旧日本軍のアホエピソード教えてください

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:44:01.60 ID:m7ATAVXg0

血液型で部隊を作ろうとしたとか


画像1

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:44:24.46 ID:D5Hhl1zb0

ジンギスカン作戦

ジンギスカン作戦

牟田口が補給不足打開として考案した、牛・山羊・羊・水牛に荷物を積んだ「駄牛中隊」を編成して共に行軍させ、必要に応じて糧食に転用しようと言ういわゆる「ジンギスカン作戦」は、頼みの家畜の半数がチンドウィン川渡河時に流されて水死、さらに行く手を阻むジャングルや急峻な地形により兵士が食べる前にさらに脱落し、たちまち破綻した。
また3万頭の家畜を引き連れ徒歩で行軍する日本軍は、進撃途上では空からの格好の標的であり、爆撃に晒された家畜は荷物を持ったまま散り散りに逃げ惑ったため、多くの補給物資が散逸した。

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:46:41.29 ID:m7ATAVXg0

>>2
ジンギスカン作戦は大きな音の出ない時代だから成功したんだよなぁ

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:45:33.71 ID:m7ATAVXg0

戦車の写真をコピーして大量に新聞に載せる
しかも敵でなく味方を騙す奴とか

スポンサードリンク
10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:47:58.01 ID:FT1ta6Us0
よくイタリアのことを砂漠パスタwwwとかバカにしてるが、ジャングル炊飯をやらかした国が言えることではない。

あと砂漠パスタはジョークの類で実際にはそんな余裕なかったからな。

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:48:23.01 ID:90uS2p9N0

ほぼ全ての作戦がアホ

理念だけはロマン溢れる
俺正義カッケーだから
未だに信者がいる

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:51:40.46 ID:m7ATAVXg0

>>12
大東亜栄圏とかどこがいいんだろうね?
他のアジアの事なんてほっとけばいいのに

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:54:34.14 ID:m45LWvZB0

>>16
それは表向きに決まってるじゃねえか

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:58:30.98 ID:90uS2p9N0

収支、補給が出来ない部分を

気合

という日本伝統の無限エネルギーで
補おうとした

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 19:59:18.00 ID:6kUGptTM0

アメリカイギリス中国とやりあうなんて考えた時点で

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:00:02.96 ID:m45LWvZB0

>>33
そのための日独伊三国同盟ですよ

44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:03:59.45 ID:m7ATAVXg0

>>36
それも阿呆だなぁ
そんな強いか良く分からないとこと組んで・・・

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:09:26.20 ID:ahRtUn7y0

 上海事変か、香港攻略戦だったかは知らないが、市街戦の最中、える建物の中に突入した部隊がゾロゾロ外へ出てきた。不思議に思った後詰の兵隊たちが聞いたら「中に入ったら急に寒くなったので気味が悪くなった」・・・彼らはクーラーを知らなかった。
  首尾良く占領後、現地のホテルを兵舎として接収。部隊ごとに部屋を割り当てて分宿したものの

1、オートロックを知らず、部屋から締め出されて廊下をうろうろする兵隊が続出。
2、スコッチの味を覚えた兵が、凝ったデザインの瓶に入った琥珀色の液体を飲んで下痢続出。そりゃあ「シャネルの5番」なんかを一気飲みすりゃあねぇ(それとも「夜間飛行」?ア、「プワゾン」だったりして)。
3、「西洋の石鹸は質が悪い。泡が立たん」と文句を言いながらチーズで体を洗うヤツ続出。ちなみに浴槽は当然日本式じゃない。そこへ一杯にお湯をはって4人5人と一斉に入ったものだからあふれてカーペットは全滅、更に下の階までダダ漏れり。1968年のチェコ『プラハの春』弾圧で首都制圧に乗り込んできたロシア兵の田舎者ぶりとどっちがヒドイ?

  トドメ、もし上記が上海事変だったら最悪。だってあの時投入された「上海特別海軍陸戦隊」を構成した応召兵は東京在住者なんだから(都民、もとい東京府民でこの教養水準かい!)

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:17:51.74 ID:FFHPYuPX0

>>53
アホなエピソードしか書かれてないから日本軍の誇れるエピソード挙げてくれ

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:20:36.06 ID:m45LWvZB0

>>61
世界で唯一アメリカ本土を攻撃した
世界で唯一まともに航空戦艦を運用できた
あとは大和魂

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:13:39.72 ID:ahRtUn7y0

本土決戦での話。

天皇が千葉県の海岸線の守りは大丈夫か、と質問したら、
鉄壁の砦が出来ている、と陸軍の参謀に答えた。
その当時の軍事力を信用していなかったのか、天皇は、
直属の部隊に調査をさせたら、砦等何も出来ていない事が
判明!という事があったそうだ。

戦争末期の陸軍上層部は作る予定が何時の間にやら
頭の中では出来ているという観念の世界の人になっていたみたい。

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:20:03.74 ID:9gHl1GEk0

日本海軍ではしごきの一環として海軍精神注入棒で尻叩きが行われ
叩きどころが悪くて死亡してしまった兵は遺族に「名誉の戦死」と知らせられた

65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:21:28.48 ID:90uS2p9N0

>>63
今でも徒手格闘訓練であるよな

いじめじゃなく愛のある訓練

スポンサードリンク
77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:26:26.38 ID:ahRtUn7y0
大日本帝國政府は開戦直後、ハワイを占領した時に備え、
ハワイの軍 政計画の研究所を作り、カメハメハ王朝再建案とかを一生懸命研究した。
んが、それが出来上がったのが、昭和19年夏。
サイパン陥落した後だった

83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:27:45.51 ID:90uS2p9N0

>>77
満州とか
そういう手口が得意なんだな

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:30:08.14 ID:m7ATAVXg0

>>83
得意じゃないから失敗したんだろ

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:29:15.54 ID:ahRtUn7y0

 太平洋戦争開戦の時、アメリカは「宣戦布告が間に合わなかった。
騙し撃ちだ!とグチグチ騒ぐけれども、
そもそもイギリスには宣戦布告すらせずに、日本は戦争をふっかけました。

91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:30:25.75 ID:mHaJYIpyO

食糧が乏しくなり捕虜の米兵にも満足に食事を与える事が出来無くなった時にこっそりきんぴらごぼうを分けてあげていたら戦後に「木の根を食べさせられた!」と訴えられた

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:31:19.56 ID:z3PdkUZp0

>>91
確か欧州にも根野菜はあるって理由で無罪になったはず

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:35:06.99 ID:mHaJYIpyO

>>95
そうそうそれだ!
訴えられた人は肝が冷えただろうなぁ

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:38:42.06 ID:5D9SPJ8pO

血液型部隊に関しては同盟国のドイツが発案者だったから検討しただけだからな
今と違って当時は斬新な説だったし、日本の学会で実際に調べてみたらデマだってわかるとすぐにポシャった

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:42:06.59 ID:RgE0BKHX0

陸軍と海軍でDBエンジンのライセンスを別々に契約←ドイツ側の失笑を買う

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:44:35.37 ID:ELivHlpe0

>>116
発注するメーカーがそれぞれ違ってたから、仕方ないと言えば仕方ないんじゃなかったか
陸軍機と海軍機じゃ仕様も違うから、日本みたいに工業技術が発達してない国がラインを統一することも難しかったし
かといってどちらかが取得したライセンスを勝手に他のメーカーに譲渡しちゃったら大問題だし

144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:01:05.10 ID:2wzg1dNwO

>>122
ラインの統一(生産移転)はやってる。
ただ海外ライセンスの場合は、製造に必要な能力が
自社の能力に合っている保証は無く、DB601はそれを承知で実験的に導入した。

119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 20:43:54.72 ID:ahRtUn7y0

大正から昭和に掛けて、日本の航空界は多数のお雇い外国人技師を招聘したが、
この時、三菱の外国人技師が気に入ったのは、日本のハンコであった。
一○式を設計したスミスは「酢味噌」、ハイランドは「高国」、ジョウダンは「冗談」
と言うハンコを作り書類に押していたそうな。

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:03:34.55 ID:3fAoXlpS0

数ある酷い話の中でも特攻がダントツだな

自爆を軍隊が戦術として運用してたとか正気の沙汰ではない

148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:05:03.71 ID:m45LWvZB0

>>146
初期にそれなりの戦果をあげたのが逆にだめだったんだよな…

スポンサードリンク
152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:06:22.13 ID:3fAoXlpS0
>>148
戦果さえ上がれば何をやっても良いってのがもう破滅的だよね

175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:13:23.24 ID:m7ATAVXg0

>>148
命中率20%じゃなかったっけ?

227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:29:39.53 ID:FT1ta6Us0

>>175
そのアメリカが本気出す理由を世界が知れたのは日本が真珠湾攻撃したからだよ。そりゃ後からああすりゃよかったなんか幾らでも言える。
第一、東京裁判においてインドがアメのハルノートを批難した事実からすれば要求は客観的に見ても到底飲めるものでは無かったということだぞ。

147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:04:27.74 ID:z3PdkUZp0

アメリカ海兵隊員の回想より

神風も何もかも見ました。
胃がキリキリと痛むような、あんな光景は見たことがありませんでした。

あの人達は死ぬのを覚悟していたんです。
私だって、入隊した時は命を捧げる覚悟でした。
でも、あんなやり方では…
                              ――アメリカ海兵隊員の回想より

155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:06:57.80 ID:ahRtUn7y0

東京のビアホールでビールの泡が多すぎる、と客が文句を言い出し、
「ビールの泡はビールか否か」
という馬鹿馬鹿しい裁判があった。
  結局「泡にはビール以上の濃度のアルコールがある」と
ある博士が熱弁をふるったこともあって「泡はビール」と結審。

問題は、この裁判の判決が出たのが1944年の10月ということである。

・・・もう、戦況絶望的で特攻機出撃しとるがな。
北九州にはB-29が何度も空襲してるし。

157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:08:00.97 ID:3fAoXlpS0

そもそも首都が当たり前のように爆撃されてる時点で「あ、日本は負けるんだ」ってわかりそうなもんだよな
まあそんな事言ったら憲兵さんに連れて行かれるわけだが

156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:07:22.09 ID:vtOIl8Wv0

なんだっけ、「暗号に方言使えばいいんじゃね?」つって土佐弁だったか薩摩弁だったかを使ったら、米軍捕虜にそこ出身のがいてあっさり解読された奴

166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:10:13.54 ID:90uS2p9N0

首都空爆されてる時
軍部はなんていって
「戦況がとても良い」という事を
喧伝してたんだろう

182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:15:20.19 ID:W+vKtTHC0

>>166
某作家の戦中の日記があるが、
「欧州では食料危機が刻々と迫っている。このままでは連合国も戦いを続けられはしないだろう」とか
「ルーズベルトが急死した。スターリンもそろそろ死ぬだろう。連合国の足並みも乱れてくるだろう」とか書いてあった記憶がある
肝心の日本がインフラボロボロで都市じゃ食料危機状態だったのがなんとも

237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:32:41.21 ID:3fAoXlpS0

>>182
民主主義国家で、指導者が死んだって理由で軍が引き上げるわけ無いのになw
七年戦争におけるロシアかよw

183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:16:01.98 ID:3fAoXlpS0

>>166
昭和十七年四月十八日。
アメリカの爆撃機16機が東京や横浜を蹂躙した。
大本営は九機撃墜せりと報道したが、実際のところは皆無だった。
国民もその事は何となくわかっていて「撃墜したのはキュウキではなくクウキだ」などと言って揶揄した。

164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:10:10.98 ID:ahRtUn7y0

太平洋戦争末期、もう化粧品など作れなくなった時代、資生堂にいきなり政府から
大量の化粧品原料、そして容器に至るまで送られた。

そして、政府の命令によって、資生堂は大量の化粧品、香水、ローションを製造した。
当然、社内では様々な説が流れたが、一番有力だったのは、ソ連に講和を斡旋して
もらうため、ソ連高官婦人に贈呈するお土産品だというもの。

しかし、実際は、大陸でタングステン、銅などの戦略物資を買い付けるために、
小さくて軽く、そして高価である見返り物資を、と言うことで、高級香水など化粧品類を
その物資に充てたものであった。

177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:14:03.41 ID:71EPXYFn0

旦那の師匠の師匠辺りの話だけど

日露戦争の時にどこかの森でロシア軍に追っかけられてる時に、
手持ちの手裏剣を半ばヤケクソで後方に投げたら、
追っかけてきたロシア軍の一人の目にヒットして怯んだ隙に逃げ切ったなんて話を聞いた

213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:25:23.13 ID:3fAoXlpS0

俺には自決って言うのが理解できない
敵を倒すための武器で自分殺してどうすんの?
降伏しないなら何とか逃げるか、もしくは突撃でもしろと

スポンサードリンク
224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:29:02.77 ID:ELivHlpe0
>>213
「指揮官は、尽くすべきところを尽くさずして陣地を敵に明け渡したら死刑」みたいなものがあったんだよ

あまりに曖昧すぎて、どこまでやれば尽くすべきところまで尽くしたことになるのかよくわからない
で、逃亡して銃殺刑なんて不名誉なことになるくらいだったら潔く死のうと

ちなみに、映画にあるような切腹やら何やらで自決するのは実際には高齢の人ばかりで
大半の人は銃剣やら何やらで突撃して玉砕するってのが普通だったと聞いた

230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:30:26.73 ID:GQTYnuXb0

>>224
民間人は関係なくね?

238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:33:22.80 ID:ELivHlpe0

>>230
そればっかりはケースが多すぎて一概には言えないな

「日本軍は民間人に自決を強要した」という話がある戦地もあれば、
「捕虜になることを恐れた住民が自発的に自決した」って場合もあるし

沖縄はどちらも聞くけど、サイパンなんかは後者の話を多く聞くな

200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:21:07.95 ID:Qqme6vpR0

ここまでエロ爆弾なしとか

208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:24:14.56 ID:GQTYnuXb0

>>200
kwsk

228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:29:57.26 ID:m7ATAVXg0

>>215
サンクス
あんまエロくねーじゃん・・・

233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:31:19.90 ID:GpKAzsmm0

>>228
誘導弾が地上からの誘導を無視して、女風呂に突っ込んだ

なにか感じるものはないか?

257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:37:46.32 ID:m7ATAVXg0

>>233
なるっほどwwwwwwww

229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:29:58.20 ID:p2CcZDQe0

日本人が開発した八木アンテナを連合国は「ヤギショック」とか言って
応用の八木レーダーを研究して艦船に搭載したり防空網の構築等をやっていた時に
一方の日本は「電波出してわざわざ自分の位置晒すとかバカかよwwwwww」と言って相手にしなかった
開発者の八木博士が特許延長の手続きをしようとしても「大した発明じゃ無いから却下なwwww」のバカっぷり
日本軍の技官がオランダ軍のレーダーを見学して物珍しそうな目で見てるのを見て
「こいつらバカじゃねーの」とか思ってたらしい。

で日本軍がレーダーの有効性に気付くのは開戦して、イギリス軍からレーダーをかっぱらった時
エンジニアの持っていたレーダー運用に関するノートに書かれていた「YAGI」の意味を調べるために
イギリス軍捕虜を尋問した時「お前、日本人の開発した八木アンテナを知らないのか?!」と言われた時である。

開戦の10年以上前から全力でレーダーを研究していた連合国に対し日本軍は消極的だったので
日本軍が敵艦船、航空機を見つけるのに人間の目が頼りだった。連合国はレーダーを駆使して
夜間だろうがバンバン日本軍を見つけて、これを攻撃した。

日本も慌ててレーダーを研究するがもう遅い
レーダーがあれば東京初空襲の時でも爆撃されてからでは無く、洋上でB25を発見できただろうし
末期のB29の空襲も都市が攻撃された後に発進して迎撃するのでは無く、海上で迎撃する事も出来ただろう。
後はそのまま日本にマトモな防空システムが無い事を見抜いた米軍に一方的にやられて死亡。

236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:32:28.68 ID:cxA34Eb/O

>>229
これ凄いよね
地デジ普及まで現役だったんだから

244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:34:39.00 ID:WbFBAKWa0

水不足のジャングルで米を食べようとした

254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:37:22.03 ID:p2CcZDQe0

アメリカ兵は戦場で飯を食べる時は自前の缶詰か
別部隊と交代で後方に戻って温かい飯を食べていたが
日本軍に補給なんてものは無いので全て自炊
ジャングルで米を炊いたのでその煙で布陣・人数の全てがバレた

259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:38:13.74 ID:ahRtUn7y0

各国のWW2の戦費

アメリカ 3410億ドル
ドイツ 2720億ドル
ソ連 1920億ドル
イギリス 1200億ドル
イタリア 940億ドル
日本 560億ドル

欧米から見れば第二次世界大戦における
太平洋の戦いなんて付録みたいなもの……

てか、上位陣が頭おかしい

261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:39:32.10 ID:5Q0npK+A0

イタリアは何に940億ドルも使ったんですかね

スポンサードリンク
263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:40:15.71 ID:m45LWvZB0
>>261
パスタ

269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:41:06.03 ID:ELivHlpe0

というか、よく当時のイタリアをヘタレ呼ばわりしてネタにする人もいるけど
「勝てそうになかったらやめる」「勝ってる方の味方をする」って、よく考えれば戦略的にはむしろ賢いよな

274:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:43:22.10 ID:3fAoXlpS0

>>269
独裁者に踊らされて大勢死んだドイツ国民よりはイタリア国民の方が賢いな

267:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:40:47.88 ID:GpKAzsmm0

アホエピソードとは違うかもしれんが
海戦のさなかにアメリカの空母に着艦しそうになった日本機があったな。
しかもアメリカ側も直前まで気がつかなかった。

276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:44:19.34 ID:ELivHlpe0

>>267
そういう話はよく聞くな

俺が聞いたのは中国戦線で、偵察に出た兵士が濃霧のせいで自分の部隊を見失って
ようやく見つけたと思って合流し、しばらく一緒になって歩いてたんだけど
注意して周りを見たら国民党軍のど真ん中にいて死を覚悟したとか

片言の中国語で「小便、小便」と言いながらさりげなく隊列を離れ、命からがら帰還したらしい

289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:49:38.35 ID:m45LWvZB0

>>276
俺からも一つ
ブナだったかラエだったかラバウルだったか忘れたけど日本軍の基地に突然B-17が降りてきた
突然来られたもんだから鹵獲も出来ずにほぼタッチアンドゴーで飛び立って行ったらしい
因みにその基地はほんの少し前までアメリカの基地だったそうだ

275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:43:29.35 ID:S2X7joOQP

WWII中以外のエピソードも上げようぜ

WWIの最中、四国にドイツ兵捕虜の収容所ができたが、そこがやたらとフリーダムだった
軍人の厳しい規律下に置かれているにもかかわらず、外出規制がやたら緩かったり、
収容所に西洋犬持ち込んで飼ってたり、近隣住民と軍民共同で新たな産業開発したり、
しまいには所長の独断で全員率いて海まで行軍して海水浴やったとか言う逸話があって
普通収容所って負のイメージが強いけど、そこは例外で友好の記念碑が今でも残ってる

279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:45:40.70 ID:3FLU90WP0

>>275
そういう良い意味でユルい人はいいな
二次の時に見つかったらエライことになりそうだが

284:holeギター ◆esuBYcD5q22013/03/05(火) 21:46:59.47 ID:u+9pPMMBP

>>275
捕虜のオーケストラもあったららしいね
戦後も日本に居残った人もいたとか
シャウエッセンなんかのルーツだったような

283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:46:52.33 ID:sfq5KpW30

逆にWW2の独ソ戦だとどちらも捕虜の扱いは酷いよな…

288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:49:33.03 ID:ELivHlpe0

>>283
扱いを悪くするつもりは無いのに、結果として悪い待遇になっちゃった南方戦線とか
バターン死の行軍なんて言われてるが、日本軍もあんなに捕虜が多くなるとは思ってなかったのか
輸送する手段が無いから仕方なく徒歩で、まあ重装備の日本兵が大丈夫なんだから手ぶらの捕虜も大丈夫だろうと思ってたら……

298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:53:08.60 ID:m7ATAVXg0

>>288
基本的に捕虜大切扱える所は物量が一杯ある国だからw
日本みたいな貧弱・貧資源国には無理だからw

301:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:53:57.79 ID:5/4ZbNjj0

>>298
兵隊が飢えてたんだもんな

302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:54:43.86 ID:ahRtUn7y0

第二次大戦末期も末期、本土決戦か、ポツダム宣言受諾か、で、揉めていた時、
「本土決戦をするにしても、武器も無いではないか」と言う、内務省の人に
「武器ならある。」と言う陸軍軍人。他の省の人も、あるというのなら、見せてくれ。
と言うことになった。翌日、陸軍から、武器を見に来てくれ。と言う連絡が有ったので、
陸軍省へ。
何か、資料か、どこぞにある、武器庫でも見せてくれるのかな?
と思っていると、とある一室に通された。その上には、槍、弓、猟銃、竹竿の先に包丁
をくくりつけた物、などが置いてあった。
軍人は、弓を手に取り「至近距離から、音も無く、敵兵を倒せる、必殺の武器である。」
槍を取り「山がちな、わが国の地形では、この手の接近戦用武器が有効であり、
また繰り返し使える云々」
で、これらは、民家などの土蔵に有るものを、徴発。なき家は、竹さおの先に、包丁を
つけ、代用とする。などと説明したと言う。

雑誌名は、忘れたが、10年ほど前、終戦50周年記念の、回顧録見ないな物で読んだ
事があるその回顧録を書いた人(内務省の役人だったらしい)は、それを説明している
ときの軍人の、言葉では説明できない異様な目が、今でも忘れられない。とか書いていた。

315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:57:47.14 ID:90uS2p9N0

>>302
軍部の狂気っぽい話でいいねえ

307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:55:07.61 ID:3fAoXlpS0

1940年代のアメリカ。
no title
知らないってのは恐ろしいことだ。
これを日本国民全員が知っていたら戦争なんて夢にも思わなかっただろう。

311:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 21:55:53.92 ID:m45LWvZB0

>>307
山本さんは知ってたのにな

325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:01:24.33 ID:S2X7joOQP

>>311
山本は半年だか1年だかで叩き潰せなければむりぽ、って言ってなかったっけ

330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:02:40.96 ID:m45LWvZB0

>>325
短期決戦で有利な状態に持ち込んで講和条約を結びたかったんだけどね

332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:03:31.42 ID:5/4ZbNjj0

>>330
どの国に講話の仲介を頼むつもりだったんだ?ソ連?

337:holeギター ◆esuBYcD5q22013/03/05(火) 22:05:08.52 ID:u+9pPMMBP

>>332
だったとか
国連は脱退してたし、そもそもww2が始まった段階で開店休業だったみたいだし他になかったんじゃね

327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:01:49.14 ID:KicUhxOc0

航空機の名前がかっこよすぎる。極光とか彩雲とかやべぇよ

385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:24:23.89 ID:2wzg1dNwO

>>327
海軍は
「零式」「艦上」「戦闘機」などのように、任務と採用年度がモロバレだったため
1943年8月以降の新型機は、気象現象の中から機体の名前を選んでいた
(大臣官房・航空機名称付与様式)。
甲戦闘機→「風」を含む(強風、陣風、烈風)
乙戦闘機→「雷」か「電」を含む(雷電、紫電、天雷、閃電、震電)
偵察機→「雲」を含む(瑞雲、紫雲、彩雲、景雲)
爆撃機→「夜の天象」(銀河、彗星、流星)
攻撃機→「山」を含む(深山、天山、連山)
哨戒機→「海」を含む(東海)
丙戦→「光」を含む(月光、極光)
陸軍は宣伝用の愛称であり、
制式名は「~式~機」、試作は「キ~」

333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:03:39.41 ID:ELivHlpe0

陸軍悪玉論のせいか、未だに「時代遅れで泥臭い陸軍と、先進的でスマートな海軍」というイメージが根強いけど
少なくとも海軍より陸軍の方が情報戦、暗号などを重視していたとか

有名なところだと、開戦の日を伝える暗号が

海軍「ニイタカヤマノボレ 一二○八」
陸軍「ヒノデハヤマガタ」

海軍の暗号は、うっかり解読されたら開戦の日が丸わかりだけど
陸軍は解読されても開戦日がわからないように、それぞれの日に地名を割り振っていたとか

346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:09:25.57 ID:2wzg1dNwO

>>333
陸軍と海軍を対等と考えるのが間違い。陸軍の政治力は海軍の比ではない。
しかし海軍は一段も二段も劣る立場から必死に先進化を進め
航空戦力などでは同等に近いレベルを持つに至っていた。

348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:10:38.70 ID:p2CcZDQe0

>>346
予算は陸軍よりも海軍の方が多く分捕ってたんだけどね

367:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:16:02.50 ID:2RzwzkNFP

>>348
日米開戦から暫くは陸軍の方が多くとってたよ

339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:05:36.64 ID:3fAoXlpS0

天皇 「もし日米開戦となった場合、どのくらいで作戦を完遂する見込みか?」
参謀総長 「太平洋方面は3ヶ月で作戦を終了する見込みでございます」
天皇 「汝は支那事変勃発当時の陸相である。あのとき事変は2ヶ月程度で片付くと私にむかって申したのに、支那事変は4年たった今になっても終わっていないではないか」
参謀総長 「支那は奥地が広うございまして、予定通り作戦がいかなかったのであります」
天皇 「支那の奥地が広いというなら太平洋はなお広いではないか。いったいいかなる成算があって3ヵ月と言うのか?」

345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:08:48.10 ID:90uS2p9N0

>>339
陛下は聡明だったからな
軍部のペテンもみんな見抜いてた

でも結局なんの権限もなかったんだよな

349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:10:50.49 ID:ELivHlpe0

開戦当時、軍令部に勤務していた本を読んだら

「上は早期講和だ、序盤で徹底的にやれば早期講和で決着がつくと言っているが、はたしてそう上手くいくだろうか」
「そもそもこちらは長引けば不利、あちらさんは長引かせれば勝てると踏んでいるのに、そう簡単に講和に応じるはずが無い」
「しかしそんなことを言える雰囲気でも無いし、言っても始まらない、もう始まってしまったんだから、何とかするしかない」
「軍令部に勤務していた大半の人々は、むしろ暗澹たる気持ちで日々の職務を遂行していた」

みたいなことが書いてあったな
「無理だやめよう」なんて誰も言い出せなかった当時の雰囲気を想像すると……

352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:11:38.29 ID:5/4ZbNjj0

>>349
2chも、去年ぐらいまではTPP参加に賛成なんてなかなか言える雰囲気じゃなかったなwww

353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:11:42.82 ID:3fAoXlpS0

>>349
空気を読む文化は今でも健在だな

359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:13:25.21 ID:90uS2p9N0

>>349
もし
開戦を止めてたら
今頃は
何であの時開戦しなかったんだ!
って何十年も喚き続けてた希ガス

371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:17:47.00 ID:ELivHlpe0

>>359
まあその人曰く、開戦そのものと言うよりは開戦の仕方に問題があったんじゃないかって感じだったな
山本五十六に対してもわりと批判的だった気がする

「あんな水深が浅いところで戦艦を沈めたって、アメリカならすぐに引き上げて前線に復帰させる」
「かといってドックや燃料設備の破壊までやるには戦力が足りない」
「そもそも伝家の宝刀を最初の戦いで抜いてしまうのはどうなのか」

という周囲の意見を押し切って真珠湾攻撃を断行したけど
結果として、開戦から「大量生産、大量消費」という
日本がもっとも回避しようとしていた、アメリカの土俵で戦うはめになったと

378:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:19:59.49 ID:pcCe46QV0

メンツ喰って生きてるような軍人が政治を掌握しちゃったのがそもそもの間違い
もうちょっとましな状況で開戦してたらなんとか・・・

398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:34:06.22 ID:WbFBAKWa0

結局は処分を恐れて国民を騙し続けたマスコミが悪いってことに辿り着く

400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/03/05(火) 22:35:21.83 ID:5/4ZbNjj0

>>398
まぁ事実を書くと発禁ということはあったけどね
売れるからと言って景気の良い話ばかりブチ上げた自業自得だけど

403:holeギター ◆esuBYcD5q22013/03/05(火) 22:36:27.54 ID:u+9pPMMBP

>>398
それパソコンが壊れたけど、ヘッドホンが壊れてたから音が聴けないって言ってるようなもんだよな
まあ萎縮しちゃったのはメディアは恥ずべきだけど、あの状況で大手メディアが政府に逆らうようなことを書けていたかはわからん
うちのひいじいちゃんも新聞の仕事してて戦後は燃え尽きちゃったそうだ

転載元
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362480241/

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 歴史(2ch) 軍事(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (12件)

  1. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/03/06(水) 07:31:18

    ウンコ爆弾

  2. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/03/06(水) 09:16:04

    占い師(水野義人)の意見を取り入れていた海軍とかwwwww

  3. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/03/06(水) 09:57:45

    なぜこんな悪手疑問手ばかりだったのかわかるか?
    日米両首脳にソ連のスパイが大量に紛れ込んでいたんだよ
    もちろん、戦後そのことを隠蔽することは忘れずに
    つまり、あのときの日本人はあほだあほだ言っている現代の俺たちも馬鹿でしたっていう二重トリックというわけさ

  4. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/03/06(水) 10:09:15

    スパイなんかに振り回されて立派なお題目を唱えて死人量産アホ日本って事か

  5. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/03/06(水) 12:23:20

    意外と大きいのが日露戦争の成功と関東大震災。
    日露戦争も、開戦したら必敗と絶望する政府と軍部を、国民が煽り立てて戦争に突き進ませてしまった。当時のロシア人の嫌われ度合いは今のシナチョン並。そんな形でなまじ勝ったので、同じくジャパンバッシングと民族差別を繰り返すアメリカ潰せ、となった。

  6. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/03/06(水) 12:40:28

    今の日本が後に出来る

  7. 名前:̵̾������@ʢ������ 投稿日:2013/03/06(水) 12:59:56

    ジャングルで米、とかあったけど1000年以上昔の防人の時代でも干飯とかあったし普通の米を戦地で炊いたりしたのかなあ?

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/11/23(土) 02:27:28

    約1000名の日本軍兵士が撤退中にイリエワニの集団に襲われ大半が死亡
    生存したのはわずか20名だった

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/11/23(土) 02:29:29

    人間ミサイル「桜花」とかな

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/01/25(土) 13:06:19

    本スレ288
    何年か前、本当にそんなにきつかったのか検証するため、女性ルポライターが赴いたそうだ。
    当日、風邪気味で体調不良だったけど、何の苦もなく踏破したそうだわw
    確かその時の本も出てるって。

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/11/13(木) 21:26:24

    海軍も「士官1下士官2兵卒8」みたいな暗号もあったのよ

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2015/06/01(月) 23:25:20

    軍部やメディアの責任は勿論あるけど、国民が後押ししてたことも忘れちゃいけない
    五・一五にしろ二・二六にしろ、国民は青年将校を強く支持してた
    明治の自由民権運動では新聞が「板垣死すとも自由は死せず」と書けた
    それが昭和に「犬養死すとも政党政治は死せず」と書けなくなったのは、何よりも国民が書かせなかった

スポンサードリンク