芥川龍之介や大宰治みたいな文豪はなんで自殺するの?

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:15:26 ID:C2md9XKGO

(´・ω・)おちえて


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:16:40 ID:1RCctun20

二人とも自殺しそうな顔じゃん

画像1

画像1

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:16:41 ID:tvS9d51s0

太宰はどうせ狂言自殺の失敗だ

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:17:26 ID:gWUfIiLEi

>>4
狂言自殺って何なのさ

スポンサードリンク
14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:18:54 ID:tvS9d51s0
>>7
構って欲しいから死なない程度に自殺する

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:25:37 ID:gWUfIiLEi

>>14
マジか
メンヘラみたいだな

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:17:23 ID:b9I+1TzE0

芥川はもう病気の激痛で耐えられなくなったんだっけ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:17:52 ID:kMmRL/oi0

川端康成もそうだっけ?

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:19:14 ID:bcSbH/fxQ

>>10
川端は三島の自決の影響が強い

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:20:27 ID:LmBV3q2N0

>>15
ノーベル賞の重圧だと思ってた

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:22:04 ID:MU6GAjPc0

むしろ自殺しそうな性格が文学的に向いてるとか?

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:30:22 ID:Uvc56Mpb0

>>25
あの当時は、人生を降りてるような奴が作家に向いてたんだろうな
幸せになるための努力としてはトンチンカンすぎる

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:22:51 ID:XVcPc1FP0

天才は考えすぎるもの

太宰治は心中で一人女性を殺している
太宰のみ生き残ったが結局自殺

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:24:30 ID:u27q28F10

○○や△△みたいな文豪はなんで自殺しないの? という疑問は浮かばないのだろうか

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:25:07 ID:tvS9d51s0

>>32
だって村上春樹とか死にそうにないもん

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:27:32 ID:gDhqzwm/0

>>33
あいつすげえ人生を楽しんでそうだよな

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:26:42 ID:LRekgrOQ0

作家にしろ音楽家にしろ芸術家にしろキチでないと並みの作品は出来ないんだろ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:27:29 ID:q/ENDURD0

小説家と一般人の自殺率に大きな違いはないらしいけどね

スポンサードリンク
45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:27:40 ID:Uepiu+BB0
あの頃の作家って専業で食っていけるほど儲けてたの?

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:47:58 ID:enmKIEzVP

>>45
芥川は朝日新聞の記者じゃなかったか?

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:48:25 ID:q/ENDURD0

>>75
記者っていうか、専属作家みたいな扱い

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:28:08 ID:GYF/xxaDO

芥川はドッペルゲンガーが見えるとかで発狂して服毒だっけ
妄想し続け綴り続けてりゃ、そりゃ気も狂うわ

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:28:29 ID:QOPTtRxd0

川端だってノーベル賞後ろくな作品も書けなかったっていうし
なんだかんだ絶望して死んだんじゃねーのかっていう

三島の自決だけ浮き杉だろ

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:33:49 ID:bcSbH/fxQ

>>48
三島も自決直前の頃はあんまり売れなくなってたし、日本を憂う寄稿をしても話題にもならなかったしね
とにかく戦後日本に対して大いなる問題提起をしたよな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:29:36 ID:SWkoUVrLO

三島は頭おかしいレベル

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:33:01 ID:Uvc56Mpb0

三島の自殺は、意味のわからない、からっぽの記号を提示することで、そこに議論をまき起こしたかったんだ
と分析してた人がいた。つまり、身をもってナポリタン

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:40:04 ID:q/ENDURD0

太宰は自殺したせいで妙な評価のされ方してるよね
人間失格とか面白いけど、彼の作品の中ではかなり異色な作品。でも代表作扱い。

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 00:41:30 ID:IOe6KYw60

>>61
自殺してなかったとしても当時の太宰はまさに人間失格ww

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:02:50 ID:+knRvKid0

芥川も太宰もみんな厨二っぽいよね

96: キュア法師 ◆XJHAoK0R22 2011/02/05 01:12:16 ID:jpV3N6tTO

>>91
文章表現を追及し、それがたまたま天才的な才覚で成功しちゃった結果、厨弐が本来理想としてるもの、つまり醒めた感じの論理化を実現しちゃってんだよ。
そりゃ生きてられないだろ

学者によれば日本人で一番キリスト教を理解してるのは遠藤周作で、二番目が太宰なんだそうだ。
俺も、そう思う

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:16:21 ID:Z4jnhiJ30

理解は別として、確かに太宰はキリスト教文化圏の価値観に近い感性・思想を持ってたと思う
(当時の)日本社会で生きるのはさぞ辛かったろうなと作品読むと感じるわ

105: キュア法師 ◆XJHAoK0R22 2011/02/05 01:22:40 ID:jpV3N6tTO

>>99
『駈込訴え』で心が震えた時、やっとキリスト教が広がった理由がわかった。

それにしてもあれだけ繊細かつ尖鋭的な感性を抱えたままリア充の権化みたいな生き方してたんだから、ホント尊敬するわ

スポンサードリンク
109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:27:29 ID:Z4jnhiJ30
>>105
地方の金持ち名家で頭は天才的にキレる
これでリア充にならん理由もないけどね
ただ、表面的にはリア充に見えるとしても、内面はもう地獄だったろうな

112: キュア法師 ◆XJHAoK0R22 2011/02/05 01:31:18 ID:jpV3N6tTO

>>109
その上高身長イケメンで絵画もたしなみ、ユーモアのセンスも桁違いと来たもんだ。

うん、俺もスペック的には恵まれた方だけど、太宰レベルのスペックで自分に課さなきゃいけないハードルとか、もう想像しただけで耐えられないわ

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:23:12 ID:XNJAHBi+0

頭の良い人の悩みってのは死ぬことでしか解決できないのかもね

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:41:10 ID:abPcMY4UO

太宰って芥川賞捕れなくてキレたんだっけ?

131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:43:43 ID:hHXU4Hcu0

>>126
康成たんに嫌われてたからね

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:46:18 ID:d4yfDNvaO

>>126
太宰の心中未遂後だったから
審査員の川端が作品は良いけど作家自身の生活が駄目って評して
それで太宰が作品と生活は関係ないだろってキレた

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 01:48:24 ID:nj3RbM+j0

>>126
「この作家はまず生活を正した方がいい」

160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/05 09:22:31 ID:LLp+ANJRO

関係ないけど、太宰が書いた川端に芥川賞落とされた件のエッセーで、『刺す。後ろから刺し殺す』みたいな文章が唐突に出てきて爆笑したwww

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296832526/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 小説・書籍(2ch) 生活(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (7件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/02(月) 20:25:49

    芥川の友人宛ての手紙からは、非常に荒廃した精神状態と体調最悪な様がありありとわかるよ。大を漏らすとか書いてあったような記憶がある。ショックでした。

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/02(月) 21:22:11

    だから芥川賞とれないんだよ…って周りは思っただろうな
    でも、大抵みんなハマるよね、太宰

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/03(火) 09:54:23

    大いなる誤解。文豪が自殺するんじゃなくて、自殺する人の中に文豪がいるだけ。
    後、誰が自殺したっけ? 歴史上五万といる作家のうちの指折り数える程度、
    多くもて20人かそこらが自殺してるだけの話だ。

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/14(土) 17:14:59

    作家は芸能人みたいに自殺したら新聞やメディアが報道する
    一般人が自殺してもそれを知るのは基本的に本人の周りの人間だけ
    だから作家は一般人より自殺してる人が多いと錯覚するんだろうよ

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/12/16(火) 11:56:13

    働くぐらいなら死を選ぶ
    本が売れないからと言って、真面目に働くなどありえない。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/06/07(日) 04:53:26

    所詮自殺者する人間はいくら天才だろうが文豪だろうが だだの馬鹿

  7. 名前:匿名 投稿日:2016/04/27(水) 10:40:13

    人間誰もがいずれ死ぬ。それをどう扱おうが個人の自由。
    むしろ後年仕事がなく飲んだくれて家族に見放され孤独死などと恥をさらすより
    絶頂期に死んで歴史に名を残した方がよほどいい

スポンサードリンク