火縄銃の威力wwwwwwwwww

1: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:43:25.00 ID:BZLvZE5I

散弾銃と比べても口径が大きいため弾丸自体がかなり重い。
さらに、弾丸の初速は480m/s程度あり、拳銃よりははるかに速い。
火縄銃は小銃に比べれば弾丸の直進安定性こそ劣るものの、近距離での破壊力は現代の散弾銃のスラッグ弾射撃にならぶ、あるいはこれを超えるかなり強力かつ危険なものである。

すごE


3: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:45:16.47 ID:+ZKnACtF

ヒエ~ッ

4: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:45:20.40 ID:QjsboNV0

まあそうじゃないと鎧貫通しないだろうしな

9: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:47:49.45 ID:LGiWGqLK

こういう情報いいゾ~

スポンサードリンク
5: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:45:40.72 ID:Ksmhzo7V
一発こめるのにクッソ時間かかるのに近距離でなんてまともに使えんのと違うか

8: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:47:28.27 ID:jkR4lhNB

>>5
弾込めてから近づけばええんちゃう

13: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:48:14.01 ID:xM0XQ47v

no title

火縄銃ってフォルムかっこよくね

16: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:49:52.20 ID:mQMCeDqW

>>13
これ実は片手持ちじゃね?

14: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:48:47.80 ID:TCMg1ska

西洋「今のままじゃ非効率やな。火打ち石採用や。先ごめ式も改めるで」

ジャップ「今のままじゃ非効率やな。一連の動作を武芸にして鍛えるでござる」

17: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:50:06.96 ID:AX/SC2Xw

>>14
改良したくても藩が許可してくれないからね、しょうがないね

22: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:51:49.39 ID:3BnKNLXh

>>14
日本やといい火打石が手に入らんかったらしいなあ
ただ手順が面倒やけど火縄式の方がフリントロック式よりも瞬発で命中率よかったらしいけど

20: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:50:46.46 ID:79SXUJRe

鎧で防げたの?

27: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:54:21.06 ID:3BnKNLXh

>>20
防げん、西洋じゃ甲冑の廃れた理由の一つや

34: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:57:25.36 ID:2u6DNb1y

>>27
銃防げないならノーガードに切り替えていくっていう思いきりがすごい

35: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:57:41.51 ID:79SXUJRe

>>27
なんで日本じゃ廃れなかったんや?

63: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:12:45.57 ID:/t7i0G+4

当世具足ばっかりの関ヶ原に鎌倉を思わす大鎧でやってくる時代錯誤な武将もおるんやから
鎧がずーっと残っとるくらい余裕よ

74: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:21:04.96 ID:x5A47njr

>>63
名前教えてクレメンス

80: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:22:51.68 ID:/t7i0G+4

>>74
そんな時代錯誤のキチガイ島津に決まっとるやろ

スポンサードリンク
82: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:26:40.03 ID:E1E4Lrmb
>>80
誰もが納得

64: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:14:54.38 ID:wKNreu1k

あれこれ装飾してある火縄銃の中で
島津の薩摩筒だけは装飾一切なしの無骨なデザインだったの見た時にあいつらほんまもんやなって思った

65: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:17:40.46 ID:DIe3VqVU

薩摩はなんであんな基地外戦闘民族なんや

72: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:20:27.66 ID:/t7i0G+4

>>65
人国記「薩摩のやつらは忠義とかそういうの関係なく戦場で死ぬことしか考えてない」
とか言われとるからな…

51: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:05:15.79 ID:n6Ma3o2m

重い鎧着込んでもどーせ当たったら死ぬなら
軽量化して動きまわって当たる確率を減らそうというのは
アリな考え方やな

68: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:19:08.72 ID:2kdC3yaz

重量の関係で全部守れないなら胸だけでも守ろうって発想で
ヨーロッパやと胸甲が作られたんやで

胸甲騎兵の胸甲ならそれなりにマスケット弾防げるんや
実際に防いだ跡が残ってる鎧が現存してる筈

81: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:23:10.28 ID:3BnKNLXh

>>68
no title

http://imgur.com/O5iivz8
フランス軍とか第一次大戦でもまだ胸甲着こんどるからな

31: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:55:50.03 ID:7PL0k44s

関ヶ原の時は何万もの至近距離からの打ち合いで弾と弾が当たってる奴が田んぼから出てくるらしいなぁ…
ほんまアメリカ独立国戦争まで戦略とかあんまなくて軍楽隊が音楽ならしながら横一列に並んでせーので撃ち合うだけとか怖すぎ

37: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 06:57:51.83 ID:jYR/pLch

>>31
戦列歩兵は頭おかC

56: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:07:00.77 ID:3BnKNLXh

>>37
当時の軍隊のシステムからいうと散兵戦術っていうのはかなり専門性を要する高度な戦術なんや
脱走の恐れがあるし騎兵の突撃で散り散りにされるし戦場での情報伝達もラッパと太鼓しかない時代やからな
18世紀から19世紀半ばまでは徴兵や訓練もかなりええかげんで士官も貴族とか名士とかで今みたいなガチガチのプロフェッショナルじゃない
当時のマスケット銃のめちゃくちゃ命中率の低いもんやしな、横隊戦術による一斉射撃やないと期待通りの効果は出ん

73: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:20:29.82 ID:lBBH6NIO

>>56
横隊組んで相手の白目見えるぐらいまで接近して一斉射撃せなあかんのやもんなぁ
どんだけ当たらんっちゅーんやマスケット

66: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:17:48.92 ID:n6Ma3o2m

ヒストリーchか何かで火縄銃コレクターの外人が
試しに日本の火縄銃で射撃大会のマスケット部門に出たら
いきなり優勝したとか言ってたわ
技術の進化の仕方がガラケーと同じだよな昔から

79: いやな奴 ◆l5xQ/PyHlnau 2014/01/17(金) 07:22:37.49 ID:Qk4CSb3H

ヨーロッパ人て機関銃でてきても兵士が勝手に塹壕ほるまで戦列歩兵なんだっけ?

87: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:29:13.11 ID:2kdC3yaz

>>79
ちょうど江戸時代の終わり頃に散兵戦術に変わっとる
最初に学んだ幕府が戦列、少し後に取り入れた長州薩摩が散兵
幕府陸軍が散兵に変えて訓練し始めた時にちょうど第二次長州征伐&鳥羽伏見

これが勝敗分けて日本の歴史変えたんや

スポンサードリンク
88: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:30:52.70 ID:3BnKNLXh
>>87
日本の地形やと密集隊形戦術は根付きにくかったらしいなあ

101: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:35:57.32 ID:GFGb/CSr

>>88
南北戦争でも戦列歩兵が新式銃にボコられたんやけど
時期ずれで日本でも同じ現象が起きたから世界的な流れやね

70: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:19:44.23 ID:7PL0k44s

火縄銃が日本国内に有りすぎて外国から侵略受けなかったとかなんとか

78: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:22:28.63 ID:2kdC3yaz

>>70
侵略する暇のある国がないんだよなあ
明は崩壊寸前、朝鮮お察し、スペインはヨーロッパで忙し過ぎる
むしろスペイン領フィリピンやと日本からの侵略を真面目に心配してた

107: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:44:51.69 ID:GiAatFw4

火縄銃が戦国で重視されたのに
江戸幕府時代になぜか刀が武士の命に

アホちゃう

112: 風吹けば名無し 2014/01/17(金) 07:54:16.61 ID:vL6R2/Y+

>>107
そら銃砲強化しても戦争しか起きんからよ
単純な兵農分離ではなく
刀や平城など文化の側面が大きい物にお金を使い
城主と家族の身を江戸に拘束したから平和な時代が続いた

明治以降、農民を再び軍事力に取り込んでしどうなったかは知っての通り

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1389908605/
火縄銃の威力wwwwwwwwww

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 教養雑学(2ch) 軍事(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (10件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 10:18:08

    旧式銃とはいえ、殺傷力は抜群だからな。
    今のスナイパーライフルを雑賀孫市に扱わせたらどうなるか架空戦記とかで
    見てみたい。

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 10:21:43

    関ヶ原地元だけど、そんな弾と弾がぶつかったやつが田んぼから出てくるなんて聞いた事ないぞ。

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 11:53:56

    南北戦争とかいう戦列歩兵をライフルでやりあったキチガイ戦争

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 12:05:47

    戊辰戦争か西南戦争で官軍の兵士と賊軍の兵士が放った弾丸が
    衝突したというのは聞いたことがあるし、多分どこかの博物館に
    残っているだろうけど、関ヶ原は聞いたことないな

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 12:29:04

    関ヶ原の頃になると鉄砲足軽もかなり戦列歩兵的な運用になってる。
    後ろから弓、足軽、鉄砲の順に並んで、相手に一斉射撃。
    ただ、三十年戦争のヨーロッパが作り上げたような高度な銃兵は結局生まれなかったが。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 13:03:33

    黒色火薬すごE
    胸を守っても、当時の医療じゃ他の内臓でアウトなんだよなあ・・・
    装薬量を最適にしないと、威力が減ったり火薬が無駄になったりして、難しかったやろなあ

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 13:05:39

    あの戦闘民族薩摩がクッソ平和で長い江戸時代を無事に切り抜けたのが不思議やな
    なにかしらやらかして御取り潰しになるやろ普通

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 14:21:15

    目を細めて離して見ると、ちょっとソードオフのショットガンにも見える。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/17(金) 14:30:50

    どうでもいいけど何でジャップなんて言葉使うんだよ、黒人が自分をニガーと呼ぶのと同じことか?何にせよ気分悪い。

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/02/09(日) 15:35:08

    火打ち石式のやつは着火不良多いから、完全に火縄を駆逐した訳では無いって何かの本で読んだな。
    あと、南北戦争あたりでライフルマスケット導入されて狙撃兵がそれまでの常識を越えた距離から狙撃してくるようになったみたいなことも書いてあったような。

スポンサードリンク