ピカソの絵が適当に描いてるように見える奴って・・・^^;

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:09:31.60 ID:hmxx3Wfk0

頭脳がヤバイ


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:11:28.41 ID:NaQLvAYEP

抽象的な絵にいくつもの意味を込められるのは凄いことだよな
特にピカソはパッと見て読み取れる

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:12:45.12 ID:zNFNxJNV0

晩年のピカソはある意味すごい適当に描いてそうだけどな筆致とかみると
もちろん適当に描いても完璧なんだけど

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:13:04.28 ID:0VYhiYCH0

プロだけがわかる絵なんで糞だろ

スポンサードリンク
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:14:52.96 ID:NaQLvAYEP
>>5
プロじゃなくてもわかるでしょ
抽象化したイメージが見る人に正確に伝わるってすごいことだぜ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:19:51.34 ID:YYv79oGz0

ピカソ「あ、これとこれ混ぜたらこんな色になるのか、おもしれぇwwww」

専門家「これは、ピカソのバックグラウンドの戦争のうんぬん」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:23:17.86 ID:zNFNxJNV0

>>8
それは別に間違えてない
ピカソが意識してようとしてなかろうと
それを、解読、解説するのが専門家のお仕事

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:25:52.54 ID:NZcO46InO

芸術とやらの始まりは、
どっかの上流階級の社交場でずる賢い商人が言った「当然皆様にはこの絵の素晴らしさがわかりますよね」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:26:17.08 ID:8Hi9HWjD0

ピカソの絵見てなんとも思わないのは
素人が数学の難解な公式を見て理解できないのと同じだろ

かく言う俺も全く分からんが

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:28:45.45 ID:zNFNxJNV0

なんかピカソがわかりにくいみたいな話になってるけど
50点くらい作品集めたピカソ展に行ったとして、
「俺全然いいと思わなかったわ」なんて奴はたぶん100人に5人もいないぞ
実物目の前にしたら誰だってわかる

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:34:15.45 ID:8Hi9HWjD0

>>15
それはそうなんだが、どう見ても理解できない作品はあるわけで
それに高い評価がついてると
価値を作品でなく作家で決めてるんじゃないかと思ってしまう

まあさっき言ったとおり所詮素人にはわからないものだと思うが

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:29:21.44 ID:RUJ7zvko0

ピカソが若い頃に描いた絵を見たことあるけどマジでうまいのな

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:32:36.20 ID:RUJ7zvko0

ピカソが14歳の時描いた絵
no title

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:24:39.64 ID:2SylT2Wp0

結局さぁ、下地にこれ>>20があるからどんな絵描いても評価されるんだと思う
あと画家の生き様や描くまでに至った経緯も含めて評価されるのが絵だよね

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:38:48.05 ID:VBYw8w2F0

芸術の客観的な評価って作られた背景やどのくらい支持されてるかっていうところのほうが大きいからね
上手いかとか魅力的かってのはまた別の話

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:41:57.01 ID:GP5cbOWE0

ゲルニカしか知らんけど色んなもの隠れてるやん
no title

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:45:39.39 ID:kYsllQ0m0

ゲルニカこそ時代背景とテーマだよな
絵柄はおもしろいけど素人ガヘタって言ってもなんとも思わない

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:50:59.09 ID:z6QIqHhL0

ダリは時計が溶けているからいいの?
なんなの?
ようはみんな「誰かが良い」って言ったからそういう目で見ちゃってるんじゃないの?
だれか教えて
no title

スポンサードリンク
52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:53:06.09 ID:zNFNxJNV0
>>46
ダリ嫌いなの?
シュルレアリスムは好き嫌いあるだろうけど
ダリはわりとみんな好きなイメージだけどな

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:55:37.51 ID:z6QIqHhL0

>>52
いや、例として出しただけ
好きも嫌いもない
ゴッホはなんで生きてるとき評価されなくて死後評価されたの?
時代が追いついてなかったとか意味分からん理由じゃなくて
まあ理論で考えるもんじゃないのかもしれんけどさ
どうにも絵画の世界は理解できん

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:57:33.67 ID:NaQLvAYEP

>>55
ゴッホが売れなかったことに売り込みが下手だったから以上の理由はないよ

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:00:46.96 ID:z6QIqHhL0

>>58
売れないとかじゃなくてさ
どこがどういいのかもっと客観的に提示して欲しいのよ

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:04:49.72 ID:zNFNxJNV0

>>61
技法的に筆致がユニーク
色使いがユニーク
アートにおいてユニークであればそれだけで価値はある
好き嫌いは見た人が決めればええ、客観的とかないよ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:06:16.37 ID:z6QIqHhL0

>>65
ユニークって抽象的すぎて・・・どういう筆致がどうユニークなのさ・・・無知な俺にはサッパリ伝わってこない

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:08:34.45 ID:zNFNxJNV0

>>67
uniqueってのは他に似たようなものがないってことだよ
文字通りそのままの意味
抽象的でもなんでもないよ

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:10:41.66 ID:z6QIqHhL0

>>69
その差異を説明してほしいって言ってんの!

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:14:24.59 ID:zNFNxJNV0

>>72
説明も何もあんな描き方する人他にいないじゃん
絵のこと全然知らない人だってランダムに選んだ近代絵画の中から
ゴッホの作品を選ぶのなんて誰でもできる
そのくらいユニークってこと

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:16:50.45 ID:z6QIqHhL0

>>76
わかんねえよwww
少なくとも似た色彩の油絵(だっけ?)を並べられたら分からんぜェ

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:20:31.32 ID:zNFNxJNV0

>>81
いや、事前にゴッホを10枚も見とけば絶対わかるってばww
もちろんPCの画像じゃなくて本物限定だけどね

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:51:53.66 ID:NaQLvAYEP

ピカソはむしろわかりやすい部類だと思うけどなぁ
前提知識もそこまで必要としないし

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:08:50.40 ID:z6QIqHhL0

あたまではそういう風に考えて見るもんじゃないって分かってるんだけどさぁ
どうしてもある程度の根拠がないと信じれないんだよォ・・・
いつまでもブラックコーヒーを飲んでるやつが苦いのを我慢して大人ぶってるように見えるみたいによォ!!

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:11:19.37 ID:zNFNxJNV0

>>70
まずは損保ジャパン行って本物のゴッホを見てこいw
まずは椿屋あたりでいいからおいしい珈琲飲んでこいw

スポンサードリンク
77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:14:56.84 ID:z6QIqHhL0
>>73
絵は何度も見てるさ
でも絵で感動するのはトロンプルイユとか
本物と見分けのつかないような物をみた時くらいだわ

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:16:28.15 ID:NaQLvAYEP

>>77
じゃあ抽象画は好みじゃないってことでしょ

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:17:39.72 ID:z6QIqHhL0

>>80
えーさみしいこと言うなよー
俺にも良さを教えろよー!お前らだけ楽しむのずるいぞ!

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:20:21.54 ID:z6QIqHhL0

たとえばゴッホのひまわり?はどのへんにゴッホらしさが出てるのよ
絵を見ながら理解したい
no title

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:20:49.04 ID:NaQLvAYEP

>>87
絵の具の使い方

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:24:51.47 ID:z6QIqHhL0

no title
どれがごっほでどれがごっほじゃないのかさっぱりでーす^p^
分かる人どれがゴッホか全部当ててくれ

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:33:07.83 ID:NaQLvAYEP

>>97
ちぎり絵か何かのやつと明らかに子供が模写したらしきやつと明らかに写真のやつの計4枚以外は全部ゴッホのひまわりだよ

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:45:16.10 ID:z6QIqHhL0

>>110
ほんとだすげーなおめえ
なんか二つしか書いてないやつとか違く見えるけどこれもゴッホなのか

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:48:02.13 ID:NaQLvAYEP

>>122
ひまわりにはいくつもバージョンがあるんだよ

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:23:48.82 ID:i1F5kFFS0

確かにうちのお袋に強制的にバッドボーイズからアイランドまで観せたら
トランスフォーマーがマイケル・ベイ監督だってわかりそう

つまりゴッホもそういうことか

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:28:44.58 ID:zNFNxJNV0

>>94
そういうこと!
映画は複数人でつくる総合芸術な分、絵画より難しいな
リンチくらい個性が強ければ見ただけでわかるけど
マイケル・ベイだと新作見てマイケル・ベイと見分ける自信はない

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 03:29:27.77 ID:p9WGtecE0

ピカソだか誰かが描いた絵を渡して、それを見た人が絶賛したけど
実は超適当に描いた絵で、芸術なんてしょせんこんなもの
みたいな話無かったっけ?

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 02:51:19.95 ID:FS4vk4VD0

おまえらロスココピペも知らんのか

115 名前: みったん(群馬県)[sage] 投稿日:2011/01/20(木) 10:48:47.34 ID:f+xalvi1P
no title
これの良さを解説してくれ
こんなの5分もあれば描けそうだし、適当に色塗っただけにしか見えないんだが
すごい評価高いんだろ?

スポンサードリンク
233 名前: みったん(catv?)[] 投稿日:2011/01/20(木) 12:54:48.70 ID:FXFyLwGRP
>>115
まずその絵を見て、暗い感情になった?明るい感情になった?

薄暗い光だけど、温かい感じで、だけど暑すぎなくて
ふかふかしたベッドかソファ、そしてサラサラした心地良いシーツに
寝そべってる感じがしない?

まあ、感じ方は人それぞれで、その時々の精神状態にもよると思うけど、
この絵の色の配分と配置は、深層心理に働きかける力がある。
そしてそれは、心地よい感覚に近いって点がすごい。

309 名前: やまじちゃん(群馬県)[] 投稿日:2011/01/21(金) 09:36:14.83 ID:lWhiCjOYP
>>233
こういうのを待ってたんだよ
ちなみに>>115は俺がPCのお絵かきソフトで5分で描いたロスコもどきだよ
俺が適当に絵の具塗りたくっただけの絵をそんなに評価してくれてありがとう

159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 04:16:40.21 ID:okNqohQf0

ピカソの逸話を思い出したので貼っとく

カフェでピカソを見つけた婦人が、私をスケッチしてくださる?と頼んでみた。
ピカソは快諾し、サラサラと絵を描き上げた。
婦人はピカソに、いくらで絵を譲ってくれるか聞いた。
5000フラン、とピカソは答えた。「5000フラン!
…たった3分かかっただけで?」という婦人に向かって
「いいえ」
ピカソは言った。
「私はここまで来るのに一生を費やしたのです」

162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 04:17:57.05 ID:Ji3PozKL0

5000フラン=日本円で約500円

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 04:46:28.24 ID:tWchQuks0

>>187
ウィキぺによるとそのあたりで40倍のインフレしてるから現在価値に直すのが難しいな
45年で 119.1フラン=1ドル

なら50ドルくらいか

ピカソなら安いがけっこうな額だな
でも当時の50ドルがいくら相当か分からん
今よりは高いと思ふ

304: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:30:43.04 ID:uDDOqjvf0

ピカソの絵って実際どれくらいの時間かけて描いたんだろうな

308: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:34:06.50 ID:kajEBuzm0

>>304
ゲルニカが1ヶ月弱(ソースはWikipedia)

310: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:35:16.54 ID:okNqohQf0

>>304
ものすごい多作家だって話で平均で一日5作品作ってたとか
生涯でおよそ13,500点の油絵と素描、100,000点の版画、34,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作

313: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:36:30.73 ID:Ji3PozKL0

ダヴィンチは逆に寡作で
数万点のデッサンが残ってるけど
完成したのはわずか2~30作品なんだっけ

169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 04:25:03.71 ID:t5+2Rz6K0

ピカソの絵は下手な奴が真似してもそれっぽくなるだろ
風景画は無理だけど

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 04:26:46.88 ID:NaQLvAYEP

>>169
模写はそこまで難しくないだろうね

253: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 05:42:08.23 ID:TXmbfOzh0

no title
ピカソっぽく描いてみた

257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 05:46:22.06 ID:Ji3PozKL0

>>253
ドラえもんを抽象化か
やるじゃないか

281: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:05:10.30 ID:Ji3PozKL0

まあ部屋に飾るならルノアールとかが良いよね

no title

スポンサードリンク
282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:05:55.12 ID:NMP2+rde0
官能的なのがすき

290: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:12:20.07 ID:8fQy2vVfO

>>282
ジェローム作 法廷のフリュネ
とかどうでしょう?

no title

285: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:08:53.26 ID:okNqohQf0

部屋に飾るとしたら印象派の画家がいいなあ、アルフレッド・シスレーとか

no title

307: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 06:34:04.40 ID:LX4NjN5X0

絵画なんて見た人の好き嫌いしかないよ
有名かどうかはおいといて
でも俺はピカソ好きだな
一枚の絵を見てるのにたくさんの絵を見てるきがする
いろんな角度からみるともっとおもしろい
みてて飽きないね
まぁ絵なんてそんなもん

351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:12:03.07 ID:RUyHBulG0

まぁ誰かが書いてるが
ピカソは天才だからゲルニカは良いっていうのは一理あるよ
俺みたいな凡人がゲルニカを描いた所で、精々「作者は病気」タグをつけられて終わりになる可能性は大だと思う
ただ権威ある芸術家が「この絵は凄い!」と言えば良い絵に見えてくるんじゃないかな
芸術の世界っていうのはコネと鶴の一声の世界だと才能ある美術部の先輩たちは言ってたよ

372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:26:25.97 ID:LO2OngOu0

ピカソがマジで描いたらしい絵がとても上手いから何とも言えん
表現は様々だしな絵に関して評価されるかどうかはそれぞれの感性とか時代や流行にもよるわけで

398: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:46:19.10 ID:ppN8u4F60

>>372
「マジで描いたら(写実的表現が)凄く上手いんだぞピカソは」ってよく聞くけど
マジで描いたら上手いからって何描いても評価するのはちょっと違うと思うんだよな

403: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:50:23.91 ID:kVSGFlU9O

>>398
写実がカンストしたから他のステータス伸ばしだしただけだもんな
ピカソの思想とか、そこに至った背景とか込みで評価するならまだ分かるけど

388: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:39:31.68 ID:RUyHBulG0

バカの壁の話ではないけど知るっていうのは致命的な変化だからね
ピカソを知ってゲルニカ絵の見方が変わるなんてのはある話だろうな

393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:42:54.66 ID:r/uAJX9uP

>>388
ひとを知ろうとするときって、このひとは悪人だなと思ってたら仲良くなれないからな
ピカソを表面的に批判するひとって、自分の価値観しかみてない
だからデタラメに持ち上げるひとと同じように、まっとうな評価では決してない

399: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:47:51.56 ID:RUyHBulG0

>>393
気になるから聞くけども、じゃあ何の価値観で見てるの?
結局自分の価値観じゃね?良くも悪くもバイアスが働いている事はあるだろうけども

401: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 07:48:50.14 ID:zBED6OTgP

>>399
それでいいんだよ

432: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 08:09:29.38 ID:/si1wNob0

昔の西洋絵画ってのはサロンで馬鹿にされるようなものは描かないような、描く内容まで限定されるような芸術世界だったけど
その辺の常識をぶっこわしにかかったのがモネとかの印象派
更に絵の表現方法のみならずメッセージ性で心に訴えかけてくるようなものを描く世代がどんどん生まれてきて
毎回ピカソばっかやり玉にあげるけどピカソもそういう歴史の一旦を担った歴史的人物の一人だと思えよ

438: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 08:19:52.91 ID:kVSGFlU9O

>>432
カンブリア大爆発みたいなもんかな
タガが外れてそれぞれが別方向に一気に進化した時代

476: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:23:07.66 ID:wrjwM+Vk0

こんな時間に便所に落書きしてるような奴が芸術を理解できるほど高尚とも思えませんがね^^;

477: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 10:36:02.29 ID:tWchQuks0

芸術的な落書きを目指すことにする

転載元:ピカソの絵が適当に描いてるように見える奴って・・・^^;

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 教養雑学(2ch) 文化(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (12件)

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2013/02/01(金) 23:13:44

    自分にとっての素敵な絵ってのいうのは>>285みたいなヤツだわ。
    これなら安くても高くても価値がある。

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2013/02/02(土) 07:08:16

    >>1
    『自分にとっての』←正解。
    自分の積み上げてきた経験・価値観で絵は決まる。
    それぞれ絵に対する印象・価値はあるべき。
    「高額で取引されている」「みんな評価している」から
    『素晴らしい』ならば
    最も『素晴らしい美術品』は『金』と『地位』だろ

  3. 名前:名無しさん 投稿日:2013/02/02(土) 13:34:34

    絵は、客観的に説明できるけど、なぜかそう言う理屈は、本になっていない。ネット上にも皆無。外国でも事情は似たものらしい。考え方が同じになると絵が似てくるから、絵描きも仲間内にしか話さない。
    そう言う体質も『金』と深く関係してるんじゃない?国際人権条約で科学の協力が謳われていても、アートの世界は外人ですらもそんなもの。

  4. 名前:名無しさん 投稿日:2013/02/03(日) 15:25:07

    中学生の時ゲルニカみたときはなんとも思わなかったけど、今ちゃんとみるとこれは「地獄」を表現してあるんだとはっきりわかった。かなり伝わってくるものがある。何も知識ないから正確なことは分からんけど、多分近いと思う。

  5. 名前:名無しさん 投稿日:2013/02/08(金) 13:01:11

    ピカソの絵は日本で言うと書道のプロが書いた漢字の字にしか見えない。
    簡単に言ったらお前ら変人の分類だよ。

  6. 名前:名無しさん 投稿日:2013/03/12(火) 19:46:10

    印象派と言うのは、19世紀、展覧会に来た記者が「なるほど印象的にヘタクソだ」と揶揄して記事にしたのが語源というのは有名な話ですよね。ピカソの絵の価値は、名前に由来する価値であって幼児の描く抽象絵と何ら変わりません。ピカソの絵を絶賛する人を見る度に、裸の王様を見抜けない可愛そうな大人なんだなーって思ってしまいます。

  7. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/04/29(月) 11:33:41

    ロスココピペ大好きだw
    でも実際色使い綺麗だと思うよ

  8. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/08/04(日) 16:40:48

    俺はロスココピペ嫌いだな
    こいつコロンブスの卵絶対に分かってないだろ

  9. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/09/16(月) 12:50:26

    俺はエロい絵画ならなんでもいい

  10. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2013/10/14(月) 18:45:36

    ダリと岡本太郎の絵はビリビリして、ムンクと草間彌生の絵はゾワゾワしたけど、ピカソの絵を見ても何にも感じないから、教養無教養以前に感性が合わないとしかいいようがない。
    感性は教養で身につけるものでも身につくものでもないからね。
    自分のなかではピカソって絵画では既に古典の分野に入っちゃってるから、古典の絵を見てもビリビリもゾワゾワもしないのよ。

  11. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2014/05/24(土) 20:25:34

    ピカソの絵の凄さって、インパクトでしょう?

  12. 名前:名無しさん@腹筋崩壊 投稿日:2016/03/11(金) 01:06:06

    要するに「写真」が登場したことにより
    写実性だけじゃアドバンテージがとりずらくなっていった。
    だからみんな感覚に訴えるような絵にならざるおえなくなっていった

    写実的だけど写真じゃなくて絵ってのにもまだ価値は十分あると思うんだけどね

スポンサードリンク