金) 23:49:19

    ※58
    ゾロアスター教

  60. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/12(土) 00:26:13

    モーセは未来で書いたんだろ?

  61. 名前: 投稿日:2016/11/12(土) 00:35:32

    ついぞこの前生まれた「1stガンダム」ストーリーですら作家は一人じゃないのに。
    旧約の作家を絞りますか。 きっと作家だけで国ができますよ。

  62. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/12(土) 01:30:33

    生きとったんかワレ

  63. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/12(土) 08:27:49

    大昔のファンタジー小説だからそら色々おかしいとこあるわな

  64. 名前:現代の 投稿日:2016/11/12(土) 11:24:43

    モーセ五書は、モーセに由来する文章群で、モーセをはじめ、先祖から受け継がれて来た文章が、後の時代にあらためて編纂された物ですよ。

    モーセの死の一文
    「主は彼をベテペオルに対するモアブの地の谷に葬られたが、今日までその墓を知る人はない。」申命記‬ ‭34:6‬ ‭

    今日ってのは、後の時代の事ですから、聖書自身がそう主張している以上、そうです。

    編纂者の解説付きの文章なわけです。

    つまりモーセ由来の聖諸文章群が、後の時代に編纂された物という事です。その編纂過程も含め、神の導きの中にあると言うのが、信仰であり、また聖書の主張している事です。

  65. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/12(土) 16:38:20

    同じファンタジーだけど、ギリシャ神話は無数の作者が面白さを競い合ったシェアワールド、ユダヤ神話は民族史を美化した火葬戦記。
    飛躍と面白さでは前者が勝るけど掘り尽されるとブームも去ってしまう。
    後者はつらい時に読み直すと勝った気になれるのでロングセールになる。

    そんな感じかな

  66. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/12(土) 17:14:00

    宣伝するわけじゃないけど、
    K.シュミート『旧約聖書文学史入門』教文館刊は、次回の話の関連の本。
    ここのサイトが書いてることよりももっと過激だよ。
    当然キリスト教の人が書いてる本

  67. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/12(土) 22:20:57

     偏った情報で全てを把握しようとか愚か杉!! 
    くだらね~

  68. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/13(日) 00:48:27

    別にモーセ自身が書いたことを否定したがってるわけじゃなくて。
    本当はいったい誰が書いたのか、をある仮説をもとに紐解いていくことで、聖書やユダヤ教の成り立ちに関する歴史ミステリーを堪能してもらおうって記事なんだからさ。
    ちゃんと読めばわかるとか、教会がどう主張してるかなんてのはこの際どーだっていいことなのよ。

    それこそ、一連の記事をちゃんと読んでれば、今回の内容が管理人さんの本当に書きたいことにはまだ全然到達していない導入部分だってこと、誰にだって分かると思うんだけどね・・・。

    まぁ記事のド頭にある
    >「モーセ五書』はモーセが書いた。これは、少なくとも中世までは「疑いようのない常識」でした。疑ったら教会にぶっ殺されるという意味で
    って部分が事実無根だっていうならそれはちゃんと論拠を並べて批判したらいいと思いますけどね。なんかいまだにモーセが書いたと信じてる保守派もいると聞くけど?

  69. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/13(日) 21:28:41

    エルサレムあたりは現代イスラエルによって徹底近代化(再開発)されてるから
    今後も新たな発掘資料は出ないんじゃないかな

  70. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/14(月) 02:10:53

    一応、補足でサウル王の建国した王国はイスラエル王国とも言われるが
    大抵はヘブライ王国名義が一般的。
    (後に分裂して北のイスラエル王国と南のユダ王国と区別する為。)
    あとどうでもいいけど【P資料の成立】のバビロン捕囚のとこ
    アッシリアじゃなくてカルデア王国『新バビロニア』だと思うんだけどな・・・・。
    4王国分立時代にはアッシリア既に滅んでたはずだし。

  71. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/14(月) 10:25:48

    預言者は幻視と幻聴が神によって見せられなかったか
    本人が書いたではなく、主にモーセの記録ってだけの意味でもないのか

    エロヒムが父、ヤハウェが子
    ただその神の名をみだりに唱えてはならないから、宗教ってだいたい普段言える別名があるわけで

    ノアの時代にはもう肌の色はいろいろ違うみたいだから、アダムの時代から
    黒から白になった人がいたのか、白から黒になった人がいるのか、いてもおかしくはないんだけど

  72. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/14(月) 12:03:00

    >つまりモーセ由来の聖諸文章群が、後の時代に編纂された物という事です。その編纂過程も含め、神の導きの中にあると言うのが、信仰であり、また聖書の主張している事です。

    当時の人々が政治都合まで考えて編纂したんだから内容は信用できないでしょ、誤差や改竄があるでしょ、という指摘に対して

    「それすら神はお見通しで全部制御できるはずだから問題無い」
    って答えちゃうの?
    本当にそれでいいのか?

  73. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/14(月) 20:35:38

    エロヒム エサイム
    エロヒム エサイム

    うーん、説明だとこっちのほうが
    神様っぽいのに安く名前呼ばれてんな

  74. 名前:現代の 投稿日:2016/11/14(月) 22:37:17

    政治的都合で、書き換えられたって指摘も、ただの推測に過ぎないわけで。本文批評なんて学問は、それぞれの頭の中だけ答えがある物なんで、僕はあまり重要視してはいません。一応、大学で歴史を専攻した者ですが・・・

  75. 名前:現代の 投稿日:2016/11/14(月) 22:42:29

    聖書の歴史観は、神とそれに逆らうイスラエルの民のせめぎ合いが根底にあります。いわゆる善王ですらも、最後は神に逆らったり、祭司も堕落し、神との契約を破る。そんな事がどこまでも描かれているのが、聖書ですよ。

  76. 名前:現代の 投稿日:2016/11/14(月) 23:04:05

    ある意味、イスラエルの民について、本当にボロクソに書いてる書。それが聖書ですよ。しっかり聖書を読んだ事がある人なら、同意してくれるはずです。

  77. 名前:洋楽ファン 投稿日:2016/11/15(火) 14:21:56

    スレッド主へ。
    コメント番号が振られなくなりました。
    サイト全体のデザインが変わったのと同時に、この現象が起きたようです。
    やはりコメント番号がないと返答を書く時が面倒です。対処をお願いします。

  78. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/15(火) 19:35:46

    イスラエルの民をぼろくそ言う書というのは、その通りだと思う。
    どんだけ糞な民なのか。その繰り返し。

  79. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/15(火) 22:13:08

    近世の聖書研究にかんして言及してるにみるに、
    英語のそう言った文章はあるだろうし、
    管理人の身が陰謀論者が喜ぶような危ぶまれ方はしないだろう。イチイの狂信者は兎も角

    そもそも今のイスラエル人は、今風に言うなら『移民』に乗っ取られた民族だし

  80. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/15(火) 23:49:31

    無知なイスラエル人だよ

  81. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/16(水) 15:13:30

    瑣末な指摘をします。近世って日本史以外にはない時代区分だったかと思います
    (ヨーロッパとか日本以外の地域では中世の次は近代だったかと)
    まあ、近代の誤記と思って読みましたけどねw

  82. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/17(木) 01:03:38

    なんかこのシリーズ方向性が公平より若干煽り気味というか、宗教嫌いな日本人好みの記事って感じ
    最後に綺麗にまとまればいいけど

  83. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/18(金) 19:31:08

    同じような解説を、日本の歴史で。やって欲しいな。
    あちこちから叩かれるのを覚悟で

  84. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/19(土) 01:27:21

    だって宗教なんて馬鹿が信じるものですし
    人が作った都合のいい洗脳システムを信じてるってのがもうね
    王政の洗脳は解けたのに宗教はいつ解けるのか

  85. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/19(土) 01:41:39

    日本人は、たぶん神様は信じている。だけど宗教は信じていない。

  86. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/21(月) 03:56:23

    ラノベ作家に僕が考えた最強の聖書を書かせたら
    よりクオリティの高いのができそうね

  87. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/21(月) 16:42:20

    上のコメで王政の洗脳とかなんとか言ってるけどそれなら現代は民主主義の洗脳にかかってるんじゃないのか
    古くからあるものを貶しめるあたり近代人のステレオタイプだな

  88. 名前:とあるキリスト者 投稿日:2016/11/23(水) 12:23:00

    この記事自体、「聖書はデタラメなんですよ!」と訴えるプロパガンダと
    「聖書をディスれるほど調査・分析したわたしは賢いでしょ!」という自己礼賛アピールを垣間見る気がして気分が悪い。

    わたしは記事を書いた人が頭が悪いとは思ってはいないが、考え方のセンスとパラダイムの自覚に乏しいと思う。
    聖書をまっとうに読んでいないにもかかわらず端から「適当に切り貼りして作り上げたでっち上げ文書」というパラダイムの上での発言をし、自分の説にすぎないものを確定事項のように扱う厚かましさに辟易する。

    モーセ五書は著者がモーセじゃないと指摘したらブッ殺されるから、矛盾点に気づいても発言できなかったのではなく、”モーセによって記録され、編集されたものを基礎としている文書をモーセ五書と呼ぶことにしている”わけであって、モーセは自分が死んだ記事をも書いたなんて考える人がいるなんて考えがナンセンス。

  89. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/23(水) 21:33:33

    P資料だけじゃなくて全部がバビロン捕囚以降だぞ
    今の聖書が最終的にできたのはヘレニズム時代。
    ほとんど史実なんて含まれてない。

  90. 名前:聖書は完結? 投稿日:2016/11/25(金) 00:59:42

    モーセの歴史お書き残せとモーセられたからのこした
    書記が居たんだよ。

    歴史として遺す意義がなんなのかが分からんよ
    無くても人類に不利益無いだろ。
    ああるとて何か得するのか。
    r

  91. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/25(金) 10:01:43

    今時、五書を単純なJEDPの四資料仮説で説明してると笑われるぞ

  92. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/25(金) 14:09:46

    とあるキリスト者様へ
    あなたは聖書を良くお読みになって詳しそうなので
    ノアの箱舟に関する矛盾している記述や、出エジプト記に関する矛盾点について
    解説してください。

  93. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/26(土) 14:00:54

    ユダヤ戦争があってローマ軍が現在の嘆きの壁以外壊しちゃったし、主要な祭司たちや指導者たちをみんな殺しちゃったからね~ そりゃ、エルサレムでの考古学っていっても無理に近いわ

  94. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/26(土) 19:39:22

    なんでレス番消えてるの?レスバトル防止?

  95. 名前:洋楽ファン 投稿日:2016/11/27(日) 13:37:44

    >2016/11/26(土) 19:39:22 氏へ
    >なんでレス番消えてるの?レスバトル防止?

    私も、これが疑問なのです。

    スレッド主へ。
    コメント番号の自動割り当てが、なくなりました。
    サイト全体のデザインが変わったのと同時に、この現象が起きたようです。
    やはりコメント番号がないと返答を書く時が面倒です。対処をお願いします。

  96. 名前:ワイもキリスト者 投稿日:2016/11/28(月) 14:06:36

    聖書は信仰の糧となる書や。事実の羅列なんかあるかいな。
    アダム、エバからして科学的にあり得へん。土こねたら人間て。
    聖書はね、神さまの意図をくみ取るように解釈して読むのが面白いところやねんで。
    科学、歴史の学びには学校の教科書という別の本がある。

  97. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/28(月) 21:41:02

    >神さま
    wwwwww

  98. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/29(火) 03:58:52

    みんなここはただのブログなんだし
    議論したいなら2chでやれ

    あと宗教の話題は荒れやすいけど何を信じるかは人それぞれ持った権利なんだから
    信じるも信じないも人それぞれ

  99. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/11/30(水) 01:39:03

    聖書とか誰が書いたか興味なかったが
    元々古事記みたいに各地の伝承をまとめてるもんだと思ってた

スポンサードリンク