ダイヤモンドは永遠の輝き(笑)

ダイヤモンドは永遠の輝き
ー A Diamond is Forever ー

2009-03-03-18-51-02

デ・ビアス社が考案したこのキャッチコピーは、歴史上最も成功したマーケティングと言われています。

永遠」という言葉により、女性がダイヤモンドを転売するのを抑制し、中古品市場への流通による価格の下落を防ぐ。

さらに、「ブランド名」ではなく、「商品の価値」だけを表現し、ダイヤモンドこそが最高の宝石であると人々に刷り込むことに成功しました。

こうして創り上げられた、ダイヤモンドの「価値」。実際はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

ダイヤモンドの価値

一般的に、宝石の価値は「希少性」「美しさ」「丈夫さ」によって決まると言われています。ダイヤモンドがその価値に見合いほどの性能を持っているのか、少し見てみましょう。

希少性

まず、ダイヤモンドはさほど貴重ではありません。

四大宝石の年間産出量を見てみれば一目瞭然。

ダイヤモンド:1500万カラット
エメラルド:300万カラット
サファイア:2000万カラット
ルビー:50万カラット

ルビーやエメラルドの方が、よっぽど希少性が高いのです。

事実、ダイヤモンドを質屋に売ると、驚く程の安値で買い叩かれます。これは、ダイヤモンドの流通量が多すぎるという事に他なりません。

美しさ

これはもう文化によって様々。美の基準は人それぞれです。

なのですが、ダイヤモンドが美しいとされるようになったのは、比較的最近の事です。

例えば、中国では透明な鉱石は価値が低く、翡翠のような非透明もしくは半透明な鉱石こそ宝物でした。

璧

中国ではこれを「玉」と呼びますが、ダイヤモンドは「金剛石」という呼び方。所詮はという扱いだったのです。

丈夫さ

宝石は宝物。
長期にわたって保存するのが基本です。

そのため、傷がつかない壊れないというのはたいへん重要です。

ダイヤモンドが地球上で一番硬い物質というのはよく知られていますが、これは「傷のつきにくさ」を表しています。

例えば、ダイヤモンドとかルビーとかサファイアとか、色々な種類の宝石を一つの箱に入れて、振ってみましょう。

そうすると、それぞれ自分より硬い宝石とぶつかるので、硬度が低い宝石ほどたくさんの傷がつきます。無傷なのは一番硬いダイヤモンドだけ。こういった点では、ダイヤモンドは確かに優れています。

しかし、「壊れにくさ」はまたちょっと別の話。

例えば、厚さ1mmのガラス板と、厚さ1mmのアルミ板をイメージしてみて下さい。

傷のつきにくさに関しては、ガラスの方が上。
ガラス板を爪で引っ掻いても表面に傷はつきませんが、アルミ板なら簡単に爪で傷をつけることができます。つまり、アルミよりガラスの方が硬いのです。

今度は、ガラス板とアルミ板を折り曲げてみましょう。
すると、ガラス板は簡単にパリンと割れてしまいますが、アルミ板はグニャッと曲がるけど元に戻ります。
これは、ガラスよりアルミの方が粘り強い(=靭性が高い)事を示しています。

硬い物質は脆く、軟らかい物質は粘り強い。これはどんな物質にも共通の決まり事です。

ダイヤモンドは超硬い分、脆い。鉄のハンマーでぶっ叩けば、ダイヤモンドは簡単に粉々になります。

ハンマーとダイヤモンド

この粘り強さは、ダイヤモンドよりもルビーやサファイアの方が、実は優れていたりします。

また、ダイヤモンドは熱にもあまり強くなく、条件が整えば800℃程度で燃えてしまいます。火事に遭ったらオシマイです。

一方、ルビーやエメラルドは2050℃、サファイアは1410℃で溶けますが、燃える事はありません。

ということで、ダイヤモンドの総合的な「丈夫さ」は、そこまでではないのですね。

ダイヤモンドの価値は

以上の点を踏まえると、「希少性」はそうでもない。「美しさ」は人による。「丈夫さ」はむしろイマイチ。なぜダイヤモンドが最高の宝石とされているのか、不思議ですね。

スポンサードリンク

ダイヤモンドの歴史

ダイヤモンドが発見されたのは紀元前の事。

紀元前3世紀頃のインドの文献に、既にダイヤモンド交易について書かれています。

その交易によりダイヤモンドは世界に広がっていきますが、やっぱり当時のヨーロッパでの宝石の序列としてはかなり格下。

ルネサンス期には「ルビーやエメラルドの8分の1の価値しかない」等と言われていました。

というのも、ダイヤモンドは、硬く加工が難しい上、カットをしないとあまり綺麗ではありません。

2014-06-03-11-46-40

原石

14世紀に入ると、カット技術は次第に向上していきます。

ダイヤモンドの反射や屈折率を数学的に分析し、一番輝きを放つカットの角度や面の形を算出するようになり、ダイヤモンドも宝石としての格を徐々に上げていきました。

2014-06-03-08-03-12

ダイヤモンドは、カットする事によりはじめてキラキラする

スポンサードリンク

ダイヤモンド業界

ヴェニスの商人

当時のダイヤモンド流通の中心地は、ヴェニスでした。

ヴェニスと言えば、金貸しシャイロックみたいなユダヤ商人。原石の売買、加工、販売は全てユダヤ商人により行われていました。

しかし、当時ダイヤモンドはインドでしか採れなかった為、流通量は少なく不安定で、安定した産業とは言えませんでした。

巨大鉱脈の発見

1730年、ブラジルでダイヤモンド鉱脈が発見され、それまでと比べるとケタ違いに安定した供給が可能となりました。

そして採掘し過ぎた結果、1860年にはブラジルのダイヤモンドは枯渇してしまいます。

しかし、今度は南アフリカでダイヤモンドの大鉱脈が発見されます。

発見のきっかけは、川で遊んでいた地元の子供。たまたま見つけた綺麗な石が、ダイヤモンドだと判明しました。

2014-06-02-22-54-28

「ユーレカ(Eureka)」と名付けられた。ギリシャ語で「我発見せり」

これを機に、南アフリカはダイヤモンドラッシュに突入。世界中から探鉱家が集まるようになりました。

キンバリー・ビッグホールと呼ばれる有名なダイヤモンド鉱山も、この時に採掘されたものです。

2014-06-02-22-48-51

人類が掘った最大の穴、キンバリービッグホール。
表面積17ヘクタール、円周1.6キロ、直径465メートル、縦坑は深さ1,097メートル。人間の欲ってすごい!

セシル・ローズ

このダイヤモンドラッシュでツルハシを持った男たちの中に、後に南アフリカの王となるセシル・ローズもいました。

2014-06-03-12-18-09
悪そうな顔

cecil rhoads

有名な風刺画

セシル・ローズは、採掘したダイヤモンドを元手に鉱山の権利を買い、さらにロスチャイルド家から融資を受けて、デ・ビアス鉱業会社を設立しました。

デ・ビアス鉱業会社はその豊富な資金力により、南アフリカでのダイヤモンド鉱山をほぼ全て支配下におき、最盛期には世界のダイヤモンド産額の9割を独占するようになりました。

この圧倒的経済力が後の南アフリカ会社設立へと繋がっていくのです。

デ・ビアス社は、アパルトヘイトで投獄された囚人(黒人)に採掘をさせるなど、地の利を最大限に活かした悪どい経営を行い、その規模をますます拡大していきます。

スポンサードリンク

ダイヤモンド産業の支配

デ・ビアス社は、豊富な資金力を背景に、ダイヤモンド業界を狡猾に支配していきます。

支配のシステム

まず、デ・ビアス社は、ダイヤモンド生産者の組合を作り、価値の下落を防ぐ為に生産量を調整させます。

次に、生産されたダイヤモンド原石は、一旦すべて関連会社が買い上げて、大きさや品質を分類。

それを、別の関連会社が各販売会社に売り捌くという感じ。

ダイヤモンドの原石の生産から販売までを支配し、ダイヤモンドを買おうとする場合、必ずデビアスを通す仕組みを構築したわけです。

売り方

デ・ビアスのダイヤモンドの売り方は、「サイト」と呼ばれる特殊な方法が取られています。

年に10回行われるサイト。

これに参加する資格を持つ業者は、サイトホルダーと呼ばれます。

サイトホルダーは、「どんなダイヤモンドをどれくらい買いたいか」を、事前にデ・ビアスに伝えます。

デ・ビアスはいちおうこの要望を受け、宝石が入った袋をサイトホルダーに渡します。サイトホルダーは、その中身を見て袋ごと買うか買わないかを決めます。

image

image

中身の選別は出来ませんし、価格の交渉も出来ませんし、ダイヤモンドの質にも量にも文句もつけられません。袋ごと買うか、買わないか、それだけです。

こうしてデ・ビアスは、ダイヤモンド産業の支配者としての地位を確固たるものにしていきました。

スポンサードリンク

ダイヤモンドの広告戦略

冒頭のデ・ビアスのキャッチフレーズでも触れましたが、今、我々がダイヤモンドに対して持つイメージは、ほとんどがデビアスのマーケティングによるものです。

我々には関係ありませんが、普通の日本人なら婚約指輪はダイヤモンドです。

これは、ロマンス映画で結婚祝いとしてダイヤモンドを使わせたデ・ビアスのマーケティング戦略の結果です。「給料3ヶ月分」という目安もデ・ビアスの広告がきっかけです。

また、

有名人を使い、雑誌や新聞中にダイヤモンドのロマンチックな面を想起させるストーリーを掲載する

ファッションデザイナーや流行仕掛け人を雇い、ラジオやテレビで流行を広める

ダイヤモンドを広めるために英国王室に献上する

といったキャンペーンを行うことにより、ダイヤモンドそのものの価値を人々に刷り込む事に成功します。

デビアスは既にダイヤモンド産業の大半を独占していたため、自社ブランドを売り込む必要などありません。

例のシステムで流通量をコントロールするだけで、ダイヤモンドの価格をコントロールする事が可能なのです。

最近のダイヤモンド市場

とはいえ、かつて90%ものシェアを持っていたデ・ビアスも、現在は45%程度に落ち込んできています。

理由は、デ・ビアスのシステムを通さないダイヤモンド供給会社の台頭です。

特にロシア系企業はデ・ビアスの支配を良しせず、独自の流通ルートを確保するようになり、デ・ビアスの影響力もかなり落ちてきているようです。

とはいえ、未だ最大のシェアを持つデ・ビアス。

ダイヤモンドを資産として保有する人々にとっても、価値を高く保つのは歓迎すべきこと。ダイヤモンド価格のコントロールはまだまだ続くことでしょう。

外人のビジネス戦略のスケールの大きさには毎度驚かされます。

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 文化・芸術 経済

タグ : 

  関連記事

コメント (54件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 16:26:31

    相変わらず勉強になるわ〜
    いつもありがとうございます!

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 16:29:55

    陰謀論乙!

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 16:52:01

    ゴルゴにあったなそんな話

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 16:53:24

    >我々には関係ありませんが、普通の日本人なら婚約指輪はダイヤモンドです。
    泣いた(´Д` )

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 16:59:44

    白人様すごいねー

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 17:30:52

    ※4
    この記事最大の号泣ポイントだわ…

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 18:28:49

    ためになった

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 18:32:10

    なお、ほぼダイヤモンドで構成された小惑星がある模様。
    タダの炭素だし、様々な化学薬品への反応性高く記事にあるように温度にも弱い。
    デ・ビアスのマーケティング能力によって作られた宝石だわな。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 18:43:36

    毎回楽しく読んでます。
    応援しています!
    これからも頑張ってください。
    陰謀論乙

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 18:51:57

    「ダイヤモンド」って名前がそもそも成功の一因
    「ルビー」や「エメラルド」が最後の敵として出てきてもピンとこない
    「ダイヤモンド」の方がラスボスっぽい

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 19:57:48

    クレイジーダイヤモンド

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/03(火) 23:55:20

    そしてラピスラズリの美少女感w
    しかし広告の力の凄さを見せつけられたな、感心感心

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 00:25:21

    価値が無いものに価値を作る。
    ある意味関心するね。

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 00:55:15

    ちなみに結婚指輪は永遠の愛を誓うものだから途切れ(途中の飾りとか)のない円じゃないといかんのやで
    まあそもそも元々日本には関係ないはずなんだが・・・

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 00:56:23

    わ、我々にだって関係あるかもしれんやん!

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 02:57:42

    ステマ野郎の頭をつるはしでカチ割るべきだった

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 05:52:37

    庶民は赤いダイヤ(小豆)で十分や

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 07:16:48

    この記事でダイヤモンド業界の裏に興味を持った人は
    映画のブラッドダイヤモンドなんかも見てみると良いかも

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 09:05:06

    なんと言おうと一番きらきらと光ってるのは間違いないし、(人造石を入れたら別だが)
    人間はキラッと光るものに目を奪われる習性がある。
    それは古代から生き物の目の光を察知したり(男の場合)
    身に付けるものの一環としてい重宝されたり(女の場合)していたから。(男が光る物に目を奪われるという習性を利用し、顔周りの耳や胸回りの首元に装飾をつける事で目線を奪いやすくした)
    因みに男はチカチカと光ったりするものに弱く、それを見るとそっちに集中してしまい反応が鈍くなる。(テレビ画面など動いて光るもの)
    女はキラキラと光る物に弱く、見ると目が潤んで瞳孔が開く。(宝石などに感動しやすい)

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 11:34:03

    ※19
    カラスじゃねーか

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 12:30:16

    永遠にずっと変わらないなんて〜
    燃えないゴミと一緒じゃないか〜

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/04(水) 12:52:39

    価値は作るものだね!
    16/20満足度

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/05(木) 02:41:20

    まーやってることは、流行とやらを宣伝する今のマスコミと大して変わらないな。
    規模が違うだけで。

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/05(木) 09:21:05

    この話は正確ではない、というか古い。
    デビアスはアメリカでの独占禁止法違反による訴追を避け、米国内での活動を可能にする為に司法当局と取引をした。プレミア鉱山をはじめとする複数のマインを売却する事でシェア率を40%台に下げ、同時に価格コントロールを放棄した。そのかわりに高級ブランドとしての「デビアス」(LVとの合弁)とForevermarkという2ブランドを立ち合げ、より小売と近しい形で収益を上げるように変化している。
    テビアスのコントロールがなくなってダイヤモンドの価格がどうなったかというと、大きく上った。デビアス陰謀説

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/05(木) 09:36:14

    ごめん、切れた
    (続き)デビアス陰謀説を唱えてきた人々の予測ではダイヤモンドの価格は暴落に近い下落をする、というものだったが現実は逆になった。
    その理由は①デビアスは価格を釣り上げていた訳ではなく、一定のレンジに納まるようにコントロールしており、価格が下がりそうな時は市場から買い上げ、逆に上がりそうな時は供給量を増やしていた。そのコントロールを失い価格は市場原理にさらされる事になった。②世界では中国・インドの台頭によって富裕層の数が飛躍的に増え、ダイヤモンドの需要が跳ね上がった。デビアスのコントロールを失った市場ではそれがそのまま価格の高騰につながった。
    ちなみに今、世界で一番ダイヤモンドが安いのは日本。世界中のバイヤーが日本に来てダイヤモンドを買いあさってる。
    そもそもダイヤモンドは産出量が少い宝石ではないけれど、それ以上に需要が高い宝石。
    ニーズを無視して話を進めるのは乱暴すぎるな(笑)
    はたしてデビアス陰謀説とはなんだったのか・・・

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/05(木) 10:19:02

    実際宝石商が日本人、てのは東京ぐらい。海外だとほぼユダヤ人なんだろ?北京、ソウルでさえ…。

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/05(木) 15:50:33

    小公女セーラってあったじゃん

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/05(木) 17:43:13

    まぁ、人工でもできるし

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/06(金) 02:05:30

    アレキサンドライトが好きだなぁ
    高くて手でねーけどw

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/06(金) 23:37:53

    アレキサンドリア=イスカンダル
    イスカンダライト欲しいな。人工光線と天然光線で色調が変化する石の一つ。

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/09(月) 13:37:26

    私にとってはというか工業系では優秀な研磨材
    価値が無い物に価値を付けるのが上手い人が成り上がるんだなぁ

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/15(日) 15:56:09

    白人のビジネススケールというのは階級社会あってのものだと思う。
    ヨーロッパの上流階級って「人間社会」というのを上から見下ろしてるんだよな。
    だから何万人規模の市場で、ある事業をするためには何千人の従業員が必要で、そのためには失業者をどれだけ作り出すか、なんて人をバカにした思考をする。
    アメリカで言うとカーネギーとかJ.P.モルガンとか。
    ※24 ※25
    どっちにしろデ・ビアスが工業利用じゃない需要を作り出したのは事実だと思う。
    織田信長が「茶会を催す権利」なんてもので部下に仕事をさせたような価値の創出があった。

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/06/16(月) 12:01:45

    永遠の輝きのキャッチフレーズだけで転売が抑制できるのか・・ってなわきゃねーだろw

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/09(水) 01:59:34

    アレキサンドライトの名前の由来はロシア皇太子だよw

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/11(金) 14:25:07

    ※33
    大学出てないのか。可哀想に。
    広告論って学問があってですね^^

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/26(土) 04:39:48

    希少価値が何倍も高く実用的価値もある金より高い時点で値段の釣り上げがあるのは明らかだわな

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/16(土) 16:35:10

    ※35
    大学出てれば誰もが知ってると思い込む視野の狭い人

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/10(水) 17:59:49

    価値を維持するために捨てているのも事実。
    誰がいるかあんな硬質ガラス。

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/11(木) 22:24:38

    必要ないひとには無用の長物。
    将来女性にそんな高いものをせがまれるのが嫌な人が疑問なダイヤモンドの価格の秘密を探る。それはそれで興味深い事実だし。
    もし、それが必要にせまられたときに嫌なら彼女に対しデビアスがしたように、価値がないものに価値をつけて魅力を語ればよい。デビアスがしたことよりはるかにハードルがひくいしね。

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/17(水) 02:37:36

    ルビーを買おう

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/29(月) 10:04:49

    ルビーが一番綺麗だと思ってたワイ、自分の慧眼におどろく

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/15(水) 19:18:37

    じゃ、例えで家の裏山からダイヤが産出したとしてそれをどうすりゃ金に出来るのかな。

  43. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/02(日) 01:15:10

    正誤
     ・正:ルビー、サファイアの融点は2050度C エメラルドの融点は1410度C
     ・誤:ルビー、エメラルドの融点は2050度C サファイアの融点は1410度C
     

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/12(水) 21:10:28

    43正しい。
    ルビー サファイアは同じコランダム。だからね。
    尚まともなサファイアはもうそんなに産出していません。
    上質のルビー サファイアは5万カラット以下でしょう。
    ビルマの加熱しないできれいな、ルビーの2ct以上 サファイアの3ct以上などもうほとんど無い。ほぼ枯渇。業者に頼んでもなかなか安いのは見つからない。
    年間100個も取れないでしょう。値段も現地で最低160万円の価格。
    昔採れた 最高級ルビー2.88ct で5000万円。4.8ctで9000万円と言う
    ものすごい値段。 それで売れたということですね。
    ダイヤなどほとんど作られた価値ですね。あんなもの買う人はアホですね。
    婚約プレゼントには非加熱コランダム 、スピネル ゴールドをおくる。
    それが賢い人ですね。
    20年前黄色いダイヤを卸価格の2倍の150万円でかったが、今100万円でも売れません。もちろん小売値は180万はするでしょうが、どこで売る?ダイヤ業者に持って行っても80万円とかにたたかれる。アメリカでなら売れるかも。日本では売れない。
    8年前ミヤンマーで90万円で買ったルビー 今相場120万円ー150万円で売れるそうです。後5年まてば200万円になるそうです。
    ダイヤなど買う奴はアホである。質屋に持っていけば10分の一だね。
    質屋はまたそれを3倍でうる。
    1ct180万円の最高級でも だいたい買ってくれるのは100万円ほど。だったな。20年もって買値価格になる。がよいところ。

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/27(木) 23:34:16

    おもしろかったです。
    しかし、つくづく、庶民とは富豪たちに踊らされるものなのですね・・・。価値観や幸福感、はたまた人生の意義なんてのも、上流階級の人たちの手のひらの上で転がされて生まれたものなのかも、と、このダイヤの歴史を見ると考えさせられます。

  46. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/12/03(水) 12:20:55

    出美明日のダイヤは毎週末とある空港を離発着停止して空輸されてました。今はダイヤの供給過剰で(サハのダイヤ)価値が下落している。今こそプラチナゴールド、サファイアルビーですね。ダイヤで出来た惑星も在るようだし…

  47. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/19(木) 18:28:45

    ネトゲやるとアレキサンドライトと言う言葉聞くだけで死にたくなるんだよなあ

  48. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/25(土) 18:02:59

    なんか否定的な意見が多いなあ
    カット技術の向上によってダイヤの見た目の美しさが飛躍的に向上し
    その結果ダイヤの価値も上がったわけで、デビアスの戦略はその後でしょ?
    石の価値+技術料と考えればいいんじゃない?
    職人の技術っていう無形のモノにだって値段は付くよ

  49. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/05/08(金) 18:35:04

    人工ダイヤについても言及して欲しかった

  50. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/06/15(月) 17:15:02

    ※47
    kssm!

  51. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/07/21(火) 01:50:19

    コメントも詳しいっぽい人が多くておもしろい

  52. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/08/29(土) 21:57:07

    (茯)

  53. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/09/04(金) 20:00:25

    工業系で仕事する人にとっちゃダイヤなんて装飾系の宝石か
    研磨切削に使う程度の価値だからな。
    しかも工業で使うダイヤなんて人工ダイヤが主流になってるし。
    その点、ルビーなどは小型の精密機械(電子じゃないよ)では色々と重宝する。
    機械時計の軸受けでルビーが使われてるのがその代表。
    ルビーの代わりにダイヤにしたら、宝石使わないほうがコストも耐久も上がるってくらい。
    つか装飾にしても他の宝石の脇役にダイヤ使うほうが見栄えいいじゃんって思うぞ。

  54. 名前:ダイヤモンドエンジンオイル 投稿日:2016/07/01(金) 23:36:09

     ほんと恥さらし。ダイヤモンドは800℃で燃えます。
    自動車燃費恥さらしの三菱はなぜ何度も不正を繰りかえすのか?

スポンサードリンク