メキシコが修羅の国になった理由

我々がまだ若かりし頃、メキシコのイメージって、

2014-07-10-21-06-17

こんな感じでした。
暑い日差しにご機嫌な人々。本当に楽しそうな国のイメージがありました。

しかし、今はもうメキシコと言えば麻薬組織。麻薬組織と言えばメキシコ。

ネット上に大量のグロ画像を供給する国と成り果ててしまいました。

とはいえ、21世紀にもなってなんでそんな状態なのでしょうか。よく分からなかったので、ちょっと調べてみました。

スポンサードリンク

メキシコにおける麻薬の製造

メキシコで本格的に麻薬の製造が始まったのは、1860年代のこと。鬼畜イギリスに阿片漬けにされた中国(清)からの移民が、中南米にケシの実を持ち込んだとされています。

アヘン戦争の開戦理由wwwwwww
1: 風吹けば名無し 2013/08/13 20:23:14 ID:QLaWLUDQいかんでしょ5: MUNA SEA ◆W5W.lHE...

なお、ケシというのは、たいへん重要な作物で、その実から取れる樹液は、モルヒネの原料となり、モルヒネを精製するとヘロインという超強烈な麻薬が出来上がります。

静脈注射によって摂取した直後から数分間にわたって続く「ラッシュ」と呼ばれる強烈な快感は何物にも代えがたいものと言われ、時には『オーガズム の数万倍の快感を伴う射精を全身の隅々の細胞で行っているような』と、また時には『人間の経験しうるあらゆる状態の中で、ほかの如何なるものをもってしても得られない最高の状態』などと表現される。

Wikipedia『ヘロイン』から引用

ちなみに、マリファナに関しては、スペイン植民地時代から、広く一般的に吸われていました。砂糖などと一緒に栽培していたようですね。

まぁいつの時代もどこの国にも麻薬はありますし、その善悪も時代とともに変化するものです。細々と製造しているうちは、さほど目立つようなものではありません。

メキシコの不幸は、すぐ隣に超巨大麻薬市場があったことでありました…。

スポンサードリンク

需要と供給

アメリカは、今も昔も世界最大のドラッグ消費国です。

現職のオバマ大統領ですら、「大麻はアルコールほど危険ではない」「私も吸っていた」と発言しちゃう国。

ドラッグをやった事の無い人の方が少ないレベルです。

そんなわけで、麻薬の製造のノウハウがあり、すぐ隣にたくさん需要がある。供給しない手はないですよね!

なお、アメリカで爆発的に麻薬需要が広がったのは、1960年代。

ベトナム戦争が泥沼になり、兵士の間に薬物乱用が広まっていったことによります。

2014-07-12-21-47-54

ベトナム戦争での兵士たちのストレスは凄まじいものだったのです。

そうして、メキシコの麻薬ビジネスはグングン成長していきました。

メキシコが製造していたのは、主にマリファナとヘロイン。特にヘロインは利益率が高く、たくさんのケシ畑が作られました。

アメリカでも、メキシコからの麻薬の密輸は問題視されていましたが、なかなか有効な対策が取れずにいました。

まず、国境が接し過ぎてて監視しきれないという問題があります。

アメリカーメキシコ国境の長さは3141km。日本列島と同じくらいの長さですので、監視しきるのは㍉。

2014-07-11-08-03-47

色ついてるとこがメキシコ

2014-07-11-21-48-42

いちおうずーっと塀が建ってます。

それに、麻薬の製造にしても、他国の中での事ですので、なかなか口を出しにくいということもありました。

スポンサードリンク

ニクソン登場

しかし、国内の麻薬汚染が進めば、アメリカも流石に怒ります。

1971年、ニクソン大統領は、麻薬をアメリカの敵として、麻薬との全面戦争を宣言しました。

2014-07-12-22-13-19

麻薬戦争(War on drug)」という言葉はこの時のニクソン大統領の演説で使われたものです。

1973年には麻薬取締局を創設し、本格的に麻薬の撲滅に取り組むようになります。

当初の矛先はマリファナでしたが、すぐにコカインやヘロインといった比較的強い麻薬も撲滅の対象となります。

アメリカでの麻薬の最大の輸入国はメキシコですので、まずはメキシコ政府と協力して、メキシコのケシ畑を枯葉剤等を駆使しつつ、粉砕。

これはけっこう効果があったようで、メキシコのヘロイン製造は一時的に深刻なダメージを受けます。

この状況、麻薬の供給側にしてみると、たくさんのお客様が待っているのに作れないなんて!となりますね。

そうして、メキシコの麻薬ビジネスは新たな局面に進んでいきます。

スポンサードリンク

もう一つの麻薬大国

何もメキシコだけが麻薬の製造元ではありません。麻薬の王様コカインを大量に製造する国があります。それは、

2014-07-11-22-51-27

そう、コロンビアです。

2014-07-11-22-53-22

南米では、コカ(コカインの原料)の栽培が古くから行われていました。

そして、この製造から流通までを取り仕切るのが、メデジン・カルテルカリ・カルテルといった巨大な麻薬組織。

1980年代のコロンビアでは、この二つの組織が隆盛を誇っていました。

例えばメデジン・カルテルのボスであるパブロ・エスコバルは、当時世界7位の富豪。

全部麻薬で稼いだお金ですが、その圧倒的な資金力に逆らうことは、コロンビアの人々には不可能でした。

賄賂、脅迫、暗殺を自在に操ったエスコバルは、史上最悪の麻薬王とも言われています。

事実、コロンビアという国の政治から警察までを、完全に牛耳っていた時期がありました。

2014-07-12-21-41-34

麻薬王パブロ・エスコバル

スポンサードリンク

メキシコのビジネスモデル

メキシコの麻薬組織は、メキシコ経由でアメリカに密輸するルートをコロンビアの組織に提供する事で、新たにコカインの利権に関わるようになりました。

最も摘発リスクの高い「流通」を他に任せる事は、コロンビアの組織にとっても悪くない話。

この協力関係はスムーズに構築されました。

メキシコの麻薬組織は、摘発リスクがさらに高いエンドユーザーへの小売は、アメリカのストリートギャングに任せています。

メキシコという地の利を活かして、アメリカ国内に安全に、確実に、麻薬を運び込むのが彼らの主要な仕事となりました。

こうして、新たなビジネスモデルとして、

  • 製造はコロンビアのカルテル
  • 流通はメキシコのカルテル
  • 小売はアメリカのマフィア

という役割分担が出来上がりました。

麻薬戦争の成果

さてさて。

こうした巨悪がいつまでも放置されるハズはなく、ニクソン大統領の後も、アメリカは累計100兆円を超える予算を投入して、中南米麻薬組織の壊滅に取り組んできました。

その成果の一つが、コロンビアの巨大麻薬カルテルの壊滅です。

メデジン・カルテルも、カリ・カルテルも、アメリカとコロンビア政府の攻撃により、組織としては消滅。

結果、コロンビアでは統一的な組織ではなく、小規模なたくさんの組織によるビジネスが主流になりました。

なお、コカインの製造量自体は減っていません。今でもアメリカに流通するコカインの90%がコロンビア産だとか。

単に組織の動きが捕捉しにくくなっただけのような…。

ただ、コロンビアの麻薬組織の力が弱まった事は、そのままメキシコ側の力が強まる事を意味します。

これまでは対等に取引していた製造者と流通者ですが、軍事力でのバランスが崩れ、今やメキシコの麻薬組織は「製造」にも強い影響を持つようになっています。

もう一つ、麻薬戦争の成果を上げるとするならば、メキシコ政府と協力して、メキシコの麻薬カルテルを厳しく取り締まった事です。多数の幹部を摘発する事に成功しました。

結果としては、麻薬カルテルからの報復を引き起こし、復讐の連鎖が続いていますが。

メキシコがああなった原因

本当はもっと複雑な歴史や背景がありますが、まとまらないっすw

というわけで、超ざっくり言うと、こんな感じの背景があるんですね。

難しいけど気合でまとめてみます。

メキシコでは巨大になった利権(麻薬の調達、密輸ルート)を巡って組織同士の戦いが今も繰り広げられています。

他の組織がいなくなれば、その利権が自分のものになるわけで、戦いが止むことはありません。

そこに、メキシコ当局の弾圧があり、三つ巴の血で血を洗う戦闘が日夜繰り広げられているのです。

そんなわけで、現在のメキシコの惨状を招いた理由は、概ね次の4つであります。

①コロンビアのカルテル消滅

結果、メキシコのカルテルが力をつけてしまいました。

②国家による麻薬カルテルへの激しい攻撃

アメリカ政府の支援のもと、メキシコ政府は激しく麻薬カルテルを攻撃しました。
結果、多数のカルテルの乱立を招き、たくさんの人が死にました。

③アメリカの膨大な麻薬需要

買う奴がいるから売るのか、売る奴がいるから買うのか…。

④中南米諸国の経済低迷

コカやケシや大麻を栽培する農家。

麻薬組織に就職する若者。

彼らの目線に立てば、他にロクな仕事が無いから、麻薬を作るしかありません。

麻薬組織のメンバーはどんどん殺し合っていますが、プータローはたくさんおり、人員補充には困りません。

同じくアメリカに接しているカナダは、別に貧しくないので、麻薬組織がこんなに力をつけることはないのですね。

アメリカの麻薬戦争がイマイチ成果を挙げていない原因は、③④を無視して、供給する側のみを叩いた、つまり①②をやってしまった事と言われています。

さらに、抗争に使用される武器は、アメリカから購入しているという、微妙なマッチポンプ。

こうして見てみると、全部アメリカが悪いんじゃないかという気がしてきます。

供給ではなく需要を叩く

つい先日、アメリカのコロラド州で、嗜好品としての大麻が解禁されました。

この解禁には、「合法化により麻薬組織の資金源を絶てるかどうかの実験」という側面があります。

禁酒法時代にアル・カポネが巨万の富を築いたように、嗜好品の単純な禁止だけでは、非合法組織のシノギを増やす結果になる可能性が非常に高いです。

禁酒法とかいう高貴な実験wwwwww
1919年から1933年の14年間、アメリカで施行されたボルステッド法。通称「禁酒法」。これは、法律で「酔いをもたらす飲み物...

そこで、大麻を合法化し、大麻の製造→流通→小売までのビジネスを、表の世界に出そうとしているわけですね。

本当は需要そのものを根絶出来ればいいのでしょうが、その方法が見えない以上、合法化というのは選択肢の一つとして理解はできます。

ただ、大麻はまだしも、コカインやヘロインを合法化するのは無理がありますよね。

国内に強い薬物が普通に蔓延してしまったり、乱用するバカも出てくるわけで、そうやすやすと解禁するわけはありません。

まあ今後も様子を見ながら色々試してみるしかないのでしょうね。

メキシコ頑張れ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 社会 雑学教養

タグ : 

  関連記事

コメント (75件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/12(土) 22:48:53

    ブレイキングバッド見るのオススメ

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/12(土) 23:09:30

    南米で安全な国ってあるんか?

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/12(土) 23:51:05

    ※2
    アルゼンチンとか?

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/12(土) 23:56:22

    ざっくりでもためになるわ。ありがとう!

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 00:16:40

    ドロンズだっけか?電波少年の企画でアメリカ大陸をヒッチハイクした芸人って
    よくやったよねw
    まぁ今じゃまず企画は通らないだろうw

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 02:55:47

    internet, email, 携帯電話の発展が抜けている、やりなおし

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 03:31:08

    (日本でもやったから分かると思うけど)関係ない人を大量に焼き払ったのと、
    911のときみたいに色々借りを作ったんで士気が落ちてるってのもあるよな

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 05:17:29

    更にざっくり言うと皆ビンボーたがら
    一夜の王でもいいからビンボーよりまし
    みたいなのが沢山いんのね

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 09:20:02

    メキシコ8年前に行った時は、セブンイレブンもあちこちあって、平和だったよ。
    今はそんなにひどいの?

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 10:11:28

    大変為になりました。
    解説ありがとうございます。
    メヒコ一度行ってみたいんですが、如何せんあんな状態なので怖いです

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 10:34:50

    タコス食べたくなった。

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 13:04:04

    アメリカさんサイドにも問題があるな

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 13:55:58

    ペルーも相当やばいじゃないか!南米殆ど製造してんじゃないの?
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm23011512

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 16:47:39

    ※3
    ハゲタカのアメ公のせいでもう一度デフォルトしそうだけどな

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 16:49:43

    メキシコがアメリカと結んだ『北米自由貿易協定(NAFTA)』が元で
    経済崩壊に陥ったのも原因のひとつやろ。
    ・発効から18年を経た北米自由貿易協定によって、メキシコの農民の72%が経営破綻。
    ・関税撤廃やISD条項を認め、農業を含めた全品目を解放した結果
    メキシコの農業は壊滅状態になった。
    (メキシコ人の主食トルティーヤの原料であるトウモコシ産業もメキシコ国内で壊滅)
    ・最重要農産品であるトウモロコシの価格低下のために、
    マリファナやケシの実栽培に乗り換える農家が続々と出てきている。
    ・アメリカと同協定を結んだカナダでは、農業関連の会社の7割が米国資本に買収された。
    ・「TPPは、日本と韓国を長期的に潰す為に行う」米国公電をウィキリークスが暴露。

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 17:46:00

    南米はマフィアの国って思ってる

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 18:32:23

    グロ画像がなくて良かった

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 18:38:13

    やっぱ島国ってサイコーですわ
    いくら隣に韓国だの中国だのがあっても海が最終防衛ラインになってくれるからな

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 20:01:06

    ※15
    これはアメリカさん自業自得やな

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 21:03:30

    外交、経済、環境
    全てが麻薬以外の道へ進むのを許さなかった

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 21:44:28

    CIA
    それだけで全部説明可能

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 22:02:33

    枯れ葉剤くそワロタwww
    ベトナムに撒くのはムカつくけどケシ畑に撒くのは大賛成だわww

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 22:55:10

    枯れ葉剤…確かに麻薬畑に撒くのはいいけど、やっぱ土壌死ぬんだろうな…

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 23:27:58

    アメリカがメキシコから農作物をもっと買えば事態はもっとよくなる。
    麻薬の原材料を栽培してるのは、マフィアじゃなくて現地の農民なんだから。
    すべてアメリカの自業自得。

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/13(日) 23:29:02

    こういう国に地震起こればいいのになって思う

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 00:02:02

    このサイトの管理人いつも面白い記事作ってるな
    イタリアのマフィアの記事も作ってくだ際
    何でもしますから

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 00:20:26

    鬼畜アメリカの所業(グアテマラ編)
    ユナイテッド・フルーツ社、グアテマラの国土を派手に占領。しかも、グアテマラ庶民の多くを農奴として使役。

    英雄・グスマン大統領、庶民を重視した政治をするため、鬼畜会社から土地を接収。

    鬼畜会社、逆ギレ。ロビー活動を開始し、アメリカ政府へグスマン政権打倒工作を促す。

    アメリカ国内ではグスマンは悪人扱い、さらにアメリカ政府およびCIAはグアテマラの隣国・エルサルバドルでグスマン政権を倒させるための臨時政府を資金援助や軍事援助で樹立させた。

    アメリカの支援を受けたエルサルバドル軍が、グアテマラに侵攻し、制圧。
    グスマン政権は打倒され、もとのアメリカの植民地状態に戻る。

    しかし、グアテマラ国内にはグスマンに共感する者も多く、アメリカの傀儡政府へクーデターを起こす。

    泥沼のグアテマラ内戦(1960-1996)へ突入。
    こんな鬼畜アメリカを信用しているバカどもは、さっさと目を覚ませ。

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 00:21:48

    白人がDNAレベルで底なしに欲深いのが原因だよ
    人は本質的に欲深く身がってだが白人のそれは度を越えてる
    白人と言うよりアブラハムの宗教そのものの性質だといえる
    それと白人の血が相まって狂気を生み出している

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 01:08:59

    枯葉剤じゃなくて除草剤撒けばええねん

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 09:23:38

    まさかアメリカが悪いでまとめるとは・・・

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 09:26:22

    除草剤よりハーブとドクダミ植えよう。

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 14:54:22

    中南米の麻薬利権から中南米の西側諸国の戦争利権
    に転化していくというネガティブスパイラルがコンボ決めてしまったという事か

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/14(月) 16:13:48

    建国からして
    1830年代に独立したばっかで貧乏だったメキシコ領テキサスにアメリカ人が入植

    外人のくせに自治権を要求

    アラモ砦でアメリカ人義勇兵()と共に玉砕

    メキシコ大統領、ポカミスで捕虜に。テキサスの自治は認めるがアメリカは干渉スンナ!

    現地住民(テキサスのアメリカ人)の投票で独立国テキサスがアメリカの1州に

    メキシコ人激怒、アメリカ合衆国、墨俣一夜城のごとく砦をメキシコ国境川を越えて築く

    メキシコ騎兵隊によってアメリカ人死ぬ。
    自由と民主主義の独立を守るために!アメリカから宣戦布告

    メキシコフルボッコ。カリフォルニアなどの当時の過疎地でも白人どもが国家独立を宣言
    戦後すぐに民衆の要求()によってアメリカ州に

    国土の半分を失ったメキシコ。ゴールドラッシュの金塊を奪わられる

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/15(火) 01:18:33

    やっぱアメリカって屑だわ

  35. 名前:cWo-Anne666 投稿日:2014/07/15(火) 04:12:50

    90年代からメキシコ=ゴアグラの国ってイメージw
    ま、音楽以外にも古くからゴア系の一大産出国で
    ソレがネット時代に入り目にする機会が多くなっただけ。
    犯罪も然りで「世界イチ治安の悪い国」として昔から定評が御座いますし
    屍体なんか見慣れてるからネ、道の真ン中に誰か倒れていても
    平気で跨いで逝っちまうので御座いますョ、うへへ♪
    NAFTAで土地の強制買収やら外国の企業に安い賃金で雇われるやら
    基本的にアメリカ様は御嫌いに御座いますネ、あとイエローもw
    アメリカと申しますと、やはり昔から米国内に於けますチカーノの存在は
    日本(つか、ネトウヨの脳内イメージ)に於けます在日コリアン同様に
    「チカーノ見たら泥棒と思え」的なイメージが御座いますネ、
    「貧乏で犯罪ばかりする不法入国者」みたいなw
    ワダグジは、そんなメキシコのカオスっ振り、更には強かに生きる術を
    昨今の勘違いしたゆとり世代の皆様方にも体感なさって頂きたく思い、
    日本列島全域を腐敗と自由と暴力の真っ只中たる暗黒街へと変革するべく
    cWo軍を率い理想と致します『北斗の拳』の如き世界の実現を目指し
    ネットで、リアルでと日々布教活動に勤しんで御座います。
    心在る皆様方の御理解の程を、今後とも夜露屍苦御願い申し上げます。
    ビバ☆メヒコ!!

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/15(火) 10:01:29

    池田大作はパナマの麻薬王ノエリガ将軍と大の仲良しだったんだよなw

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/15(火) 15:02:12

    コーラを作るためにもコカインは必要ってことですね はい解散

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/16(水) 09:14:00

    アメリカが糞なのは百も承知だがサヨクってほんと現実見てないわな…

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/16(水) 12:03:45

    日本も移民受入れをすると、職が無くなり、貧困が進んでいずれこんな事になるかもと凄い不安だ。

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/16(水) 21:31:11

    >鬼畜イギリスに阿片漬けにされた
    これは常識の嘘。
    当時の英国ではアヘンは「使いすぎで依存症になる馬鹿がたまにいるけど基本、良い薬、万病に効く」みたいに思われてた。
    中国の庶民の間でも「老化で体があちこち痛いけど、働き者で親孝行な息子のお陰で阿片窟通いできる爺さんラッキー☆」みたいな感覚で阿片にたいして好意的だった。
    本来WinWInの関係だったのに茶の黒字を食いつぶして貿易赤字になるのを嫌った中国政府が禁じようとしたってのが真相。
    阿片=ヘビードラッグ=禁じるべき=英国鬼畜、ってのは現代の日本の常識を常識の異なる過去の時代の異国にあてはめた、勘違い。

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/17(木) 02:52:00

    > アメリカが糞なのは百も承知だがサヨクってほんと現実見てないわな…

    何で、アメリカ批判をする者が左翼なのか理解に苦しむ。アメリカこそが他国の文化を壊す左翼の総本山でしょ。アメリカがまるで保守国であるかのような考えが気持ち悪い。
    アメリカ発の冷戦プロパガンダが未だに骨の髄まで染み付いている人が世の中多いのかね。

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/17(木) 02:53:29

    アメリカにとって都合が悪い(経済植民地にできない)国は、悪の枢軸や左翼扱いを受ける。
    キューバなんかが好例だね。
    かつてキューバはスペインの植民地だったが、アメリカが米西戦争(アメリカによる自作自演のメイン号爆発がきっかけ)でスペインを負かしてこれを奪った。だが、米多国籍企業がキューバを経済植民地化し、現地人を奴隷扱い。これにキューバ国民は怒ったからこそチェ・ゲバラなどの革命家が現れて、キューバは反米社会主義国になったわけだ。その途端に、アメリカはキューバを悪の枢軸や左翼国家扱いし始め、相変わらず自国は保守面だった(相手を左翼などと罵ることで、自らを保守と言わなくてもまるで保守であるかのように振る舞える)。
    一方、今のメキシコもかつてのキューバのように、アメリカの経済植民地。麻薬、農業、軍事などのビジネスの格好地よ。そんな国だからこそ、アメリカにとっては保守国であり、良好な関係にある国になるわけだ。
    80年代まではメキシコの政治家も反米派が主流だったらしいが、アメリカ(CIA)の狡猾な根回しでどんどん脇へ追いやられ、今では完全に親米(従米)派が主流になってしまっている。
    中南米は伝統的に反米だが、メキシコはアメリカの隣国だけあって、アメリカからしてみれば最重要地域の一つ。メキシコに対するアメリカの内政干渉は凄まじく、何人も政治家が不審死や失脚をしている。もちろん、理不尽な目に遭うのは尽く反米派であって、親米派の政治家ほど裏では麻薬利権とズブズブでウハウハ(親米派は表向きは麻薬を憎んでるかのように宣うから余計にタチが悪い)。
    それに、メキシコのメディア統制は反米の風潮へ繋がらないよう徹底している。だが、メキシコ国民が皆、アメリカの所業を知れば大規模な反米クーデターが起きるよ。

  43. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/17(木) 04:20:20

    は?www

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/17(木) 17:24:32

    需要と供給だね
    日本でもある。
    石原慎太郎前都知事は歌舞伎町を一斉に取り締まった。
    それで一部の893が地下に潜りマフィア化。
    蓋をされていた半グレや外国人マフィアが出てきて、
    一層治安が悪くなった。
    国家893のパフォーマンスは、うんざりだ!

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/17(木) 23:39:45

    自分がどう生きようがまったく関係ない巨大な力で世界は動かされてる
    自分なんて一部で夢見てるだけ
    無力だ

  46. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/18(金) 17:07:57

    だからなに?どんな力で世界が動いてようが自分が不幸ならすべてが終わる
    自分がすべてでしょ

  47. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/18(金) 18:34:08

    これじゃあアメリカは被害者じゃん
    アメリカが何とかしようと頑張ってるけど、
    本当はメキシコの問題はメキシコが責任もって何とかするもんでしょ
    麻薬を密輸入してる連中に正当性なんてないだろ

  48. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/19(土) 14:30:51

    ちょっと趣旨は違うが、トレーニングデイって映画見ると需要側がいかに腐っているか分かる

  49. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/20(日) 00:36:01

    昔から治安は悪かったし、今もマリアッチとテキーラの陽気なラテン国家だ

  50. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/21(月) 21:41:10

    だいたい元をたどれば英国のせい

  51. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/22(火) 04:34:28

    シンガポールよろしく、麻薬所持は死刑。
    んなこと人権大国様(笑)に出来るわけねーか。

  52. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/28(月) 04:47:22

    >>47
    >>15のコメントが読めないみたいだな、お前。
    実際は>>15の様な背景が理由として大きい。

  53. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/31(木) 07:00:08

    もう、元に戻すのは不可能だから
    行き着く所まで早送りにしちゃった方がいいよ

  54. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/03(日) 07:50:11

    最大の結論は一つ
    移民国家、他人種国家の末路がコレ

  55. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/04(月) 14:31:17

    1の下調べには頭が下がるけどまとめ切れてないねw
    誰かが指摘してるけどNAFTA(自由貿易協定)によってメキシコにアメリカの格安トウモロコシが市場を席巻してメキシコの農家は悲鳴をあげる。
    路頭に迷った農家は麻薬栽培に手を染めることになったのも要因。
    メキシコの麻薬ビジネスの第2世代までは麻薬組織は統一されていた。
    その中でも頭角を現したのがガジャルドという男なんだが、この男が巨大化した組織を幾つかのグループに分社化した。
    そのほうが経営効率からも警察捜査による組織へのダメージも軽減できるメリットがあるからだろう。
    ところがガジャルドが逮捕されてから傘下のグループは支配と権力を廻って闘争を開始する。これが麻薬戦争の始まり。
    弱小の組織でも相当数の銃器を保有してるし、潰されて解散しても新しく組織を結成する。
    闘争に勝ったグループはボスが逮捕されたりすれば内部分裂を始め元ライバル組織と同盟を組んだりする。
    そしてなによりメキシコ国民は潜在的に政府に対して不信感を持っているのも少なからず要因になっている。

  56. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/12(火) 16:48:53

    わざとなのか無知なのか?
    ブッシュ家こそが麻薬カルテルの頂点だということを抜きにしてこの問題を語ることは出来ないだろ

  57. 名前:イージフ石井昭紀 投稿日:2014/08/15(金) 01:42:09

    こりゃあれだ。加納と山谷があほなのが悪い。

  58. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/15(金) 20:15:47

    いってみたい国なんだけどね

  59. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/16(土) 20:55:58

    普通に行く分にはそこまで恐ろしい国じゃ無いよ。
    まぁ、誘拐されて手足切り落とされたりはするかもだが・・・・・・

  60. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/18(月) 01:25:26

    ※2
    チリ、ウルグアイ

  61. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/09/01(月) 03:02:36

    もう更新しないんかなー
    残念

  62. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/24(月) 17:04:21

    ウルグアイのチームとかにサッカーで行くと
    銃をこめかみに押し当てるのをチームメイトに遊び感覚でやられるとか
    本当に狂ってる

  63. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/12/24(水) 13:11:23

    メキシコ人には明るく陽気でいて欲しい。

  64. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/17(火) 10:44:11

    一言でまとめるなら、アメリカが悪いでいいよね
    富む者が居れば貧する者が出る事にまだ気付かないんだから救えねえわ
    ブリカスの遺伝子は途絶える事がないな

  65. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/11(土) 22:16:54

    ステロイドの使いすぎで真菌症にかかるが如し

  66. 名前:名無しさん@上腕二等筋崩壊 投稿日:2015/04/14(火) 11:42:45

    そもそも常識とか努力とか熟考とか無い国民性 メキシコだけじゃないけど
    北海道帯広市に日本人女性を食い物にしているメキシコ人詐欺師いるから注意な
    検索 帯広 タコス メキシコ

  67. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/15(水) 07:50:57

    大麻は解禁しても良いと思うけどな

  68. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/15(水) 07:52:37

    農業を保護しなかったせいだろ
    農家が転業した

  69. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/04/15(水) 11:14:32

    これはGJ
    こうゆうまとめなら応援する

  70. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/09/01(火) 20:23:43

    アメリカが大枚叩いて買うから近くの貧しい国は麻薬を作る。

  71. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/09/23(水) 20:05:54

    >>28
    DNAが何なのか高校生物レベルの知識も無さそうだな。とりあえずどんな遺伝子が「欲深さ」に関係してるのか具体的に言ってみ。

  72. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/10/13(火) 08:48:09

    この話はメキシコの独立から革命の時期からさかのぼる必要があるよ

  73. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/05/08(日) 03:08:51

    日本でもハンバーガーが衰退しつつある、これからはタコスの時代だ。

  74. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/05/11(水) 18:21:05

    一言でまとめるなら、メキシコの自業自得
    努力もしないで、安直に犯罪に走ったつけを治安崩壊で支払っているだけ

  75. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/12/06(火) 19:16:19

    カナダも薬物ヒドイですけど

スポンサードリンク