世界史の流れに自信ニキ

1: 風吹けば名無し 2013/08/27 06:52:32 ID:IPgyq87v

なぜ最初に文明が発達した国は先進国になれずに未だに揉めてるのか教えてほちぃ
(エジプト、中国、ギリシャなどなど)


2: 風吹けば名無し 2013/08/27 06:54:32 ID:7dBJOvAT

そいつら何回も滅んでるから

23: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:02:26 ID:7dBJOvAT

つーか同じ地域にあるだけで全然違う国だから

5: 風吹けば名無し 2013/08/27 06:56:41 ID:5thYe14R

最初にすげーシステム作って繁栄しちゃうと、
時代がすすんでも、その成功したシステムが足かせになって、
変化できないんやで

スポンサードリンク
11: 風吹けば名無し 2013/08/27 06:58:01 ID:IPgyq87v
>>5
あ、たぶんそれ正解だわ
だから歴史がない国のほうが発展したんだな

13: 風吹けば名無し 2013/08/27 06:59:07 ID:mdu0eLRV

それを上回る文明が発達したら大体衰退する

15: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:00:58 ID:mzwKqQJZ

近代化の波に乗りおくれたで正解

18: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:01:18 ID:m1Zx3fuY

文明の発達言うても水が豊富な所に人が集まって組織ができただけやで。

それらがいくつかできると戦うんや。負けた側、戦いが嫌いな奴らはあちこちに引っ越すんや。

20: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:01:46 ID:4p34y0NO

最初に文明が発達した条件と
今先進国になってるかどうかの条件は別物やろう
特に後者はややこしそうやしアホやからわからん

22: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:02:06 ID:ils9K/gP

今は戦争を決するのは技術だけど昔はそうでもなくて野蛮な騎馬民族とかのほうが
戦争に強かったりした
だから文明が発達したけどそのぶん軍事を軽視した国はたびたび周辺異民族の
侵略に苦しんで衰退したってことじゃないかな
まあ中国はイギリスが来るまで繁栄が続いたけど、あれも民族という観点からすると
侵略されてるからね

25: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:03:09 ID:rwnG5yCy

>>22
モンゴル「よろしくニキーwwwwwwwwwwwwww」

24: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:02:53 ID:Kyoq0prn

ほとんど宗教が問題やないん?

34: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:05:06 ID:5thYe14R

>>24
エジプトみたいな現人神信仰
中華帝国みたいな礼儀作法としての儒教
ギリシア・ローマの多神教

どんな宗教でも繁栄はできるで

30: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:04:16 ID:IPgyq87v

宗教問題についてはどうなんや?

宗教のせいで現代でも戦争は続いとるけどその宗教が発展してなかったらもっと人々はバカみたいにすご戦っとったんとちゃうか?

108: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:55:10 ID:rUeHvk6Z

>>30
宗教は社会に影響を与えるもんだから良い影響もあれば悪い影響もある
宗教が戦争を起こすというふうに直結して考えるのも早計だが、
かといって宗教戦争は実は政治問題であって宗教は利用されているにすぎない、といった感じで宗教イノセント論を唱えるのも違うと思う
実際には政治が宗教を利用することもあるし宗教が政治を利用することもある
パレスチナ問題なんかは両方やろな

115: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:57:44 ID:eqPCMH8s

>>108
宗教がなかったら人をまとめあげるものがなくて、内乱アンド内乱よ

125: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:04:04 ID:rUeHvk6Z

>>115
でも中途半端な単位でまとまって外部に対して畜生化しやすいからかえって争いが起こるって面もあると思うで
一神教に限らず戦国日本の仏教なんかもそうだけど

130: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:07:21 ID:eqPCMH8s

>>125
原始からの話や
宗教が科学だった時代、科学が宗教以外に必要ない地域では宗教は人をまとめあげる道具
ある程度文明が成長したら足枷やな

スポンサードリンク
76: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:37:02 ID:F9ycL1iT
キリスト教ってのは教典自体に矛盾があるおかげで、公会議で教義を決めるってのが昔からの流れ
おかげで技術革新に教義を合わせる事が可能なんや
イスラム教はなまじコーランがしっかり出来て教義もバッチリなせいで、古い因習に囚われてまうんやな

41: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:09:58 ID:4CN+JTfk

なんだかんだで中国は世界2位の経済国にまでなるんだから
自力というか底力は恐ろしいわ

45: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:12:35 ID:ils9K/gP

>>41
中国の恐ろしさはいつのまにか侵略者が中華文明に取り込まれてる点だと思うわ
たいていの異民族王朝は中華文明の後継者を自称して、全く新しい勢力だとは名乗らなかった
数が多すぎてそうしないと統治できなかったのかもしれんが

96: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:46:14 ID:nFlafbNZ

>>41
そういえば他の古代文明の発祥地って
ほとんど土地が荒廃してるのに対して
中国文明は南へ範囲を広げた結果
発祥地の北部は荒廃しても南はまだ
豊かな土地で巨大な人口を支えてきたからな
他の古代文明は2千年くらい前には全部滅んでるけど
中国文明は清王朝まで続いてるし、一瞬西洋に抜かれただけで
ほとんどの期間先進国の地位を維持してるから中国は
1の例から外すべきかもしれん
どうせその内世界一の大国になるだろうし

102: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:51:28 ID:Mdsk86h5

>>96
中国文明て言うても、文化は商~周の間で一回途切れてるで
ついでに言うなら黄河文明は長江下流域の父系遺伝子O系が長江北上してってO2、O3と分岐して作った文明やから
発祥は江南やで
成都あたりにも周の時代まで黄河文明に匹敵する規模のD系の文明があったみたいやし

44: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:11:19 ID:7dBJOvAT

つーか今中国より強大な国なんてアメリカぐらいだろ

48: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:15:18 ID:4CN+JTfk

普通に中国みたいな国家が近くにあるのは恐ろしいわ
人間性がどうあれあれだけの人口があってそれなりに裕福になったら敵うわけがない
アジアでの立場がなくなってまう

59: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:20:30 ID:Exk10S1k

>>48
あれだけの人口があれば、それなりに裕福になるのは無理やと思う。

64: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:22:32 ID:4CN+JTfk

>>59
そら全員がってわけじゃないけど
実際急成長しとるやん、資源もあるし
まぁこのままずっと順調に成長するとも思えないから
まだまだ当分は日本も安泰やろうけど、ずっとそうとも思えんよ

72: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:29:00 ID:Exk10S1k

>>64
ジニ係数(格差係数)見れば分かるし、成長率は落ち込んできている。昨日、ブルームバーグ辺りで、安定期に入ったという会見を中国が行ったというニュースを見たけれども、落ちこんでいるのは事実。都市部の貧富格差は240倍程度やし、農村部はもっと酷い。非現実的やで。

100: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:49:00 ID:eqPCMH8s

>>72
歴史勉強すれば、国としての豊かさと貧富の差は関係ないってわかるだろ
奴隷候補が多い分日本よりも有利じゃん

49: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:16:31 ID:Kyoq0prn

アメリカは経済も軍事も世界最強やないんかな

56: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:19:06 ID:Nn9s4slJ

>>49
もしアメリカが没落していったら
後の時代に今の時代がパクス・アメリカーナと呼ばれるくらいには大正義ちゃうかな

58: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:20:04 ID:ils9K/gP

>>56
もうすでに呼ばれてるで

スポンサードリンク
53: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:18:35 ID:Exk10S1k
なにもかも、大航海時代(植民地の建設)と産業革命やと思うけど

63: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:22:30 ID:mdu0eLRV

そんなこと言ったらアメリカも元々植民地

68: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:25:26 ID:VDoOBuUt

もともとデカい川があるから農業が栄えて人が増えた国
たいした水源もないのに工夫して技術を進化させて農業を発展させた国
どちらが強そうか

101: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:50:32 ID:eqPCMH8s

>>68
日本の話してるなら笑われるで
ほとんど大陸由来の技術だろ
稲作でもそうだ

69: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:26:22 ID:7SFN2q5L

人口減少だから日本は辛いわな
なんだかんだで数って力やし一人が稼げる金って馬鹿にできんもんな
かといって移民を受け入れられる国民性じゃないし

71: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:28:56 ID:sSPeLWFh

実際アジアが一つにまとまったら国力的にアメリカやヨーロッパなんか目じゃないんだが

向こうもそれが分かってるからあの手この手で対立を煽ってる感があるな
中国や韓国と組むのは生理的にありえないと思わせるように全力で工作してるというか

77: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:37:33 ID:nFlafbNZ

>>1
エジプトはもう古代ペルシャに征服されてエジプト人が支配する国でなくなり
古代ローマに征服されてヒエログリフも誰も書けなくなり、キリスト教が浸透して
エジプト文明そのものが滅んだから
いまやイスラム文明のやや人口の多い国でしかないぞ

81: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:39:51 ID:c5A14KH4

>>77
古代ローマの時点でピラミッドが何なのか地元民も知らなかったと聞いて草不可避

78: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:38:39 ID:Mdsk86h5

紀元前で遊牧民が騎射技術覚えてからが無双すぎて白けるわ
最初の二大世界帝国、ペルシャ&スキタイも遊牧民が支配層の遊牧民帝国やったやんけ
中国なんか周も秦も遊牧民の建てた国やし、漢の高祖は冒頓単于にボコられるわ隋も遊牧民の建てた国やし、
農耕民情けなさすぎやろ

82: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:40:30 ID:M2BoRF2v

>>78
草食系男子だからしょうがないね

88: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:42:46 ID:e3ZfAry2

>>78
普通の喧嘩で農耕民族が遊牧民族に勝てるわけがない
国家の喧嘩となるとそう単純な話にはならないが
それと隋は元遊牧民な

103: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:52:22 ID:rUeHvk6Z

今と昔では時代が違うから
かつてのエジプトやギリシャなんかはその時代において上手く繁栄する条件が整っていたから先進国になれた
今の先進国もそれぞれ理由があって先進国になれている
ものすごく平たくいえば他の国の植民地化もいとわない畜生だった国ばかりが今の先進国

110: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:56:31 ID:eqPCMH8s

>>103
白人、キリスト教どっちも悪やな

188: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:48:16 ID:xbN7Bi2W

戦犯コンスタンティヌス1世

画像1

Wikipedia – コンスタンティヌス1世

ローマ帝国の皇帝(在位:306年 – 337年)。帝国を再統一し、専制君主制を発展させたことから「大帝」と称される。

キリスト教を公認してその後の発展の政治的社会的基盤を用意したことから、正教会、東方諸教会、東方典礼カトリック教会では、聖人とされている。

スポンサードリンク
189: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:51:03 ID:nFlafbNZ
>>188
彼自身は汚いこともやるが
そこそこ有能な皇帝といえるんやないか?
少なくとも古代ローマの皇帝の中ではかなり
ましな部類やろ

190: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:51:48 ID:+oEbUaLR

>>188
時代の流れが完全にキリカス側だったし、多少はね?

193: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:54:03 ID:rUeHvk6Z

「迫害されていたキリスト教は325年に公認され、392年にはローマ帝国の国教になった」

みたいにローマ帝国のキリスト教国教化をちょっといいことのように書く風潮
実際には多神教が弾圧された畜生事件

197: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:59:00 ID:SpDcui4y

>>193
そのレスはキリスト教徒20億人を敵に回すで

107: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:55:07 ID:JmYEQRz9

中世を語るやつは何故いつもビザンツの存在を無視するのか
まあ残念でもないし当然なんやけど

画像1

Wikipedia – 東ローマ帝国

東ローマ帝国またはビザンツ帝国は、東西に分割統治されて以降のローマ帝国の東側の領域である。ローマ帝国の東西分割統治は4世紀以降断続的に存在したが、一般的には最終的な分割統治が始まった395年以降の東の皇帝の統治領域を指す。首都はコンスタンティノポリス(現トルコ領イスタンブル)であった。
当時の国民は自らを古代のローマ帝国と一体のものと考えていた。

日本ではあまり知られていないが、古代ギリシア文化の伝統を引き継いで1000年余りにわたって培われた東ローマ帝国の文化は、正教圏各国のみならず西欧のルネサンスに多大な影響を与え、「ビザンティン文化」として高く評価されている。また、近年はギリシャだけでなく、イスラム圏であったトルコでもその文化が見直されており、建築物や美術品の修復作業が盛んに行われている。

111: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:57:11 ID:rUeHvk6Z

>>107
アンゲロス朝とかいうwikipediaにまで「皇帝が全員無能」と書かれてしまう王朝のせいで最近若干知名度が上がった
ビザンツは輝いていた時期と落日の時期の差が極端やね

Wikipedia – アンゲロス朝

アンゲロス王朝とは、東ローマ帝国の王朝(1185年 – 1204年)。
アンゲロス王朝は5代19年という短命王朝だったが、なぜそのような短命王朝となったのかと言われれば、二つの要因がある。ひとつは、前王朝のコムネノス王朝の負の遺産をそのまま引き継いでしまったこと、ひとつは歴代皇帝が全員無能で、帝国の危機を乗り切ることができるような人物が一人として現れなかったためである。

112: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:57:21 ID:M2BoRF2v

>>107
1453(いいよゴミだし)ビザンツ滅亡
とかいう畜生語呂合わせ

118: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:00:12 ID:+oEbUaLR

>>107
ゼノンとかいう恵まれた名前から糞みたいな功績の皇帝

Wikipedia – ゼノン(東ローマ皇帝)

ゼノン(Zenon, 426年 – 491年4月9日)は、東ローマ帝国の皇帝(在位:474年 – 491年)。
数々の謀反の陰謀などがあったにもかかわらず、皇位にあるまま生涯を終えることに成功した。ゼノンは民衆の信望も薄く、その治世は人気取りのためのばら撒き財政などに終始した。
一説によるとゼノンは棺に納められた後に中で息を吹き返し、「許してくれ!」と三日間叫んだが、皆がゼノンを憎んでいたため無視してそのまま葬ったと言う。

116: 風吹けば名無し 2013/08/27 07:59:12 ID:qpz+Vng3

コンスタンティヌス11世の最期ぐうかっこいい

画像1

Wikipedia – コンスタンティヌス11世

コンスタンティノス11世パレオロゴス・ドラガセスは、東ローマ帝国パレオロゴス王朝の皇帝(在位:1449年 – 1453年)。東ローマ帝国最後、すなわちローマ帝国最後の皇帝である。
1453年4月、メフメト2世率いる10万のオスマン帝国軍はコンスタンティノポリスを包囲した。メフメトはコンスタンティノポリスを明け渡せば、皇帝の安全な退去、財産の補償、及びモレアスの領有を認めると提案したが、コンスタンティノスはローマ皇帝として最後まで戦うことを選択し、スルタンに返答した。

コンスタンティノス率いる東ローマ軍は2ヶ月にも渡って抵抗を続けたが、1453年5月29日未明、ついにオスマン軍が城壁を突破し、コンスタンティノスは大剣を抜き払い、皇帝のきらびやかな衣装を脱ぎ捨てると、「神よ、帝国を失う皇帝を許し給うな。都の陥落とともに、われ死なん。 逃れんとするものを助け給え。死なんとするものはわれとともに戦い続けよ!」との演説の後、親衛隊とともに市中に渦巻くオスマン軍の中に姿を消した。こうして、アウグストゥス以来のローマ皇帝の継承者は絶え、紀元前753年に起源を発するローマ帝国は滅亡した。

131: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:07:21 ID:c5A14KH4

十字軍を必死に呼び込んでおきながらいざ来るとぞんざいな扱いするビザンツはぐう畜
なおその結果

144: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:14:07 ID:Mdsk86h5

>>131
傭兵送ってくれと頼まれたのに、食い詰めた乞食の群れを6万人も送り込んだカトリックさんサイドにも問題はある

132: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:08:00 ID:MikEaYBH

ビザンツは散々縮小してからマケドニア朝でよく復興したと思うわ
ムスリム圧倒とか強杉内

なお転落も急なもよう

141: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:13:09 ID:c5A14KH4

>>132
あれは鬼畜十字軍が暴れまくったおかげでもあるやろ
なおその結果

152: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:18:11 ID:nFlafbNZ

>>132
強国やったときはしょっちゅう反乱がおこっても
それが有能な皇帝を輩出する要因となって上手いこと回ってたけど
小国になったら外国に付け入る隙をあたえるだけやったからな
このへんは古代から続くギリシャ人の習性なんやろか・・・
ヘラクレイオスの例は奇跡やったんかもしれんな・・・

スポンサードリンク
145: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:14:33 ID:rUeHvk6Z
カエサルより知名度は低いがアウグストゥス・アグリッパ・マエケーナースのローマ維新三人衆の生涯もなかなかドラマチックで面白いと思う
18歳でカエサルの後継者になったり

147: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:15:59 ID:+oEbUaLR

>>145
武と文と衆がきちんと役割分担されててイイネ・

153: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:18:49 ID:MikEaYBH

>>145
はっきり言ってユリウス・クラウディウス朝のスキャンダルの多さは異常だ

まともな人間の方が珍しいやんけ!

159: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:20:25 ID:rUeHvk6Z

>>153
まあ文明国だからこそスキャンダルが記録に残りやすいってのはあるだろう
農耕文明国だと負けが記録に残りやすいが遊牧民国家だと記録が少ないから無敵に見えるのとかも似たようなもの

133: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:08:37 ID:Vq7qOYJJ

お前ら何者なんや
歴史専行の人間だらけなんか

163: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:23:43 ID:PRD413sL

civilizationやれば一気に世界史好きになれるで

169: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:30:50 ID:GTOZf1xh

どんな本読めばおまえらと一緒に楽しく語り合えるんや
教えてけろ

171: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:33:08 ID:nFlafbNZ

>>169
途中で熱かったビザンツ帝国の話がしたいなら
「生き残った帝国 ビザンティン」っていうのが
鉄板でとりあえずこれ一冊よめば話には参加できると思う

172: 風吹けば名無し 2013/08/27 08:33:23 ID:+oEbUaLR

>>169
塩野ネキ著の「ローマ人の歴史」オススメやで(ステマ)
図説とかもあってぐう分かりやすい

201: 風吹けば名無し 2013/08/27 09:01:38 ID:N5rjQnqu

>>169
鉄・病原菌・銃
山川世界史Bの教科書

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1377553952/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 教養雑学(2ch) 歴史(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (7件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/27(火) 20:55:33

    エセ関西弁むかついてくる

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/27(火) 21:21:04

    ヒストリエでも読んどけば気分だけでも参加できるで
    猛虎弁と関西弁を一緒にするなやでニワカ

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/27(火) 23:12:42

    よそで猛虎弁使っとるんは文句言われても
    しゃーないけどここはなんJやからな。
    なんJの話題の広さはホンマ驚くわ…。

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/27(火) 23:57:14

    なんJなにこれ
    ワイ困惑

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/28(水) 02:00:18

    なんJらしからぬ真面目な話題

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/16(木) 11:39:53

    東アジアも一つにまとまればええのにな
    日中まとまれば欧州TOP3の独仏英を上回るのに
    歪みあわずに協力すればええやん
    侵略したくせに、アジア解放だ!とか言ってるキチガイ国家と協力するのは難しいと思うけど

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/10/08(水) 02:21:46

    そういえば吉村作治教授が言うとったけど、その時代の揉め事が現代も尾を引いてるって話やん?
    戦争などで表面上解決してるように見えて、根本的な問題は何一つ改善されていない。
    宗教上の争いや原理主義や利害問題は残ってるから、古代文明のあった地域はいまだに争いが絶えない、という事らしい。
    逆に、人や物資や情報の移動速度が格段に速くなるとそういった地域から離れた場所のほうが発展するのに有利になるというのもあるのかも知れない
    (島国のイギリスや新大陸のアメリカ、極東の日本など)

スポンサードリンク