WWⅡ末期の日本軍wwwwwwwwwwwwwwww

1: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:25:12 ID:lQZM0sFJ

キチガイ以外の何物でもない


2: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:27:13 ID:Ii8cy5Ox

自爆特攻で敵艦を沈める←wwwwwWWW??wWwwww

育成に時間掛かるパイロット無駄遣いすんのやめーや

7: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:30:11 ID:Ttd9nMg+

>>2
逆や、熟練がおらんくなって学生あがりの即席パイロットだらけやから
必死突入の方が効率良いと考えたんや

なお効果は

16: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:32:25 ID:Ii8cy5Ox

>>7
熟練搭乗員が死んでるのに何で新人まで殺しちゃうんですかねえ・・

スポンサードリンク
82: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:49:18 ID:ORUGcgRX
>>16
新人が居らんくなったら無人が控えとった(奮龍)

44: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:40:30 ID:fcsGCJqF

>>2
一機で正規空母を大破させられてるからむしろ合理的なんや

末期になると純粋にアメリカが割に合わんと思えるぐらいの損害をあたえられるかどうかだけが問題になってた
そのためには硫黄島なんかの徹底抗戦や特攻は合理的な手段や

アメリカにとって太平洋方面はあくまで2軍戦やったから、そこで何十万の死者を出すわけにはいかんかった

63: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:44:44 ID:ORUGcgRX

>>44
合理的というかCAP(艦隊防空)を抜く手段が、飽和攻撃しかなくなっていた。

敵が制海権掌握して、艦隊でウロウロしているので
制空戦闘をして、攻撃隊に通常爆撃機をさせようとしても全滅してしまう。

3: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:27:26 ID:sNhrZqUY

特攻は目的と手段が入れ替わってたな

49: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:41:42 ID:5tViNoTk

軍上層部「国を守れ!」→わかる
軍上層部「だから玉砕しろ!」→ファッ!?
国民も大事な国の要素ちゃうんかい…

65: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:44:58 ID:+3Xc6P/i

>>49
??「兵士は畑から取れるから問題無い」

68: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:45:47 ID:Ii8cy5Ox

>>65
おは書記長

335: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:46:33 ID:tSn6TNjd

特攻も結構効果的だった事実
ただ相手の数が膨大で大破させてもすぐ修理されて戻ってくるから(アカン)

349: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:50:13 ID:OK1H4bST

物量で圧倒されてるときに特攻なんかジリ貧でしかないからな

364: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:55:56 ID:DiCFluqh

>>349
ジリ貧やないで
当時のアメリカ兵士一名の人名は日本人兵士の十名ぐらいにあたるんや
命の重さは国によって変わるから一概には言えん

物量で圧倒してて戦死者も相手の10分の1のベトナム戦争ではアメリカは敗北したしな

22: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:34:11 ID:91a/zBZG

糞組織のお手本
日本の悪い所をこれでもかとミキサーでかき混ぜたような

32: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:37:36 ID:OUcwMcIS

海軍の敵は陸軍であり余力をもって米国と戦うべしみたいなバカ発言もあるしほんまアホやな

217: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:17:15 ID:5tViNoTk

陸軍「海軍嫌いンゴ…軍部大臣現役武官制で倒閣するンゴ」
なにやってだ

378: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:59:36 ID:yNYxJhKD

高校生が派閥争いでわざとエラーとかしながらプロと戦ったのが先の大戦よ
そら勝てんわ

スポンサードリンク
5: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:28:36 ID:7wBQVAvB
大和をなんで沖縄に向けて発艦させたんだろうな
誰が考えても戦力の無駄遣いかつ無駄死にって分かってただろうに

15: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:31:57 ID:Ttd9nMg+

>>5
それこそ死に場所を求めて、やろうな
大和温存のまま負けたんでは国民に申し訳が立たんとでも思ったか

18: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:32:44 ID:sNhrZqUY

>>15
軍が向いてたのは「国民」ではない
あたりまえの話やけど

23: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:34:51 ID:r8J3Ol66

座礁固定砲台マンになったのって大和だっけ?

26: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:35:53 ID:Ii8cy5Ox

>>23
なお、なれなかったもよう

31: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:37:26 ID:r8J3Ol66

>>26
する予定があったってだけだっけか

37: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:38:58 ID:Ii8cy5Ox

>>31
沖縄で座礁砲台になるために向かってる途中に沈んだんやで

大和とかいう大飯ぐらいの怠け者はポイーで

30: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:37:08 ID:sNhrZqUY

>>23
大和は燃料貰って船として活動できた方

ほかに生き残ってたのは燃料不足で動かせんから
呉で浮き砲台やってて空襲食らって着底とかした

34: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:38:11 ID:r8J3Ol66

>>30
悲しいなぁ
サンガツ

140: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:00:14 ID:OK1H4bST

大和残ってたら戦争責任問わされそうだから特効させたんやろな
色々と口では格好いいこといってたけど乗組員の命はなんなんだと

41: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:39:35 ID:Tubl8W5T

トップがアホやと国が傾く典型例やからなあ
末端がホンマに可哀想
戦争するならするでまともな指導部じゃないとあかん

45: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:40:49 ID:vLW1hJYS

わいが1930年代の戦争指導者ならアメリカは軽くいなしておいて全力でドイツとソ連を挟み撃ちにしますわ
ロシアを分けあった後は反転して日中戦争を終わらせ、ついでにアメリカを粉砕して世界の半分をとればええやろ

56: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:43:29 ID:nM3AFZVr

>>45
ノモンハンの一個師団に補給するだけでも関東軍の兵站がパンクしてるのに対ソ戦とかできるわけないやん
中国戦線の泥沼はどないすんねん

59: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:43:51 ID:OSdH46Zi

何故負けを認めなかったのか

スポンサードリンク
64: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:44:51 ID:/hWry6ae
>>59
敗戦国になったらドイツみたいに賠償金毟り取られるし仕方ないね

66: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:45:32 ID:Tubl8W5T

>>64
その結果国体が崩壊したんですがそれは

72: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:47:19 ID:OSdH46Zi

>>66
でもオーバーキルしちゃうから払わなくていいって事になったんやろ?
代わりに一時期連合国の占領下になったけど

81: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:49:13 ID:dhGoRIeT

no title

89: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:50:43 ID:DU/Yn39A

>>81
よく見るけどこれでオ○ニーしてるやつは頭が悪すぎる

94: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:51:53 ID:ohaW2rfu

>>89
頭が悪いかどうかは別として日本は最後まで中国を点と線でしか支配してないってのが読み取れる

98: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:52:14 ID:Ii8cy5Ox

>>81
戦力密度考えたら失神モノなんだよなあ

116: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:55:36 ID:DU/Yn39A

戦争末期はイメージばかりで語られるからあまり実態に言及されないよな
例えば航空兵力はフィリピン沖縄方面に集中させてて本土は手薄だったとか

146: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:01:01 ID:1QkAoQRw

>>116
本土決戦唱えておいて兵力の大半は国外やからな
ほんまアホですわ

130: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:58:26 ID:OK1H4bST

この期に及んで本土決戦主張してたアホは全員腹切れよ
宮城事件とか狂ってるわ

149: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:01:25 ID:u9jidXeb

日本は日清日露戦争でラッキー勝利して調子に乗りすぎてた
なんとかなるやろ的雰囲気があった
結果 全滅

153: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:02:08 ID:k9k0e77P

>>149
なお日露は勝ってない模様

168: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:05:06 ID:H/MgB20g

>>153
日露戦争は日本が戦略目的達成したんだから立派な勝ちやろ

169: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:05:11 ID:DiCFluqh

>>149
日清日露は準備万端の完全勝利やで
日露なんかむしろ露西亜の領地の切り取り方が足りんわ

短期決戦レベルの戦争しか出来んかったところでWW2やったのが間違い
そもそも日中戦争の早期終結に当時の政治家軍人が失敗しまくって泥沼化して、そっからからさらに泥沼で始めた戦争やからな、大東亜戦争は

スポンサードリンク
199: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:12:17 ID:ORUGcgRX
>>169
蘭印の油田制圧、産油地と製油技術まとめてゲットというムシの良いことやったのに
早期講和なんかできるんやろか?
石油第一で始めた戦争やで

235: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:20:52 ID:DiCFluqh

>>199
そもそもなんで油田を強奪する必要があるかと言うと、日中戦争が泥沼化して、中華民国の補給路を断つために
南部仏領に進駐したらアメリカに石油の禁輸されたからや

日中戦争(これは中華民国の大日本帝国に対する先制奇襲で始まった「侵略戦争」)→大東亜戦争って流れを戦後教育はすっとばしてるからおかしくなる

それこそ東京裁判史観やのに、ネトウヨもいきなり「アメリカに立ち向かって…」としか理解しとらん

246: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:23:49 ID:r3oH1POP

>>235
そのくらい高校世界史で習うレベルやろうに知らん人おるんやな

272: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:28:51 ID:rAp/2fTB

>>235
そもそもアメリカと中国は仲が良かった、結託しておった
歪んだ戦後教育でこれを教えていないのは痛恨

日米VS中国視点しかない日本人が増えすぎや
米中は今でも仲が良かった時代を引き継いでいる、決裂したわけじゃない
中国とアメリカは世界を2カ国で分けようと話し合ったこともある

いまの中国はその話はどうなりました?と言ってるだけなんやな
だからアメリカは黙ってる、どうしようか思案中

321: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:42:10 ID:Xqbq+WAz

>>272
こマ?

360: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:54:23 ID:rAp/2fTB

>>321
キッシンジャーなんて、いまでも米中は協力すべきと言っとるで
米中の二カ国で世界を建設することができたら、どれほど高い頂上に達することであろうか

ドイツからアメリカに亡命しアメリカ軍に入隊していた人物でもあるんやで

151: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:01:57 ID:/qgILCGD

油は大量にあったけれど本土に持ってこれなかったってマジ?

159: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:03:47 ID:Ii8cy5Ox

>>151
現地日本軍「ドラム缶に油つめて流すンゴww」

158: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:03:44 ID:nM3AFZVr

>>151
マジ
具体的に言うと44年11月以降タンカーが一隻も日本に入ってきてないレベル
しゃーないから小型船舶やら帆船まで輸送に駆り出す始末

165: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:04:56 ID:NTncQqzZ

>>158
てか
大型タンカーなんか数隻しかないので捕鯨船改造してタンカーとして使ってた
原油が漏れるのであっさり潜水艦に見つかりry

156: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:02:55 ID:NTncQqzZ

>>151
日本は通商破壊作戦を全く計算に入れてなかった

海軍軍令部も参謀本部も大本営もw

164: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:04:52 ID:ohaW2rfu

>>156
漸減作戦という超無理のあるけど唯一勝機のあるかもしれない目的のために
海軍整備してたからしゃーない、イギリスやらアメリカと比べると超いびつな海軍なんや日本は

漸減邀撃作戦とは、優勢なアメリカ艦隊が太平洋を西進してくる間に潜水艦などによって徐々にその戦力を低下せしめ、日本近海に至って、互角の戦力となった主力艦隊同士の艦隊決戦で勝利を収めるとする日本海軍の対米戦基本計画である。

173: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:06:30 ID:aWdK4djn

>>164
戦闘艦艇の数は多いけど考え方がいわゆる沿岸海軍やからね

172: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:06:18 ID:7/ZQDlFF

海軍軍「民間船も徴発するやで~、乗組員ももらうやで~」
日本郵船「ちゃんと責任取ってくれるんやろな?」
海軍「名将海軍を信じろ、へーきへーき」

海軍「じゃあ俺先に帰るから、民間船は護衛無しでソロモンから本土まで帰るんやで」
民間船「えっなにそれは」

米国軍「なにやってだこいつら……(魚雷シュパー」

スポンサードリンク
181: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:07:30 ID:aWdK4djn
>>172
トラック島空襲されたときも
商船は置いてけぼりにあってて
貴重な高速タンカー沈められてたな

186: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:08:48 ID:nM3AFZVr

>>172
おかげで今も日本郵船と商船三井は海自大嫌いやな
有事にはフェリー貸してもらう約款やけどほんまに協力してくれるんかいな

189: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:09:22 ID:7/ZQDlFF

日本郵船「おい民間船の被害賠償しろよ」
日本政府「わかったンゴ、ちゃんとお金払うンゴ」

日本政府「やっぱ払いたくないから賠償金に100%の税金かけるンゴwwwwwwwワイ将天才やねwwwwwwww」

なお史実のもよう

196: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:10:52 ID:r8J3Ol66

>>189
ヤクザやんけ!

198: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:11:36 ID:Ii8cy5Ox

>>189
ファーッwwwwwwwwww

166: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:05:00 ID:rAp/2fTB

日本軍は日露戦争のときまでは現場の叩き上げが多くて強かった
実力主義ですね

でもそれ以降は学歴主義で現場を知らない人が増えて弱くなっていった
現場は相変わらず優秀なんだがトップの判断ミスで痛恨の敗戦の連続

学歴で大事なのは経歴に傷がつかないことだから自己保身しようとするのがやばい
とにかく逃げようとする、責任から逃れようとする
一方で保身のためには部下に玉砕してこいだし功績を欲しがる

171: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:06:09 ID:u6zPBuOT

日露で下手に勝っちゃったんが結局あかんかったんちゃうか、後付けやけど

178: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:07:19 ID:H/MgB20g

>>171
関係ないやろ
純粋に昭和の政府がバカだっただけや

190: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:09:40 ID:OK1H4bST

やっぱ明治教育って欠陥あったんじゃね
明治に教育受けたやつらが中心になるにつれて狂いすぎやろ

206: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:13:14 ID:H/MgB20g

>>190
??「全部乃木が悪いよ乃木が!」

207: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:13:56 ID:qRY0ljb2

>>206
おは司馬

203: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:12:38 ID:u9jidXeb

学歴社会って言うか単純に開戦初期にあちこち手を広げすぎて補給線が簡単に断たれたという
結果 餓死

224: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:18:45 ID:rAp/2fTB

>>203
だからそれも海軍大学校と陸軍大学校の立派な人たちが決めたんやでw
学校で学んだだけで現場を知らない人たちや

180: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:07:29 ID:5tViNoTk

富嶽という史上最強クラスの爆撃機があってだな…

187: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:09:01 ID:Ii8cy5Ox

>>180
くっさ未完成やんけ!

193: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:10:27 ID:tkdnyMLd

>>180
富嶽実用化出来る工業力と資源有ったらアメリカとの戦争回避出来たんじゃね

誉やハ140すら満足に運用出来なかった当時の日本の工業環境で超高度重爆撃機とか
イスカンダルから波動エンジンが持ち込まれるかマクロスが落ちてきて
巨人の超科学が日本に持ち込まれましたレベルの絵空事だわ

170: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:05:31 ID:u9jidXeb

アメリカが日本を追い込もうとしてやった数々の作戦が鬼畜すぎて草生える

191: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:09:55 ID:+3Xc6P/i

>>170
富士山を赤く染めるンゴwwwww

185: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:08:24 ID:OK1H4bST

ダウンフォール作戦の概要怖すぎ
鹿児島辺りなんかは人いなくなるわ

208: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:14:26 ID:u9jidXeb

でも南洋の楽園みたいなところで戦闘もほとんど無かった部隊もあるらしいし
運やね

223: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:18:27 ID:OK1H4bST

>>208
たまに思い出したように米軍が爆弾落としていくぐらいで暇なところもあるからな
暇すぎて現地のおねえちゃんと結婚したり

229: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:19:56 ID:H/MgB20g

投入兵力の90%が死んだフィリピンとかいう地獄

205: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:13:10 ID:6luozM47

そもそも満州事変がアホやんな

関東軍とか勝手にあんな事しとるのに処罰もなんもないし
国際社会での立ち位置は急激に悪くなっとる

213: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:15:28 ID:6luozM47

攻め込むのに大義名分は必要なんだよなぁ

むしろ日本が攻め込まれる大義名分を与えた

283: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:31:41 ID:dJyY7k81

>>215
日経の私の履歴書でも書いとったけど、人を殺したくない一心でひたすら逃げ回ってて笑った
それでも遠征に向かった船団で自分が乗ってたボロ船以外はほとんど沈没させられたとか妙に強運やったらしいね

289: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:33:13 ID:7/ZQDlFF

>>283
雪風ではなく水木しげるが幸運の女神だった可能性が微粒子レベルで存在する……!?

315: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:39:53 ID:ohaW2rfu

雪風も幸運艦やけどそれ以上に運が強いのが信濃丸やで
日露戦争でバルチック艦隊見つけた船がこの時もまだ輸送船やっとる
10ノットそこらしか出ないくせに沈められず生き残って戦後も復員船やっとったわ
おそらく有史以来日本一の幸運船

355: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:52:38 ID:vtL4QEfM

>>315
そして水木しげるは信濃丸と雪風の両方に乗ってるという

320: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:41:53 ID:vLW1hJYS

>>315
うっかり戦前にタイムスリップしてしまったらこれに乗ればええんやな

231: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:20:08 ID:tyz/5h+w

日露戦争の時やって継戦を求めて暴動起こすような国民やから特攻も空襲も
自業自得やね

と言うても戦争せえ言うて暴動起こしたような奴と特攻隊で遺書残してるような
奴は全然別のタイプの人間なんやろなぁ

240: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:22:30 ID:H/MgB20g

>>231
前者は今でいうネトウヨ、後者は自衛隊員だろな
所詮口だけの連中が大騒ぎしてるという今と変わらない構図

264: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:26:36 ID:tyz/5h+w

>>240
そんな感じなんやろなぁ
不満に任せて大騒ぎする連中のツケをマトモな奴が払うんは納得いかんわ

しかも戦争に負けて反省や懺悔やいうても何も変わってへんのが一番アカン

245: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:23:36 ID:ohaW2rfu

日本が補給無視したとか言うけどああいうふうに対米戦で勝利し続けて
進撃し続けないと勝てないんだからそうするしかないやんけ
南方取って長期戦の態勢整えると行っても
そらできることはできるけどその間に米英が同じもの何十倍揃えてくるんだからなあ
まあ戦争始まった以上あれ以外やりようがない
護衛が貧弱と言ってもそのために一線級部隊の戦力回したらアメリカと戦うのが益々不利になる

どっちにしても国力差からして全て詰んでるんや、無理を通そうとして無理やり考えたのがあの戦争での日本のやり方で
それはかなり理にかなっていたはずや

254: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:25:19 ID:7/ZQDlFF

>>245
そもそも当初建ててたプランとしては進撃せずに
小笠原諸島あたりで艦隊決戦一撃講和だったはずなんですがそれは

271: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:28:50 ID:ohaW2rfu

>>254
その戦力は軍縮条約化で対米六割が維持できるという原則でぎりぎり成り立ってたもんで
アメチャンが景気対策で戦艦バカスカ作り始めた時点でもう崩壊や
だから真珠湾攻撃に行き着くんやな

その後の航空手兵に展開しても結局開戦した後アメリカ都の戦力比が開き続けるんやから
ミッドウェーで敗北した時点でもう後は大日本帝国がどれだけ延命できるかだけの問題になってもうた

本当にバカな戦争したもんや

269: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:28:26 ID:5r/Yn0C+

まあ戦争なんて大体屁理屈から始まる

371: 風吹けば名無し 2014/01/13 12:58:11 ID:ohaW2rfu

日本は国力貧弱やけど
総力戦の態勢がソ連エゲレスに次いで整っててたおかげで
戦争中に作った兵器の数は国力の割には驚くべき数やで
飛行機2万機以上を筆頭に粗悪ながらも大量の輸送船と水上艦の増産を成し遂げた

ただこれじゃ米英敵に回したらどうにもなりませんわ
戦後の紅玉国の布石になったのがせめての救いとしか言う以外ない

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1389579912/
WWⅡ末期の日本軍wwwwwwwwwwwwwwww

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史(2ch) 軍事(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (30件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/15(水) 23:22:28

    無駄な話しだ。先人達が居て今の俺が居る。それだけで良い。

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/15(水) 23:41:30

    トップの保身だけは昔も今も変わらない
    東電とかな

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/15(水) 23:54:25

    沖縄には長門も突っ込ませろよ

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/15(水) 23:57:50

    1億玉砕しなかったからいまがある
    が、なくてもよかった

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 00:09:58

    ※1まったく良くない。
    先人達に感謝することと、何が正しくて何が間違っていたのかを考えることは別の問題。
    大和が沈没した海戦の戦闘詳報は公文書館のウェブサイトで閲覧できるが、そこには「思いつきで作戦を立てても精鋭部隊を無駄死にさせるだけ」という趣旨が記載されている。
    後世に残す公式記録に、作戦を立案し裁可した上層部を批判する一文を残すのがどれだけ大変なことか、組織の一員なら誰でも分かる。
    後世の我々は、先人たちの言葉に耳をふさいではいけない。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 00:12:09

    上が無能で末端が苦しめられるって構図は現代も変わってないよな

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 01:08:52

    英霊とかいってるけど、ほとんどは上の滅茶苦茶な作戦で犬死した一般人だから、
    遺族なら心の問題で英霊と呼びたい気持ちはわかるけど
    戦争関係ないやつらまで英霊とか言って史実を直視しないのはいかんでしょ

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 01:22:26

    海外はしらんけど日本人の文化や社会って上に立つ人間を育成するもんじゃないってことだよね。
    ま、戦争にならないように媚売りながら国民に飯食わせるしかないよなぁ独立とかいうけどデカイ顔できるわけじゃないし。

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 01:23:32

    日本が零戦を出してから海洋戦闘スタイルが激変したのに、空母を量産せず機械ヲタ好みのギミック満載な戦艦に力を入れるとは・・・

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 01:25:31

    むしろ先人たちが無能すぎたせいで現代に生まれてこれなかった人がたくさんいるんだよなあ
    ファッキュー戦犯ども

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 01:28:24

    ※10
    今の豊かな暮らしは関東軍の無能共のおかげとも言えるんやで(ニッコリ)

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 02:43:55

    あれれぇ~日本軍がいなくなったら共産主義がアジア全土に蔓延しちゃったよ。ソ連はアメリカの同盟国だったのに?戦前は中国を侵略してるの一点張りだったのに、朝鮮戦争が起こって日本に再軍備求めてきたよ?ちなみにアメリカは国民党に支援したあと共産党に支援したんだよね。

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 03:47:58

    石原莞爾「石油が欲しくて戦争する奴があるか!」

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 11:35:31

    アメリカが日本側の降伏の打診を許さなかったからね、しょうがないね

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 11:56:39

    基礎工業力や共通規格が整ってない時点で総力戦をやろうとする自体、自殺行為なんだよなあ。しかも、陸軍と海軍で別々で物資や資材を取り合ってるし…。

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 12:43:13

    鉄が足りなくて終戦間近にはコンクリートで船作ってたからな
    武智丸でググってみ。

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 13:26:33

    国民党とズブズブの関係になって共産党討伐支援の見返りに資源買い叩けば良かったんだよなあ

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/22(水) 01:16:05

    ※17
    それやったら、今頃中国は民主国家かつ日本の同盟国。対共産主義でアメリカとも仲良く・・・という夢のような世界だったんとちゃう?

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/23(木) 19:34:50

    しょーがねぇよ
    コント、ギャグの筋書きで
    シリアス演技を一生懸命やってたいたんだから

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/25(土) 23:13:49

    ※13
    土地と未開拓市場手に入れるために戦争おっぱじめるのは良いんですね?(ニッコリ)

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/28(火) 17:15:55

    ※5
    ちなみに大和を特攻させないでそのまま本土に置いたままだったら120%空襲で撃沈されていたな
    そしてそのメモの代わりに、「乾坤一擲の心情で敵に向かうべきだった」というメモが残される
    そして現代の無知蒙昧な連呼リどもが「大和を突っ込ませなかった日本軍は役立たず」とか馬鹿にする、と
    ifだという話はあるだろうが「間違いなくそうなる」

  22. 名前:憂国者 投稿日:2014/09/14(日) 19:04:37

    日本は少し急ぎ過ぎた。アメ公を攻める前に、何が何でもオーストラリアを攻め落として、日ソの条約をもっと確かなモノにしておけば歴史が変わた。日本が五大国だったでしょう。

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/06(月) 03:42:44

    兵役もなく爆テロのターゲットにもならず安価で高性能のPCでネットができる日本に
    生まれて幸せだよな

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/12(日) 18:44:08

    あ、ふ、ぃ、ぶ、ろ、ぐ、

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/15(日) 14:31:54

    ※23
    なお、もう日本はISISのターゲットにされてる模様。兵役もこのまま行けば確実に付く

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/03/19(土) 05:34:50

    ケンカは相手も自分も痛いからしちゃいけません

    母ちゃんから一度は誰しも言われていると思うんだけどな

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/04/17(日) 11:34:43

    44: 風吹けば名無し 2014/01/13 11:40:30 ID:fcsGCJqF
    >>2
    一機で正規空母を大破させられてるからむしろ合理的なんや

    その一機が成功するまでに何人(必ず)死なせてるんですかね……(ドン引き)

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/06/11(土) 23:59:36

    スレに頭悪い奴がチラホラ居んなぁ

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/09/02(金) 07:03:17

    国力が一割しかないのに対米6割7割とか言い出すアフォ国家
    夜郎自大

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/09/14(水) 00:19:01

    後からならなんとでも言えるわ
    バカどもが

スポンサードリンク