小説で1番衝撃的だった一文ってこれだよな

1: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:49:20.64 ID:aJzIVsfW

隴西(ろうさい)の李徴(りちょう)は博学才穎(さいえい)、天宝の末年、若くして名を虎榜(こぼう)に連ね、ついで江南尉(こうなんい)に補せられたが、
性、狷介(けんかい)、自(みずか)ら恃(たの)むところ頗(すこぶ)る厚く、賤吏(せんり)に甘んずるを潔(いさぎよ)しとしなかった。


2: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:49:57.78 ID:wpIj4ecR

どこがだよ

5: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:50:41.74 ID:9dpGHZiE

いうほど一文か?

9: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:51:29.90 ID:sXVHaaNb

たかが文章に衝撃受けるなんてあり得ない

スポンサードリンク
123: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:08:45.18 ID:KfFUlNfT
>>9
うーんこの低学歴

10: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:51:47.17 ID:hNMt+l3P

リアル鬼ごっこに山ほどあるやろ?

244: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:33:44.57 ID:14F2VHUA

>>10
日本語の迷宮に迷い込んだりはした

15: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:52:33.73 ID:orByJqDl

二人が向かった先は地元で有名なスーパーに足を踏み入れた

22: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:53:33.98 ID:jUs7Bapo

この手のスレで山月記挙げる奴って普段から読書してなさそう

28: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:54:17.27 ID:aJzIVsfW

>>22
良いものを良いと言ってなにが悪いの?

39: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:55:24.79 ID:wpIj4ecR

>>28
今年野球見始めた奴がダルビッシュ最強って言ってるレベル
お前は議論の土俵にも上がっていない

135: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:10:34.57 ID:9wOiklXG

>>39
マジレスすると、文学を読めば読むほど、一周して
「素晴らしいのは文豪の名文」
という結論に至るということは普通にあるのでは

スポーツと違って時代が進む毎に新しさを求めて奇を衒いがちになるのが文学やし

356: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:00:37.27 ID:dsd7n7zM

>>39
ダルは実際史上最強だろ

29: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:54:20.85 ID:s7+KJYc9

精神的に向上心のない者はばかだ

54: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:57:29.55 ID:SP7I512t

>Kは自殺して死んでしまったのです。
のんきに教科書読んでた当時のワイ、びびる

57: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:58:28.30 ID:U4r4LrGB

>>54
私はまず「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」といい放ちました。

64: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 22:59:44.08 ID:jZRvBiWh

「精神的に向上心のないものは馬鹿だ」の「精神的に」って何?
精神的に向上すれば、社会的には地位が低くてもいいってこと?

66: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:00:25.50 ID:z6FZ+4ke

>>64
読解力に自信ニキ?

スポンサードリンク
73: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:01:20.48 ID:g99zNwcI
>>64
なんでひねくれて急に社会的地位の話に飛躍するのか

86: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:02:56.82 ID:jZRvBiWh

>>73
「肉体的」はなさそうだから、なんか他にないかなーと思って。

124: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:08:51.96 ID:RFpx3Zcg

>>86
おもろい見方かもな
社会的な栄達に背中を向けて哲学やらなんやらに傾倒したKを考えると
精神の反対はそういう実利的ななにかってのは見当がつくが

113: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:06:30.98 ID:V4K9v49H

>>64
その者の精神の中に向上心を含まないものは愚かだ、って意味やと思ってたわ
違うん?

69: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:00:44.06 ID:G3xmX59w

こころはなんだかんだで衝撃的で記憶に残る作品だよな
教科書にあるのもわかるわ

72: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:01:13.88 ID:5r4fTgUM

村上春樹の文は読んでる時は中々ショッキングだけど読み終わると頭に残らない

153: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:13:40.73 ID:+rrgTjUT

ピンボール研究書「ボーナス・ライト」の序文はこのように語っている。
あなたがピンボール・マシーンから得るものは殆ど何もない。数値に置き換えられたプライドだけだ。
失うものは実にいっぱいある。歴代大統領の銅像が全部建てられるくらいの銅貨と、取り返すことのできぬ貴重な時間だ。
あなたがピンボール・マシンの前で孤独な消耗をつづけているあいだに、ある者はプルーストを読み続けているかもしれない。
またある者はドライブ・イン・シアターでガール・フレンドと『勇気ある追跡』を眺めながらヘビー・ペッティングに励んでいるかもしれない。
そして彼らは時代を洞察する作家となり、あるいは幸せな夫婦となるかもしれない。
しかし、ピンボール・マシンはあなたを何処にも連れて行きはしない。リプレイのランプを灯すだけだ。リプレイ、リプレイ、リプレイ……、
まるでピンボール・ゲームそのもがある永劫性を目指しているようにさえ思えてくる。
永劫性については我々は多くを知らぬ。しかしその影を推し測ることはできる。
ピンボールの目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。
もしあなたが自己表現やエゴの拡大や分析を目指せば、あなたは反則ランプによって容赦なき報復を受けるだろう。
HAVE A NICE GAME !

116: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:07:12.69 ID:zMFB1Qkw

語り得ぬものについては沈黙しなければならない

104: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:05:26.00 ID:eo20LGcu

夏目漱石なら「それから」の最後らへんもええで

155: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:13:46.20 ID:/KeBj+G4

>>104
賽は投げる云々のところがいい

115: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:06:56.35 ID:lmhR8+Yu

智に働けば角が立つ、情に棹させば流される、意地を通せば 窮屈だ、 兎角この世は住み にくい

夏目漱石はやっぱこれやろ

137: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:10:56.35 ID:149ZQF0W

>>115
草枕やね
名文中の名文

117: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:07:24.58 ID:+rrgTjUT

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」

125: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:08:55.20 ID:45tqW6xp

>>117
寒い文だと思ったら村上春樹か。

スポンサードリンク
136: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:10:44.04 ID:s7+KJYc9
有名な小説って掴みもいいのが多いわな

144: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:12:03.41 ID:5r4fTgUM

>>136
そら掴み言うたらめっちゃ重要なことやからな。
みんな気を使うやろう

175: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:16:31.36 ID:2nixEmjO

書き出しなら異邦人の「きょう、ママンが死んだ」がすき

262: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:37:33.00 ID:FBTdEnTF1

あと
祇園精舎の金の音諸行無常の響きあり
ゆく川の流れは絶えずして再びもとの水にあらず
この辺も有名やな

270: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:39:48.74 ID:nSxArwf/

>>262
書き出しシリーズなら
月日は百代の過客にして行き交う年もまた旅人なり
も外せない

138: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:11:20.69 ID:O8DRyrwt

森博嗣の文の後になんも残らない感は異常
なんも覚えてないわ

183: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:17:46.74 ID:c9VtSI38

>>138
タイトルが全てだからね
仕方ないね

196: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:20:52.40 ID:O8DRyrwt

>>183
逆に森博嗣のタイトルの付け方はセンスあるわ

数奇にして模型とか大好き

174: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:16:26.21 ID:RYxcXafd

桐生翼、どこにでもいる普通の高校生だ。
彼はこの春、零冥高校という進学校に入学した。彼は天才児なのだ。

180: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:16:58.34 ID:WFm3Pj8z

>>174
これ

185: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:18:25.58 ID:6vSjxW5O

>>174
衝撃ですわ

197: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:21:06.58 ID:5r4fTgUM

スタンドバイミーの途中で唐突に
「もうこの四人の中で今生きているものが一人だけだなんて」
とか出てきたときは衝撃だった

304: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:47:12.04 ID:ucX5L/1e

川端康成は人間性はヤバいよな
論戦で相手をボコボコにするの大好きだったらしいし
娘もなんかやばいわ 子供が誤って池かなんかで溺れかけてるときに「濡れるの嫌だから」と助けにいかなかった話を聞いてファッ!?となった

314: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:50:08.57 ID:FBTdEnTF1

>>304
女性編集者の顔を延々と眺め続けて最終的に泣かしたらしいな

スポンサードリンク
321: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:51:51.84 ID:WRMSOk/O
>>304
夜に友達のためにお薦めの酒買いに一時間以上かけて買いにいったり
人の好さはあるで

323: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:52:09.65 ID:lLJpl4O2

>>304
小説読んでても気違い染みてるのは何と無く伝わってくるしな
太宰なんか気違いであろうとしている常識人ってのが嫌ってほど出ているのに対照的

173: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:16:23.15 ID:ip1Cp09E

恥の多い人生を送ってきました

ぞっとした

351: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:59:25.84 ID:5r4fTgUM

太宰は学生の時読んでマジで作者ぶん殴ってやりたいと思った
憎む気すらしない、ただ一発ぶっとばしたかった

373: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:03:58.89 ID:PJDOvY67

>>351
太宰の舞台やった作家もそんなこと言ってた
中高では「この人は自分に語りかけてきてくれる」と考えて
大学以降は「何て女々しい奴だ」と考えて
最後は「この人は感受性豊かな詩人だ」と思ったそうだ

381: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:05:27.13 ID:dPoeli8d

>>373
わかるわ。ただ太宰みたいな奴って褒めたら駄目のような気がする。
色んな意味で

388: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:07:20.89 ID:eC6kzrzC

太宰治って作品そのものより
作者の人生が面白いから記憶に残るんだと思うけどな

402: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:11:56.96 ID:PJDOvY67

>>388
自分の作品のネタにするために
色々やらかしてるきらいはあるな

394: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:09:34.02 ID:Ewyxsnj2

「……お兄さまお兄さまお兄さまお兄さまお兄さま……
お隣りのお部屋に居らっしゃるお兄様……あたしです。妾です。お兄様の許嫁だった……
貴方の未来の妻でした妾……あたしです。あたしです。どうぞ……どうぞ今のお声をモウ一度聞かして……
聞かして頂戴……聞かして……聞かしてエ――ッ……お兄様お兄様お兄様お兄様……おにいさまア――ッ……」

404: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:12:13.78 ID:xhdVr/gv

>>394
壁殴るのやめーや

280: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:42:05.43 ID:jZRvBiWh

宮沢賢治の、統合失調症特有の文章も衝撃的と言える。
サイケデリックアートやで!

283: 風吹けば名無し 2013/04/13(土) 23:43:04.02 ID:s7+KJYc9

>>280
クラムボンは最も印象的な単語の一つやしな

451: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:22:22.06 ID:vPSO4s4a

宮沢賢治は詩もええな
雨ニモマケズなんて今読むとウルッとするわ

489: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:28:47.64 ID:vPSO4s4a

宮沢賢治で思い出したけど
月光条例のキジも鳴かずばの話は衝撃だったな
あの話知らなかったから余計に

スポンサードリンク
494: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:30:32.36 ID:iqc08M/9
>>489
月光条例のピークやったな

498: 風吹けば名無し 2013/04/14(日) 00:31:34.47 ID:eC6kzrzC

>>489
確かにあれは良かった
よく知られた話だけどああいう展開の描かせたら藤田和日郎にかなうやつおらんな

画像1

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1365860960/
小説で1番衝撃的だった一文ってこれだよな

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 小説・書籍(2ch) 教養雑学(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (53件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 18:09:41

    ロ、リー、タやね

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 18:18:04

    衝撃の質が他と異なるが、
    のおあある とおあある のおあある やわあ
    だったか。犬の鳴き声が恐ろしくて記憶に残っている。

  3. 名前:̵̾������@ʢ������ 投稿日:2013/04/14(日) 18:37:30

    精神的に向上心のないものはばかだって、精神的にって部分いらなくね?
    向上心って精神に宿るんじゃないの?

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 18:47:12

    メロスは激怒した

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 18:51:16

    1って「文章がかっこいい」っていう意味で衝撃的な一文だったの?
    てっきり、学生時代ちょっと成績が良かったくらいで自我肥大して周囲をバカにしつつ自分は結局社会をドロップアウトした自己愛系ニートみたいな人間にとっては身につまされるよねっていう意味なのかと思った。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 18:53:31

    「ヴァン・ダイクです。」

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:00:51

    夏目漱石のこころで乃木将軍に殉じて自殺。
    衝撃的ではあったけど、唐突過ぎて感動もクソもなかった。
    ( ゚Д゚)ハァ?って感じ。

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:06:13

    だから清の墓は小日向の養源寺にある

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:08:16

    米6で出てたと思ったら違ってた。
    「ヴァン・ダインです」

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:13:43

    ヴァン・ダインはマジでビビった
    当時叙述トリックなんざ知らなかったし何も考えずにボケっと読んでたらアレが来たから余計に

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:16:53

    衝撃的というのと違うけど、1行目で笑ったのはこれだな
    「まずホチキスが登場する。彼は気が狂っていた」

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:17:30

    結局>>1はなんなのさ

  13. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:28:36

    ※7
    中高生に読ませても分からんよな
    俺も納得できずに読書感想文に「先生が長年生きた後で自殺した理由がよくわからない」って書いたわ
    明治時代の象徴としての天皇が崩御・乃木将軍が殉死したことで
    「先生」自身の明治を生きてきた魂(こころ)も死ぬきっかけを得た、ってことなんだろうと今では分かるけども

  14. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 19:59:23

    国境の長いトンネルを抜けると雪国であった

  15. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 20:03:30

    ※13
    小学生で読んだ俺に言わせてもらえば、小学生のころは面白かったけど今ぐらいになると純文学は飽きる。
    だって、序盤で大体結末わかちゃうんだもん。
    ブラックジャックを今の中高生が読まない原理。

  16. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 20:51:08

    インパクトなら多々あるのに衝撃というと当てはまらない
    これ如何に

  17. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 22:21:33

    「大…輪…興…産、なんかヤクザっぽーい!」

  18. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 22:21:37

    やまのあなた
    やまのあなたの空とおく
    さいわい棲むとひとのいう…

  19. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 22:50:24

    村上春樹の唐突なやつ
    急に猿に殴られて気絶とか???ってなった
    あとたとえがすごい
    鳥が木に止まってるのをクリスマスツリーみたいとか

  20. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 22:56:57

    雉も泣かずば撃たれまいには、日本昔ばなしのアニメムック?を図書館で読んだ時衝撃うけた。
    日本昔ばなしはほのぼの話や笑い話の他に怖い、救いのない話があったな

  21. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 23:22:08

    関西弁コメント多数で程度が分かった。
    どおりでコメント連中に聞く気も認める気も無いわけだよ。

  22. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/14(日) 23:44:33

    素人が知ったかぶって良い物を挙げるのと
    深く知った人が良い物を挙げる時は雰囲気みたいなのが違う
    同じ物を挙げてもそこに加える一言に自然と深みを持たせてくる

  23. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/15(月) 00:06:44

    ※15
    ストーリーの展開や結末そのものが気になって読む種類の本もあれば
    文体や思想や美的感覚そのものが魅力的な種類のものもあるけど
    純文学と呼ばれるものの大半は後者ではなかろうか

  24. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/15(月) 01:46:02

    面白かった。

  25. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/15(月) 02:10:21

    まっさきに舞城の『鼻くそご飯』が浮かんでしまった。
    でも皆さんが巨匠をあげているので巨匠…って考えたら「なんてシャルマンな光景だろう!」が浮かんでしまった。

  26. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/15(月) 06:30:59

    教科書しか読まないんですね
    分かります

  27. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/15(月) 10:56:57

    よたかのほしの最後らへん

  28. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/15(月) 17:57:45

    「あたしがアンゲリカ人形を誘拐してん」

  29. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/16(火) 05:16:20

    てっつんがハエ飼ってたのが衝撃的だったわ

  30. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/16(火) 10:12:49

    小説じゃないけど石垣りんの「くらし」は衝撃的だった

  31. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 00:39:25

    お前が死んで表情を変える人間がいるだろうか、私以外に

  32. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 13:26:28

    ヴァン・ダインです

  33. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 13:59:38

    まず何の小説だかを説明しろってのガキ

  34. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 14:00:53

    「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」はないのか・・・
    あんまり知られてないのかな?

  35. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 14:13:51

    恥の多い障害を送ってきました

  36. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 14:18:40

    筋トレ馬鹿とかは精神的に向上心はないんじゃね

  37. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 14:19:15

    なんだ、十角館みたいなミステリーのスレかと思ったら違った

  38. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 14:32:42

    小野不由美の魔性の子供かなあ。
    出来の良い長男が神隠しにあって一年後に帰ってくるんだけど、母親が「我が子だから可愛くないはずないけれど、失踪するのが(出来の良くない)弟の方なら良かったのに…」って心のなかで密かに思ってた一文が忘れられない。

  39. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/17(水) 19:30:16

    「結局、彼女の方が僕よりも長生きした」
    入りの一文なら俺はこれを推す

  40. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/18(木) 14:57:28

    中島敦の小説、いいと思う

  41. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/22(月) 00:36:12

    山月記の尊大な羞恥心と臆病な自尊心

  42. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/22(月) 18:16:13

    どーかついでがあったら

  43. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/05/07(火) 23:43:31

    咳をしても一人
    小説ではないがこれ

  44. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/05/10(金) 14:45:09

    「テッ、キン、コン」と、それは三シラブルの押韻をし、最後に長く「クリート」と曳くのであつた。

  45. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/05/13(月) 10:10:37

    精神面を向上させなきゃね、ってことでしょ。
    筋肉とか地位とかじゃなくて

  46. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/05/13(月) 18:54:56

    銀河鉄道の夜。
    「水素よりも透き通った銀河の水」
    読んだときうぉおおって心が動いた。
    なんつー表現っ。

  47. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/06/14(金) 17:45:44

    普通の中高生ならまずお目にかからない擬古文が現代文の教科書にいきなり出てきたからかと思った。
    少なくとも、学校で擬古文の小説やったのはこれが最初だったし。
    初見ですらすらと読むのは無理だろ。そういう意味じゃないの?
    印象的と衝撃的を取り違えている人もいるよね。
    例えば「これはレモンのにおいですか?」は印象的だけど衝撃的とは言いにくいと思う。

  48. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/03(土) 16:44:33

    ガリアは三つの地域に分かれている。
    だな。小説じゃないが

  49. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/08/31(日) 10:39:38

    チョップにチョップを重ねるニンジャスレイヤーは今やチョップという概念存在そのものであり、ただ一筋のチャドーの炎の軌跡であった!ニンジャスレイヤーはチョップであり、チョップがニンジャスレイヤーだ!

  50. 名前:faceless 投稿日:2015/01/28(水) 21:23:09

    月光条例はもっと評価されるべきだわ。

  51. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/05(木) 23:00:54

    月光条例のキジも鳴かずばは、本気で鳥肌が立った。
    チルチルが感じた絶望感を、全身で感じられるコマ割りなどの演出が凄い。

  52. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/02/19(木) 22:20:41

    一番傷を付けられた文章なら「この日、かの憎むべき蛸博士は、恰もこの同じ瞬間に於て、インフルエンザに犯されたのである。」だと思う
    あれ読んで困惑しない人間に会いたいがそれこそ坂口安吾という方なのかな

  53. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/03/08(日) 20:48:28

    >>3
    Kのいう「精神的に向上心~」っていうのは
    肉体的欲望を極限まで排除して「道」を究めることだから
    「精神的な」という言い方で合っていると思うよ
    スポーツや楽器を努力して上達というような向上心のことではない

スポンサードリンク