戦争に使われた動物さんたち

映画やアニメなどで馬に乗り戦うヒーロー。

カッコいいものですが、戦場に馬がいること自体は当たり前すぎて疑問も何も感じませんよね。

しかしそれがゾウやラクダ、イヌだったらどうでしょうか。ニワトリ、コウモリ、イルカは?

よくよく考えれば戦争に全く関係ないはずの彼ら動物達が、迷惑にも人間同士の戦争に巻き込まれた例をご紹介します。

スポンサードリンク

地雷犬作戦

2014-05-02-21-12-24

古来より人間に飼いならされてきたイヌは、戦場でもまた頼れるパートナーとして警備、戦闘、伝令など様々な任務を遂行してきました。

特に旧ソ連は対戦車兵器として背中に爆薬とレバーをくくりつけた「地雷犬」を考案。

戦車を見たらすかさず下に潜りこむ訓練を施しました。戦車の下に潜ると背中のレバーが倒れ、爆発する仕組みです。

そしていざ実戦に投入。

迫りくる敵軍戦車部隊の轟音と火炎に驚いた地雷犬は、次々と味方戦車の下に潜り込み、見事大戦果を挙げたそうです!自軍に!

同時期にアメリカも似たような試みを行いましたが、やはり成果が挙がらなかったそうです。

つい最近の2007年には、イラク戦争の反政府組織が遠隔操作の犬爆弾テロを用いましたが、食用以外で動物を殺すのはイスラムの戒律に反するとかで市民から批判を浴びたそうです。うーんこの・・・。

スポンサードリンク

ラクダの体臭作戦

2014-05-02-21-23-38

ラクダは、砂漠特化の兵科として、古来より現在に至るまで大活躍しています。

かのローマ軍も、パルミラとの戦いでは全身装甲を施したラクダ兵に苦戦を強いられていますが、まきびしを撒くという方法でなんとか機動力を封じたそうです。

巨体なため、騎馬より高い位置から攻撃ができるほか、余り知られていないことですがラクダの体臭はウマやゾウが非常に嫌がるため、敵陣にちょっとした混乱効果を及ぼしたそうです。

スポンサードリンク

旅順の鷹作戦

2014-05-02-21-25-36

日露戦争の時のこと。

日本軍は、旅順攻囲戦の際、要塞にこもるロシア軍の伝令ハトをタカで空中キャッチするという計画(笑)がありました。

が、訓練が終わる前に要塞が陥落したため実行はされなかった様です。

ちなみに、イギリスとドイツの間でも同様のハトVSタカは行われていた様です。

スポンサードリンク

焼き豚作戦

2014-05-02-21-28-18

この作戦は、ローマ時代の戦象対策で用いられたと言われています。時代的には、カルタゴの名将ハンニバルとの戦いでしょうか。

豚の背中に油を塗り、火をつけて戦場に放つことで象を混乱させるという作戦があったそうです。

スポンサードリンク

ニワトリ核地雷作戦

2014-05-02-21-30-13

1950年代、ソ連軍の侵攻を止めたいイギリス軍が、ライン川沿いに地雷型の核爆弾を設置するというぐう畜プランを考案しました。

問題はただひとつ、冬のドイツはあまりにも寒いので設置して敵を待っている間に電子機器が凍ってしまわないかというもの。

そこで講じられた対策が、中にニワトリをいれて体温で機器を温めるという、ニワトリさん涙目の方法でした。

1957年7月には10発分の地雷部品が発注されましたが、翌年2月に「さすがに核地雷は畜生すぎるかな?」という理由で中止されています。

決してニワトリ愛護の観点から中止された訳ではありません。

燃えるコウモリ作戦

第二次世界大戦時、小型ナパーム弾を身につけたコウモリを日本の都市の上空に放ってやろう、というアメリカ軍の作戦がありました。

防空壕に潜り込ませるつもりだったんですかね。

わざわざそんな面倒なことしなくても、そのまま空爆すればいいのではないかという指摘により中止となりましたが、遊び半分で街を燃やそうとしたやつらのことを、みなさん覚えておきましょう。


以上、色々な動物兵器を見てきましたが、現在進行形でアメリカ軍に訓練されている動物兵器があります。

そう、先日アメリカの駐日大使が批判して物議を醸したイルカです。

2014-05-02-21-31-13

「アメリカ海軍海洋ほ乳類計画」に基づいて、湾岸戦争やイラク戦争時も機雷の探知という目的で実戦投入されており、今も極秘裏に潜水艦基地周辺の哨戒任務に当たっているそうです。

また、2012年のロシア通信社報道によると、ウクライナ海軍がナイフや銃を装備した殺人イルカの訓練も予定していたとのこと。

訓練の手間やコストを考えると自爆攻撃の様な使い方はあまりしないでしょうが、いずれにしろ現在も軍用イルカというものは存在しています。

「日本人はイルカやクジラを殺して残酷だ」等と言っている某団体が、この軍用イルカに抗議をしているというニュースは、今のところ聞こえてきません。

どうしてかな?(すっとぼけ)

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 自然・生物 軍事

タグ : 

  関連記事

コメント (39件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/02(金) 22:21:14

    動物愛護とか言ってる国ほど酷いような

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/02(金) 22:34:46

    涙が出てく・・・る

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/02(金) 23:02:07

    アメリカ様は大正義だから仕方ないね

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/02(金) 23:25:21

    ちょっと記事の趣旨とは違うけど、昔、どこぞの国の陸軍中将が、現地で挑発した牛に荷物を運ばせて、腹が減ったらその牛を殺して食うというそれはそれは画期的(笑)な作戦を立てたそうな。
    え、結果?河で溺れ死ぬ、山道を進めず食べる前に放棄、歩みが遅いので格好の的になる、などなどで大失敗に終わったそうな。

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/02(金) 23:53:31

    コウモリワロタw
    米4
    あ・・・(察し)

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 00:03:09

    食糧兼性欲処理用として使われたヒツジが出てきていないな。

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 05:05:34

    昔のインドには騎馬ならぬ騎象部隊が
    凄い迫力だったろうな、見てみたい

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 08:42:29

    猫盾がないな

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 09:19:07

    ※8を見に来た

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 11:57:21

    やっぱ白人ってクソだわ

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 15:10:15

    鬼畜米英の安定感

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 15:50:20

    旧日本軍:ヌートリア

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 18:37:28

    けけけ
    アメリカちゃん呪いまーす

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 19:35:22

    この文章………

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/03(土) 21:58:02

    ヴォイテクとか自ら志願した動物もいるんだぜ!

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/04(日) 01:13:56

    普通に活用→馬・ラクダ・象・牛・犬・鳩・イルカ・アシカ
    マスコットとして従軍→ハクトウワシ・熊・カラス・猫(実用面あり)
    変則活用→火牛の計・猫楯・コウモリ爆弾・火豚の計
    エジプトの革命の時のラクダ騎兵はちょっと格好良かった

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/04(日) 01:59:28

    ヒグマのヴォイテク伍長も入れてあげて。

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/04(日) 02:00:39

    フィンランドやソ連だと、トナカイを運搬役として駆り出していたな
    要は、運馬の代わりとしての役割を担っていたというわけだ
    ユニークさとか物珍しさはないけど、風土に合った動物を活用していた一例として上げておく

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/04(日) 03:13:22

    白人様は何やっても批判されないんですね!さすがのクズさ!!

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/04(日) 09:50:00

    >ウクライナ海軍がナイフや銃を装備した殺人イルカの訓練も予定していた
    結局中止になったんだよなコレ

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/04(日) 12:51:53

    動物愛護を訴える白人様はさすが、ご立派ですなぁ

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/05(月) 00:49:16

    そもそも、ジャーマンシェパードとかドーベルマンって軍用として
    生み出された犬種じゃないの?

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/05(月) 12:26:44

    あそこまでクジラ漁に反対するのは、武器を装備したクジラが捕獲されるのを恐れてるのかもね。
    ばれちゃう。

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/05(月) 23:46:46

    もう三日も更新されてないぞ
    管理人は生きてるのか?
    最近このブログを読むのが日課なんだ。楽しみに待ってるぜ

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/06(火) 00:03:52

    人間の闇は深い・・・
    哺乳類と言えばペルシアの猫盾とか
    圧倒的破壊力を持った戦像とかあるけどこの辺りの感覚は本当に難しいね
    日本だとブタ牛鳥とか日常的に食べてるけど犬猫はやっぱ抵抗あるもんね

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/06(火) 01:44:34

    黄色いサルまるだし発言止めろ

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/06(火) 02:39:14

    やっぱりアメリカはゴ.ミ以下だって、はっきりわかんだね
    はっきり言うとチョソより民族度は下
    最近の日本人レベル
    お前らは英霊と比べものにならないカ.スだってこと自覚してんのかな〜?
    嗚呼我が美しき大和魂は何処へ

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/06(火) 11:12:55

    北条早雲がただの山賊から城を攻め取った話がある

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/06(火) 14:27:49

    白鳥兵器とかもなかったか?
    ロシアで白鳥を細菌に感染させて、渡り地で細菌をバラ蒔く作戦
    後は、核鯨
    鯨に核爆弾を埋め込んで、運搬させて起爆する計画

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 14:14:43

    ※27
    とてもお美しい大和魂(笑)を御持ちですね。

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 21:26:45

    隣国の最終生物兵器・在◯。密入国させて日本社会で繁殖、日本に破壊と混乱をもたらす…。

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 21:28:08

    ※6 在りし日の英国海軍では獣姦は死刑!w

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/12(月) 11:03:16

    在日朝鮮人に爆薬を巻いて突撃させる
    自爆するニダー!

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/12(月) 21:03:26

    どいつもこいつもぐう蓄でワロタ

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/13(火) 04:33:07

    ファッピヨ~ン!!!

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/16(金) 00:52:48

    最近は盾に猫や二次美少女、相手の恋人を貼るだけで抵抗を辞めるケースも…

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/24(土) 10:07:29

    なんJ語の誤用がクッソキモい

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/28(水) 20:09:31

    ※4
    ※5
    どこぞの国というかジンギスカン作戦は日本軍がやったやつだよ

  39. 名前:名無しのリーク 投稿日:2016/08/08(月) 03:09:28

    香川県ルー餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の重傷を負わせた犯罪企業

スポンサードリンク