ベドラムとかいう鬼畜施設wwwwww

bedlam
名詞
発音 bedləm
不穏な騒ぎ、混乱、気違いざた〔差別語〕、騒々しい混乱の場所

この嫌な感じの単語は「Bethlehem(ベツレヘム)」という言葉が訛ったもの。

ベツレヘムは地名で、イエス・キリストが生まれた、たいへんありがたい場所です。

語源と意味が全然違う訳ですが、これは何故かというと、悪名高い最古の精神病院「王立ベツレヘム病院」、通称「ベドラム」があったからなのであります。

2014-05-09-19-47-30

王立ベツレヘム病院

スポンサードリンク

歴史

まずはベドラムの歴史から。

元々ベドラムは、1247年にロンドンに建てられた修道院でした。

信仰の一環として、その修道院の人々は貧しい人や精神障害者の世話を始め、1330年頃には「ベツレヘム聖マリア慈善病院」となりました。

純粋で崇高な目的を掲げた精神病院でしたが、時代が進むにつれ腐敗してしまいます。

そこでの精神障害者の扱いは極めて劣悪で、監禁とほとんど変わらない状態だったようです。院内はおぞましいうめき声に満ち、暴れるような危険な患者は手錠をはめられ、壁や床に鎖で繋がれていました。

このベツレヘム聖マリア慈善病院は、1666年に起きたロンドン大火で施設が焼失したため、ロンドン郊外の新たな施設に移転しました。

新たな病院で行われた数々の治療行為は、やがてベドラムの悪名を確固たるものにしていくこととなります。

この新しい病院の入口の門には、虚ろな表情の男鎖で繋がれ呻いている男の像が飾られていました。

もう外観からしてただならぬ仕上がりだったのであります。

2014-05-09-22-42-48

2014-05-09-22-44-27

「狂乱と憂鬱の狂気」キース・ガブリエル・シバー

スポンサードリンク

患者の治療

とはいえ、お世辞にも医学的とは言えないものばかりでしたが、ベドラムでもいちおう治療は行われていました。

ベドラムでは、とりあえず、患者は拘束服もしくは鎖を着用され、社会から隔離されます。

そして、下剤の投与や瀉血(故意に血を排出させること)が、嘔吐が症状を改善させるとして、行われました。

これはおそらく、患者が憔悴して大人しくなった事を症状の改善と捉えたということでしょうか。

なお、嘔吐させる為に、けっこう大掛かりな装置も使われています。
それが、この回転椅子です。

2014-05-10-18-18-05

だいたい数時間くらい回転させて、嘔吐や失禁を促します。

また、瀉血については、カッピングやヒルに血を吸わせる方法が取られていました。

2014-05-10-11-01-56

カッピングによる瀉血。今でも一部の症状に対しては医療として行われています

健康な体から血をどんどん抜くわけで、患者たちは常に貧血状態でフラフラ。

体力の無さそうな患者は、逆に入院を断られていたりもしていました。

スポンサードリンク

患者を見世物に

また、ベドラムでは、貴族等の見物人からひとり1ペニーの金を取って、患者たちの奇妙な振舞いや暴力行為などを見物させていました。

bedlam

※毎月第一火曜日は入場無料!

また、見物客には患者を突いて興奮させるための長い杖の持ち込みも許可されていました。

病院の1年の観光客は、最大で96,000人にも上っていました。当時のイギリスの人々にとっての一大テーマパークだったとも言えます。

2014-05-10-01-20-48

「放蕩一代記 - 『精神病院』」ウィリアム・ボガース
二人の着飾った貴婦人がべドラムの狂人を見物している

2014-05-10-01-27-48

トマス・ローランドソンによって描かれた風刺画

やがて、時代が進むにつれ、ベドラムは観光客の誘致を辞め、外部との接触を断ち、秘密に包まれた病院となっていきました。

スポンサードリンク

ベドラムの現在

1814年、エドワード・ウェイクフィールドという慈善家が、ベドラムを訪問しました。

ウェイクフィールドは、男性病棟を見学し、その患者たちのあまりに劣悪な環境にショックを受けました。

その中でも特に酷い環境にあったのは、元海兵だったジェームズ・ノリスという患者でした。彼は、金属製のハーネスを着けられ、鎖で繋がれていました。

2014-05-10-08-33-00

鎖は、病院スタッフが管理する部屋に繋がっており、鎖を引っ張ることにより、いつでも体を壁に叩きつけられる構造になっていました。

ウェイクフィールドがどれくらいの間このハーネスを着用していたか聞くと、ノリスは「12年」と答えました。

ウェイクフィールドは、この事をすぐに新聞紙上で告発。このセンセーショナルな発表はイギリス国民に多大なショックを与え、ベドラムでの治療の実態についての公的な調査が行われる事となりました。

この調査は、精神病院に対しての調査としては過去最大のもので、数ヶ月に渡って行われました。

こうして、当時の病院長やスタッフ達は解任され、ベドラムはまともな病院へと転換していくことになりました。

その後、2度の移転を経て、現在は接触障害や薬物中毒の治療を行う地域密着型の精神病院として、頑張っています。

過去、多くの芸術家が入院していた事もあり、芸術療法には特に力を入れているようです。

2014-05-10-18-54-30

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 生活 社会

タグ : 

  関連記事

コメント (28件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/10(土) 21:07:20

    手淫をしただけで放り込まれたり、今と比べて異常者のハードルがとてつもなく低かった

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 00:20:27

    血を抜く治療法って昔は割りと一般的だったんじゃないの?

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 00:25:13

    ※1
    オナンの故事から「オ○ニー=悪いこと」みたいな考え方が普遍的だったのかもしれんね

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 00:26:45

    >ベツレヘムは地名で、イエス・キリストが生まれた、たいへんありがたい場所です。
    患者A 「先生、私は神のお告げを聞きました」
    患者B 「俺はまだ何も言ってない!」

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 00:37:55

    オ○ニーができないんじゃ俺みたいなコミュ障はどうやって抜いてたんですかね

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 02:45:49

    ※5
    多分地域コミュニティから排除されてまともに生きてけないので自○どころじゃない

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 13:45:37

    コメ欄が◯慰の話題になってて笑った
    こんな場所あったんだねー。
    今回も勉強になりました。
    精神に疾患があったとしても神のお告げを聞く人、みたいな位置付けから社会から排除されるべきもの、みたいな風潮にはいつ頃変わってったんだろうな?

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 17:17:31

    初めの頃は純粋で崇高な目的のためでしたが、やがて腐敗してしまいます。
    おや?なにやら聞き慣れたフレーズでww
    反日在日の政治的思惑から冤病でこれに近いトコ鎖付けされたら溜まらないですね?あ、現代では薬漬けか。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 17:23:24

    アメリカンホラーストーリーの元ネタは
    これなのかな?

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 19:33:19

    見せ物にするのはどうかと思ったけれども、
    閉鎖され過ぎていても中で酷いことが行われているかも知れない…
    今のように地域に、という位がちょうどですね

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/11(日) 22:55:10

    アマデウスの施設を思い出した。
    あれは何処なんだべか?

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/12(月) 08:08:57

    日本でもハンセン病の施設はひどかったらしいね。
    でも世間的に何があったか知らない人も多そう。

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/12(月) 08:28:54

    同性愛は精神異常とかではなく普通に犯罪行為だったっけ?
    イギリスは19世紀初頭まで恐ろしく死刑になる基準が低かったので
    絞首刑になった男娼もいるし、冷戦期にもアラン・チューリングが
    「治療」の副作用で死んでるよね

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/12(月) 08:41:44

    こんな映画あったよね

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/12(月) 13:07:54

    ※13 それは宗教的意味合いが強いよ。
    いまでもキリスト教圏では、同性愛が認められているわけじゃない。
    キリスト教原理主義などは同性愛と同じく進化論も認めていない。
    同様に、妊娠の中絶も犯罪として扱われるばあいがある(あった)。
    強かんされた女性が妊娠した場合も同じだから、しばし問題になります。

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/13(火) 02:55:33

    ※15
    アーミッシュの集落なんかじゃ同性愛ガチ禁止だよな

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/13(火) 09:15:34

    もっとディオゲネス的にならねば

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/14(水) 07:35:08

    回転椅子ワロタ
    そんなのに何時間も結ばれてりゃそりゃ失禁も嘔吐もするわw

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/15(木) 22:00:50

    レーベンスボルンを思い出した

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/16(金) 00:52:00

    遺伝性ヘモクロマトーシスの人が多いヨーロッパ系だから瀉血で回復する人が多かった。
    ヒポクラテスの唱えた四体液説が主流だったから、体液の過剰が原因とされていたせいでもある。

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/16(金) 01:54:55

    アメリカン・ホラー・ストーリー アサイラムっていうドラマ思い出すな
    マッドサイエンティストなドクターはお約束

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/16(金) 01:59:32

    鎮静剤がない時代から鎖で絆ぐしかないだろうに
    精神医学の歴史も浅いから色々錯誤してて面白いな

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/16(金) 02:08:48

    ここの16世紀の患者カルテが現存してることに驚いた
    しかも現代のカルテと変わらないほど詳細な記録

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/17(土) 01:31:19

    かつてはこれでもまともな医療行為だったんだよね。それだけ精神疾患というのは厄介なものだったそうだ。
    そもそも精神疾患の原因が分からない。古くは悪魔に魅入られたとされたこともあった。時代が下ったら遺伝性のものだと考えられて患者の家族も迫害された。
    さらに精神は失調をきたしていても肉体的には健康なわけだから、おとなしくさせておくことすら難しい。ひたすら通電して弱らせて、「治療の効果がありました」なんてね。そりゃ脳みそをひっかきまわすロボトミーが画期的な治療法としてノーベル賞をもらうわけさ。
    いまでこそ薬物療法が適用されているけれど、治る人もいれば長引く人もいる。結局は当時と同じことを手を変え品を変えて繰り返しているだけなのかもしれない。大和川病院みたいなのも、まだどこかにあるだろうしね。

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/19(月) 17:22:06

    同性愛どころかソドミー(動物と致す)は精神病院どころじゃなくて死刑が視野に入る
    重罪だった時代だしな・・・
    しかしながら戦列艦にはメスの山羊が積まれてミルクと生きてるオナホ扱いだったから
    イギリスは同性愛以外には緩いのかもしれない・・・
    王様が離婚したいがために作ったイギリス国教会のおかげかは不明。

  26. 名前:誤字 投稿日:2014/05/31(土) 12:07:38

    接触障害→摂食障害

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/16(水) 10:59:14

    猟奇系スプラッタホラー映画の元ネタに成りそうなトコだなあ。

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/14(金) 19:57:24

    11>>アマデウスの施設を思い出した。
    あれは何処なんだべか?
    救護院じゃなかった?サリエリが入ったとこ。。

スポンサードリンク