サグラダ・ファミリアを設計した結果wwwwwww

サグラダ・ファミリアの工事がなぜ終わらないのか。

この原因は、金がなかったから

これに尽きます。

お金さえあれば、建設会社はどんな建物でも作れます。そして、工事にかかる費用も期間もバチっと約束できます。

というのも、1人の職人が1日に作業できる量というのは、だいたい決まっています。

なので、「1日何人が働いて」、「全体でどれくらいの量を仕上げるか」。それを工程ごとに計算していけば、延べ何日かかるよ、というのはある程度分かるわけですね。

あとは、人間と材料を投入していくだけです。

逆説的になりますが、サグラダ・ファミリアの建設工事がダラダラといつ終わるか分かんなくなっちゃったのは、金をうまく調達できなかったという事に他なりません。

スポンサードリンク

サグラダ・ファミリアの建設費www

Euro

お金は大事。当たり前ですね。
資材の調達、職人の賃金などなど、何は無くともまずはお金がないと始まりません。

建設当初から現在に至るまで、サグラダ・ファミリアの建設費は寄付と観光収入だけで賄われてきました。

サグラダ・ファミリアは「贖罪教会」であります。

贖罪協会というのは、人間の背負った現在を浄化するために建設されるもの。

したがって、浄財(=寄付)のみによって支払われなければ、そもそも贖罪にならない。建てる意味がないのです。

そういった事情から、チンタラ工事をしているというより、お金が許す範囲でしか工事を進められなかったといったほうが正確ですね。

じゃあ、完成までいくら必要なのかというと、公表されていないのでわかりません。

2009年の建設予算が23億円くらいのようです。ただ、観光客がたくさん訪れるようになって、資金が潤沢になったのは1990年代以降の話。

その辺から、だいたいなんとなくで適当に計算すると、総工費1500億円くらいな気がします。

1982年~1989年:信者60万人が毎年1,000円ずつ寄付して6億円×107年分
1990年~2026年:23億円×36年分
→642億+828億=1470億円というガバガバ計算。
でも、大林組によればピラミッドが5年1250億らしいので、だいたいそんなもんやろ。

スポンサードリンク

設計開始

では、建設過程について、年表式に見ていきましょう。

とりあえず、アントニ・ガウディが、サグラダ・ファミリアの設計士に就任するまでは前回の通り。

ガウディが就任した時点では、既に工事がスタートしていました。

2015-01-26-09-56-43

着工当初のようす

スポンサードリンク

1883年~

この年、正式に設計士に就任したガウディは、前任者の設計を破棄し、一から設計を始めました。

villar plan A

これを


gaudifigure13

このように

hist0302

青が元々の設計部分。赤がガウディが追加・変更した部分。

元々の設計と比べると、かなり複雑化・巨大化しているのが分かります。

この「最初」の全体計画は、ガウディ設計着手から2年後の1885年頃に一旦まとめられたものです。

余談ですが、この頃、ガウディは小学校教師の女性に恋をします。
しかし、職人気質で口下手、背も低く決してハンサムとは言えないガウディは、まったく相手にされず、恋ははかなく散りました。

スポンサードリンク

1886年~

こうした設計の練り直しと並行して、地下の工事は粛々と進められていきます。

2015-01-26-09-54-15

工事中の地下聖堂

着工してから6年で、地下聖堂が無事完成。

かなり順調に工事が進んでおり、この時点では、関係者たちは自分が生きているうちに完成しないなんて、夢にも思っていなかったはずです。

ガウディ自身、
大丈夫大丈夫。年間3万ペセタあれば、あと10年で完成するよ!!
などと呑気な事を言っていました。
当時、4ペセタが1円くらいの価値でした。さらに当時の1円が今の8000円くらい。
3万ペセタ10年分を今の価値に直すと、だいたい6億円くらい。たぶん。

なお、ガウディはこの時点までに使ったお金は70万ペセタ。この金銭感覚の無さと見通しの甘さ…。

なお、余談ですが、この頃、ガウディは2度目の恋に落ちます。
お相手は、教会にお祈りに来ていた女性。一目惚れでした。

思い切って告白したものの、相手は尼僧になることを決めており、結婚は出来ないとフラれてしまいました。

スポンサードリンク

1890年~

ガウディの方は、地下聖堂を終わらせ、「アプス」と呼ばれる部分の外壁の設計をまとめ上げ、工事に移っていきます。

平面図

ここがアプス(後陣)という部分

2006-12-02-10-36-54

アプスの工事風景

しかし、繰り返しになりますが、建築主である聖ヨセフ帰依者協会は、基本的にお金がありませんので、のんびり工事を進めていくしかありません。

しかし、そんなある日の昼下がり。

イサベルと名乗る匿名の女性から、なんと577,000ペセタという巨額の寄付の申し入れがありました。

「イザベル」の正体は、ガウディのパトロンであるグエイ伯の奥様でした。

ガウディはこの報せに狂喜乱舞し、張り切って全体計画の練り直しに入ります。これはすなわち、設計がますます壮大・複雑になっていくということです。

余談ですが、この頃、ガウディは3回目の恋に落ちます。
相手は人妻で、この恋もまた実ることはありませんでした。

この3回の失恋により、ガウディは女性恐怖症となり、生涯を独身で通すこととなります。

グッと親近感が湧きます。

1892年

サグラダ・ファミリアの建築主である聖ヨセフ帰依者協会の会長ボカベッラが他界。享年77歳。

これを受け、建設計画は実質的にガウディがリーダーとなって進められていくことになります。

この年、例の577,000ペセタが入金され、ガウディは即座に「生誕のファサード」の建設に取り掛かります。

ここでちょっと、サグラダ・ファミリアの建築概要について。

サグラダ・ファミリアには、3つのファサード(正面部分)があります。下の図の右・下・左の青く囲った部分が、それぞれこの建物の「顔」となっています。

平面図
この年に着手した「生誕のファサード」は、図面の右側の部分。

左側は、「受難のファサード」、下は「栄光のファサード」と名付けられています。

サグラダ・ファミリアの一般的なイメージと言えば、やはりこの「生誕のファサード」ではないでしょうか。

3567461497_e62dfb6a32

生誕のファサード

パっと見はごちゃごちゃした泥の塊のようですが、よく見ると、イエス・キリストの誕生にまつわる色々なシーンが繊細な彫刻で表現されています。

1117161589_f746cd88dd

こりゃあ時間かかるわ

なお、「生誕のファサード」の着手を急いだ背景には、本家カトリック司教が、サグラダ・ファミリアの建設資金を私物化していたからと言われています。

事実、前述の巨額の寄付も、本当は800,000ペセタだったものが、どこでどうピンハネされたのか、建設費として残ったのは577,000ペセタでした。

この件に関して、ガウディは次のように述べています。

「『生誕のファサード』に着工し、聖堂の計画案を高グレードにしたことは、聖堂の財政を管理するダルマッサス氏の要請のお陰である。
氏は、バルセロナの新司教カタラー卿が巨額の献金を他の用途に使うのではないかと恐れ、できるだけ早く使うよう私に言った。」

本来、サグラダ・ファミリアは、聖ヨセフ帰依者協会員のための教会であり、協会の資産です。

自分たちのお金で建てているわけですから当たり前。

カトリック教会にその建設資金を勝手に使われる謂れなどありません。

とは言いつつも、聖ヨセフ帰依者協会自体はカトリック系の団体であり、カトリックの司教を蔑ろにするというのも、ちょっと難しいわけです。

そんな微妙な関係性の中、サグラダ・ファミリアを「自分たちの教会」として建設していくためには、カトリックからの資金援助など断じて受けるわけにはいかなかったのです。

1893年~

アプスが無事完成。

2015-01-26-13-09-30

生誕のファサードも順調に工事が進んでいます。

2015-01-26-08-04-27

1895年

ガウディは、もともと無神論者でした。

神様なんて全然信じていなかったどころか、宗教批判をしてしまうくらいでした。

しかし、サグラア・ファミリアを始めとする教会の建設プロジェクトで聖職者達と触れ合ううちに、本当に自分が正しいのか、無神論者のまま教会の設計に携わってもいいのかと悩み、そして少しずつこれまでの自分の心の持ちようを悔いるようになります。

意を決したガウディは、40日間の断食という、キリスト教における最大級の荒業に挑みました。40日間とは、イエス・キリストが荒野で行った断食の期間。伝統的な苦行です。

案の定ガウディは死にかけたわけですが、その時、当時とても親しくしていた神父から「あなたの天命は、サグラダ・ファミリアを完成させることですよ」と優しく諭され、熱烈なカトリック教徒へと生まれ変わりました。

サグラダ・ファミリアの設計にも、ますます力が入っていきます。

1896年~

万事、順調。

1896 -

1896年

1897

1897年

Fachada de la Natividad - 1898

1898年

1899

1899年

なんか、あんまり進んでないようにも見えますが、まあ順調です。

1901年

調子に乗って建築資金をかなり使ってしまい、金がない。

工事の進捗が、急激にスローペースとなってしまいました。

1902年~

金がない。

新聞紙上で寄付募ったりして頑張る。

1906年~1909年

ついに建物の全貌のスケッチが完成。※描いたのは弟子。

1906

これを新聞紙上で発表し、募金活動の為の宣伝に活用しました。

1910年

この年、スペインは経済恐慌に陥り、建設業界も大不況となります。

その結果、ガウディは暇になり、サグラダ・ファミリアの仕事に専念できるようになりました。

1911年~

ガウディは、「受難のファサード」のデザインを開始します。

Pasión_(Gaudí,_1911)

こちらのテーマは、キリストの受難、つまり最後の晩餐から十字架に架けられて昇天するまでの出来事が、彫刻によって描かれています。

6544843877_eaf8a1dbf3_z

SF-PASSIO

B3

DSC4845-L

peter

1914年

これまで、国からもカトリック教会からも援助を受けず、自力で集めた寄付だけで頑張ってきたサグラダ・ファミリアの建設プロジェクト。

立派です。

しかし、ここでついに恐れていた事態が…。

とうとう建設資金が枯渇してしまったのです。

第一次世界大戦勃発による不況もあったと思われます。

そこでガウディは、故郷の農地や生家を始めとする私財を片っ端から売り払って建設資金に充てるようになります。

午後は街に出かけて、自ら帽子をもって寄付金集めに奔走。
しかし、それでもなおサグラダ・ファミリアの負債は3万ペセタにのぼり、建設委員会の間には、諦めムードが漂うようになりました。

なお、この年以降ガウディは他の仕事をすべて断り、サグラダ・ファミリアに完全に専念するようになります。

1915年

資金難は改善せず、サグラダ・ファミリアの工事は完全にストップ。

ガウディは、既にこの仕事が自分のライフワークであると定めており、自分の友人知人に手当たり次第に寄付をお願いして回るようになります。

なお、ガウディはこの頃にやっっっと、サグラダ・ファミリアの建設が長引くことを認識します。
そして、放った一言がコレ。

サグラダ・ファミリアの工事はゆっくり進むんだ
神は完成をお急ぎではないからね(震え声)

La obra de la Sagrada Familia va lentamente, porque mi Cliente no tiene prisa.

Gaudí-Ragonesi_(1915)

我々のような俗人が施主ならぶっ飛ばされそうな一言ですが、実は宗教建築において100年200年の工事期間というのは、珍しくないものです。

同じバルセロナ市内にあるサンタ・エウラリア大聖堂も、完成まで150年かかっています。

goth_cathedral1

La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulalia

このほか、大聖堂の中には600年かかっているものなんかもありますので、セーフ。

ただ、ガウディは、自分の死後、この仕事を引き継いでいく者たちのために、全体の設計をまとめていく作業に入っていきます。

sg01

ガウディの仕事場

1917年~

ガウディの熱意、そして建築の素晴らしさ、それらが少しずつ世間に認められていき、資金難も徐々に解消され、工事も進められていきます。

また、3つ目のファサードである、「栄光のファサード」のデザイン検討が行われ、最終型が固まります。

BarcelonaSep07752

栄光のファサード

このファサードは、3つのファサードの中でも最も重要と位置付けられているらしく、イエスの教えがメインテーマとなっています。

ファサードに付けられる7枚の青銅の扉には、世界50カ国の言語で聖書の言葉が刻まれています。

IMG_1923

Tenerife-and-Barcelona-290

201305263e

日本語もあるよ!

この栄光のファサードは、現在も工事中なので、残念ながら未だその実物を見ることはできません。

1919年

親友は皆死んでしまった、家族はいない、財産もなにもない。
これでサグラダ・ファミリアの建設に集中することができる

この年、ガウディが語った言葉。さみC。

1920年~

生誕のファサードにつく4本の鐘塔がかなり出来上がってきました。

1920

Europa300311a

1924年

ガウディも、既に73歳。しかし、その気力はいささかも衰えることなく、以前にも増してサグラダ
ファミリアの設計に没頭していくようになります。

しかし、身なりに気を使う事もなくなり、その風貌は世捨て人の如し。というか、浮浪者。

ガウディが外をあるいても、彼が天才建築家と気づく人はいません。

1925年

ガウディ、とうとうサグラダ・ファミリアの中に住みつく。

1926年

Fachada de la Natividad - 1926 - Index

4本の鐘塔のうち1本が、先っぽまで完成

こうして、なんとか「生誕のファサード」までは生きているうちに完成の見込みが出てきた矢先、訃報が。

6月7日午後5時48分、ガウディが路面電車に轢かれてしまいます。みすぼらしい身なりが災いし、手当も遅れたため、そのまま3日後に帰らぬ人となりました。

51b5c1a9b5f38

葬儀にて

彼の遺体は、生前、最も多くの時間を過ごしたサグラダ・ファミリアの地下に埋葬されています。

サグラダ・ファミリアの魅力

ガウディの死後、そのまま建設を続けるかどうか議論がありました。

それほどまでに、ガウディはサグラダ・ファミリアに深く関わってきたのです。

悲しいことに、ガウディが生前に残した設計図や模型はスペイン内乱によりほとんどが焼失してしまいました。3代目以降の設計者は、その復元から行う必要があり、大変な作業となっています。

しかし、ガウディの強烈な個性はしっかりと受け継がれており、未完ながらも訪れる人々に感動を与え続けています。

現地に行くのが一番ですが、そう簡単に行ける場所でもありませんので、内部の美しい写真をちょっぴりご紹介します。

2015-02-02-07-17-07

Sagrada-Familia-7

2015-01-22-08-07-03

ステンドグラス

2015-01-22-07-54-47

林の中をイメージした柱

2015-01-22-07-58-53

2015-01-22-07-58-46

ステンドグラスで様々な色に

2015-02-02-07-20-14

La-Sagrada-Familia

聖堂の天井

2015-02-02-07-17-32
2015-02-02-07-25-34

鐘塔の内側

2015-02-02-07-18-40

現在の状態

いかがでしょう。
外見とはまた違った趣がありますよね。

サグラダ・ファミリアに対する皆さんのイメージが、少しでも変われば嬉しいです。

完成をさらに加速させたい方は、寄付も受け付けています。
こちらからどうぞ!→公式サイト左下の”Donations”から


超参考サイト様
アントニ・ガウディ
ガウディの生涯と建築作品
アントニ・ガウディと建築群
Wikipedia「アントニ・ガウディ」

サグラダ・ファミリア

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 人物 文化・芸術

タグ : 

  関連記事

コメント (75件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 00:09:21

    サグラダ・ファミリアがなんでいつまでたってもできないか初めて知ったわw

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 00:12:38

    忘れて、思い出した頃に更新
    それも納得の内容でした。ありがとうございます

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 00:19:58

    内容は勿論のことながら、ガウディの3回の失恋話を話した上での「グッと親近感が湧きます。」には笑った。
    管理人さん、ガウディ、上を向いて歩こう。涙がこぼれないように。

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 00:47:35

    面白かった
    生きてるうちに完成しないかなあ
    無理かなー

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 00:57:56

    完成しちゃったら「サグラダファミリアみたいな○○だな」って言い回しが使えなくなるのでやめてほしい
    ○○には大抵「プロジェクト」とか「案件」が入るんだけどね

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 01:53:49

    やべぇNHKの新社屋のほうがサクラダファミリアより値段が高い。

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 02:40:32

    勉強になった&感動した
    完成が待ち遠しい

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 05:45:20

    こっちと横浜駅の工事完了、どっちが早いかな?

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 07:11:53

    スレタイ見て、ガウディがスレ立てしたかと思ったよ。

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 09:34:38

    管理人さん乙でした、確かにガウディには親近感湧きますねw
    米8
    横浜駅のグダグダ工事の歴史も気になるw

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 10:35:50

    ピンハネしまくりとは安定の糞っぷり
    宗教関係者は腐っとる

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 15:28:36

    面白かった
    が第一次大戦勃発が1910年になっとる

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 16:57:23

    ※4
    完成予定が11年後の2026年だから頑張って生きて!!

  14. 名前:管理人@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 17:49:59

    ※12
    ご指摘ありがとうございます!
    修正しました!

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 20:09:22

    うつくC

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 22:39:58

    完成したら世界中から祝福の声が届くでしょう

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 22:46:08

    長年の疑問と
    ネットの力を少し
    有難うございました。

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 23:01:05

    偶然にも再来週訪れる予定です。面白い記事をありがとうございました。

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/02(月) 23:32:40

    長っ

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 00:05:01

    NHK新社屋≒サクラダファミリア*2って正直笑えんな

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 01:10:56

    完成する頃には土台から崩れ去るんじゃないの?
    時間かかりすぎでしょ

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 01:47:42

    素晴らしいまとめですね
    無神論支持者の私でも、関係者の熱意を知ると実際の様相を観てみたいという気持ちを抱きます
    完成したらいつか観光してみたいな

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 04:17:48

    凄いね
    ガウディも
    サグラダも
    この記事も。
    行きたくなった

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 07:06:57

    あの真ん中に建てるデカイ塔が出来るのはいつなんでしょうね・・・?(白目)

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 08:26:29

    面白かった!
    文章の書き方まで勉強になりました。

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 09:18:27

    来場者もだが大きな要因は、石積みから鉄筋コンクリート造になったからじゃないか?
    型にコンクリート流し込めば造形が出来ちゃう、おまけに3Dプリンターも活用の現代使用。

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 12:13:19

    完璧始祖サイコマンの計略のせいで完成しないのです。

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 12:14:58

    面白いっちゃあ面白いんだが、じれったい。
    誰か欧米の大金持ちが巨額の寄付をすれば2年ぐらいで完成するんじゃないの?
    金持ちって自分の宗教派閥以外には金使わないのかねえ・・・・
    関係ない話だが正直言うとガウディの生物的デザインはキモい。
    特に建築内部にある鮮やかな色彩の曲面的構造は「新鮮な内臓」そっくり。
    記事中のステンドグラス写真見てても赤は動脈、青は静脈って感じで気持ち悪さを否定できない。

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 18:57:16

    >パっと見はごちゃごちゃした泥の塊のようですが
    俺がサグラダファミリアに対して感じていた事を一言で的確に言い表しててワロタwww

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 21:37:10

    米28
    お前全然的を得てない感想違う所にも書いてたろ
    キモイのはお前だから消えてくれるか

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 22:41:58

    マジでファンタジーだな
    現実にあるとは思えない

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/03(火) 23:37:22

    管理人さん、場違いで余計なコメですが、最新の記事は消されてしまったのでしょうか?

  33. 名前:管理人@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 01:34:02

    ※32
    間違って下書きをアップしちゃった(> <) お騒がせしました…

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 11:17:09

    久々に素晴らしいスレが見れました。
    有り難うございます。

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 13:47:58

    たしかに前の設計はないわ
    おそらくPSとか初期のポリゴンゲームの造形には影響与えたんだろなー、内部みて思った
    ところで内臓云々言うけどそもそも教会の類って頭蓋骨や女性器が造形のベースになかったっけ?

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 15:05:45

    ※8
    横浜駅の計画は完成2030年くらいだった気がする。尚サグラダファミリアより前から工事している模様。

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 15:43:47

    ガウディの女性遍歴www
    やめてさしあげろ

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 16:18:03

    管理人さんのファンになったよ

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 17:25:27

    功もガウディ罪もガウディ 

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 18:03:22

    なんでいちいち失恋エピソードを挟むんだよ!(トラウマ)

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 19:01:18

    完成したら一度行ってみたいもんだ
    ※40
    もちろん俺たちの心の傷を抉るためさ

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 22:37:10

    ブリカスの会社、期待してまーす(^^)

  43. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/04(水) 22:45:10

    内観はかなり綺麗だね、宗教施設ってやっぱ凄いわ
    外観はうん、泥の塊みたいだしシンメトリーじゃないのがすっごく気になる…

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/05(木) 07:32:20

    女性恐怖症とか絶対嘘だろ
    三回もフラれやがって…泣けるわ
    しかしサグラダファミリアと関係ないと思ったガウディの失恋エピソードだがこいつ結婚してたらこんな人生になる事もなかったろうな

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/05(木) 20:23:05

    現物見てきたけど装飾が凄すぎて目がまわるほど
    こりゃ時間がかかると思ったわ

  46. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/05(木) 21:21:00

    感動した…というか20年生きてこんな教会あった事すら知らなかったから、感銘した。

  47. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/05(木) 22:53:47

    サグラダファミリア本体はともかく周りがビルだらけでもう見られたもんじゃないね
    現地へ行った人はがっかりすること請け合い

  48. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/06(金) 02:53:54

    やっぱ行ったことがあるとこが記事になるのはなんか嬉しいわ

  49. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/06(金) 08:13:54

    ガウディが童貞まで読んだ
    天変地異で壊れたらまた作り直しなんだろうなw

  50. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/07(土) 12:37:51

    とても読み応えのある記事で、勉強になりました。
    私は地下鉄でサグラダ・ファミリアまで行ったのですが、
    地下鉄出口を出た瞬間、目の端に異様な塊が。
    都会にあるはずのない、まさに巨大な”泥の塊”がチラリと写りました。
    そのドキドキ感、都会と調和しない異質感は今でも強く覚えています。

  51. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/07(土) 20:06:07

    小さい頃は本気で
    「桜田ファミリア」という日本の施設だと思ってた。
    ハウステンボスみたいな。

  52. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/08(日) 00:45:47

    まとめサイト氾濫前から、いい記事を紹介してくれるサイトだった
    だからこそ、他人の意見をまとめるより自分の考えるものをまとめるようになったんだろうな
    今現在、FBにしろ何にしろ色々なしょうもない意見が広い範囲で広がって、
    こういうサイトは少ないね。金を稼ぐって気持ちは一切ないと思います。がんばってください
    でも更新が遅いわボケ

  53. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/08(日) 01:51:59

    今一番更新が待ち遠しいサイトです。
    ただまとめるだけじゃなく、読み手が読みやすいように
    配慮しているのが分かります。
    ちょくちょく入る管理人さんのコメントも面白い
    減価する貨幣の話とか経済関連が好きなので、もっと取り上げてくれるとうれしいです

  54. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/08(日) 14:29:14

    サクラダ・ファミリアだと思っていたが、サグラダ・ファミリアなのね。40年前我が家にあったのは、マツダ・ファミリアだったけどね。スマン。

  55. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/09(月) 01:49:08

    確かに内装のデザインは一見するとちょっと気持ち悪い
    でもそこまで強い不快感を抱くほどでもなく、何だか引き込まれるものがある気がする
    とりあえずRPGのラストダンジョンみたいで行ってみたいとは思えたww

  56. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/09(月) 20:41:13

    これって何で出来てるの?コンクリート?完成と同時に対応年数すぎてたりして

  57. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/11(水) 01:57:31

    2100年まで掛かるとさえ言われてた工期が最近の工法の劇的進化で11年後の2026年に完成予定って聞いたときはショックを受けた。生きてるうちに完成しそうだな。

  58. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/11(水) 10:27:31

    ガウディは純粋な人なんだなあと思った(小並感)

  59. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/11(水) 17:35:24

    大して建築に興味があるわけでもない私にも最後まで読ませる構成、面白いです
    ガウディ自身にも興味がわきましたw

  60. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/13(金) 00:12:20

    面白かったです

  61. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/13(金) 23:47:55

    ケルン大聖堂なんか完成まで632年かかったんや、それに比べれば(震え声

  62. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/16(月) 00:12:21

    こういう宗教関係のものは効率云々より尊い理念が優先されるべきもんだと思う
    だから信者からの献金のみで建てられるべきだし、なお尊い建物になるんだと思う
    まあ今は技術革新と世界からの貨幣の流通で工期はかなり短縮されてるんだな

  63. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/17(火) 07:50:07

    ガウディ曰く
    神が創った自然こそ最高のデザイン
    らしく自然がモチーフらしいね。
    是非行ってみたい。

  64. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/17(火) 19:00:11

    ガウディは惚れる相手が悪すぎたんや…

  65. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/20(金) 03:26:53

    今まであの外見しか知らずに管理人さんと似た感想しか持ってなかったけど
    内部壮観過ぎワロタ
    生涯賭けて作ってるモノは伊達じゃないな

  66. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/02(月) 12:39:26

    ガウディはサグラダ・ファミリアと結婚したんやで…(震え声)

  67. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/09(月) 07:45:55

    月刊誌ニュートンを読んでいるような見事なまとめだった。
    管理人さん、感謝。

  68. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/09(月) 12:00:35

    素晴らC

  69. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/18(水) 22:31:00

    話はおもしろいけど、ガウディのセンスひどすぎwwwだせぇwwwww

  70. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/31(火) 08:10:18

    どこかで有名になって寄付金も集まってきたからこの時代には完成するって見たんだが
    完成して欲しいようなしてほしくないような…
    完成したのはいつでも見られるけど未完の状態は今しか見れないよね
    それはいいけど写真だけで綺麗過ぎて涙が出てきたよww

  71. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/05(日) 21:38:10

    横浜駅の工事期間がサグラダファミリアを越えているという事実

  72. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/11(土) 18:21:15

    ガウディ・・最初はともかく二人目と三人目は恋しないほうが互いのためだったのに
    恋しちゃったんだww流石DTww

  73. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/05/17(日) 16:10:30

    美しい

  74. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/01/13(水) 13:42:06

    一回行ってみたいけど、最近のヨーロッパはキナ臭いからなぁ….

  75. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/04/23(土) 22:44:40

    いいなぁ
    登ってみたい

スポンサードリンク