日本人で世界的な映画監督が出ない理由

1: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:18:03.31 ID:1tGG8N8S

て何?
黒澤、宮崎に次ぐ人材っているの?

画像1


3: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:18:31.61 ID:0++L7n91

英語圏じゃないから

10: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:20:09.24 ID:1tGG8N8S

>>3
中国韓国はどんどん出てきてる

72: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:45:24.16 ID:SFrcr7Qb

>>10
中国韓国で世界的な映画監督って誰?
どんどんって事は少なくとも近年の奴で複数人居るんだよね
煽りじゃなくマジで気になるから教えて

スポンサードリンク
75: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:46:48.46 ID:C8qtDoTN
>>72
横だけどジョンウー、アンリーは有名やろ

82: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:49:36.45 ID:SFrcr7Qb

>>75
いやそのレベルなら流石に知ってるけど
「どんどん出てきてる」って事は近年有名になった中国韓国の映画監督が複数居るって事かなと思ってさ

27: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:27:36.77 ID:GhPHzKMl

アジアの映画監督って
チャンイーモウ、ジョンウー、キムギドク、ポン・ジュノ、パクチャンウク当たりか

まあ今の日本人でここら辺と張り合えるのいないか

5: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:18:42.32 ID:yImeO5jQ

そうそう出るもんじゃないし

6: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:19:11.18 ID:NW2YQ+vH

ビートたけし

7: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:19:23.47 ID:vtGJk3X+

小津

8: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:19:41.79 ID:qwoHLjgX

山田洋次を最近見出した
面白いやで

11: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:20:26.73 ID:HyR4qMWE

TVドラマを引き伸ばしたものしか作らないから
どれも漫画原作小説原作で自分の映画を撮らないから

39: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:32:52.47 ID:C8qtDoTN

>>11
アメリカドラマはクソ面白いんだがな

12: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:21:09.96 ID:jeV5gOyP

テーマに普遍性が欠如してるからだろ

15: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:22:07.45 ID:FwTtPwrh

韓国は国内市場が小さいから最初から海外ウケを狙って作ってると聞いた

18: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:23:08.15 ID:1tGG8N8S

ビートたけしは日本人ではマシな方だが
海外の役者や莫大な予算を引っ張ってこれる力は無い

19: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:23:57.40 ID:qwoHLjgX

日本は心理描写に凝ってて
世界が求める爽快さがないからね

21: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:25:18.50 ID:BKAIT6gT

人材が違う分野に取られてる
映画で食っていくという文化が無い
所詮何かの商材の延長
アジア枠ですら負けてるんだから結局意識の違いよ

スポンサードリンク
23: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:25:51.07 ID:6qRwD6a8
内輪ネタやっとけば儲かるからしゃーない

26: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:27:35.13 ID:So5e06Rf

もともと日本の映画って、世界的には国内向けのマニアックなもんだからだろ

インドと一緒だ

32: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:30:31.88 ID:ZmDX4WUO

まず映画監督より小説家の方が敷居が低いからそっちに流れる

映画監督っていう職業がいまいちピンと来ない

映画作るにしてもなぜかプロダクションやテレビ局が出張ってきてテルマエみたいなことになる

36: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:31:33.98 ID:9GaMiIvl

オウベイガーアジアガー
野球やサッカーの海外厨みたいなもんか

40: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:33:25.17 ID:Xs4WF1Pr

ハリウッドで指揮してないと世界的と認められないからしゃーない

41: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:33:54.22 ID:vkoATklz

今の映画ってCGとかの技術が複雑になっとるから監督よりスタッフ全体の力量みたいなんがでかいんじゃないの?
昔みたいに監督の才能とかアイディアで出来が決まる時代じゃないやろ

48: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:35:35.78 ID:vtGJk3X+

>>41
スタッフ全員いのままに動かしてこその名監督だからね
ハリウッドじゃ○○(本国)とスタイルが違って力が発揮できなかったって逃げ帰った監督が世界中に何人いた事か

53: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:38:14.83 ID:vkoATklz

>>48
まあそれはそうやろうけど、それはもうマネージャーとしての優秀さであって、カット割りだとかの映像的なアイディアを持った監督は昔みたいにはなかなか現れんやろ

52: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:37:25.70 ID:GhPHzKMl

日本映画がツマラナイという話は1970年代からずっとあった。
日本映画の質的ピークは1950年代で、そこはなかなか乗り越えられない。
映画のテーマ、状況がリアルなもの、残酷なものがないと緊張感のある、面白い映画にならない。
日本映画と日本の観客はそういうリアルなもの、キツイ状況を避ける傾向がある。

57: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:39:12.05 ID:CvTnBCjz

たけしのブラザー好きなんだけどアカンか

61: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:39:27.11 ID:xFdrQFIa

アメコミの映画化は超大作になるのに日本漫画を映画化するとゴミしかできないのはなぜ

69: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:44:08.45 ID:GcK5qTa/

>>61
漫画の違いやな
日本の文化はデフォルメやからしょうがないんや
ワイは漫画としては日本の方が上やと思うで

73: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:45:25.71 ID:tEv22z3a

>>61
日本で言う大作=予算10~20億円
米国で言う大作=予算100~200億円

比べてもしゃーない

91: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:54:20.75 ID:C8qtDoTN

予算の問題だけじゃないんだよな

学芸会みたいな演技はなんとかならんのか

スポンサードリンク
63: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:40:26.85 ID:0nkWAdDa
80年代以降のジャップ映画の薄っぺらさは異常

愛絆家族友達www

66: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:41:47.30 ID:CTGbRbv4

>>63
男の生き様とかそういうのじゃないんだよね
そういう風に銘打ってても結局家族ガー恋人ガーで
ヒロインが主人公の名前を叫ぶシーンが大体の広告に使われたりとかばっかりやね

70: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:44:50.15 ID:GhPHzKMl

派手なアクションやる場所がない、ガンアクションもできない
といっても日本が舞台だとガンアクションに違和感がある気もするが

映画の主題にするにしては日本という国がいまいちやりにくいと思う
暗い路地裏にストリートギャングっつうより汚ねぇ飲み屋街にしょっぱいヤンキー、ヤクザ崩れしかいないからな

81: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:49:21.11 ID:qwoHLjgX

>>70
ぐう分かる
サスペンスとかは、ロケ地と日本のリアリティがしょっぱいから映画もしょっぱくなる
やから動物ほのぼのや家族愛テーマの作品は、日本の世情を体現したもの
日本でしか受けないという意味も兼ねつつ日本の精神性が現れてる

71: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:44:59.94 ID:3gvvD6i9

まぁ韓国のなんちゃらって監督がシュワちゃんを主演に映画撮ってたのは日本人ではまだ出来ないな
コケたけど

78: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:47:30.21 ID:WM08JpiO

同年代だと韓国の監督のほうが評価高いだろうな
でも世界的に映画に優秀な人材行ってないし
映画全盛の30~50年代が日本にとっては頂点

87: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:51:58.80 ID:X26Jwfj3

>>78
戦争映画はエキストラの演技とってしても韓国の方が確実に上やろなぁ
まぁ、徴兵制やからエキストラが軍人の動きをできるのが一番多きいんやろうけど

95: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:55:29.33 ID:qwoHLjgX

結局脚本やろな

96: Nandrzej Wajda ◆2nYV4lvKFgpE 2013/07/24(水) 12:55:36.54 ID:X9CryboX

無名でも優れた才能がある人材に資金が回らず、映画化したい題材があってもできないのか
或いは面白い話を描ける人材が映画界に行かずに小説家、漫画家やらアニメ作家を目指すのか
撮影や音響とかはいつの時代も人材難ということはないだろうし、やはり作話に問題がある

101: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:57:42.32 ID:TX3YPMSS

堤、三谷、本広、山崎みたいなゴミ監督にばっか金が集まるのが悪いわ
少しは新進気鋭の若手に任せろや

103: 風吹けば名無し 2013/07/24(水) 12:58:20.98 ID:ncV67nv2

入江悠なんか作れば作るほど貧乏になってるからな 有能なインディペンデント監督はまだまだいるだろうが撮るのを辞める
一方で本広克行や堤幸彦に1000億単位のスポンサーが付く おかしい

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1374635883/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 映画(2ch) 議論(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (16件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 19:53:20

    面白くはないけど、河瀬 直美は評価されてるよね
    カンヌの審査員もやってたし

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 19:59:43

    才能ない
    これに尽きる
    オリジナルな視点を持っていてもそれが評価される機会に恵まれない
    北野武は才能あると思う
    いきなりプロのスタッフと組んで、ものの見方の違いが出ているような作品はなかなか作れない
    金があるのでそういうオリジナリティを作品にこめられるが普通の監督なら三本もたない
    彼にしてさえ、最近は客の入る映画じゃないと、という考え方になってきている
    他にも個性的な監督が、普通のテレビ映画の演出家になっちゃった例はたくさんあると思う
    よいライターも減った

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 20:12:49

    映画監督を日本人でめざすにはどうすりゃいい? 
    ちゃんと育成できる道があるのか? 
    映画会社そのものがスポンサー探して見つけられねーとか言っているのに、
    監督うんぬんいうレベルか? 
    アメリカ人や中国人みたいに、一人で1000億円規模のカネを出せるやつは、日本にはいないし、日本映画は世界に同時配給できるシステムを作ってない。日本語を自在に翻訳できるスタッフだけでは足りない。日本人の生活は特殊すぎて、例えば、日本の芥川賞作品や直木賞作品を順次実写映画化していって、ヒットすると思うか? 日本人が普遍的な価値観を盛り込むことができるのは、ファンタジーだけだ。そもそも日本人は普段のアクションがとぼしい。言葉ももごもごしているし、日常にドラマがない。落ち着いているからね。

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 20:18:13

    映画作ってる側、スポンサーの横槍が一番の要因だと思う。有名個性派な役者集めてマトモな映画作ろうとしても、雰囲気ぶち壊しのごり押し俳優がでない限りスポンサーが金出さんからできてもマイナー映画しか出来ない

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 20:25:36

    単純に面白くないのもあるけど感情を大事にするあまり映画の短い時間じゃ収まらないのもあるかもね

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 20:47:38

    戦争映画では日本は韓国に劣ってるな

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 20:58:48

    アメリカ700本
    日  本450本
    インド 250本          +千w

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 21:49:23

    イノセンスの人とかパヤオとかいるじゃん

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 22:04:05

    やっぱり映画業界のピラミッドの底辺が大きくなく、先細りの二等辺三角形みたいだから、お金も人も集まりにくいからからじゃないのかな。
    インディペンデントの市場規模なりファンやら投資家や金持ちの映画監督のポケットマネーとかの絶対数が足りないから、才能が開花する土壌が狭すぎるし、実りも大きくならない。
    オールデジタルの制作になったことだし、HIROMIXみたいなムーブメントが映像の世界でもそのうち起こるような気がする。

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 22:10:31

    ※6
    あいつら今でも戦争やってんだもん当然だろ

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 22:21:13

    ホラーとアニメは評価されてるよ

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/24(水) 22:55:29

    セールス的な問題で自由にやらせてもらえない

  13. 名前:地下水道の名無し 投稿日:2013/07/24(水) 23:11:05

    やっぱり第二次世界大戦以降の世界じゅうの映画製作者たちは、戦争体験というものを、いかに解釈するか、世の中に伝えるかという使命感みたいなものが、映画製作の原動力みたいな面があったと思う。黒澤もフォードもワイラーも、パゾリーニやワイダ、アンゲロプロスも。
    現代では世界大戦のような過酷な体験の記憶がうすまってきて、映画をより、
    リアルにする裏づけみたいなものが無くなってきた。

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/07/25(木) 01:05:08

    脚本も悪い。
    タブーと規制だらけで受けを取れない。
    CGでごまかしてばかりで、テーマは時代劇ですら愛の為、女の為、ぬるーい恋愛描写だけ。最後は当たり前にハッピーエンドかお涙頂戴。それらが台詞回しのまずさ、カメラワークのどんくささ、木村拓哉を筆頭とした大根役者の低劣な演技でダメにしてる。
    アニメ映画の方が儲かるのも頷けるよ。少なくとも絵だけはマシだからな。
    こんな状況だから、他国なら当たり前の国の為に戦う男の潔さ、人の死にざまにみせるドラマ、美しさが全く描写できない。
    戦前の映画は素晴らしい。松竹封切の歴代の忠臣蔵なんて、映像と脚本の美しさが際立っている。
    これらを黒澤がグロ表現で潰し、映倫がいらん口を出して作れなくしてしまった。
    もう日本人は新しい映画を作らなくていいよ。1951年までの映画を再放映だけしていればいい。

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/06(月) 10:27:25

    こういうのは通ぶって男の生き様()とか書き出す恥ずかしい奴がいるからな
    邦画がダメなのはテーマの問題じゃないだろ

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/01/26(月) 13:51:04

    武は偉大だけど評価されたのは座頭市までだな、アウトレイジは向こうでは駄目駄目
    でも今の映画監督の中では頑張ってる方だな

スポンサードリンク