毛沢東って過小評価じゃね?

1: 世界@名無史さん 2011/05/04(水) 17:55:04.56 0

中国の優秀な軍人トップテンには確実に入るよね?
何でこんなに評価低いの?

画像1

2: 世界@名無史さん 2011/05/04(水) 19:48:38.66 0

少なくとも1949年までは世界の戦略家としても稀に見る天才
日本と戦ったのは蒋介石で手柄を横取りしたとか言われるけど
戦略として最高じゃん

4: 世界@名無史さん 2011/05/05(木) 18:05:45.27 0

戦争は上手いが内政が…(;´д`)
大躍進政策→文化大革命でボロボロ。
現場を鑑みずに報告と命令だけで処理してるっぽいのが痛い。

http://fknews-2ch.net/archives/31751957.html

6: 世界@名無史さん 2011/05/06(金) 15:56:58.58 0

>>4
いや毛は確信犯だよ
10代の頃から始皇帝や劉邦の粛清を熱烈に賛美してたから
天下取ったら残虐に振舞ってやるって固く決意していた

スポンサードリンク
7: 世界@名無史さん 2011/05/06(金) 16:51:59.62 O

毛も次の王朝になったら始皇帝とか煬帝みたいな扱いかもな

62: 世界@名無史さん 2011/07/08(金) 10:51:29.36 0

>>7
本望でしょ。
毛沢東は尊敬する指導者の一人に隋煬帝を挙げているから。
犠牲を顧みていては、大きな業績はできないんだとさ。

8: 世界@名無史さん 2011/05/06(金) 19:46:06.32 0

1950年頃に死んでれば建国の英雄として名を残しただろうに。

11: 世界@名無史さん 2011/05/08(日) 13:25:08.69 0

この人、スターリンと仲良かったの?
どうもスターリンは馬鹿にしていたような感じがするが。

12: 世界@名無史さん 2011/05/08(日) 13:39:40.15 0

>>11
毛沢東がスターリンをどう思っていたか知らないがスターリンの方は毛沢東や共産中国を嫌がってた

59: 世界@名無史さん 2011/07/07(木) 17:51:32.91 0

毛沢東はギンギンのスターリン崇拝者だったろ。
スターリン後の修正主義やフルシチョフetcを猛烈批判し決して認めないくらいに。

ただ。毛沢東がスターリンを認め一目置いてたのは共産主義者としてではなく、
国内に於ける圧倒的絶対的権力者としての姿であってそれは始皇帝への共感と通ずるもの。

23: 世界@名無史さん 2011/05/20(金) 07:21:06.00 0

毛沢東は絶対に文章の人だよ
ぜったに詩人だよ
まあ、スターリンも詩作の才能はあったようだが

24: 世界@名無史さん 2011/05/20(金) 07:44:01.42 0

>>23
スターリンの詩ってどんなん?
漢詩は難しいよ。毛澤東は豪農の息子だから
漢詩文の勉強はさせられたはずだが、
スターりンは神学校で作詩法を学んだってこと?
それでも漢詩の難しさは格別だ。一緒にはならん。

25: 世界@名無史さん 2011/05/20(金) 15:59:21.89 O

毛沢東は漢詩を沢山作っているが出来はどうなのだろう。
教養のない自分には良し悪しが判らん。

33: 世界@名無史さん 2011/06/02(木) 20:26:40.86 0

毛沢東が中国の歴代の皇帝を評した詩があったな。
その最後の一節がすき。
「フビライはただ矢で鳥を射落とすのみ」とかいうの。

35: 世界@名無史さん 2011/06/03(金) 00:40:01.83 0

>>33
これは面白いな
始皇帝は確か学がなかったのかなww

26: 世界@名無史さん 2011/05/21(土) 00:46:21.81 0

政治家としてはアレだが、毛沢東の筆跡が好きだ。
人民日報の題字とか、簡潔で力強い書体だね。

画像1

48: 世界@名無史さん 2011/06/06(月) 11:50:00.00 0

大躍進の失敗も、「一つの実験が失敗した。まあええやんか」位にしか思って無さそう。

49: 世界@名無史さん 2011/06/08(水) 06:22:32.30 0

建国までは誤りを1つも犯さず、
天下とった途端急速に劣化した所はジンバブエのムガベと被るな

スポンサードリンク
67: 世界@名無史さん 2011/07/08(金) 15:43:18.59 0

大躍進は農民の方が被害が大きかった

文革は農村部優遇の為に都市部を虐げた感じだが

86: 世界@名無史さん 2011/07/09(土) 20:07:47.92 O

文革やりながらどうやって核開発してたんだろうな

88: 世界@名無史さん 2011/07/09(土) 23:43:38.97 0

>>86
逆だよ。文革で国中の資産家の資産を強奪収奪没収したから核開発が継続できた。
つーかもしかすると核開発の為に文革を起こした面もあるかも知れないしな。

そして当時の毛沢東政権中国が核技術導入にソ連に支払った莫大な中華マネーで
ソ連の核開発も進むという循環があったのかも知れないね。

112: 世界@名無史さん 2011/08/02(火) 03:47:51.89 O

毛沢東は天才だよ、革命家、内戦指導者としてはね

独裁権力者としてもある意味では天才。
遥か昔のリアル皇帝 洪武帝の方が民想いだったが

113: 世界@名無史さん 2011/08/02(火) 10:09:15.83 0

何の根拠もない天才だな

実際には中国じゃ珍しくない天災暴君

114: 世界@名無史さん 2011/08/02(火) 15:57:53.68 0

名を残す暴君、特に一代で大国のトップにのし上がるようなのは天才ではあるわな
天災のような天才だけど

115: 世界@名無史さん 2011/08/02(火) 16:42:26.54 0

毛沢東はせいぜい農村の読書人という感じで
近代的な専門知識は無いんじゃないの。
党の事務を取り仕切っていて
のし上がったスターリンとも違う。

116: 世界@名無史さん 2011/08/02(火) 16:48:34.55 0

>>115
それで言ったらヒトラーとかスターリンは偉大というか
毛沢東よりも教養はなかったのではないかな
それにしては、結構近代的な専門知識に精通したりしているけど
もっともルイセンコ学説や地球空洞説みたいなトンデモに
熱を上げたりしたけど
毛沢東は、古典教養に通じているけど
近代科学に通じていないというかww
土方炉みたいな無茶をしたりするのだからww
もっともアレでよく原爆を作れたものだと感心はするのだがww

170: 世界@名無史さん 2011/08/08(月) 20:45:45.59 0

大躍進は評価される事は無いが文革は100年以上先の未来では評価される可能性がある(ヨーロッパの30年戦争みたいに)

179: 世界@名無史さん 2011/08/15(月) 17:56:26.37 0

文革を評価すべき点があるとしたら、大衆動員による権力奪取の手本としてだろうな。

283: 世界@名無史さん 2012/09/12(水) 03:30:22.99 0

しかし中国を見てると国民を理不尽な理由で数千万人殺しても
国家は繁栄するのだから国民の命、人の命ってのは何なのかわからなくなるな

285: 世界@名無史さん 2012/09/12(水) 09:17:32.70 0

>>283
人命を虫ケラのように扱える強圧政権力だからこそ、ここまで無理が効いて
やってこられた。
欧米や日本のような民主主義人権尊重なんて概念だったらとっくに
行き詰って破綻し国内も四分五裂していただろう。
それを分かってるからこれから先も中国指導部上層はこれからも人権尊重なんか
微塵もするつもりはないし、
民主化なんて夢のまた夢。
アメリカやフランスは必死に中国人人権尊重を訴えるが実は中共政権崩壊の
要因ともなりかねないので受け付けないだろう。

288: 世界@名無史さん 2012/09/12(水) 14:01:21.69 0

>>285
欧米の中国人権問題に関するコミットは明らかに単なる政治カードだもんな

289: 世界@名無史さん 2012/09/12(水) 15:05:49.27 0

>>288
近代化の宿題を置き忘れて行儀の悪い大国を作り出してしまった中国人は
いろいろ国際基準に合わせた自己改造をしなくちゃいけないのよ

スポンサードリンク
325: 世界@名無史さん 2012/10/30(火) 00:26:08.70 0

毛沢東って同時代の蒋介石、東条英機、ガンディー、ヒトラー
スターリン、チャーチル、ムッソリーニ、ルーズベルトより
有能だと思うし普通に尊敬する

332: 世界@名無史さん 2012/10/30(火) 18:03:40.02 0

毛沢東って結果を残すから凄いよな
東条英機、ヒトラー、ムッソリーニのこの3人は
国を破滅させたから評価できない

毛沢東を貶す奴は理解できない
毛沢東を犯罪者呼ばわりする奴は一体なんなんだ
東条英機のほうが話しにならないだろ

344: 世界@名無史さん 2012/10/31(水) 03:38:10.63 0

イデオローグでも英雄でもなく
すっかり出来上がって硬直化してきた組織の中の序列で
たまたま責任者やらされただけの官僚軍人の東條を
ヒトラーや毛沢東と並べるのに無理がある
東條は中国で言えば毛沢東どころか江沢民ですらなく、温家宝とか習近平とかそのあたり

362: 世界@名無史さん 2012/11/01(木) 20:38:11.42 O

毛沢東ってどんな出自(家柄)?

周恩来は小役人の家柄だったと思うけど。

367: 世界@名無史さん 2012/11/02(金) 00:19:26.90 0

>>362

1893年、湖南省の裕福な農家の三男坊として生まれる。

2人の兄が早くから死去したため跡継ぎとして育てられるも、幼いころから反抗的だった毛沢東は
父親の反対を押しのけて学校へ通い始める。

http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%AF%9B%E6%B2%A2%E6%9D%B1

文化大革命のときには黒五類といって地主、富農、反革命分子、破壊分子、右派を弾圧、迫害しまくったクセに文革末期に毛沢東の出自が黒五類なのではないかという矛盾が取り沙汰されるようになると紅衛兵をサッサと田舎の農村地帯に下放してしまうとか
何というかね。

黒五類 (文化大革命)
黒五類(こくごるい)は、中華人民共和国において文化大革命(文革)初期に、出身論に依拠し、労働者階級の敵として分類された5種類の階層のこと。
具体的には地主、富農、反革命分子、破壊分子、右派を示し、その家族も含めると中国全土で2億人が存在したとされ、共産党組織への加入、就職、入隊等で差別を受けた。
その一方で、革命幹部、革命軍人、革命烈士、工人、農民は紅五類(中国語版)(太子党)として優遇された。
その他の大衆は紅外囲と称された

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%E4%BA%E9%A1%9E_%E6%87%E5%8C%E5%A4%A7%E9%9D%A9%E5%BD%29

447: 世界@名無史さん 2012/11/05(月) 09:45:53.72 0

毛沢東はただの軍人
政治やらしたらお前ら以下

476: 世界@名無史さん 2012/11/26(月) 07:56:52.38 O

戦略家としては中国史最強、世界史レベルでも十指に入るな。
為政者としては…

493: 世界@名無史さん 2013/01/22(火) 07:49:29.17 O

毛が早死にしたら再度大混乱期に突入する
あの国はあれで良かったんだ

http://fknews-2ch.net/archives/28990357.html

転載元
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1304499304/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史(2ch) 海外(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (40件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 17:11:24

    無駄な犠牲を出す天才だな。

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 17:23:28

    マーガリン共産主義者

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 18:14:01

    6000万~7000万の人民を餓死させた人間を評価するの?

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 18:21:58

    ※3
    だから私は毛沢東が大好きです(ゲス顏)

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 19:14:21

    第二次大戦中は中国奥地をぷらぷら逃げ回ってただけで、最後にポッと出でさらったんだよね。
    中国の古い言葉で漁夫の利って言ったっけ。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 19:36:05

    >>447
    「おまいら」という人達の政治能力は、毛より劣るんじゃないかねぇ

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 20:00:15

    マーガリン・マルクス主義という宗教を題目にした古典知識を持つ成功した山賊

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 21:09:21

    アメリカが蒋介石捨てて少し足りない共産圏をわざとそこに作っただけそこにたまたま立っていたのが毛沢東。歴史の真実。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 21:10:48

    け、毛沢東…

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/18(火) 22:17:05

    大躍進も文革も無為に使い潰せる人間が10億からいたから出来た壮大な実験だよな
    頭で考えるより実際にやってみる方がいいに決まってる
    毛がもっと長く権力の座にいたら中国の人口は多少減っていたかもしれないが、
    その犠牲の上に凄まじい大帝国を築いていたかもしれない

  11. 名前:1927年、革命家毛曰く 投稿日:2014/03/18(火) 22:45:40

    「 革命は、客を招いてごちそうすることでもなければ、文章を練ったり、絵を描いたり、刺繍をしたりすることでもない。そんなにお上品で、おっとりした、みやびやかな、そんなにおだやかで、おとなしく、うやうやしく、つつましく、ひかえ目のものではない。革命は暴動であり、一つの階級が他の階級を打ち倒す激烈な行動である。」

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/19(水) 05:27:53

    けざわあずまが文革で色々なモノを失伝させたのは評価できないねぇ

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/19(水) 08:31:03

    すごい読書家で自分専用の図書館を持っていた。政治闘争に行き詰まると度々そこにこもって古書を読んで戦略を考えていた。
    反日かと思いきや実は中国共産党が最終的に政権を取れたのは日本侵略があったからと側近に言っていたり、台湾独立も民衆の不満対象としてあえて放っておいた(台湾独立問題が解決したら民衆の不満は中国政治に向かうと考えていたため)
    晩年、病に侵され寝たきりになり普通に話せなくても死ぬまで最高権力者であり続け、彼の言葉を唯一理解して通訳していた看護婦に側近たちは賄賂を渡したり気に入られようとしたりした。

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/19(水) 17:25:09

    内政の酷さに関して、あれを狙ってやっていたとしたら
    残虐非道ではあるけれど、為政者としても結構な実力だったのかもしれないと
    確かにそう思うわ

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/19(水) 22:38:55

    毛がいなかったら、80年台には中国は先進国になってた可能性すらあるから
    日本はある意味では感謝しなくちゃいけないと思うわ。

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/20(木) 20:09:15

    むしろ中国の発展が後々まで遅れた原因としか見れんのだが
    中国人の特性と言ってしまうには、香港みたいに支配者が違うのを見てみると明らかに違うし
    毛沢東の影響が皆無になろうとしている今ようやく、中国が超大国になろうとしてる感じ

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/21(金) 00:58:00

    中国が民主化したらボロ糞言われるだろうなw

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/22(土) 20:49:52

    まぁやった事がやった事だから手放しで評価はできないよな

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/23(日) 18:55:33

    東條を無能呼ばわりするアホレスに呆れてる。東條はユダヤ人迫害したり見殺しにはせず国を通過させただろうが! ヒトラーも無能ではないし、ユダヤ人迫害は許せないが毛沢東より遥かにかわいい。毛沢東が中国のいいところを全部潰したのにどこを評価せよと。

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/24(月) 20:37:34

    top10どころかぶっちぎりナンバーワンだよ
    始皇帝とマオおじさんのどっちが傑物ですか?くらいの議論が可能な程度にぶっちぎりだよ
    内政はゴミクズだけど

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/26(水) 07:41:15

    共産主義者は総じて無能

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/03/29(土) 19:37:45

    個人の功績とは言い難いが人が多いだけの木っ端国家に成り下がった中華が数十年で世界二位の経済力を誇る国家になったわけだからな
    色々粉飾込みで実質はだいぶしただろうがそれはそれとしても相応に発展はしてるだろうし毛沢東と彼の作った国家システムの功績は認めざるを得ないだろう
    あと、だからといって国民にとってそれが幸福だったのかというのは近代以降の国家すべてに問いかけられる問題でもあるな

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/14(水) 06:25:44

    毛と東條を比べること自体無理があるなあ。寧ろ東條は愚かな軍部の被害者だろうに。無能とかそれ以前。そもそも毛と同じ土俵に立ってない。

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/06(日) 09:22:11

    毛沢東とか、史上最高クラスのドクズじゃないですか
    人間性を軽視というか無視できたからこその覇業であって
    ある意味で有能であることは認めても絶対に尊敬はできんな
    こいつを素直にすごい!尊敬する!とか思っちゃう奴は
    アカく洗脳された人か、孫正義を信奉しちゃうような頭の弱い人だろう

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/07/21(月) 20:37:06

    >>24
    英雄というのはクズのことなんだぜ?
    1代で中華統一した劉邦と同じくらいいやそれ以上

  26. 名前:憂国者 投稿日:2014/09/14(日) 18:42:54

    シナ人死すべき。
    日本よ。永遠なれ

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/12(日) 01:18:18

    けざわの素敵エピソードはどのあたりまで信憑性があるのか良く分からんのよなあ
    中国人権力者の盛られ具合は異常
    ある程度教養人だったのは確かなようではあるけれど

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/18(土) 18:48:01

    >>5
    逃げてたってアホか
    じゃあお粗末な兵備、寄せ集めの兵卒の中国軍がまともにやって勝てると思ってんのか?
    逃げるしかねーだろ
    逃げて中国統一してんだからどう見ても有能

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/20(月) 02:02:37

    なけなしの軍事功績すら掠め取られる蒋介石とかいう人かわいそう

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/12/24(水) 20:51:11

    過小評価なわけあるか、未だに崇拝してる中国人が一杯おるっていうのに。

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/15(日) 23:34:39

    中国人は馬鹿だからしゃあない

  32. 名前:分かりやすく言うと 投稿日:2015/02/18(水) 22:11:37

    天才であり天災である。はじめから中国を自分の支配下に置こうとしていて、農民を救うというのは支持率集め。日中戦争の時も裏では中国で旅(逃げる)しながら布教して、全然戦わなかった下衆。漁夫の利(国民政府vs日本)などの野心を悟られないようにした、なかなかの策士で戦略家。詩人としてはかなり優秀で、それが戦略で実ったと思う。まぁ、この頃はまだまだまだ英雄だった。
    建国後は完全に頭狂った。(文革)
    蒋介石がクーデターとか叩かれるような事やらなければ今頃中国は先進国だろう(人口やばいけど)

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/18(水) 22:27:25

    今頃に共産党って毛沢東抜くと周恩来とか鄧小平とか劉少奇とか意外と優秀な連中だと気づく。
    今頃に日本万歳や支那死ねを訳もなく喚く奴らが2chではそこらにいるなと気づく。まともな討論しようぜ(2chに何を期待してるんだ俺)

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/09(月) 15:31:45

    歴史の勝者だが偉大かと問われると違う気がするね  軍事面も部下の方が優れていたし、その部下も責任転嫁して獄死させてるし

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/30(月) 20:21:01

    毛沢東より優秀な軍事指導者なんて中国史上いないだろ。
    ほとんど徒手空拳で中国共産党のトップに成り上がり、カスみたいに落ちぶれた中国共産党の勢力から中国統一を果たしてる。
    大躍進政策は擁護しようもない失策だけど、文化大革命は権力闘争の方便だから再び政権を手に入れている以上毛沢東的にはある程度成功と言っていい。
    政治家として最悪って意見もあるけど、本当に最悪の政治家は国を滅ぼすのでそこまで悪くないと思う。擁護しようもないのは内政手腕。人格的にはクズ。
    こんな感じに評価してる。

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/05/13(水) 22:36:54

    そりゃあまあ戦略家としては文句なしに優秀だよ
    それも巨大なレベルで
    早死にしてたらしてたで
    今とは比べものにならないくらいに異常に神格化されて
    害になってたかもしれんが

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/07/19(日) 22:56:40

    軍事的には無能。共産軍の戦術は農村の老人や子供に手りゅう弾を渡し、日本兵は鬼だから降伏しても殺されると言いくるめ、自分たちは逃げ回っていた。
    日本軍はいつ駆けつけても姿が見えない共産軍を隠者の軍隊と呼んでいた。
    共産党が政権をとれたのは洗脳技術の賜物だろうね。

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/08/04(火) 12:14:25

    ※22
    それは鄧小平の功績でしょ

  39. 名前:匿名 投稿日:2016/04/25(月) 23:30:50

    ※37
    とはいえ最後に中華を制したんだからな

    内戦後は内政に関わらないで作家でもやってりゃよかったんだよ
    文章センスはすごいから

  40. 名前:名無し 投稿日:2016/11/06(日) 16:30:11

    ネットウヨ沸きギィ!

スポンサードリンク