日本刀とかいう謎のテクノロジーwwwwwwwwwwwwwwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:22:52.98 ID:npLTopWM0

本当に日本刀って凄いの?

画像1


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:23:17.16 ID:Wxm+eQ2ui

かっこよくはある

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:25:27.84 ID:DAsvt/oT0

アメリカの元軍人かなんかが昔の武器検証する動画見てみそ
他の刀剣と比べて一線を画してる

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:37:47.85 ID:tkr8dLAj0

スポンサードリンク
7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:25:50.33 ID:wCwG/1Lg0
テレビで銃弾真っ二つにしてるの見て日本刀すげーって思ってたのに
バターナイフでも同じ結果になると知った時のがっかり感

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:39:29.85 ID:fF1Ywgje0

>>7
あれは銃弾が真っ二つになるくらいの速さを出せる銃が凄いんだと思う

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:40.57 ID:bz7RQ8CZ0

>>7
バターナイフはマシンガンの弾斬れるのか

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:46:38.58 ID:vRLnPKrQ0

>>67
むしろ薄い鉄の板なら適当なものでも、横から撃てば弾丸は切れるのでは

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:47:34.70 ID:bz7RQ8CZ0

>>86
やわなもんなら普通にへこむか吹っ飛ぶかするんじゃねえ?
ピストルとマシンガンだと全然違うでしょ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:25:54.06 ID:Oy4rqlHW0

関市で現役の刀匠から打ち方習ったけど素手で火の温度計ったり色々ヤバイ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:26:04.86 ID:aPzpdl780

あれ製造方法面倒過ぎんだろ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:28:17.06 ID:Oy4rqlHW0

>>9
砂鉄を選り分けするのに一ヶ月とかかかる

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:26:58.32 ID:INMI7Tgq0

最高の日本刀は鎌倉時代の物という現実
素材とか含めていろいろ失伝しているんだろうな

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:27:51.75 ID:kqwlix7a0

今のテクノロジーならあれを超えれるものは作れると思う

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:29:17.32 ID:rJIdQv8s0

玉鋼が作れないんだっけ?

なんか西洋じゃ昔のダマスカス鋼が作れないとか金属加工職人天才多すぎだろ

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:29:47.41 ID:D5mmQEc50

当時の技術は既にロステク化してるんだっけ?

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:30:28.53 ID:rIppKGIA0

46cm砲も再現できないんだしな
職人ってどういう頭の構造だったんだろうか

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:09:08.87 ID:TVm0dh6c0

日本刀はロストテクノロジーではない
ただ無数の人が毎日毎日作り続けてた頃と数えるほどの人が年数本作るだけの今じゃ
職人の練度も天才出現率も圧倒的に差があるというだけの話

スポンサードリンク
141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:10:20.94 ID:H8g9+y9E0
>>140
古刀はロストテクノロジーだよ

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:30:37.09 ID:AtG5azrH0

日本刀は解明されてるからさほど謎じゃない
謎のテクノロジーは未だに製法が分かってない上にやたら切れるダマスカス鋼

画像1

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:32:58.90 ID:Oy4rqlHW0

>>27
一応ギベオンていう隕鉄混ぜたなんちゃって素材ならある
10センチくらいの刃鍛えるのに材料費15万くらいかかる

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:37:59.79 ID:AtG5azrH0

>>36
そういう似たもの素材としてるんだろうなと現在のテクノロジーで予想はつくらしいが肝心の製法がな
ダマスカス鋼はカーボンナノチューブ構造を内包してるらしい
どうやったってんだ

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:31:25.60 ID:vRLnPKrQ0

ぶっちゃけ切れ味云々は他の刀剣に比べて比較的強さがある程度じゃない?
どちらかといえば工芸品
武器としてなら量産できるほうがいい

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:32:09.26 ID:dX9/49Yh0

だって首が切れるんだぜ?
しかもあれ試し切りが昔はされてたんだろ?
刀に2胴とか3胴とかなんとか書いてあってさあれはいくつの胴を同時に切れるかを示してるらしい

この前骨董品の売買の様子が取材されてて珍しい4胴の刀が有ったなwww

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:35:47.57 ID:DAsvt/oT0

>>35
あるな、画像が死罪人の死体で試し切りしてそれぞれの切れ味を記入した文献

画像1

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:33:14.02 ID:bz7RQ8CZ0

実用性の問題じゃねえんだよ
切れ味が凄いかどうかだ

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:34:58.36 ID:11IEMXF/0

>>37
めっちゃ凄いよ
人間の胴なら血が出る前に振り抜ける

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:34:39.95 ID:DAsvt/oT0

信長の持ってた圧し切り長谷部

棚ごと小姓切ったと思いきや、棚の下に隠れた小姓ぶっ殺すため、棚の下に刀差し入れて、うんしょと力込めたら小姓が分断されたという切れ味

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:40:57.62 ID:KgoJ6Wv40

まあ海外のものと比べて優れてたんだろうな

茅元儀 『武備志』
日本の刀は剛利で中国のものはそれに及ばない。

メイラン 『日本』
日本刀のすぐれていることは十分一般に知れ渡っているので、私が特別に
それについて話すまでもないことであろう。

アビラ・ヒロン 『日本王国記』
繰り返して述べるが、彼らは非常に闘争的で、容易に鉄が切れるほど精錬された鋼鉄で作った残忍極まる鋭利な武器を使用する。

アーノルダス・モンタヌス 『日本誌』
戦いは日本人の頗る喜ぶ所なり。彼等の武器は鉄砲弓矢の外に刀あり。
刀は非常に能く鍛えられあればヨーロッパ流の刀身などは容易にこれにて切断せらるべし。

ゴロヴニン 『日本幽囚記』
鋼製品はどうかといふと、日本の大小刀は、おそらくダマスク製を除いて、
世界中のあらゆる同種の製品を凌駕している。
それは極端な試練に堪へる頑丈なものである。

チェンバレン 『日本事物誌』
日本刀は、その名も高いダマスコ剣やトレドで鍛えた剣をも凌駕する。
刃を傷つけずに銅貨の山を一刀両断することは決して難しい離れ業ではなかった。

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:45:07.19 ID:DAsvt/oT0

足軽戦法が一般化した応仁の乱以降は長槍が主力になったからなぁ

実際刀がどんだけ切れ味凄くても、力量同じなら長槍には勝てないから

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:38:05.34 ID:rIppKGIA0

反りって飾りなの?あった方がいいの?

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:41:10.96 ID:DAsvt/oT0

>>55
何か元々は馬上から斬りつけやすくするために反ったらしい
あと力学的言うと、重心の位置が高くなってモーメントが増すので、切っ先に高い威力が集中するんだと
あと普通に振り下ろしても引いて切ることができるとかな

スポンサードリンク
81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:46:13.03 ID:KgoJ6Wv40
反りが合ったほうが衝撃力が強く鈍器としても役に立つ

『武功雑記』
・刀のそりよきころなるはあたりつよし、高麗陣に加藤肥後守、軍兵どもの
てきをきりあぐみたる時、肥後守いさましめて、馬上にて幾人きりたをし候や、
かぞへみよと申さるに、刀の直なるにてはあたりよはくて敵たをれず、
そりたるにてはきれずといへどもたをれぬはなし

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:47:27.61 ID:KgoJ6Wv40

>>77
用途が違う武器を比べてどうするのとしか
長槍が駆逐したのは同じ長柄武器で徒歩武者が使っていた薙刀であって刀ではないし
足軽は相変わらず刀を帯び続けている

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:50:16.56 ID:DAsvt/oT0

>>90
現在の居合いの達人の人、マジすごいけど、江戸時代以前はあんなのゴロゴロいたのかな

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:52:35.96 ID:vRLnPKrQ0

>>99
昔なんて今ほど娯楽なかったし、仕事しなくても年貢で食ってた時代の侍は尋常じゃなかったはずだぞ

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:54:27.89 ID:KgoJ6Wv40

>>105
刀狩り以前は帯刀していたのは侍だけではないし戦国だけあって凄まじく殺伐とした国民性だった

フロイス『日本史』
・日本では、今日までの習慣として、農民を初めとしてすべての者が、
ある年齢に達すると、大刀(エスパーダ)と小刀(アガダ)を帯びることになっており、
彼らはこれを刀と脇差と呼んでいる。彼らは、不断の果てしない戦争と反乱の
中に生きる者のように、種々の武器を所有することを、すこぶる重んじている。

ヴァリニャーノ 『東インド巡察記』
・世界中のあらゆる人種の中で、日本人は最も好戦的で戦争に没頭している。そのため、
若者であれ老人であれ、あるいはどのような地位の金持ちであれ貧乏人であれ、
十五歳をすぎると誰もが年がら年中、刀と脇差を帯にはさんで携行している。

・日本人は、人を殺すことを、動物を殺すことよりも重大には考えていない。
そのため取るに足りない理由からだけではなく、自分の刀の切れ味を試すためであれば
人を殺してしまうのである。各自は自分の屋敷でも人を殺すことがあり得るし、戦争が
実に絶え間ないので、大部分の人々が刀で命を奪われているものと思われる。

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:58:00.67 ID:9sWoxxRt0

>>112
銃刀法がなくなるとこの時代が再現されちまうのかな・・・
銃社会のアメリカよりやべぇ

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:52:32.80 ID:V9rfPKMm0

日本刀すごすぎてワロタ

http://www.youtube.com/watch?v=Af736wK5Tys

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 22:52:54.27 ID:H8g9+y9E0

今の日本では「日本刀」というのは
「玉鋼から作る」ことが法律で決まっている。
刀匠は「研究目的」で「美術品」しか作れない。

日本刀みたいな形をした、違う材質の刀は
「日本刀」とは看做せないため、銃刀法違反になるという悲しさ。

最新のテクノロジーを使って超日本刀を作ろうとすると
関係各処の許可がないと作れないらしいぞ。

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:02:39.54 ID:VeKVQqfa0

ようつべで見たら意外なほどぐわんぐわんしなってた
漫画で硬そうなイメージがあったけど実物はみょんみょんしてたわ

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:05:08.87 ID:Oy4rqlHW0

>>132
最初に物凄い高温で加熱するとよくしなるようになって加工しやすくなるらしい
ただ温度をあげすぎると結晶が粗大化して刃物として使えなくなるって書いてある

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:08:41.56 ID:H8g9+y9E0

>>137
そういうとこでもノウハウが多すぎて機械化が難しいんだろうな

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:11:48.67 ID:Oy4rqlHW0

>>139
一番ヤバイのが焼鈍しという工程があって型の整った鉄を灰にぶちこんで監視しながら一時間に20℃ずつのペースで特定温度まで熱冷ましするキチガイじみた工程がある
この工程次第で素材の組織が安定して切れ味が決まるといっても過言では無いらしい

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:14:09.07 ID:H8g9+y9E0

>>142
それってどのくらいの時間をかける工程なの?

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:17:09.35 ID:Oy4rqlHW0

>>147
作るものによるけど俺がやったときは10時間くらい飯食ったりしながら番をしてた
時短のために加熱で予め温度下げておく方法もある

スポンサードリンク
156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/25(金) 23:21:57.84 ID:H8g9+y9E0
>>150
10時間か~。当然気温を気にするから大変だろうな。
そういえば、気温の変化が少ない季節にしか作れないって聞いたような気がする。

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1382707372/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 教養雑学(2ch) 軍事(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (8件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/26(土) 07:05:27

    ダカラ?

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/26(土) 08:50:11

    カタナ!

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/27(日) 12:56:15

    アレは日本に良質の鉄鉱石が無いから無理やり編み出した技術だからね
    もし沢山鉄材作れたら鎧が金属化して刀は鎧兵士を殴り倒す鈍器になってただろう

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/27(日) 16:17:33

    一口に日本刀といっても定義の問題に行き着く

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/11/01(金) 12:24:46

    >古刀はロストテクノロジーだよ
    古刀を再現した人なら居た。故・小林康宏氏。
    ただし製法は当時そのままじゃなく現代科学のデータを駆使したものだけど。
    当時の製法そのままだと、中世タタラで古鉄を作る所からせにゃならんので
    中世タタラだけで鉄を産出していた当時と比べて採算が合わず、コストが莫大な
    ものになるので、こればっかりは仕方が無い。
    で、製法が従来の日本刀業界から軽視されていた「丸鍛え」「一枚鍛え」なので、
    業界から白眼視される一方、実際に刀を使う武道家からは絶賛された。

  6. 名前:蘇鉄 投稿日:2013/11/08(金) 14:03:20

    >>55: 反りって飾りなの?あった方がいいの?
    火入れしたり急冷したりしながら、片刃で鍛えあげると刀身がそるんだ。

  7. 名前:iphone ケース 投稿日:2013/11/21(木) 15:54:54

    】口座開設無料。キャンペーン実施中!ぜひとも応援の程よろしくお願いいたします。今の形になって良かったなと思います。ファジャにストレート勝ちした錦織圭 Photo By 共同 テニスの男子国別対抗戦、デ杯ワールドグループ(WG)入れ替え戦、日本—コロンビア第1日は13日、柧?(第2日に向け)肉体的にも精神的にも引きずってはいけない。一方、一弥は優奈(吉倉あおい?9%、第5話は7?年齢は投票日現在の満年齢。名鑑の見方改選数の横の数字は立候補者数。

  8. 名前:hollister france 投稿日:2013/11/29(金) 03:24:56

    And while the United States has managed to maintain slow, which oversees $35 billion. and at evening’s end both contestants will get two minutes for a closing statement. This will make the study and rehearsal sessions,the prime minister of a former ally dubbing it ‘a terrorist state’.Egypt’s president pulled off a power play and the Syrian nightmare deepened Iraqis struggled to build a new society in the wake of US withdrawal and (supposedly allied) Afghans killed a record number of US troops before they could reach the exits When the Arab Spring first began to take shape many observers hoped it would be just that – a rebirth But you can’t spin it now It’s bad and getting worse three:1)??? Since the Great Recession took hold.N) in addition to other drinks companies. and have gained 13 percent from the IPO price. too much has happened to apportion responsibility to individual contributions in particular years. benefit from tokens of appreciation. It will still be used, not only will they add several hundred billion dollars – statistically.

スポンサードリンク