司馬遼太郎の小説ンゴwwwwwwwww

1: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:38:38 ID:8947WlGp

世に棲む月日おもしろすぎんよ~

画像1


3: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:39:14 ID:HlQC53+D

自分は坂ノ上の雲

12: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:42:17 ID:DTynUH6v

日本人の歴史観は司馬遼太郎が作ったという風潮

一理ある

16: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:43:21 ID:ugOvy4I/

坂本龍馬という無名のパシリをAKB並の有名人にした手法

有能

スポンサードリンク
19: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:44:47 ID:+5hbH4bQ
>>16
それ嘘やで
明治時代から坂本龍馬は有名人だったんやで

21: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:45:44 ID:ugOvy4I/

>>19
それ暗殺されたからやろ

27: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:47:53 ID:ra04SyFg

>>21
どっちにしろ無名じゃないじゃん…

25: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:46:56 ID:XbmoPgPM

凄いはまれるけどクオリティが安定してるせいでかえって飽きる

30: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:49:04 ID:/4aVHt9b

新選組血風録とか、普通に新聞小説書いてた頃の作品の方が好き。

34: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:50:05 ID:99T2G+kg

酔って候がワイは好きやな

36: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:50:48 ID:MJzMTAve

面白そうな人はおおかた触っちゃったから後輩の小説家はやりにくいだろうな

37: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:51:12 ID:Ct/l4aW1

短編がどれも面白くてすごい
坂の上の雲とか龍馬とか長すぎて手だせんのじゃボケって人はとりあえず短編適当なの手にとるとええな

39: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:52:19 ID:KUBZo2e+

戦場脱糞ニキ大嫌いおじさん

43: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:53:42 ID:MJzMTAve

>>39
覇王の家だと割と好意的に描いてるよ

47: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:54:54 ID:rm2ciL9D

>>43
アレは大阪人司馬遼太郎の精一杯のツンデレやなあ

まあ覇王の家に限らんがm歴史館とすればもうかなり古い

41: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:52:48 ID:X1qua8VN

前に司馬スレ立てたら燃えよ剣っていつも言われてたから買ってみたら・・・

面白かった

55: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:56:25 ID:XbmoPgPM

龍馬の暗殺されるところとか義経の最後とかになると
書くモチベーションがなくなるところが残念
最後までちゃんとかけよと

57: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:56:45 ID:ACGRPbD1

余談ながらという自分語り
ハッセと雲泥の差

スポンサードリンク
59: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:57:09 ID:X1qua8VN
しかしあのサラサラフサフサ白髪には憧れる

63: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:58:02 ID:6FVGJEn9

一通り読み終わったら
街道をゆくシリーズ読むとええで
めっちゃ旅に出たくなる

69: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:59:00 ID:ibNtnqxX

>>63
案内者に有能な人が多いわ

62: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:57:33 ID:/4aVHt9b

司馬史観は大嘘(迫真)

とか小説の内容を真に受けて真顔で言っちゃうバカに死後も粘着され続けてる模様

70: 風吹けば名無し 2013/09/21 09:59:12 ID:+5hbH4bQ

せやな、ただの小説なのに
何であんなに必死に批判する奴いるんやろか

79: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:02:13 ID:0zGTsHF8

>>70
一物書きなのに丸山眞男と並べて語られたりする程の影響力とかおかC

86: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:05:50 ID:DTynUH6v

>>79
面白おかしく小説にしたら歴史資料になるって大変なことやで

109: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:15:43 ID:lWWp/nBG

司馬の書いた坂の上の雲読んだだけで陸軍批判するやつおるよな

77: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:01:12 ID:PEl4BYBF1

ファンとアンチが両方うるさいところがいかにも大物だよな
ファンは司馬しか読まないのにしたり顔で歴史(小説)語るし
アンチは、学識者のアンチだと嫉妬がやたら暑苦しい

83: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:04:31 ID:C4sHjQnC

面白き事もなき世を面白くってのが司馬の創作って知った時の絶望感

94: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:09:38 ID:C4sHjQnC

>>91
そうなの?でも下の句は司馬の創作なんだよな
世に住む日日は云々

89: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:07:56 ID:X1qua8VN

古本屋でこれでもかと100円で色々売られてるししばらくは楽しめる

90: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:08:08 ID:BviBQoY9

のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう

名文名文アンド名文

99: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:11:09 ID:gfo/Rqq3

司馬と吉川で日本の歴史小説の八割ぐらい語れる

スポンサードリンク
105: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:14:34 ID:C4sHjQnC
>>99
池波正太郎「せやろか」

100: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:11:13 ID:6FVGJEn9

美食家の池波正太郎と真逆で食にたいして全くの無頓着なのが面白い
街道をゆくで全国回ってもほぼカレーとラーメンくらいしか食わない
どの小説の中でも美味そうな食事シーンが全然無い

103: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:13:43 ID:L+CUa8fq

>>100
池波正太郎に「ファンです」って手紙送ったらしいで、司馬さん

101: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:12:43 ID:L+CUa8fq

司馬遼太郎の最大の汚点は、エッセイとかで散々書いた、自分が戦車兵時代の終戦間際、
千葉で参謀に「難民がここに逃げてきたらどうするんですか?」と聞いたら「踏みつぶしていけ」と言った

って話が完全創作だったってことだろうな。これは悪質過ぎる

110: 風吹けば名無し 2013/09/21 10:16:54 ID:ra04SyFg

>>101
完全創作なんてわからんだろ
言った言わないのまさしく水掛け論

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1379723918/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 小説・書籍(2ch) 歴史(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (12件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/25(水) 03:41:37

    国取物語かな

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/25(水) 06:22:04

    なんといっても項羽と劉邦ですよ
    あれのせいでワイが史学の道を進むようになってしもうた

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/25(水) 12:31:37

    「王城の護衛者」が泣ける。

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/27(金) 04:51:42

    司馬の本質はロマン派。悪口でなく作家はほぼ皆そう。
    後、日本中どこいってもかつ丼とラーメンの味はデフォルトで安定してると、
    とりあえずそれ注文。

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/28(土) 17:39:28

    何で「菜の花の沖」はあんまり話題にならんのやろ…
    ラストは司馬作品の中で一番感動したんだが。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/01(火) 15:59:06

    梟の城や風の武士、風神の門とか
    歴史ものより初期の伝奇ものの方が好き

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/08(火) 00:27:39

    高杉の辞世の句はある程度史実だね。
    「面白き 事も無き世を 面白く」
    ここまで高杉が書いて、下の句を野村望東尼という俳人が
    「すみなすものは心なりけり」
    と詠んで高杉が「面白いのう」と呟いて息を引き取ったとされていたが、
    実際にはこの歌は死の前年に高杉が詠んだ記録がある。
    ちなみに、ヘルシングの少佐の演説にある「三千世界の鴉を殺し」という
    言葉も高杉の詠んだ歌の一部である。

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/12/28(日) 02:45:01

    福田って朝鮮びいきだったんだな。ペンネームもアレだし読む気にならんわ。

  9. 名前:匿名 投稿日:2015/12/01(火) 21:20:20

    ↑ここまで来るとキチガイやな

  10. 名前:匿名 投稿日:2015/12/02(水) 11:47:24

    イやもうそういうのいいから

    朝鮮人嫌いでも仕方ネエだろ在日が死ねば韓国と友好できんのに死ね在日

  11. 名前:匿名 投稿日:2015/12/09(水) 09:21:13

    ↑朝鮮人レベルのキチガイ

  12. 名前:匿名 投稿日:2016/01/29(金) 03:06:19

    さすがに戦車兵時代を語るエッセイに嘘混ぜたらいかんぜよ
    部隊で味噌っかす扱いだったビン底メガネが
    三式の装甲にヤスリなんぞ当てたら無事ですまんぜよ

スポンサードリンク