生物兵器とかいう畜生兵器

スイスの500年の平和と民主主義は何をもたらした? 鳩時計だよ

という有名なセリフがあります。

実際、テレビやインターネットや電子レンジ等々、軍事用技術からの転用は、我々の生活を進歩させてきました。

こないだのブービートラップもそうですが、軍事技術は知恵の結晶です。

圧政や戦争により命が危険に晒されると、人間はものすごく必死に色々考えるのでしょう。

今回は、そんな軍事技術の一つである細菌兵器について調べてみました。

スポンサードリンク

モンゴルの場合

1346年、モンゴルのキプチャク・ハン国は、中央アジアに位置するカッファという街を、皇帝自ら圧倒的な軍勢をもって包囲し、攻めました。

2014-05-16-22-26-49

皇帝ジャーニー・ベク

しかし、カッファは黒海に面しており、イタリアからの支援を受けながら果敢に応戦。

さらに、当時中央アジアでは致死率の高い風土病が流行しており、キプチャク・ハン国軍の兵にも感染者が出始めます。

戦局の膠着に加えて風土病の流行で、士気の低下は深刻なものになり、撤退を余儀無くされます。

怒りに震える皇帝は、撤退の際にある呪いをかけました。それは、

風土病で死んだ味方の死体をカッファの街に投射する

というものでした。

この呪いの効果は凄まじく、カッファの街は風土病に覆われ、市民の半分が命を落としたと言われています。

生き残った市民は、命からがらイタリアへ逃げ延びましたが、この風土病も一緒に連れて行ってしまいます。

この風土病は後に黒死病(=ペスト)と呼ばれ、ヨーロッパ全土を恐怖のドン底に叩き落します。

2014-05-16-22-30-53

スポンサードリンク

イギリスの場合

1763年、アメリカにおいて、インディアンが侵略者であるイギリスに対して戦いを挑みました。

2014-05-16-22-08-06

インディアンの猛攻は凄まじく、インディアン側の戦死者200人に対し、イギリス側は民間人を含めて2000人以上の死者を出しました。

こういった劣勢の中で、イギリスは畜生の本領を発揮します。

以下は、イギリス側のやり取りです。

「不満を抱いているインディアン部族の間に天然痘を送り込む計画は立てられないだろうか?
この際、敵を弱らせるために我々の力の及ぶあらゆる戦術を使うしかない。」

何枚かの毛布に菌を植え付け、敵の手に入るようにしてみる。
もちろん自分には移らないように気をつける。」

「毛布という手段でインディアンに菌を移すというのはうまく行くだろう。
他にもこの忌まわしい部族を根絶やしできる手段なら何でも使うといい。」

実際には、インディアン達は既に入植者から天然痘を移されており、甚大な被害が出ていました。

従って、毛布作戦自体の効果はさほどありませんでしたが、ウイルスを兵器として使う明確な意図が記録として残っている点は重要です。

スポンサードリンク

最古の生物兵器

ちなみに、記録に残る最古の生物兵器は、紀元前6世紀のもの。

古代アッシリア人が敵の井戸に麦角菌という麦に寄生する菌(精神錯乱や手足の壊死を引き起こす)を投げ入れたものです。

また紀元前4世紀頃、かの大英雄アレキサンダー大王も、敵に疫病感染者の死体を敵に弩で投射したと伝えられています。
2014-05-16-18-53-31
英雄アレキサンダー大王
キプチャク・ハン国の事例の遥か前に、この作戦を実行していたのは実に驚くべき事です。

というか、そもそも微生物の発見は1674年の事です。
オランダ商人が趣味として自作の顕微鏡で川の水を観察していて、なんか小さいのが動いているのを見つけた事から、微生物の研究が始まりました。

その遥か遥か昔に、既に経験則を元に、戦争に細菌を利用していたわけですね。

スポンサードリンク

現代の生物兵器

大きく技術が発達した現在でも、実はあんまり根本的な所は変わっていません。

結局のところ、生物兵器への対策は、その細菌(またはウイルス)に対する抗体を持っているかどうかという点だけです。

よく危険性を指摘されるのが、天然痘。

1980年5月8日に、天然痘ウイルスは自然界から消滅しました。

人類が唯一根絶に成功したウイルスですが、逆の見方をすると、もはや誰も天然痘に対する抗体をもっておらず、ワクチンもわずかな量しか保有されていません。

もし天然痘が悪意ある人間によりばら撒かれたら、甚大な被害が出るのは確実です。

また、遺伝子組み換え技術による新しいウイルスの開発も、技術的に可能です。世界中の全ての研究室を監視する事は不可能であり、いつ新しいウイルスが世に出てきてもおかしくない状況です。

現在では、対策として生物兵器禁止条約が各国で結ばれています。この条約には176カ国が調印しておりますが、幾つかの国はこの条約に調印していません。

その一つがイスラエルです。

生物兵器禁止条約に縛られないイスラエルは、生物兵器を開発している可能性が高いと言われています。

なにやら陰謀の匂いがしますが、、、。

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 自然・生物 軍事

タグ : 

  関連記事

コメント (27件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 14:05:34

    バイオみたいな生物兵器あると思ってたわ

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 14:30:07

    てっきり、畜生を用いた犬やイルカ兵器の事かと

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 14:36:54

    生物兵器とは言うものの、大部分は生物学において生物として認められてないんだよな。

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 15:03:13

    ちなみにペストや炭疽は生物だからな

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 15:21:51

    なんか小さいのが動いてる、で腹筋崩壊

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 17:55:14

    このオランダ人、おもむろに自分の精液を観察して、なんか小さいのが動いてることを見つけた人でもある。

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 17:55:16

    このオランダ人、おもむろに自分の精液を観察して、なんか小さいのが動いてることを見つけた人でもある。

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 01:44:47

    >イギリスは畜生の本領を発揮します
    ワロタ。アヘン戦争もそうだけど確かにアイツラとんでもないよな。
    今日の中東情勢なんかもヤツラの二枚舌が招いたようなモノだし
    こうして見ると何が紳士の国だよって感じだわな

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 04:28:54

    軍事技術からの転用が市民生活を豊かにする、ではなく、恥も外聞まなく注ぎ込まれる膨大な予算が技術を進歩させてる、だな。
    最近じゃアメリカでも軍事費が削られて純粋民生品のほうが性能いいから、例えば日本のカメラ屋の技術を米軍が買い付けに来るくらいだぞ。
    ポイントは「軍事か民生か」ではなく「予算の規模」だ。
    あと、どうして軍神石井四郎閣下の名前がないんだ。欧米の白豚どもがビビって化学兵器禁止条約を締結した時、「そうか、化学兵器ってのはそんなにすごい威力なのか」と発想を転換して新兵器開発に腐心したお方だぞ。満州で毒ガスや細菌兵器の開発を続けて、その結果、帝国が惜しくも米帝に敗れた時には部下を全員連合国の追及から救うだけの成果を得られたんだからな。
    実験の犠牲者?
    三等国民の命なんざ別に気にしなかったらしいよ。たぶん自分以外の人間の命が気にならない人だったんだろうね。ミドリ十字の会長もこの人の部下だったらしいし。

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 13:18:55

    最終兵器彼女的な何かを想像して開いたら真面目な記事でワロタ

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 15:27:02

    ※9の痛々しさに腹筋崩壊ニュース

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 17:39:01

    ※8
    ホンマにコレ
    イギリス人の紳士っていうのは自国民の白人に対してだけ。
    あいつら、白人以外の人権なんて無いとおもってるよ。

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 17:55:58

    イスラエル…やはりユダヤか

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 23:06:55

    隣国の最終生物兵器・在◯。日本に密入国させて繁殖、日本に破壊と混乱をもたらす…。

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/18(日) 23:12:08

    畜生の本領ワロタ
    私たちの国にばらまかれた在日という生物兵器はいつ全滅するのでしょうか

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/19(月) 00:02:36

    ここの軍事記事ホント好き

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/19(月) 11:52:22

    ※12
    イギリスは紳士は紳士でも「腹黒紳士」と呼ばれてますから。

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/20(火) 14:21:04

    特アだけをコロス兵器欲しいなぁ~

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/21(水) 18:46:19

    麦角菌は生物兵器というより麦角に含まれた毒物による攻撃じゃね。
    でないと、昔の製法で作られた非加熱酒を飲ませて騙し討ちする事例も
    生物兵器攻撃に含まれることになる。

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/22(木) 09:59:13

    ペストっててっきりヨーロッパで発生したもんやと思っとったわ
    サンキューやで管理人ちゃん

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/22(木) 23:39:37

    ボーダーとサイコパスがシナチョンや売国奴と組んで日本を潰します。
    ボーダーやサイコパスについて学びましょう。

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/05(火) 09:47:19

    麦角菌はどっちかというとLSDに関しての話が有名かも。
    アメリカとか天然痘の種もってるんじゃね?

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/21(金) 20:06:19

    昔の「喪」は感染症対策だったと思う。
    2年くらいの長い期間で、葬式の時点で死人が出た家と食い物を別にして、公式行事(祭り等)も出禁だったから。

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/27(金) 18:22:31

    こういう大それた事ではなくても
    風邪や流行病を隠れ蓑にして、特定の人間の蹴落とし等に使われてるんじゃないかと疑いたくなる事がある。
    層化に狙われてる家で何故か細菌、ウィルス感染が原因で突如発病して大切な時期に苦労したなんてパターンがあった。
    知ってる人は検査関係の仕事をしていて、突如発病して相当苦しんだけど、何もおきなければ正社員になってたらしい。
    しかもその家は、30年間に火事になる確率が平均0.2%程度と言われてるのに放火に遭い、他にも家族が原因不明の病気になっている。
    個人的には層化の暗躍を疑う。

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/14(土) 23:28:15

    米24
    病院「精神科」池としか。

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/16(月) 18:36:57

    ボツリヌス菌とボツリヌストキシン

  27. 名前:匿名 投稿日:2015/11/17(火) 11:04:42

    ※6
    オランダ商人なにしてるんww

スポンサードリンク