新選組とかいうぐう畜集団

1: 風吹けば名無し 2013/05/21 23:57:38 ID:gMHB3JcR

特に土方がやばい


3: 風吹けば名無し 2013/05/21 23:58:44 ID:/WWeYf0M

ガチに殺しに行くときは槍もってく

4: 風吹けば名無し 2013/05/21 23:58:44 ID:OCAW5Aus

なんでテロ集団が絶賛されとるんや

11: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:00:05 ID:D+pSrEU0

>>4
テロ集団を取り締まる為だからね
仕方ないね

スポンサードリンク
14: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:00:58 ID:gMHB3JcR
>>4
まあ当時の政権は幕府さんサイドにあるし、どちらかと言うとテロリストは討幕派の方
特に長州は八・一八の政変以降京都に居られなくなって、そこに居るだけでやばいし
新選組はチンピラ雇ってそれを警察の特殊部隊にしたようなもん

260: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:55:01 ID:Y+XUjdGs

>>4
対テロ特殊部隊やろ
白色テロはやったかもしれんけど

どっちかっていうと大物テロリストが吉田松陰や桂小五郎

6: 風吹けば名無し 2013/05/21 23:59:06 ID:gMHB3JcR

何でこんなに人気があるのか、いまいち理解できん

10: 風吹けば名無し 2013/05/21 23:59:44 ID:/WWeYf0M

>>6
衣装がかっこいい
土方がかっこいい

画像1

20: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:02:02 ID:H36RMfcv

>>10
燃えよ剣読んでるんだが、土方が畜生以外の何物でもない
何であれがあそこまで支持を集められるんだろう?

23: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:02:36 ID:rbYbw/Xk

>>20
そら男前だからよ

26: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:03:05 ID:ilo47fl8

>>20
あの畜生さがええんやろ

33: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:04:09 ID:iYilD1U/

>>20
最後まで読めば畜生でもぐうかっこいいのがわかるで

8: 風吹けば名無し 2013/05/21 23:59:25 ID:qU41wW1w

士道不覚悟とかいう恣意的に運用できる罪

17: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:01:34 ID:1ghCLKGR

暗殺した数よりも粛清した数の方が多いという風潮。

25: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:02:49 ID:DAtUmGsG

フリーターが「お前ら正社員にしてやらんこともない」って言われてはしゃいじゃった

「社会人・正社員はこうあるべき!」という脳内ルール(本当の社員はそんなもの守ってない)を作って
それで正社員ゴッコして遊んでただけ

28: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:03:22 ID:rbYbw/Xk

>>25
葉隠も似たようなもんだよね

22: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:02:25 ID:fgjLxs0j

電気もない真っ暗な街中をいつ斬られるか分からん中、良く生きてるわな

29: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:03:24 ID:7TMhlNw4

>>22
偉くなってからは夜道歩かん&護衛つける

スポンサードリンク
39: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:05:32 ID:a72iZzn5
当時の武士さんも情けない人も多かったからなぁ

50: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:08:19 ID:a72iZzn5

江戸時代中後期だと武士自体が上品になっちゃったからね

やっぱり辺境の野蛮人には勝てないね^^

41: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:05:59 ID:O794bWlz

>>39
なおプライドは高かった模様

218: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:44:07 ID:BzL4Y2tU

近藤の末路みたいに偽名使って敵方に投降するのは武士道に反しないのか?
金策したり脱走した奴らですら切腹させられてるのに

227: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:46:25 ID:PgGJ33yC

>>218
多摩の農民出だし(震え声)

44: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:06:26 ID:fgjLxs0j

土方はカッコイイのはわかるけど永倉はヘタレ、近藤は馬鹿というイメージしかわかん

47: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:07:00 ID:XqFbwt1G

永倉新八が一番好き
次に井上源三郎

60: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:10:13 ID:H36RMfcv

>>47
永倉は実際隊内の暗殺とか、そういう事には手を出さんかったみたいやね
同じ長生きした斉藤とは対照的に。源さんは大河の死に様が凄かった

59: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:10:08 ID:Zy4I0SMT

テロリストを殺すためにヤクザを雇ったようなもんだわな
新選組が好きな人はヤクザの暴力性が好きそう

64: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:10:33 ID:TC0/lxvP

新撰組は単なるキチガイ粛清集団
坂本竜馬は口だけの山師

どっちも日本史上で見るべき功績は無し

104: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:21:49 ID:Zy4I0SMT

武士でもないのに武士ぶってたヤクザ

109: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:22:57 ID:41IMYl7L

下克上意識というか、身分的なコンプレックスがあっての、強さなんでしょうかね

113: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:24:04 ID:YPiLNlp+

土方の軍才は異常
新撰組末期なんて隊員の数クソみたいなもんだし士気上げる面でこいつを重用する意味ないからマジもんやったろうな

121: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:26:30 ID:VVKktaoz

>>113
転戦するうちに洋式装備を重視していってる辺りホンマに軍事センスあったんやろなあ
大鳥圭介、土方歳三、松平太郎の軍事3トップとかロマン溢れてるわ

スポンサードリンク
123: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:26:59 ID:fZJMDEZ9
萌えよ剣はまあまあ面白かったけど
龍馬がゆくも面白いんか?

131: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:28:59 ID:dWZtiFQH

>>123
燃えよ剣が気に入ったらならいけると思うやで
なお坂の上の雲は

136: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:29:54 ID:9GMhj/oF1

>>131
坂の上の雲こそ最高傑作やろ

145: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:31:45 ID:12q7I+YB

坂の上の雲は面白いというより
あの時代の日本人優秀すぎやろ・・・・って感じ

248: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:51:00 ID:nxgxJRnG

人材を育てまくった吉田松陰という有能
その塾を真似た松下政経塾という無能

人材を見てるとはっきりわかんだね

284: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:00:27 ID:YPiLNlp+

吉田松陰って30手前で死んでるんだよな
1人の20代の若者が明治維新の源流になったとか凄すぎィ!

289: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:01:43 ID:4rJQxPmp

>>248
松陰は何となくキリスト教による西欧列強達の一枚岩の価値観に倣って
和製イエスに仕立て上げられてもうた感があると思う
弟子たちがややオーバーに逸話を話したり、それこそ神社で神格化しちゃったりと重なって見える
まあエエ先生ではあったんやろうけどな

160: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:33:31 ID:5fJby1CZ

新撰組はカッコいいかもしれないが明治維新が遅れたのこいつ等のせいだよな
寺田屋事件

184: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:36:59 ID:HsiS7dNk

組織としては畜生だったかもしれんが
圧倒的実戦組で占められた真っ直ぐな強さはかっこE

186: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:37:12 ID:BzL4Y2tU

鳥羽伏見の戦い以降、銃撃戦や砲撃戦になったのに
武士道もヘッタクレもないよな

190: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:38:02 ID:3o/HF9/h

>>186
西南戦争の頃まで以外と抜刀突撃ってのはそれなりの戦果を上げてたらしいぞ
抜刀隊なんかが有名

199: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:40:31 ID:mm8bO4Qo

>>190
ちなみに銃剣突撃は現代でも有効やで

206: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:41:43 ID:SH/Z57HW

>>199
この連発銃の時代にか
最後に銃剣突撃があったのはいつやねん

219: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:44:23 ID:mm8bO4Qo

>>206
去年くらいだったような
イギリス軍が今世紀に入っても良くやってる。

スポンサードリンク
231: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:46:59 ID:dWZtiFQH
>>219
何故か全裸に蝶ネクタイのみで銃剣突撃する英国紳士を脳内で瞬時に想像した

205: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:41:41 ID:raOEtKcC

銃って言うほど当たらんからな
とは言っても馬鹿みたいに突撃しまくってた昭和陸軍は評価したくないけど

232: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:47:13 ID:TC0/lxvP

新撰組って本来武士じゃない寄せ集めだから「刀」に異様に執着したんだろうね
持てなかった時のコンプレックスから、いざ持っていいようになった時にウッキウキ

で、本物の武士身分だった芹沢とかが乱行してるの見て
「こんなのぼくのかんがえるさむらいじゃない!」って殺しちゃった

242: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:49:32 ID:41IMYl7L

>>232
世界のいろんなところで見る光景やね

247: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:50:57 ID:SH/Z57HW

別に新撰組は刀オンリーではないよ
鳥羽伏見でも「鉄砲につかまって体をひきあげた」という記述があって
少数かもしれんが鉄砲を持っていた

251: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:52:32 ID:VVKktaoz

>>247
そもそも大砲も持ってたやろ
伊東側の阿部十郎が大砲係やってたような

254: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:53:46 ID:H36RMfcv

>>251
芹沢が街で大砲ぶっ放して暴れたなんてエピソードもあるしな

253: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:53:36 ID:3o/HF9/h

新撰組で一番剣が強いのは誰だろうか?

258: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:54:31 ID:VVKktaoz

>>253
生き残りは大体「一に沖田、二に永倉、三に斎藤」て感じのこと言うとるな

275: 風吹けば名無し 2013/05/22 00:58:08 ID:Y+XUjdGs

>>253
ゲームだと服部武雄と沖田と斉藤が大抵強い

292: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:02:51 ID:Zt1PsnTM

294: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:03:58 ID:3o/HF9/h

>>292
堺雅人は壬生義士伝の沖田役もハマってたなぁ

327: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:14:17 ID:H36RMfcv

>>292
最後まで笑顔なのがすごE
何度見ても名シーンだわ

303: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:05:20 ID:nDIbw/Qj

斎藤一っていかりや長介に似てね?
no title

スポンサードリンク
305: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:05:54 ID:EBA0zEak
>>303
これ帽子かぶってんの?
それともヅラ?

308: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:06:53 ID:SH/Z57HW

>>303
これはスタートレックだろ

315: 風吹けば名無し 2013/05/22 01:09:51 ID:/rrB1gkF1

まさかこいつらも数百年後に美少女化されたり腐女子達に持て囃されてるとは思わんかったやろなあ

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1369148258/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史(2ch) 雑談(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (18件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 12:31:21

    そもそも新撰組の字が違う。
    そして百姓上がりというが、天領多摩の百姓はその辺の武士よりよほど鍛えていた。
    他国と違って一旦事あれば金扇の馬前にて子ぬことも辞さず、という文化があった。
    そして規律がきついだの粛正怖いだの抜かすが、それまで二百年間、責任も何もないその日暮らしの自由人だった牢人者集めて軍にするんだから、ルールを守れない奴から排除していくしかないだろう。

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 12:40:57

    誠の旗印がセンスよすぎる
    でも、時代の流れを読むセンスはなかった

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 12:45:30

    コイツらが好きという輩達の考えが分からんな?

  4. 名前:̵̾������@ʢ������ 投稿日:2013/08/08(木) 13:28:05

    どかた?(すっとぼけ)

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 13:35:44

    小説や漫画や映画とかの影響だろうな
    歴史年表だけを見ていて好きになったとかいう奴は見た時無い

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 13:45:19

    新撰組は時代の流れを見抜けなかった幕府の犬。

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 13:46:50

    こういう批判の仕方してる奴らは全ての物事を批判して生きてそう

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 14:58:12

    時代の徒花・・嫌いじゃない

  9. 名前:匿名 投稿日:2013/08/08(木) 15:29:47

    土方みると荒木飛呂彦思い出す

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/08(木) 15:48:54

    やる夫シリーズで新撰組を書いてる人がいるんだが、
    芹沢鴨編はなかなか。
    近藤も土方も、考えてみれば初めは組織運営なんてスキル持ってないんだよな。
    芹沢は名家の生まれで天狗党も経験している。
    京に行った当初は有象無象の剣豪やごろつきが溢れていて壬生浪なんてその他大勢の一勢力でしかない、
    だから芹沢は「悪名も無名に勝る」と無茶苦茶なことをやって名を上げた。
    商家への金品強要だって、他に収入ないもの。
    当然後見の会津藩から近藤達に「なんとかしろ!さもないと全員粛正か、多摩に帰れ!」と言われ、
    やっとこさ芹沢粛正に傾くんだけど、芹沢を殺したところで収入が増えるわけでもなく商家にたかるしかなく、攘夷派やごろつきに舐められないようにするには、やっぱり斬って斬ってきりまくるという芹沢路線を継承するしかないという。
    芹沢の凶悪さ、カリスマが局中法度になっただけ。
    だから京都は今でも新撰組を本当にぐう畜としか思ってない。

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/01/12(月) 00:21:09

    十番隊隊長、原田佐之介は殺人狂。長州の間者楠小十郎を斬り殺した後“ああ、気持ちがいい”と発言して土方歳三に叱られる様子が資料に残っています。

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/01/12(月) 00:41:53

    藤堂平助、沖田総司は無邪気さと残忍さを合わせ持つ危険人物。沖田総司と土方歳三の口癖は“斬る”沖田総司は顔は笑っているけど目が笑ってない、何を考えているのか分からない要注意人物。原田佐之介、藤堂平助、永倉新八の三馬鹿は本物の馬鹿なので嫌い!いつも3人でおかずの取り合いをしていたので、食事の時は五月蝿いだろう。周りはどれだけ迷惑だったか想像がつく。原田と永倉は酒癖がすこぶる悪い!沖田、原田、永倉あたりは自分の欲望を満たすためには人の意見なんて聞きかない自己中心的な人物。

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/07/14(火) 17:42:36

    京都では、新撰組は女にモテるって理由で
    入隊してくるチャラい浪人が数々いたとか
    んで、永倉沖田が稽古つけてやって
    粗方追い返したなんて話がある
    京都でも新撰組は人気者だったが、新撰組は京都で嫌われてたとか言う人は
    だいたい薩摩長州の育ち

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/07/16(木) 11:24:02

    新撰組は治安維持が任務で攘夷派は治安悪化の一因。
    実際、攘夷派の長州藩士が京都で大火事を起こし、その混乱に乗じて天皇を誘拐しようと計画してたし、そら新撰組じゃなくても血眼になって悪即斬するわ

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/07/26(日) 16:13:26

    中には大火事起とか過激な行為で目的を果たそうとする危険な連中もいた。
    でもそういう奴らをぬっころし治安悪化を防いだ功績程度で、他の殺戮行為が赦されるワケではない。
    ただアホ特有のピュアさがあったのは事実だろうし、そこが腐女子とかの琴線に触れるんやろねえ

  16. 名前:匿名 投稿日:2015/12/26(土) 18:36:44

    「勝てば官軍」の一番の犠牲者が新撰組と会津藩だと思う
    新撰組は警察組織だから思想なんて基本的に無い。逆に警察が思想で動いたら大問題だ。
    当時の尊王攘夷派は京都の町に火を放って天皇を拉致するとかとんでもないことを平気で考えていた
    テロリスト集団だ。外国公使を暗殺したりもしていた。新撰組はそいつらと真正面に立って戦った。

    あまり話題に登らないがぜんざい屋事件、 三条制札事件など大事件に発展しかねない案件も
    その武力で割りと強引に解決している。細かい事件は枚挙に暇がない。
    新撰組が余りに活躍し過ぎたために主に長州藩から反感を買い新撰組の元請けである会津藩はもう降伏してるにも関わらず城を燃やされたりした。
    ただし明治政府もさすがにこれはやり過ぎたと感じ、割と早い段階で会津若松城は復元している。

    新撰組は京都の治安維持のために戦っただけのこと。
    それを思想と結びつけるのはナンセンス。

  17. 名前:匿名 投稿日:2016/01/14(木) 00:10:26

    ↑のコメのように
    長州藩が新撰組に対する恨みで会津藩を攻撃したみたいなことを言う奴がいるが
    ほとんど小説家の妄想やぞ
    つーか、それぐらいの個人的動機じゃ長州以外の官軍が納得せんわ
    実際は降伏勧告を出してたけど黙殺されて、北関東の反政府勢力を援助してたから討伐したのが正解
    江戸開城前は三条実美が最低でも松平容保の首を要求してたが、それじゃ会津藩も降伏せんだろってことで、西郷と勝の会談で「会津藩と庄内藩は謝罪して降伏すれば寛大処置。抵抗すれば討伐」に決定した。三条の意見はポイー。
    なお会津藩は前述のように黙殺して、バレバレの工作(宇都宮城の戦い)まで行い、官軍の怒りを買った模様
    ついでに言うと長州藩は会津戦争にはほとんど関わってない
    会津攻略は、ほぼ薩摩藩と土佐藩が中心で、長州藩の主力は長岡藩のガトリング家老相手に大苦戦。ようやく長岡潰して会津入りしたら一週間ほどで会津降伏。
    降伏後に会津藩を苛めたみたいなこと書いてる小説もあるが、実際は榎本を追ってすぐさま北上して敗戦処理は福井藩に丸投げよ

    新選組が批判されるのはしょうがないやろなあ
    治安維持のために共産党辺りを摘発してた特高警察も戦後は悪党扱いやし

  18. 名前:匿名 投稿日:2016/09/15(木) 09:37:11

    いやいや新撰組クズだよ
    お梅について調べてみなよ

スポンサードリンク