この絵が130億円するらしいwwwwwwwwwwwwwwww

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:23:57.82 ID:R69aYjcX0

no titleタイトル「調和」

ちょっと画家になってくる


2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:24:23.79 ID:KEREuccw0

嘘はやめろよ

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:24:30.95 ID:5a5MshP30

額縁の値段だろ

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:24:32.79 ID:JxlyMeyK0

は?

もう一度言う
は?

スポンサードリンク
6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:25:15.40 ID:Uw8wd9lX0
画家が描いた絵だとしたらがっかりだわ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:25:28.02 ID:pfNW/L+k0

芸術は詐欺

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:26:27.58 ID:HSJhOp9y0

画家のサインに価値があるんだろ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:26:59.33 ID:oObdmfWJP

額縁と調和がないwwwww

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:27:15.92 ID:izta5kha0

あれ?俺でも描けるんじゃね?

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:28:09.55 ID:44VbJwp10

そもそも絵と値段が調和してないwwwwwwwwwwww

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:29:35.32 ID:xohpengR0

この構図は見事だ…実際に見るとかなり違うんだろうが

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:59:26.01 ID:0Hv9BTu70

本日の馬鹿
>>26

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:29:35.34 ID:Q4Z6csOf0

白紙にビニールテープくっつけただけじゃん

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:32:12.90 ID:R69aYjcX0

すまん。俺が適当に書いた絵です

ちなみに
no title
これはガチで5億で落札された絵

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:34:33.77 ID:xohpengR0

>>33
まあ、さすがにわかったけどな。

5億の絵はすごい…

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:32:16.77 ID:265l3z/O0

no title

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:33:41.34 ID:zw5Hi/h/0

>>34 どっかの美術館でこんなん見たわwwwwwwww

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:34:18.32 ID:Un4iLT3O0

これで俺も億万長者か
no title

スポンサードリンク
41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:35:13.91 ID:GxX/+YcT0
>>39
2円

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:36:36.16 ID:exEDW95R0

芸術ってもうもうネームバリューの世界だよな
一旦名前が売れれば後は美的表現の先鋭化とか言ってどんだけ手抜きっぽいもん作っても売れる

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:37:05.55 ID:AVwZb2JpO

うまい下手やない
誰が描いたかや

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:41:49.89 ID:siQ6wnm8O

おまえら馬鹿にしてるけど
じゃあ実際なにもないところから>>1を描けったって
描けないだろ?

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:46:04.01 ID:Sm45C71v0

>>56
いや書けそうじゃね??

画用紙に定規使ってオレンジと緑の
線引けばいいだけじゃんん??

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:48:34.76 ID:siQ6wnm8O

>>66
はあ?違うだろ。
おまえに与えられるのは
「すごい絵描いてください」
という依頼だけであって
絵の大きさも、何を描くかも指定されてない状態だと思わなければならない
真似して描け、ではないんだよ

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:47:04.37 ID:7dX3lBU30

>>1は何もないところからこれを描いた天才ということか

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:48:13.00 ID:R69aYjcX0

>>67
俺天才だったのか・・・
震えてきた

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:48:23.51 ID:CcOoaDwGO

ある商人がいました。
彼には友達がいました。
友達は画家でした。
友達の絵は上手でした。
ある日友達が病に倒れました。
商人は友達から絵をたくさんもらいました。
商人は正直いらないと思いましたが、一応もらいました。
友達はそのまま死んでしまいました。
商人は閃きました。
ある上流階級の社交場で、
「この絵はなんと素晴らしいことか。私が大金で買い取ろう。みなさんにもこの絵のすばらしさがおわかりだろう」
と、グルの貴族に言わせたのです。
すると、その「みなさん」は
「あ、ああもちろん。私ほど高貴だとこの絵のすばらしさがわかるさ。どれ、私も違う絵を大金で買い取ろう」
と次々に言い出しました。

これが芸術の始まりです。

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:28:00.74 ID:P2q39F7N0

>>73
これが発祥だろうな

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:50:48.85 ID:siQ6wnm8O

目玉焼きを見て
「こんなん誰でも作れるはwwwww」
ていうのは当たり前なんよ
芸術の難しさ、ていうのは
目玉焼きという概念を知らない状態からスタートなわけだ
知ってから作れるのは当たり前なわけだろ

88: 才能 ◆naufFMsROQ 2012/12/11(火) 17:55:47.80 ID:jokNzkhoO

つまり金持ち同士が評価しあってるノーベル賞みたいなものか
発想力に金払ってるんだろ

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 17:56:16.15 ID:LFn+WloIO

画家の大半は死ななきゃ評価されん

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:03:46.54 ID:siQ6wnm8O

誤解してるようだが
芸術つうのは新しい価値観への挑戦であって
「なにこれ理解できない」というところに新しい何かが隠れているわけだ
現代に当たり前になっている絵の手法も1000年前に持っていったら
当時の人間には理解できなかろう
つまり、そういうことなんだよ
芸術つうのは理解できない概念を少しずつ理解できるように
翻訳していく作業なわけだ

スポンサードリンク
111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:09:22.98 ID:IMSy4vDUP
芸術的って便利な言葉だよな

119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:15:05.40 ID:p0eTU9BS0

William Loffel 作 “Dark”
推定15億円

no title

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:23:01.30 ID:y9Jd4HKfO

金持ちの遊びだよな
ちょっと遊戯王カード買ってくるノリで買っちゃうんだろ

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:24:32.70 ID:hjYjYn8v0

上手い下手は関係ないんだよな。もちろん基礎はできてないと成立すらしないけど
発想というか、なんでこの絵を書こうと思ったとか、
描いてるあいだこいつどんな心境だったんだよとか
絵じたいよりも、それに付随する意味合いや背景なんかを想像させる余地があるものがいいなと思う

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:34:51.28 ID:fgAE43rB0

外交官が貧乏人の家を訪ねて言った。

外交官「お宅の息子さんに縁談があるんですが」
貧乏人「息子は自分の嫁は自分で見つけます。
      私は口出しするつもりはありませんよ」
外交官「でも、相手は大富豪のロスチャイルド家のお嬢さんですよ!」
貧乏人「え。そういうことでしたら…」

次に外交官は、ロスチャイルド家を訪ねて言った。

外交官「お宅のお嬢さんに縁談があるんですが」
ロス家「娘は結婚するにはまだ若いですよ」
外交官「でも、相手の男性は世界銀行の副頭取なんですよ!」
ロス家「え。そういうことでしたら…」

そして外交官は、世界銀行の頭取を訪ねた。

外交官「お宅の副頭取に推薦したい人物がいるんですが」
頭取 「副頭取候補でしたら、すでに相当な数の人材がいますから」
外交官「でも、この若者はロスチャイルド家の婿養子ですよ!」
頭取 「え。そういうことでしたら…」

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:40:22.74 ID:siQ6wnm8O

芸術のなんたるかがまるでわかっとらんなあ

例えば、切り株
切り株は自然が作り出した美をわかりやすい形で切り取ったものなわけだが
切り株には年輪というものがあろう?
一年ごとに皺が刻まれていくってあれだ

この切り株を絵にした場合
元の切り株の劣化コピーにしかならないわけだな
それはなぜか
まず、元の切り株より小さい絵になることだろう
立体ではなくなるだろう
気の香りはしなくなるだろう
つまり、切り株のリアリティはどんどんなくなっていくだろうから
元の切り株の美にはかなわないわけだな
これが芸術とおまえらの差なわけだ
芸術とは説得力があり真似しても真似できるものではないものが
芸術なわけだな

165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:52:18.76 ID:hjYjYn8v0

>>148
切り株の絵を観て「本物の切り株にはかなわない」とかいうの?

166: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:54:27.59 ID:siQ6wnm8O

>>165
切り株以上の価値観を見出だすのが芸術ちゅうこっちゃ

149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:40:33.46 ID:P2q39F7N0

そもそも金額でしか価値を表せない時点で全く意味がない

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 18:41:10.41 ID:zQBFTxMV0

>>149
というかマネーロンダリングの温床だろ

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 19:03:31.56 ID:P2q39F7N0

どんな人でもゴッホぐらいなら知ってるけど、
聞いたことない芸術家の名前がでてきて、この絵は~百万するって言われたら
その時点ですごい作品なんだと錯覚したミーハーな感情で、
バブル期に買いあさったりした結果がここまで高価格になる理由。

転売目的のつりあげも勿論あるけど

219: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 19:34:44.39 ID:PPE3Ygh/0

昔なんかで見たことあるな

小説家は死んだら価値がない
画家は死ななきゃ価値がない

みたいな奴

転載元:この絵が130億円するらしいwwwwwwwwwwwwwwww

この記事が気に入ったら
「いいね!」

腹筋崩壊ニュースの最新情報をお届けします

カテゴリー : 文化(2ch) 面白い(2ch)

タグ : 

  関連記事

コメント (0件)

    スポンサードリンク