「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也著)を読んでみた

1: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:20:31.86 0

戦前戦後を通じて柔道界最強を誇った木村政彦は、日本国中の注目を集めたシャープ兄弟との日米14連戦で負け役をやらされ
「昭和の巌流島」でも力道山のブック破りに沈み、名誉を失った
逆に力道山は抜群のプロモーション力で国民的なスターに駆け上がって行く
本書はこの「歴史の不公平」に対する告発書である

格闘技とプロレスが完全に別物として扱われる現代において、著者は格闘技派の人間である
つまり力道山と木村では木村側である
これまでの歴史は全て勝者の力道山側が作り上げたモノである
その歴史の虚構を暴き、真の強者は誰だったのかを後世に伝える一冊である

本書では木村政彦がいかに強いかが繰り返し語られている
文句無しで史上最強であり、並ぶものは後にも先にも存在しない
そんな彼が敗者として語られるのは絶対に許せない理不尽であると言う怒りが文章から伝わってくる

ただし最終章の一歩手前までは・・・


2: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:20:52.29 0

最終的に著者は木村政彦ははっきりと「負けた」のだとしている
史上最強の木村政彦の敗戦と言う矛盾を突き詰めるうちにその負けが必然であると結論づけた

技術的には史上最強の木村政彦であれば、力道山が急にブック破りを仕掛けてきても充分に返すことが出来たはずである
それに対応できなかったのは鬼の木村にあるまじき甘さである
引き分けと言うホンが有ったとはいえ、試合前から険悪な二人の関係を考慮すれば、何が起こっても対応できるように準備しておくべきだった
卑怯でゲスな手を含めて万全の準備をした力道山と毎日酒を飲んでまともなトレーニングすらやらなかった木村
それは本来持っている純粋な「強さ」の圧倒的な差を逆転させた

そもそも木村と言う格闘技の神が格闘技の本質とはかけ離れた単なるお遊び遊戯のプロレスのリングに上がった時点で「負け」である
柔道を含めた格闘技の世界では最強の木村でも自己演出力、スポンサーとの交渉力が大きくモノを言うプロレスと言うリングでは弱者である
この世界では力道山が最強なのである

戦後、柔道界から離れた木村が食って行くためにはプロレスに行くしか無かったと言われているがもっと違う道は無かったのか
これは私見だがリオのマラカナンスタジアムで行ったエリオ・グレイシーとの柔術の試合がヒントにはならないか
お芝居のプロレスでも無く、立技に偏重して実戦的では無くなった講道館柔道でも無く
古流柔術の流れを汲む、高専柔道をベースにした、現在の総合格闘技に連なるような「ガチの格闘技団体」を立ち上げることは不可能だったのか
ビジネス的には難しいかもしれないが、格闘技というものに真摯に向きあえば歴史は必ず適正な評価を下したであろう

木村は強かった、しかし、戦後は金に釣られて、本物の格闘技に向き合うことを忘れてしまったのではないだろうか
師匠の牛島辰熊とは違って・・・

4: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:27:18.70 0

これ面白いらしいな

8: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:28:55.61 0

>ガチの格闘技団体
アホかw 戦後はプロ柔道の団体が乱立して木村も国際柔道協会やってたっつーの
それが失敗してプロレスに拾ってもらったんだよ

10: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:31:48.98 0

>>8
それも書かれてたな
最初は師匠の牛島が作った団体でやってたけど、裏切って金に釣られて脱退した形
そのセンをもっと突き詰めれば何か見えたかもしれない
それでもプロレス(笑)とか言う演劇の方が人気は出たかもしれないけど
木村政彦と言う名前は汚れなかった

14: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:33:50.65 0

木村が強かったのって特に技が切れまくったわけじゃなくて
当時にしては筋力が別格にものすごかったからだから

16: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:38:25.73 0

>>14
結局、筋力=技のキレなんじゃない?
学生時代のトレーニングの記述は「話半分」だとしても異常
あと木村の強さは高専柔道で磨き上げられた寝技の強さ

18: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:40:59.08 0

木村の地力を養ったのは河原での砂利運搬だよ

22: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:45:08.75 0

>>18
父親の仕事の手伝いとしての加勢川での砂利取りだね
この手の話は必ずついて回るね
稲尾和久や双葉山も漁師の父親に付いて船で仕事をしてて足腰を鍛えたとか
鞘師里保が牡蠣イカダの上での手伝いでダンスに必要なバランス感覚と下半身の粘りを獲得したとか

20: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:44:07.91 0

あとは超高回数の腕立て伏せ
これで筋持久力が異次元の領域にあった

21: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:44:13.62 0

木村が強かったのはわかるけど
力道が弱かったとも思えないなあ

23: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:45:56.93 0

格闘家としては木村政彦の方が強かった
プロレスラーとしては力道山の方が強かった

26: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:49:26.61 0

プロレスラーとしても木村のほうが強かったんだよ
木村が負けるブックを飲んででも高額のギャラを欲した
奥さんの病気の治療薬購入が必要だったから

29: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:51:07.26 O

いやプロレスラーとしては明らかに力道山のが上だぞ
体格でいってもふたまわりでかいし

30: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:52:26.45 0

巌流島の戦いでは初戦は引き分けをブックだった
その後も興行を続けるために勝ったり負けたりで全国ツアーを演る予定だった
奥さんの治療費についてはその前のハワイ興行で十分足りてた

27: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:50:50.25 0

相撲でもプロレスでも柔道でもそうだけどあの手の連中は自分が一番だから
統一した組織に収めるのが如何に難しいかだなあ

31: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:52:48.66 O

木村の擁護するときに「八百長だから練習してなかった」っていうやつがいるんだけどそれって練習の鬼木村にしちゃ侮辱なんじゃねえの?

43: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:56:04.28 0

>>31
そういうこと
著者も最終的に全盛期の木村ならブック破りを仕掛けられても対応できてた
油断と慢心で負けたとしている

32: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:52:56.78 0

http://www.youtube.com/watch?v=wtwqmU2eV6M&gl=JP&hl=ja

圧倒的に力道山が強い
不意打ちといっても1発良いの貰ったら本気かどうか分かっただろうに全く防御が出来てない
木村は弱すぎた

48: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:57:56.39 T

>>32
言い訳できない内容だよな
それ以前に身体が違いすぎる
そのうえ気迫負けしてるし

61: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:04:13.44 0

>>32
これ見ると木村がフルボッコされてるから
柔道好きが擁護の本書きたくなる気持ちはわかるw

137: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:36:05.22 0

>>32
大人と子どもの戦いだな
力道山はもう少し木村に見せ場あげた方が良かったなw

141: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 10:39:15.00 0

>>137
真面目な話、ブック破りをするなら一気に殺しに行かないと木村に反撃されて逆に殺されると思ったんだろう
でも、こんな惨劇を見せられて客はドン引きしてプロレス人気が一時落ちた
まさに「我々は殺し合いをしてるんじゃないんだ」状態

35: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:53:14.56 0

でも結果的には木村は長生きしたし力動は殺された
木村の勝ちなんだよ

37: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:53:42.26 0

引き分けのブックだとしても
ブック破りに対応できなかった時点で弱いよ

38: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 09:53:42.50 0

プロレスラーとしてっていうのは腕力とか技術とかじゃなくて立ち回りの上手さってことよ
プロレスは自己演出力、スポンサーとの交渉力が全てなんだから
この点では力道山には勝てない

41: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:54:59.57 0

この3年位前にエリオ・グレイシーに勝ってるんだよな

45: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:56:24.48 0

>>41
体格差考えろアホ

47: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:57:48.72 0

>>45
今の70kgくらいの総合格闘家ならプロレスラーに楽勝だと思うけど

49: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:59:41.83 0

>>47
今のプロレスと総合は完全に異なる競技だから
野球とサッカーくらい違う
かつては野球とクリケットくらいだったが

44: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 09:56:22.18 0

でも力道山に負けた男として歴史に名前を残したからマシかも

51: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 10:00:19.18 0

力道山のぐう畜っぷりも異常
あれはまともな死に方できないわ
あんなのを国民的スターとして崇めてた時代があるなんて恐ろしい

53: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:01:16.23 0

でも力道山って東富士みたいに引退してた訳じゃなくて
バリバリの現役関脇だったでしょ
体型みてもスタンドで弱かったとは思えないなあ
木村だって打撃素人なんだし

58: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:02:37.27 0

>>53
木村は松濤館空手の段持ちだよ

60: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:03:53.94 0

>>58
あっそうなんですか
じゃ対処出来ないとおかしいですね

64: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:04:46.48 0

>>60
ブックだっての
プロレスは全てブックだから

72: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:07:59.53 0

>>64みたいなのが>>1の本を書き始めた頃の作者ね
それがいろんな人にインタビューしていくうちにたとえ本気で戦っても
あの時の力道山には勝てなかったと悟るっていうのが本の内容

56: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:02:10.06 0

渋々ながら木村は負けていたと認める流れは面白い
まだ木村がガチでやれば勝ってたと思ってた時期にレスリング金メダリストの太田章にインタビューして
完全に力道山の勝ち木村の負けって言われて
内容忘れたけど木村の人情話を聞かせて
無理矢理変節させて木村は勝っていたという言質をとるくだりとか最低だけど面白い

59: 【中国電 70.1 %】 2012/12/30(日) 10:03:33.91 0

>>56
木村信者の著者も苦しかったと思うよ
最終的には「負け」を認めざるを得なかったわけだから
そこら辺の心情を正直に書いたのは信用できる

63: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:04:35.80 0

柔道のチャンピオンも政治だからなあ
小川の五輪決勝や対古賀が証明してる
柔道始めて4年で世界王者じゃそりゃ嫌われるのも無理はないが
政治力が関係ない格闘技って日本じゃ剣道くらいだよ

75: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:09:48.02 0

>>63
試合前に「古賀に恥をかかせるな」とか「日本中が古賀を応援してる」とか
「ここで負けてもお前の評価が下がらない」とか「お前の指導者の地位を確約する」とか
あらゆる柔道関係者にささやかれたって話な
審判もひどかったわ
組んで投げようとするストップだもん
あの試合で柔道がヤオって分かったな

77: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:11:43.85 0

>>75
投げようとしてるんだったらギリヤオじゃないな
会場や審判含めてまわりの空気が片方に肩入れすることはあらゆる競技にあるから仕方ない

69: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:06:46.63 0

この動画見ちゃうと木村は強かったと言われても説得力ない

135: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:34:23.80 0

動画見たら木村は腰引けててビビってるな
しかもやられっぱなし
この試合がガチだって言うんなら普通にお相撲さんの方が強いだけに見える

145: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:52:35.52 O

力道山の打撃とスタンドレスリングかなりいいよな
木村先生は裸体での練習マジでサボってたんだろうなあ

150: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 10:55:37.27 O

ジャンルを構築するために必死だった力道山と最初っからプロレスをなめてた木村先生とじゃなあ
気概が違いすぎる

178: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 11:20:08.39 0

力道山はただの幕内力士じゃねーぞ
大関取りの有力候補だったんだからガチでも強いに決まってる

179: 名無し募集中。。。 2012/12/30(日) 11:21:13.38 0

なんか映像見たら普通に力道山の方が強そうだったわw

転載元
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1356826831/
「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也著)を読んでみた

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 格闘技(2ch) 面白い(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (2件)

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2012/12/30(日) 23:30:57

    これほどの時を経ても語り継がれてるあたり、このブック破りまでがブックの内だったら、書いた奴は天才だわなw

  2. 名前:名無しさん 投稿日:2012/12/31(月) 13:49:23

    全盛期の小川直也対藤田和之は見たかったな。

スポンサードリンク