絶滅・進化・感謝

前回記事では、地球に生命が誕生してから多細胞生物が出現するまで(始生代~原生代末期)の出来事を書きました。

生物ってよく絶滅しないでこれまで生き延びてこれたよなw
地球が出来てから今まで46億年。その間、本当に色々な出来事がありました。その中でも一番のビッグイベントは、やはり生命の誕生で...

今回はその続き。

とりあえず、現代までの地球の時代を区分すると、

  • 始生代40億~25億年前
  • 1度目の全球凍結による大量絶滅
    真核生物が出現。
  • 原生代25億~5億4200万年前
    • 古原生代25億~16億年前
    • 中原生代16億~10億年前
    • 新原生代10億~5億4200万年前
      • トニアン10億~8億5000万年前
      • クライオジェニアン8億5000万~6億2000万年前
      • 2度目の全球凍結による大量絶滅
        多細胞生物が出現。
      • エディアカラン6億2000万~5億4200万年前→多細胞生物の多様化。今回はここから。
  • 顕生代5億4200万年前~現代
    • 古生代5億4200万~2億5217万年前
      • カンブリア紀
      • オルドビス紀
      • デボン紀
      • 石炭紀
      • ペルム紀
    • 中生代2億5217万~6600万年前
      • 三畳紀
      • ジュラ紀
      • 白亜紀
    • 新生代6600万年前~現代
      • 古第三紀
      • 新第三紀
      • 第四紀←今ここ

こんな感じになります。

2014-09-18-07-57-16

スポンサードリンク

エディアカラ生物群

1980-01-01-00-00-48

原生代の最後、エディアカラ紀(6億2000万~5億4200万年前)
オーストラリアのエディアカラの丘陵で、この時代の生物の化石が大量に見つかった事から、こう呼ばれるようになりました。

エディアカラ生物群は、全球凍結をくぐり抜けて進化して来た多細胞生物。初めて肉眼で確認できる程の大きさの体を獲得しました。

この時代の代表的な生物をいくつか見てみましょう。

ディッキンソニア2014-09-17-01-28-06

2011-02-23-16-50-25

ゆっくりと海底を這っていたと考えられています。デカいものは、1.4mにもなるとか。なお、厚みは3mmくらい。

トリブラキディウム2014-09-17-01-49-03

2014-09-17-01-50-34

切手にもなってます。

3対の腕のような構造を持った生物(もしくはもっと大きい生物の一部かも)。

生物の中で、3対の器官を持つというのはかなり異例。普通は2対か放射状です。謎の多い生物の一つです。

シクロメデューサ2014-09-17-01-42-23

2014-09-17-02-09-37

円形のクラゲっぽい何か。植物でも動物でも無いと考えられています。化石はたくさん見つかるらしい。

このように、エディアカラ生物群は、現代とは一風変わった独特な進化を遂げていましたが、これらの生物は全て、いわゆる軟体動物です。

硬い殻や骨を持たない生物は、化石にならない。かつて、化石になる事を目指した我々にとっては常識です。

なのに、このエディアカラ生物群は、大量に化石が見つかっています。これは、泥が一瞬にして生物を閉じ込めた為と考えられています。

そして、エディアカラ生物群に見られる種は、極々一部を除き、5億4200万年より新しい地層からは見つかっていません。

つまり、エディアカラ生物群は、ごく短期間のうちに、一気に絶滅した事になります。

5億4200万年前にいったい何が起こったのでしょうか…。

スポンサードリンク

V-C境界

エディアカラ紀は、別名ベンド紀(Vendian)とも呼ばれます。
そして、その次の時代がカンブリア紀(Cambrian)。

この二つの時代の間を、VendianとCambrianの頭文字を取って、V-C境界といいます。

この時に起こったのは、超大陸の形成と分裂です。

大陸が動いている事は、広く知られています。今の世界地図も、一過性の状態に過ぎません。その速度は数cm/年。すごくゆっくりに感じますが、1億年も経てば数千kmは動くわけです。

そんなわけで、大昔から、大陸はくっついたり分裂したりを数億年毎に繰り返していました。このくっついた状態の大陸を、「超大陸」といいます。

そして、10億年前に、ロディニア大陸という超大陸が形成され、6億年前、南北二つに割れた事が分かっています。

2014-09-18-22-56-50

元は一つの大陸だったものが、南北に分かれていきました。

大陸同士がぶつかって超大陸ができる時、プレートが地球内部へ沈み込み、その真下でマグマとして溜まっていきます。それがある時限界を迎え、物凄い勢いで地上に噴き出し、超大陸を割り、再び分裂を始めます。

この現象はスーパープルームといいますが、V-C境界で起きたのはこれだと考えられています。

2014-09-17-22-52-34

1815年にインドネシアのタンボラ山が噴火した際は、地球の平均気温が10℃下がりました。スーパープルームは、その400倍の規模になります。生物の95%が死滅したとされます。

スポンサードリンク

カンブリアンモンスター

そんなわけで、5億4200万年前にほとんどの生物が死滅し、エディアカラ紀は終焉を迎えました。

続くカンブリア紀は、カンブリア大爆発が起きた事で、よく知られていますよね。5億4200万年前~4億8330万年前の時代を指します。

2007-06-11-22-47-09

この時代の地層から見つかる生物の特徴は、

・それまで見られなかった堅い外骨格を持つ生物が多い
・「眼」を持った生物の登場
・現代の生物の様々な種類の身体構造のほぼ全ての原型がみられる

等が挙げられます。エディアカラ生物群には見られなかった特徴が、突如として見られるようになってくるのです。

この急激な進化の原因として、眼の発生は、とても重要と考えられています。
眼が発生した経緯はまだハッキリしていませんが、眼を持った生物の登場により、物凄い淘汰圧がかかりました。

食べる側は獲物を見つけやすい。
食べられる側は逃げやすい。
その為、運動能力を発達させる意味が出てくる。
保護色みたいな特徴を持つようになった生物も出てくる。

このように、眼の発生は、生存競争を加速させる事となりました。

V-C境界を生き延びたエディアカラ生物群の生き残り達は、この競争に付いていけず、食べ尽くされて完全に消滅してしまいました。

スポンサードリンク

オルドヴィス紀末の大量絶滅

カンブリア紀は、気候も安定し、生物達にとってはとても過ごしやすい環境でした。そのお陰で様々な方向に進化し、生物はますます多様性を増す事ができました。

そして、カンブリア紀からオルドヴィス紀(4億8330万年前~4億4370万年前)までの約1億年間、生物達は繁栄しました。

しかし、このオルドヴィス紀末、地球に大量のガンマ線(強力な放射線)が降り注いだ可能性が指摘されています。

2014-09-18-07-49-05

ガンマ線バースト

恒星が一生を終えた時、爆発とともに大量のガンマ線を放出します。これをガンマ線バーストと言います。

オルドヴィス紀末は、地球から6000光年というかなり近い位置の恒星が爆発し、およそ10秒間、地球にガンマ線が降り注いだと言われています。

その結果、地球を取り巻くオゾン層が半分破壊され、5年間に渡って紫外線が生物達を直撃。生物種の85%が絶滅しました。

スポンサードリンク

陸上生物の登場と魚類の繁栄

2014-09-19-12-24-15

2007-06-11-22-45-56

オルドヴィス紀末の大量絶滅の次は、シルル紀(4億4370万~4億1600万年前)、デボン紀(4億1600万~3億5920万年前)と続きます。この時代、外殻を持った無脊椎動物、いわゆる「虫」がついに陸上へ進出します。

海中から陸上へ進出するにあたって課題となるのは、呼吸と重力です。

海に棲んでいるうちは、水の中なので柔らかい体でもユラユラと漂っていればいいてますが、水から出ると、自分の重みがモロにかかってきます。

その為、体にある程度の強度が必要になってきます。そんな時、虫の祖先達は、元々は敵から身を守る為のものであった外骨格を利用して重力に対応し、陸上への一番乗りを果たしました。

デボン紀に移ると、魚類の進化が目立ちます。現在の魚の大部分が属する硬い骨を持った魚や、シーラカンス、サメ等がこの時期に発生しました。

2014-09-18-08-11-29

この頃のサメ

また、両生類が陸上への進出を果たし、両生類から、竜弓類(爬虫類の先祖)、単弓類(哺乳類の先祖)等も分化しています。こうして、陸上生物もにぎやかになってきました。

F-F境界

デボン紀後期の約3億7400万年前、またもや大量絶滅が起こっています。海洋生物を中心に、およそ82%の生物種が絶滅しました。

その原因として有力な説は、巨大隕石の衝突です。
スウェーデンに、シヤン・クレーターという直径52kmの隕石衝突跡があります。

2014-09-19-19-42-16

輪っかっぽくなってるところ

これが、ちょうどデボン紀後期にできたクレーターです。その結果、激しい気候変動が起こったわけですね。

こうして、地球は全球凍結程ではないですが、氷河期に入ります。

陸上生物の巨大化と、さらなる多様化

2億9,900万~2億5,100万年前。ペルム紀と呼ばれる時代。寒冷な気候の為か、単弓類が大型化していきます。

単弓類とは、哺乳類へと続く系統の生物。この時代、彼らが食物連鎖の頂点に位置するようになりました。

2014-09-18-16-06-14

リカエノプス。全長1m。

2014-09-18-16-08-03

ゴルゴノプス。全長2m。

2014-09-18-16-12-33

エステメノスクス。全長4.5m

2014-09-18-16-13-27
エオティタノスクス。全長6m。「夜明けのワニ」というかっこいい学名。

このように、生物達はこれまで以上に豊かな生態系を築きました。ゴキブリなんかも今とほぼ変わらない形で元気に存在していました。

2014-09-19-20-12-44

じょうじ。

しかし、またしても試練が降りかかります(1億2000万年ぶり3回目)。

史上最大の絶滅、P-T境界

この全滅は、95%の生物種が絶滅する、たいへん過酷なものでした。

と言いつつ、実はこの大量絶滅の原因はハッキリしていません。分かっているのは次の事だけ。

①今で言うシベリアのあたりで、スーパープルームが起きている。
2014-09-18-20-51-12

シベリア洪水玄武岩。この範囲は全部マグマが固まったもの。

②この時代の海は、酸素がかなり少ない状態だった。

③海面が急激に上下した形跡がある。

④超大陸パンゲアが形成された。

no title

これらの事から想像するに、

超大陸パンゲアの形成により、スーパープルームが発生。マグマでかなりの生物が死ぬ。

火山灰で日光が遮られ、寒冷化。

氷河が増え、海面が下がる。浅瀬の海洋生物が死ぬ。

同時に、噴火による大気の汚染と酸性雨による環境破壊。

植物が死ぬ。

地球の酸素が減り、動物達が酸欠で死ぬ。

二酸化炭素が増えた事により、温暖化。

温暖化により氷河が溶け、海面が上がる。

実際のところは未だによく分かっていませんが、もしこんな感じなら、そりゃあ大量に絶滅してもおかしくないですね。

また、まだ断定はされていませんが、この頃に巨大な隕石が落ちた形跡らしきものも見つかっているようです。だとすると、巨大噴火、隕石衝突のダブルパンチだったのかもしれません。

恐竜の時代

大量絶滅の後は、生物界の主役が入れ替わるものです。P-T境界により、原生代は終わりを告げ、地球は中生代へと突入します。

原生代末期のペルム紀は、両生類と単弓類が主役でしたが、中生代は爬虫類が著しく進化を遂げ、「恐竜」が君臨する時代となります。

2014-09-19-17-10-46

爬虫類の中でも、特に恐竜達がP-T境界をきっかけに繁栄する事が出来たのは、その呼吸システムによるものと言われています。

今の鳥もそうですが、恐竜の肺は、気嚢という器官により、常に新鮮な空気を取り入れる事ができるようになっており、呼吸の効率が段違いなのです。

2014-09-19-07-55-14

そのため、P-T境界での超酸欠状態を乗り越える事が出来たというわけです。

軽めの大量絶滅

こうして恐竜達は、P-T境界以降、少しずつ大型化していき、その勢力を増やしていきます。そして、三畳紀の終わり(2億130万年前)に、やや軽い大量絶滅(76%の生物種が絶滅)がありました。

原因はP-T境界と同じく、主に火山活動による酸欠と隕石のダブルパンチです。その規模も、P-T境界と遜色ないものでした。しかし、その絶滅度合いはかなり軽減されています。流石はP-T境界を生き抜いた者たちですね。

この時、「恐竜」に属さない爬虫類や単弓類は大打撃を受けました。そして、そのポジションを恐竜が奪う事になります。これはひとえに、恐竜の呼吸能力が優れていた事によります。そして、恐竜の繁栄が確定しました。続くジュラ紀、白亜紀に、恐竜に逆らえる生物はいません。

でもやっぱり、定期的に生物は絶滅の危機を迎えてしまうのです。

K-T境界

2014-09-19-17-09-59

一番有名な大量絶滅ですね。個体の数で言うと、99%が死滅しています。原因の定説は、巨大隕石の墜落です。

2014-09-19-17-13-48

実際、南米大陸ユカタン半島に、チクシュルーブ・クレーターと言われる直径200kmという物凄いクレーターが見つかっています。

この時の衝撃は、冷戦時代にアメリカとソ連が保有していた全ての核兵器の合計の1万倍以上だったとされています。地球って頑丈ですね。

というわけで、少なくともこの隕石が恐竜絶滅のトリガーとなったのは間違いありません。

2014-09-19-17-17-00

2014-09-19-17-17-31

巻き上げられた粉塵は何年もの間大気に浮遊し、昼間でも真っ暗になる程でした。当然、寒冷化し、植物も光合成できず二酸化炭素が増加。寒冷化が収まった時には急激な温暖化が起きました。

この結果、 恐竜は絶滅。体の小さい哺乳類は、穴に隠れてなんとかやり過ごし、現在に至るまで生物の頂点に君臨する事となりました。

まとめ

と、長々書いてきましたが、ここまでをまとめてみます。

  • 始生代40億~25億年前
  • 1度目の全球凍結による大量絶滅
    真核生物が出現。
  • 原生代25億~5億4200万年前
    • 古原生代25億~16億年前
    • 中原生代16億~10億年前
    • 新原生代10億~5億4200万年前
      • トニアン10億~8億5000万年前
      • クライオジェニアン8億5000万~6億2000万年前
      • 2度目の全球凍結による大量絶滅
        多細胞生物が出現。
      • エディアカラン6億2000万~5億4200万年前
  • V-C境界
    スーパープルームでエディアカラ生物群はほぼ壊滅。以降、堅い外骨格が流行る。
  • 顕生代5億4200万年前~現代
    • 古生代5億4200万~2億5217万年前
      • カンブリア紀
      • オルドビス紀
      • オルドビス紀末の大量絶滅
        ガンマ線バーストによりオゾン層が破壊され、紫外線により85%の種が絶滅。
      • デボン紀
      • F-F境界
        巨大隕石が衝突して82%の種が絶滅。
      • 石炭紀
      • ペルム紀
    • P-T境界
      スーパープルームと巨大隕石の合わせ技で95%が絶滅。
      生物が一番キツかった時。
    • 中生代2億5217万~6600万年前
      • 三畳紀
      • 三畳紀末の大量絶滅(軽め)
        火山活動と巨大隕石で、種の数で76%が絶滅。
        恐竜の勝利が確定。
      • ジュラ紀
      • 白亜紀
    • K-T境界
      巨大隕石が衝突し、種の数で75%、個体数で99%が絶滅。
      恐竜はほぼ消滅し、鳥として今に残る。
    • 新生代6600万年前~現代
      • 古第三紀
      • 新第三紀
      • 第四紀←今ここ

「最初からこれを貼れよ」とか言わないでね
今回の記事では、顕生代に起きた、特に大きな5回の大量絶滅(通称ビッグ・ファイブ)について見てきました。実際には、その合間にも小~中規模の大量絶滅は発生しています。

しかしながら、何度も何度も絶滅の危機を迎えながら、これまで続いてきた生命の繋がり。

この繋がりを今日まで続けてくれたご先祖様達に対して、改めて感謝の念を覚えます。そして、その最先端が自分だと思うと、なんか申し訳ない気持ちも。

謝りたいと感じてる…。だから感謝と言うのだろう。これを感謝と言うのだろう。

ご先祖様、すまんな。

画像1

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史 自然・生物

タグ : 

  関連記事

コメント (45件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 21:56:14

    今回も面白い!!

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 22:38:01

    その壮大な生物のつながりが俺の代で潰えるわけか・・・

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 22:58:02

    NHKスペシャルの「地球大進化」面白かったよね。10年以上前だったけどまたDVD借りて観ようかなあ

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 23:21:12

    >化石になることを目指した我々
    草不可ですわ

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 23:25:11

    力作過ぎてコメントしずらい

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 23:33:52

    感謝・・・! 圧倒的感謝・・!
    なお、途切れる模様

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/19(金) 23:42:10

    なんか、最終回っぽい

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 00:26:21

    軽めの絶滅で笑った

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 00:36:04

    俺が生きてること自体が奇跡的ってことか
    その奇跡も俺の代までだが

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 01:09:41

    軽くはないよねw

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 03:23:36

    奇跡というか、ある意味必然ではある

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 07:14:57

    わりと世間で知られている話、多分ほとんど知られていないこと、それらとりまぜて、こんなにわかりやすく簡素にまとめられたことに感動します。興味深かったです。ありがとう。

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 10:03:13

    昔SFCで46億年物語ってのがあったけど、これ思い出してすごく懐かしく感じた

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 11:14:32

    で、人類が滅ぶのはいつなんや?

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 11:54:21

    最近生命40億年全史を読んだオレにタイムリーなスレ
    あと、ご先祖様と言ってもピクルだぞ

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 14:37:02

    >>恒星が一生を終えた時、爆発とともに大量のガンマ線を放出します。ガンマ線バースト
    オリオン座の何とかって恒星がそろそろ寿命で、地球にも影響出るとか?
    夜がめちゃくちゃ明るくなるようで、ある意味楽しみしてたりもする。

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/20(土) 19:54:50

    こういうのをキリスト教信者に教えたい
    神の御業()に固執するんだろうか

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/21(日) 03:42:59

    ガンマ線が降り注いだあたりの時は放射線の影響で、
    ウニョウニョした奴らが「アカン、体調悪いわ」「癌やわ」的な感覚やったわけやな
    不思議やね

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/21(日) 08:51:52

    これほどまでに奇跡的に脈々と続いてきた命のりれのがじぶんでは終わるのかと考えるとゾクッとするわ

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/21(日) 15:55:06

    トリブラキディウムは3対じゃなくて3本じゃないの?
    3対だと6本になると思う

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/21(日) 20:12:13

    魅力的な文を書かれる。今回も良かったー。更新楽しみにしてます。

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/21(日) 22:13:10

    こんなにご先祖様が頑張ったからワイがニートでいられるんやな。

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/21(日) 22:47:18

    生物学に興味のない自分でも面白いと感じた

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/22(月) 12:54:07

    面白いなぁ。
    できればこのまま日本史や世界史にも踏み込んでほしい

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/22(月) 19:26:18

    後何十年かで機械の知能が人間を凌駕するらしい、んでその機械が自らを設計増殖し次世代の新しいバージョンを残せるようになればそれは「生命体」ではないが地球上に「新たな種」が誕生したと言ってもいいと思う。
    機械が効率的合理的に地球を管理運営するのならそれはそれでいいし結果人類が邪魔になるなら人類は滅ぼされる事が幸せだと真面目に思ってる。
    ただ、我が儘を言うなら人類なんかは滅びていいから人類が作ってきた文化や文明は受け継いでほしい。

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/23(火) 04:49:19

    地球上の太古の生物よ!!君のその耐久力(タフネス)に謝謝ッッ!!

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/23(火) 04:50:26

    普通にスルーしたが化石になろうと思ったことは無いぞw

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/24(水) 22:44:33

    で、この後の話は頭が猫で体が猿の生物が進化していって
    侵略しに来た地球外生命体を撃退すると創造主から知識を授かり星の支配者になり現在に至る、だろ

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/25(木) 03:33:58

    地球生物、死にすぎwww
    どんだけハードモードなんだよw
    しかし地球温暖化を防ごうとか言ってるのって、なんかすごく無意味な気がしてきた。
    そのうち先進国の人間が全滅して、人類は途上国レベルからやり直しになりそう。

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/26(金) 11:16:47

    絶滅がハードモードって言うけど
    絶滅しようが繁栄しようが死は平等に、漏れなく全員に訪れるんだよなあ

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/01(水) 23:29:09

    ゴキブリ「お前ら俺にあいさつは?」

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/02(木) 19:56:14

    感謝というより畏怖というべきか・・・
    妖怪や妖精の類も人間が抱く、自然への畏怖を具現化したものだと思う。
    今日まで人類が発展してこれたのも、地球の環境がたまたま人間に合っていたからこそで、そう考えると人間とはなんてちっぽけなものなんだと痛感する。
    地球の環境とは常に変化し続けていて、それに順応できるかどうかは強い弱い関係なく、運そのものだと思う。

  33. 名前:もりしー 投稿日:2014/10/03(金) 08:13:05

    何このNHKスペシャル
    感動通り越して呆然だよ

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/03(金) 17:53:18

    地球滅びすぎだな
    この時代もいつ吹っ飛んでもおかしくないな
    どんだけ文明栄えても隕石とかガンマ線バーストとか無理ポ

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/08(水) 08:24:21

    よくまとまっていてすごく面白かった。

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/21(火) 23:27:24

    良記事

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/26(日) 23:41:22

    教科書もこんな感じでさくっとしてたら良かったのにW
    とても分かりやすくて面白かったです

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/06(木) 17:53:08

    非常に面白かったです。ありがとうございました。
    俄然興味がわきました。

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/09(日) 13:03:56

    クオリティ高いなぁ

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/01/03(土) 19:38:18

    ※25
    昔の「大鉄人17(ワンセブン)」という特撮番組でもうそういうことをネタにしている。
    ターミネーターのずううっと前にもうとっくに。
    人類の前頭葉って未だできたてほやほやでバグだらけの未発達器官であってこのバグが修正できたらこの生物には次の新しいステージが待ってるだろうね。
    タイムマシンを実現・実用化できれば原理上人類は未来永劫全宇宙の王者になる。ソフトの進化は乗数的だから前頭葉のデバッグさえできればあっという間だろうね。

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/27(金) 17:56:05

    地球大進化・・・懐かしい。
    NHKドキュメンタリーとしては珍しく「みなさん」ではなく「あなた」と視聴者に語りかける番組構成はよかった。
    最後にナビゲーター山崎勉が「私たちは託されている、次の世代へ、次の私たちでない命へのバトンを」的なことを言われたときに、感動で涙を流したことを覚えてる。

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/05/19(火) 17:11:17

    そろそろヒトもバトンタッチしてもいいのよ?

  43. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/09/23(水) 17:38:54

    人類は地球生態系を他星に移植するために生まれた箱舟
    早く銀河に進出しよう

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/11/16(月) 16:28:27

    どっこい人類は滅びない
    ここの記事にもある核廃棄物保管所にそこそこのテクノロジーを持って逃げられれば、これまで地球に起こったどんな異変にも耐えられる

    準備期間がほぼない速度の隕石、および新兵器やAIのような新技術に起因する事故で滅ぶ可能性はあるけどけっこう低いと思うよ

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/12/01(火) 19:10:39

    いやいや残念ながら人間も普通に滅びるよ ってか地球すらいずれなくなるのに

スポンサードリンク