アルジャーノンに花束をとかいう小説wwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:08:11 ID:viNlNVXli

くっそ感動した


画像1
3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:08:43 ID:xSE46rcI0

読んでない俺にkwsk

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:09:24 ID:hvhteJUi0

>>3
池沼が天才になって池沼になる話

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:10:12 ID:viNlNVXli

>>3
池沼が手術で天才になるけど結局池沼に戻る事に気づいて頑張る話

スポンサードリンク
25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:13:11 ID:1J3jycu90
>>3
低能が手術で天才に

低能のほうが幸せだった

ともに手術を受けたネズミ「アルジャーノン」死亡、本人も元の低能に

うらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやってください

11: 謎の円盤VIP ◆SFhoeXjZrCIA 2013/12/09 21:10:42 ID:s3W+Rduh0

出だしは正直読むのが苦痛だったが後々意味が解ってくると……

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:10:50 ID:4Prak2xs0

読書苦手な俺でも読める?

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:12:28 ID:viNlNVXli

>>12
大丈夫だと思うよ
ただ最初の文章は主人公の幼児レベルの知能を表す為にクッソ読みにくいからそこだけ注意

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:11:15 ID:FgsJe5fZ0

ぶっちゃけあれ翻訳家の功績が大きいよな

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:12:33 ID:hvhteJUi0

>>15
原本もすごい面白いぞ

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:11:20 ID:viNlNVXli

そのあとレナードの朝も観たけどこれまた感動したわ

アルジャーノンのドラマはなんか結末とかマイルドになってるとかで見るか迷ってる

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:12:39 ID:HqsF66K10

いじめてた奴らが最後主人公かばってるとこでクソ涙でた

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:13:51 ID:cWmSOeKW0

平仮名だらけでクッソ読みにくかった覚えがある

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:14:13 ID:FhVXpeum0

句読点。はお、もしろ、い!

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:16:24 ID:aY2wB5M40

>>32うわ懐かしい

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:16:13 ID:u2Q07zg20

前から興味はあるけど鬱な気分になりそうで読めてない

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:17:55 ID:viNlNVXli

>>38
単なるバットエンドでもないと思うぞ

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:18:49 ID:hvhteJUi0

>>38
全然鬱系じゃないぞ

スポンサードリンク
48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:18:04 ID:vDUOtIZA0
段々と自分の知能が低下していくのを実感しつつ、現状維持しようと足掻こうとするところが心苦しかった

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:18:49 ID:fkQCMrf50

デニーロの「レナードの朝」と内容が
似てる

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:19:47 ID:viNlNVXli

>>50
父にそれ言われて観たけど結構似てたわ

最後のほうのダンスするシーンで泣いた

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:21:04 ID:Zg/KGl2HP

要するにバカの方が幸せってことでいいんだよな?

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:22:02 ID:viNlNVXli

>>59
天才の時も学ぶ楽しみとか恋だって知れたんだし不幸ではないと思うのよ

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:28:01 ID:Zg/KGl2HP

>>63
まあそうなんだが、天才の時は学ぶにしても恋にしても、何かしら行動をしてないと楽しめてないわけで
バカだと何をするでもなく、ただ生きてるだけで楽しいんだからやはりバカが最強だと思う

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:29:56 ID:viNlNVXli

>>90
まぁ余計な気兼ねなく生きていられたのは確かに白痴の時だったね

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:13:20 ID:FhVXpeum0

もし僕のことをきらいになても、みんなのことはきらいにならないでください

あと、アルジャーノンのおはかに花束をそえてあげてくださ

こんな感じだった気がする最後

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:18:37 ID:5WGog9r00

>>26
いい終わり方っぽいが前田敦子とキンタローがかぶってくるな

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:21:15 ID:viNlNVXli

ついしん。どーかついでがあったらうらにわのアルジャーノンのおはかに花束をそなえてやてください。

だったわ

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:24:16 ID:Zg/KGl2HP

>>60
そっちよりこっちの方が心に残った

ついしん。どおかニーマーきょーじゅにつたいてくださいひとがわらたり友だちがなくてもきげんをわりくしないでください。ひとにわらわせておけば友だちをつくるのわかんたんです。ぼくわこれから行くところで友だちをいっぱいつくるつもりです。

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:25:47 ID:viNlNVXli

>>73
俺はやっぱ崩れてく過程が1番来たなぁ…
つーかフェイが冷たくなったのが個人的には悲しかった

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:21:25 ID:fdycapXl0

物語の筋だけじゃなくて文そのものに仕掛けがあって楽しかった

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:22:21 ID:Gr1eGVN50

あれは翻訳を評価したほうがいいよ
最高の翻訳だろ

スポンサードリンク
68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:23:11 ID:viNlNVXli
>>65
本当あれはすごいと思うわ
原書を読んだことないけども

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:23:23 ID:WORE0QdKi

あれよく翻訳できたよなほんと

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:26:24 ID:h6O8oIhj0

ブックオフに105円で売ってた時は泣いた

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:26:35 ID:grkiqDVKO

心に突き刺さる優れた作品だけど、好きじゃないな
悲しいから

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:27:14 ID:Gr1eGVN50

性に目覚めるところとかが切ないんだよな

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:29:21 ID:FgsJe5fZ0

主人公の変化より、周りの変化のほうが重要なんじゃない?
冒頭のあの文からして

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:33:32 ID:lwbcHviw0

>>93
最初パン屋でいじめた奴が最後庇ってくれるんだよな
周りから見たら白痴→天才→白痴とか気の毒すぎるもんな

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:36:26 ID:iB6lb6OrO

自分が池沼ってた事実を認識することになる上に
いずれまたその池沼に戻るのだと自分で知るって

前世で何をしたらここまで惨いことになるんだってレベル

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:40:28 ID:FlEhuPY20

スイーツが得意気に挙げる2大小説がアルジャーノンと塩狩峠な

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:42:41 ID:2trdubQzi

著者が前書きに「思いやりの無い知性は意味がない」とか書いてたな
普段生活してるだけでも、何気ない場面でその言葉がふと心に浮かび上がる事があるよ

116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:48:32 ID:MPTPG7eK0

ドラマでユースケが黒板いっぱいに延々計算式展開してくけど
結局知能低下が止められないって結論に達するシーンだけ何故か覚えてる

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 21:57:36 ID:cjoZAPJh0

小説とか滅多に読まないけどアルジャーノンに花束をは感動した
冒頭の読みにくさを乗り越えれば後はサクサク読める

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 22:33:54 ID:CcpGiC2l0

ドラマも原作も翻訳も本当に感動出来る名作でした

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386590891/
アルジャーノンに花束をとかいう小説wwwww

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 小説・書籍(2ch) 泣ける(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (42件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 14:12:08

    池沼でもやさしいやつはやさしい
    大長編ドラえもんが好きなやつは好きだと思う

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 14:26:40

    ボルジャーノンなら知ってる
    機会人形だろ

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 14:41:25

    アルジャーノンと塩狩峠実際に読んで語れるならもはやスイーツ(ryじゃねーだろwww

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 15:03:46

    こういうスレでいきなりネタバレする25みたいなやつなんなの

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 15:19:47

    悲しき天才怪獣ノーマン

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 15:54:57

    マジレスするとスイーツは小説なんか読まない

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 15:59:03

    いまだに読まれてるんだな。早川がずっと文庫本化せずにハードカバーしかなかったから小遣いはたいて買ったなあ。もう書店でハヤカワ文庫も見かけなくなったな・・・

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 16:04:14

    なお映画版は(ry
    あれ知ってるからユースケ版は神アレンジにすら見えるわ
    でもマッマのお迎えは要らなかった

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 16:25:03

    >>106はねえわ。スイーツが塩狩峠読んでるはずないじゃんwまあ塩狩峠の内容はキリスト教至上主義のくそスイーツだけどwww

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 16:39:51

    たいていの日本人には感情移入できない描写が多々ある
    ホラーで例えると「庭に現れた幽霊の目がその時ピカッと光ったんだ」
    と本気で話すアメリカ人の話を聞いている感じ
    読んでいるうちにアメリカのバカを感動させる為に書いてるんだなぁ
    とわかってどんどん冷める
    これに感情移入できる人は何読んでも面白いんだと思う 伊坂幸太郎とかw

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 16:53:16

    そりゃアメリカの小説ならアメリカ人の感性でアメリカ人が喜びそうなことを書くのは当たり前だろ。翻訳作品はその日本人にはない感性が日本語で表現されること、つまり「越境行為」を楽しむものってことは周知の事実でしょ。伊坂幸太郎を楽しむ人を馬鹿にする前に自分の無知というか保守性を恥じたらw

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 17:32:11

    >>11
    無限の知識と移り行く時代の最先端にいるあなたにしか言えない発言 しびれます!w

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 18:03:10

    どうしてこめらんがあれているんですか?

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 20:36:42

    >>12 よしよしw知らなかったんだねーwもっと勉強しましょうねーwww知らないことを知らないって素直に言えずにむきになっちゃうのが子供っぽくていいねwwww

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 21:13:17

    何か後味は悪かったけどな もう何年も前に読んで内容イマイチ憶えてないけど
    自尊心をぶち壊される主人公が気の毒だったわ 恋人できたはずだけどキニアン先生?かな?
    二回読みたい本ではないわ 感動しなかった 主人公がただただ可哀そうだった

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/22(日) 21:49:11

    チャーリー・ゴードンだっけ?

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/23(月) 04:08:48

    15
    読んで変わるのは主人公の本質じゃなくて読者の主人公への理解。

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/23(月) 04:09:19

    主人公は不幸とはかぎらないよ。

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/23(月) 23:16:45

    かゆ
    うま

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/12/27(金) 21:16:36

    ちなみに作者のダニエル・キイスは短編SF小説を得意とする作家でな。
    「アルジャーノンに花束を」も元々は中編の作品として発表され
    それが人気出たんで様々なエピソードが追加された長編が作られたんだ。
    俺は個人的には中編版の方がすっきりとまとまってて好きだね。
    確か同作者の短編集の中の一編として日本語訳もされてたはずだから
    興味がある人は探してみてはいかがかな?
    他の短編作品も毛色は違うがなかなか面白かった記憶あるし、損はしないんじゃないかな。

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/14(火) 19:56:31

    氷室京介がこれ読んで感動して、ソロアルバムをまんまのタイトルにしてた
    もちろんタイトル曲もある

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/22(水) 21:41:14

    パン屋のキイスが出ていたので、ボルジャーノンは間違いなくアルジャーノンからだな
    と思った20世紀の終わり。

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/02/10(月) 21:01:31

    他人に対して思いやりをもつ能力がなければそんな知能など空しいものです。人間のこの特性を欠いているひとびとは、残忍な嘲笑と空威張りの仮面のかげに隠れるものです。
    この序文の一部に全てが込められてるな

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/27(日) 23:36:11

    ヤバイ。。。
    めっちゃ、泣いてもたーーー

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/28(月) 10:15:37

    ようつべのマシュー・モディン主演のやつは結構よかった
    幼少期にロボトミーを受けてその後の人生を綴った「僕の脳を返して」も読むと
    当時の米社会での知障者への対応も伺えておもしろかったよ

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/31(木) 00:33:37

    何度でも読んで楽しめるすごい作品
    その人のステージによって感動するところが違うのも面白いね

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/31(木) 00:34:57

    >>11
    そんなわけないじゃん
    文学作品として普通に面白い

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/08(月) 02:34:02

    今読み終わった
    中盤までは普通だったけど終盤が凄い良かった

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/09(火) 00:44:00

    これは読んでなきゃいけないとか感動しなきゃとかいう作品が多い中で本気で心震えた作品の一つがこの「アルジャーノンに花束を」だな

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/15(月) 23:49:35

    感動したとか鬱じゃないとかよく聞くけど、自分はめちゃくちゃ辛かったよこれ…表紙とタイトルががさわやかで綺麗でそのイメージだけど、辛いわ

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/15(月) 23:52:47

    米15そう、主人公がただただかわいそうだったわ…まわりのやつらが主人公に求めすぎ感があって怖かった

  32. 名前:IQ値向上手術成功第一号 投稿日:2014/09/16(火) 18:21:52

    ダニエルキースもオレのつけてた『日記』でぼろ儲けねー…もう、くたばったらしいが地獄行きだねー…当時の国語教師は『北原 千鶴子』といったかな?

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/08(水) 22:15:41

    韓国人に読ませたいけど、どう考えても韓国語への翻訳不可能・・・
    一応、日本のドラマのパクリはあるらしいが、かなりひどいリメイクになっている様子
    やっぱあいつらにこの話は理解不可能か・・・

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/21(火) 12:54:39

    おれは感動小説とは感じなかったな。
    どっちかというとホラーとかサスペンス系かと思った。
    映画でいうとヒッチコックとかのサスペンス。
    主人公が書く経過報告は、最後バイオハザードの「かゆうま…」の日記になってしまうし、先に手術されたネズミは錯乱して死亡。書いてないけど後から手術した主人公も最後は…。でしょ。やっぱ怖いって…。

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/12/22(月) 00:22:16

    小学生のころに見たドラマでユースケが絶望して壁にメロンパン投げるシーンがあるのをここ五年ほど探してた、これだったのね。ビデオ借りに行こうかな。

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/06(金) 01:09:29

    ※33
    この本を読んだ人間の口からそういう差別的な発言が出るのはただただ悲しいわ
    お前はこの本から何を感じたんだよ・・・

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/13(金) 23:02:33

    >>20
    これホント嫌い
    勿論作中で許されてるのは重々分かってるし、主人公もそれを受け入れてるのも分かってる
    けど俺はやっぱ無理だ
    琴浦さんとか言うアニメのあいつも同じで本当に虫唾が走る

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/14(土) 00:03:39

    こういう子どもを持つ親も楽しめる話?
    よく夢で見るよそういう姿。
    で、夢から覚めてそんなわけないよなって哀しくなって
    でもしばらくたつと今のままでいいやとも思うんだわ。

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/05/27(水) 23:36:25

    ダニエルキースの小説は好きだったけど、アルジャーノンで大嫌いになった。知能が低いままで幸せで高くなったせいで不幸みたいな逆差別感。そういう全てのアメリカチックな考え方が怖気立つ。
    本人は傑作だと思っているそうなので、きっとダニエルとは根本的に合わないなと思いました。

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/06/04(土) 16:13:27

    知能が低かった→障害者は人ではないように差別をされていたことへのアンチなのだから、
    障害者の扱いが最低だった時代背景を考えるとどう考えても当時のアメリカの考え方ではない

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/06/27(月) 20:53:27

    読まないよりは読んで論じるべき
    ただチャーリーと同じような症状を持つ子の親にオススメするのは難しいなあ
    無知の恥か無知の幸せか…
    それにチャーリーがアルジャーノンと同じ末路を辿るのだとすると…何も言えくなる
    上で言われてるような差別云々の話ではないと思うよ。それは物語の「環境」であって主題じゃない。
    チャーリーの悩みも問題も誰もがもちえるものだった。健常者だって老化があるしね。
    とにかくチャーリーが純粋でそれが心を抉ってくる。

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/08/16(火) 23:24:16

    >>73が書いている「ひとにわらわせておけば友だちをつくるのわかんたんです。」は自分の意思を持ってやればそうかもしれない(自我に目覚めた中盤~終盤のチャーリィなら可能)けれど、「意図せず他人の笑いものになっている」序盤のチャーリィの状況は友達という相互関係と言えるのかと、ずっと引っかかっている。
    当人に自覚が無いから、当人にすれば友達だろうけど周りはそう思っていない。それは幸せなのか?
    誰とも理解し合えない孤高の天才も不幸せだろうし、この作品が言いたいのって、周囲の連中と同程度が一番ってことなんじゃないだろうか。

スポンサードリンク